イラストレーター 線を引く。 イラストレーターで破線・点線の作り方

路線など、様々な線種をイラレで作ろう!

イラストレーター 線を引く

イラストレーターで描画される線はパスと呼ばれます。 パスを作成することで、様々なオブジェクトなどを描画したり編集していきます。 今回は、イラストレーターで曲線のパスを作成する方法をご紹介します。 イラストレーターで曲線を描く方法 イラストレーターを開いたら、新規ドキュメントを作成するか、曲線を描きたい画像などを開いてください。 鉛筆ツールで曲線を描画する方法 一番簡単で自由な方法が、鉛筆ツールで曲線を描画する方法です。 ツールバーから鉛筆ツールを選択してください。 後は、ドラッグするだけで自由に曲線を書くことができます。 ただ、マウスでドラッグしても画像のように歪んだ曲線しか書けないですよね。 ツールバーからスムーズツールを選択します。 描画した線の周りをドラッグすると、このように綺麗な曲線に修正してくれます。 何回か場所や向きを変えてドラッグを繰り返すことでより綺麗になります。 円弧ツールを利用して曲線を描く方法 2つ目が、円弧ツールを利用する方法です。 正確な円弧を描くことができます。 こちらは先ほどのように、ぐにゃぐにゃさせたりはできないので、状況に合わせて好きな方を利用してください。 ツールバーから円弧ツールを選択します。 後は、ドラッグするだけで好きなサイズの円弧を描画できます。 また、ドラッグではなくクリックだけすると、このような画面が表示されるので値を入力して指定した形状の円弧を描画させることもできます。 他にもペンツールでハンドルを利用したりする方法があります。 今回は簡単な2種類の曲線の書き方をご紹介しました。

次の

illustrator 10 二重線の引き方

イラストレーター 線を引く

アクセスの多い記事 DIC653に近い銀色を探しているのですが、DIC621だけしか無いのでしょうか。。。 もしそうであれば、DIC653の灰色にちかい銀を指定するにはどのようにす... WinのInDesignCS2を使って制作していますが、カタログから品番・品名・仕様・価格のテキスト... 0 c... Mac10. 4、InDesignCS2、Acrobat7. 0pro、です。 よろしくおねがいします。 PDFを作成する時、「文書のプロパティ」でファイルを開いたと... はじめましてこんにちは。 WIN XPでイラストレーター10を使用しています。 本を手本に使い方の勉強をしているのですが、あればいいなと思った操作の方法が載ってな... イラレ8. 0を使用しています。 オブジェクトを変形したり移動したりする時に矢印キーをよく使っているのですが、2~3日前から矢印キーを押しても何も反応しなくなりま... A4の原稿2枚をA3の用紙両面に印字して40ページくらいの小冊子を作っています。 DTPソフトはインデザインCSで、PCはマックG5のXです。 見開き印刷すると... アホ営業から「フォントを持っていない外注に、コピーして渡したいので用意してくれ」と言われました。 自分の上司と相談したうえで、「違法行為なのでお断りします」とつ... はじめまして現在DIYショップ向けにPOPを作ってる新参者ですが、先方からマンセル数値での色指定で来たんです。 先方はCMYK,PANTONEの数値は分からない... はじめて投稿させていただきます。 Windows系Officeのデータ出力の仕事をしていますが、最近、作成されたOfficeのバージョンと出力するOfficeの...

次の

目を引く文字デザインの作成方法:中級編

イラストレーター 線を引く

補足 「画像と同じサイズの長方形によるマスク」なので画像の見た目に変化がなく、何が起こったのかわかりづらいですが、ダイレクト選択ツールで長方形オブジェクトを選択(画像の境界線あたりをクリック)してドラッグしてみると、長方形オブジェクトが移動し、画像がマスクされていることがわかります。 後は アピアランスパネル等から長方形オブジェクトの線の色や太さを調整すれば、画像に枠がついたような表現ができます。 画像の回転をしてもちゃんと枠線も追従して回転するし、線にグラデーションを適用することもできます。 ただしイラストレーターCS6以前を使っていて、かつ 枠線の太さを何度も調整する場合のみ、このやり方だと問題があります。 イラストレーターCCを使っている人や「枠線の太さは一度決めたらもう再編集はしない」という場合は上記のやり方で問題ありませんが、複数人で何度も調整するようなデータの場合は少し注意が必要です。 まずはアピアランスパネルから線を太くしてみます。 わかりやすいように、極端に太くしてみました。 その後、再び線を細く戻していくと… このように、 枠線と画像の間に隙間ができてしまいました。 一度線を太くすると枠線の役割を果たす長方形オブジェクトの位置が微妙にずれて、画像との間に隙間ができてしまうようです。 長方形オブジェクトのサイズを微調整して隙間をなくしてもいいのですが、太さの調整を繰り返しながら作業するような場合は少し手間です。 そういう場合は、次に紹介する2つ目の方法がおすすめです。 下記のように線が追加されました。 この状態で線のカラーや幅を操作しようとしても、まだできません。 「形状オプション」ダイアログボックスが表示されるので、 「 値を追加」を選択し、 「幅に追加」と「高さに追加」を両方とも 1pxに設定して「OK」をクリックします。 注意 このとき 「幅に追加」と「高さに追加」を2px以上にしてしまうと、画像と枠線の間に隙間ができます。 下の画像は両方の値を18pxにしてみた場合のプレビューです。 なので、隙間を作りたくなければ1pxにします。 これで配置画像に枠線をつけることができました。 アピアランスパネルで線の幅を調整できます。 細くしたり太くしたりを何度も繰り返しても、枠線がずれることはありません。 線のカラーを変えることもできますし、下のようにグラデーションの適用もOKです。 ただし、1つ注意点があります。 この方法は、このままだと 画像を回転させても枠線は回転せず、画像を少しでも傾けると下のように画像と枠線がずれてしまいます。 画像を回転する場合は、枠線を選択した状態でメニューバーの 「オブジェクト」から「アピアランスを分割」をクリックします。 すると、画像を回転させても枠線がずれなくなりました。 ただし 「アピアランスを分割」を実行すると線のカラーや幅の編集ができなくなるので、「アピアランスを分割」は線の編集が完了してから行うようにしてください。 以上、イラストレーターで画像に枠線をつける方法でした。

次の