栄光 退職。 感動の退職祝いプレゼント【栄光のあゆみ】送別会にぜひ。

お申込み(消防官)|オーダーメイド退職祝い“栄光のあゆみ”

栄光 退職

saitama-np. html 生徒不在で「模擬授業」 昌平高教諭、「退職強要」中止申し立て 生徒のいない教室で「模擬授業」をさせられるなど、継続的なパワーハラスメントを校長ら学校側から受け、事実上退職を強要されたとして、杉戸町下屋の私立昌平高校(小池仁校長、生徒数1170人)の教諭今村寛さん(49)=鷲宮町=が18日、同校を経営する学校法人「昌平学園」(近藤好紀理事長)を相手取り、さいたま地裁越谷支部に模擬授業などの禁止を求める仮処分を申し立てた。 中略 弁護士によると、この2年間で昌平高校の教職員計75人が退職。 同高によると、大手学習塾「栄光ゼミナール」を運営する法人の社長が昨年6月、昌平学園理事長に就任した。 後略 中学受験を考えている子供がいますが、来春昌平中学開校と盛んに宣伝されても、こういうごたごたがある学校には怖くて行かせられません。 それと訴訟に発展していますが、この手の訴訟では、訴えた先生が勝つ可能性が高いでしょうね。 学校法人が存続している以上、経営陣が替わっても、従業員である先生を勝手に解雇することは解雇権濫用法理というものがある以上勝手にできないでしょうし、そこらへんは学校側も熟知していて、自分から辞めるように追い込むわけですが、そのやり方が行き過ぎていれば、やはり不法行為と判断される可能性が高いでしょうね。 偏差値が上がったって?様の言われるように、栄光ゼミナールはなぜ、合格結果をホームページに載せないのかは、かねてから疑問でした。 春先の新聞の折り込み広告には、全体の数字は載せていますが、確かに大手の割には、はかばかしくない数字だったと思います。 でも、そもそもこの塾は難関校ねらいの塾ではなく、どちらかというと補修塾に近い塾だと思いますので、それはそれでいいのかもしれません。 事務経費をけちらず、きちんと機能していれば、面倒見の良い部類の塾だと思います。 一般的に、社員を大事にしない会社は、お客も大事にしていないんですよ。 教員を大切にしていない私学は、生徒も大切にしないでしょう。 特に、問題を起こし、学校にとって都合の悪い生徒は退学になるでしょうね。 多くの教員が退職に追い込まれたのは、指導力云々ではなく、人件費の問題 が一番大きいでしょう。 給料水準はどうなんでしょう。 以前より大幅に下がっているんじゃないでしょうか。 通常の定年退職まで働ける専任教員は何人いるのでしょう。 雇用期間が1~3年の常勤講師や非常勤講師が多くを占めているのではないでしょうか。 常勤講師に退職金は支払われていますか? どんなに指導力があり、優秀な教員でも、常勤講師は基本的に3年でクビです。 なぜならば、3年をこえて雇用していると、通常の定年退職まで働ける専任教員として 雇わなければならなくなる可能性があるからです。

