千葉 県 市川 市 台風 被害。 【台風15号】市川市内の被害状況まとめ、停電・倒木・看板破損、ダイヤの乱れ【2019】

【台風21号に伴う千葉県記録的大雨】市川市内の被害状況まとめ、床下浸水、倒木、道路冠水【2019】

千葉 県 市川 市 台風 被害

停電情報・・・から千葉県全域の現在の停電情報が確認できます。 ただいま復旧作業が進められています。 停電によりご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。 停電復旧作業にあたっては、まず、現場で目視によって被害状況を確認した上で、作業を進めております。 「停電情報」()に表示されていないにも関わらず、停電している場合には、東京電力お問い合わせ先()までご連絡ください。 — 東京電力ホールディングス 株式会社 OfficialTEPCO 停電が復旧する際に、火災が発生する「通電火災」のおそれがあります。 以下のことに注意しましょう。 〇水にぬれてしまったり、破損してしまった電気機器はコンセントから抜いておいてください。 〇電気コンロや電子レンジなどの電気機器はスイッチが切れていることを確認してください。 一度水に浸かった電気製品は危険ですので使用しないでください。 大変危険ですので絶対に近づかないでください。 また、切れた電線を発見した場合は、すぐに東京電力までご連絡ください。 その際に写真の提供にもご協力をお願いいたします。 — 東京電力ホールディングス 株式会社 OfficialTEPCO 引き続き注意が必要です。 お気をつけ下さい。 千葉県の水害・竜巻被害 河川の状況です。 本日 13日)は、県北西部は土砂災害や河川増水に警戒してください。 県北東部、南部は高波に警戒してください。 予想最高気温は千葉29度、銚子26度、館山28度と熱中症の危険が高く、水分をこまめに補給する等対策してください。 本日は晴れ夜曇りの見込み。 県全域で風やや強く吹く見込み。 だけど、千葉と茨城の間にある利根川は氾濫しそう。 埼玉県の栗橋や千葉県野田の芽吹辺りがヤバイらしい。 近くの利根川が氾濫し、畑は完全に冠水してます。 水は増える一方です。 うーん、橋までギリギリ… — なにより 🐴10. 27水戸黄門漫遊マラソンF Rurugo2020 引き続き警戒が必要です。 氾濫大丈夫そう、良かった… — みなみ Mi0703xcx 江戸川は大丈夫だったようです。 報道にあがってないからみなさま気を付けてください。 — TBS NEWS 防災 TBSNEWS6 朝8時頃の竜巻で千葉県一部の地域で甚大な被害をうけました。 今日は外出せず、台風上陸までに備えを万全にしておいて下さい。 スポンサードリンク 千葉県の交通状況 交通状況です。 出かけられる方は最新情報をその都度ご確認ください。 13日11AM現在、総武線緩行線、常磐線緩行・快速線運行再開。 — 千葉県関係交通情報案内 chibakoutu 13日10時、山手線、横浜線に続いて鶴見線運行再開。 — 千葉県関係交通情報案内 chibakoutu 13日午前は、京成電鉄、新京成、東葉高速、東京メトロ、都営新宿線が動いているので、京成西船、北習志野、新鎌ヶ谷、八幡乗り換えを活用すれば都内と千葉北西部は、移動可能。 — 千葉県関係交通情報案内 chibakoutu 13日、千葉県関係JR東日本路線、終日運休確定は久留里線とNEX以外の特急。 【千葉県内の通行止め情報】 高速道路・国道・県道等の交通情報はこちらです。 停電が長引くと更に増えるかもしれません。 千葉・茨城の広い範囲で現在も停電が続いています。 また、利根川中流で警戒レベル4の氾濫の可能性が発生しました。 これを受け、一旦本日19:00まで施設を無料開放します。 必要な方はぜひご活用ください。 停電、断水等の被害にあわれている方々に大浴場を無料開放させて頂きます。 市外の方を含め、どなたでもご利用いただけます。 対象施設・利用できる設備 風呂、シャワーのみなど ・開放時間などは以下のHPをご覧ください。 駅や商業施設で利用可能です。 「00000JAPAN」ご活用ください。 — TBS NEWS 防災 TBSNEWS6 注意セキュリティー対策は無しなので重要な情報のやり取りは控え、利用は安否確認や情報収集にとどめて下さい。 その他情報まとめ お住まいの地域の公式ツイッターがあればフォローしておいた方が良さそうです。 引き続き、携帯電話等の充電は長生村文化会館・保健センターで可能です。 ご利用ください。 昨日の雨で地盤が緩んでおり、土砂災害の危険があります。 崖や、増水した河川には近づかず、切れた電線は触らないでください。 管理者様に、設置の有無、利用可否など確認されることをお勧めします。 不審な電話や訪問があった場合は警察への通報をお願いします。 また自宅を離れる際は戸締まりをして、貴重品は身近に置いておきましょう。 — 千葉県警察 Chibakenkei 本日11時30分から、手賀近隣センターで応急給水所を開設します。 水を入れる容器を持参してください。 ただし,台風の影響で収集時間が通常時と前後する場合があります。 その後、片付ける前に写真を撮ってください。 罹災証明書を受ける際に必要になります。 必要と思う3倍くらい写真を撮影してください。 「水害にあったときに」の完全版はこちらから — 新見の弁護士(大山知康) tomoyasuoyama 罹災証明書と言えば・・・東日本大震災の時、世帯主の父名義だけじゃなくて、自分名義のも申請して取っておけば良かった・・・と思っています。 本人が支援を受ける時、本人名義じゃないと受けられなかったです。 — K. 損壊して危険な道路が通行止めになっていない可能性もあり、帰宅は夜間を避けて周囲に十分気を配りながら移動する必要があります。 これからも最新の情報に留意し、二次災害に遭われないよう、どうかお気をつけてお過ごしください。