次の

過労死を出した栄光ゼミナールがどうなっちゃってんのか書いておく

栄光 退職

栄光の窓口優秀賞と絶望の始まり 2014年11月、私は本部に呼ばれました。 理事長から上期窓口優秀賞2位の表彰を受けるためでした。 役員や各店の支店長も見守る中の授賞式。 鼻高々、有頂天です。 窓口優秀賞には、上期・下期・通期の3種類がありましたので、 「下期もこの調子でしっかりと努め、下期と通期でも優秀賞を目指してくださいね!」 と理事長より声をかけていただき、もちろん頑張りますとも。 選ばれるぞ!と意気込んでいました。 しかし、授賞式から数週間後。 支店長から 「窓口未経験者(私の1つ上の先輩)を窓口に出したいので、窓口から出納担当に移ってくれ」 と言われたのです。 告げられた瞬間は、言ってる意味が全く理解できませんでした。 こんなにも私頑張っているのに? 今私目茶苦茶ノリに乗ってるのに?? 「どうしてですか?そして、向井先輩ではなくなぜ私なんですか?」やっとの思いで質問。 「向井は、事務が苦手だから窓口しかできなんだ。 楓華は、そんなことないだろ?それに楓華にはまだ出納経験がない。 あと、皆が平等に窓口経験を積まないとダメだから、そこは理解してくれ」 と返され話終了…。 当時M支店はハイカウンター3つの3窓制でした。 1番窓口には、10年ほどM支店にいるパートさん(契約で窓口業務しかできない) 2番窓口には、私 3番窓口には、入庫9年の向井先輩 という配置でした。 向井先輩は、転勤してきて1年足らず。 事務処理が非常に苦手で前の支店で重大なミスを連発したため、前の店でもM支店でもほとんど窓口しかしていない方。 そして、私が優秀窓口賞2位だった理由。 1位が取れなかったのもこの人がいたから。 この方こそ、窓口優秀賞常連で上期1位の人だったのです。 サヨナラ窓口業務 向井先輩は、美人でトークスキルに優れており、気づいたら自分のペースに相手を巻き込むことのできる方でした。 ただ、勢いがあり元気なだけで、資格取得も全くせず金融知識にも乏しく、言葉遣いも接客態度もさほど良いものではありませんでした。 でも、不思議と営業成績は良いのです。 向井先輩は、後輩の面倒見が良いため、悩みを聞いてくれたり、ご飯に連れて行ってくださったり、と大変お世話になった大好きな先輩です。 しかし、プラベート面と仕事面の好き・嫌いは別問題。 正直、資格取得や知識をつける努力もせず、ホスピタリティのかけらもない接客しかしない向井先輩の仕事に対する態度が私は好きではなく、反面教師にしていたのです。 私は、窓口に憧れ、その窓口になるために努力をしてきたわけだし、まだ1回だけ、2位だったとはいえ好成績も残した。 向井先輩は、事務が苦手だからと他の業務経験もなく窓口ばかり…その窓口も成績は良いものの、決して褒められた態度ではない(実際「今は若くて可愛いから良いけど、あれじゃいつか大きな問題起こすよなー」と言ってる役席もいました。 ) なぜ?なぜ??この人に出納をやらせず私が窓口から外れなきゃいけないの?なぜこの人は優遇されるの? 当時の私は全く理解できませんでした。 まぁ今となって考えてみると、 勢いがあるとはいえ、たった1回窓口優秀賞2位を取った私より、 窓口優秀賞常連の向井先輩を窓口に置いた方が、支店の数字的に良いだろうという判断だったのだと思います。 そんなこんなで、全く納得も行かないまま、私の窓口に出るための努力も、窓口に出てからの奮闘も、配置換えを告げられた時の反論も虚しく、1年足らずで憧れの窓口から外されたのでした。 出納に配置換えになった12月1日の数分は、納得できずにブーたれていましたが、 とはいえ、新しい係。 はじめての業務。 沢山の現金を扱う出納係。 なんだかんだ楽しくなってきて、やりがいも感じそれから数ヶ月は平穏な時間を過ごしたのでした。 そして、 2015年4月。 私は社会人4年目になりました。 A信金では 中堅 と扱われる年です。 3番目の後輩も入庫し、 新人時代にいた先輩方の多くは転出され、それに伴い新しいメンバーも増え、 4年目にしてM支店の中でもそこそこの古株になってきましたので 「この支店の中心を担う職員となれるよう4年目は頑張ろう!」 と意気込んでいました。 しかし、またまた私に予想もしていない事態が発生!! この続きは、次の記事で。 それでは、ごきげんよう。

次の

株式会社栄光プリント

栄光 退職

栄光の窓口優秀賞と絶望の始まり 2014年11月、私は本部に呼ばれました。 理事長から上期窓口優秀賞2位の表彰を受けるためでした。 役員や各店の支店長も見守る中の授賞式。 鼻高々、有頂天です。 窓口優秀賞には、上期・下期・通期の3種類がありましたので、 「下期もこの調子でしっかりと努め、下期と通期でも優秀賞を目指してくださいね!」 と理事長より声をかけていただき、もちろん頑張りますとも。 選ばれるぞ!と意気込んでいました。 しかし、授賞式から数週間後。 支店長から 「窓口未経験者(私の1つ上の先輩)を窓口に出したいので、窓口から出納担当に移ってくれ」 と言われたのです。 告げられた瞬間は、言ってる意味が全く理解できませんでした。 こんなにも私頑張っているのに? 今私目茶苦茶ノリに乗ってるのに?? 「どうしてですか?そして、向井先輩ではなくなぜ私なんですか?」やっとの思いで質問。 「向井は、事務が苦手だから窓口しかできなんだ。 楓華は、そんなことないだろ?それに楓華にはまだ出納経験がない。 あと、皆が平等に窓口経験を積まないとダメだから、そこは理解してくれ」 と返され話終了…。 当時M支店はハイカウンター3つの3窓制でした。 1番窓口には、10年ほどM支店にいるパートさん(契約で窓口業務しかできない) 2番窓口には、私 3番窓口には、入庫9年の向井先輩 という配置でした。 向井先輩は、転勤してきて1年足らず。 事務処理が非常に苦手で前の支店で重大なミスを連発したため、前の店でもM支店でもほとんど窓口しかしていない方。 そして、私が優秀窓口賞2位だった理由。 1位が取れなかったのもこの人がいたから。 この方こそ、窓口優秀賞常連で上期1位の人だったのです。 サヨナラ窓口業務 向井先輩は、美人でトークスキルに優れており、気づいたら自分のペースに相手を巻き込むことのできる方でした。 ただ、勢いがあり元気なだけで、資格取得も全くせず金融知識にも乏しく、言葉遣いも接客態度もさほど良いものではありませんでした。 でも、不思議と営業成績は良いのです。 向井先輩は、後輩の面倒見が良いため、悩みを聞いてくれたり、ご飯に連れて行ってくださったり、と大変お世話になった大好きな先輩です。 しかし、プラベート面と仕事面の好き・嫌いは別問題。 正直、資格取得や知識をつける努力もせず、ホスピタリティのかけらもない接客しかしない向井先輩の仕事に対する態度が私は好きではなく、反面教師にしていたのです。 私は、窓口に憧れ、その窓口になるために努力をしてきたわけだし、まだ1回だけ、2位だったとはいえ好成績も残した。 向井先輩は、事務が苦手だからと他の業務経験もなく窓口ばかり…その窓口も成績は良いものの、決して褒められた態度ではない(実際「今は若くて可愛いから良いけど、あれじゃいつか大きな問題起こすよなー」と言ってる役席もいました。 ) なぜ?なぜ??この人に出納をやらせず私が窓口から外れなきゃいけないの?なぜこの人は優遇されるの? 当時の私は全く理解できませんでした。 まぁ今となって考えてみると、 勢いがあるとはいえ、たった1回窓口優秀賞2位を取った私より、 窓口優秀賞常連の向井先輩を窓口に置いた方が、支店の数字的に良いだろうという判断だったのだと思います。 そんなこんなで、全く納得も行かないまま、私の窓口に出るための努力も、窓口に出てからの奮闘も、配置換えを告げられた時の反論も虚しく、1年足らずで憧れの窓口から外されたのでした。 出納に配置換えになった12月1日の数分は、納得できずにブーたれていましたが、 とはいえ、新しい係。 はじめての業務。 沢山の現金を扱う出納係。 なんだかんだ楽しくなってきて、やりがいも感じそれから数ヶ月は平穏な時間を過ごしたのでした。 そして、 2015年4月。 私は社会人4年目になりました。 A信金では 中堅 と扱われる年です。 3番目の後輩も入庫し、 新人時代にいた先輩方の多くは転出され、それに伴い新しいメンバーも増え、 4年目にしてM支店の中でもそこそこの古株になってきましたので 「この支店の中心を担う職員となれるよう4年目は頑張ろう!」 と意気込んでいました。 しかし、またまた私に予想もしていない事態が発生!! この続きは、次の記事で。 それでは、ごきげんよう。

次の