次の

復旧・復興関連情報|令和元年房総半島台風・東日本台風及び10月25日の大雨による被害/千葉県

千葉 県 市川 市 台風 被害

賃貸型応急住宅の 申込受付は令和2年8月31日で終了します。 制度の概要 概要は、以下をご参照ください。 入居契約は、県・被災者(入居者)・貸主(大家)の三者契約となります。 入居物件は、不動産業者の協力のもと、原則入居者様ご自身でお探していただくことになります。 令和2年8月31日に申込受付を終了しますのでそれまでにお申し込みください。 対象者 原則として、以下の全ての要件を満たす方(世帯)が対象です。 (1)被災時において、のいずれかに住所を有していた方• (2)次のいずれかを満たす方• 住家の全壊、全焼又は流出により居住する住家がない方• 半壊(大規模半壊を含む)であっても、住宅としての利用ができず、自らの住家に居住できない方• 二次災害等により住宅が被害を受ける恐れがある、ライフライン(水道、電気、ガス、道路等)が途絶している、地すべり等により避難指示等を受けているなど、長期にわたり自らの住居に居住できない方• (3)自らの資力では、住家を確保することができない方• 借上げの対象となる住宅 原則として、以下の全ての要件を満たす県内(全域)の賃貸住宅が対象です。 (1)昭和56年6月以降に建築した住宅等、耐震性が確保されたものであること。 (2)貸主の同意が得られていること。 (3)管理会社等により賃貸可能と確認されたもの(台風による損傷等があった場合)。 (4)当該賃貸住宅の家賃が、1箇月当たり次のア及びイに定める額以内であること。 ア)2人以下の世帯月額7. 5万円以内• イ)3人以上の世帯月額8. 5万円以内 ただし家賃相場の差を考慮し、以下の12市において5人以上の世帯で入居する場合は、月額12万以内とします。 千葉市、習志野市、八千代市、市川市、船橋市、浦安市、松戸市、野田市、流山市、鎌ケ谷市、柏市、我孫子市 4. 費用負担 県が負担する経費• 家賃:上記「3」(4)のとおり• 共益費(又は管理費):通常徴収している額を限度• 礼金:家賃の1箇月分を限度• 仲介手数料:家賃の0. 55箇月分(税込)を限度• 退去修繕負担金:家賃の2カ月分を限度• 損害保険料:県が予め包括契約にて加入• 入居者が負担する経費 上記以外(例:光熱水費、専用設備に係る使用料、入居者の故意又は過失による損害に対する修繕費、駐車場料金、自治会費等) 5. 入居期間 入居日から最長2年間とする。 なお、貸主様の了解が得られた場合には、2年経過後に個人契約(入居者と貸主の通常の賃貸借契約)に 切り替えていただくことは可能です。 (この場合、県は関与しません。 ) 6. 入居手続の流れ まずは、被災時に住んでいた市町村の窓口にお問合せください。 」以降をご確認ください。 申込時に提出いただく書類 不動産業者の協力のもと入居物件を選定しましたら、不動産業者と共に以下の書類を作成いただき、 被災時にお住まいだった市町村の窓口にご提出ください。 申込様式• 添付書類• 世帯全員分の住民票(写し可。 マイナンバー、住民票コードの記載のないものに限る。 り災証明書(写し可)• その他(申込者様の状況に応じ、個別に提出を求める場合があります。 ) 8. 県からの通知後に提出いただく書類 申込書等の審査で適当と認められた場合は、県から通知を行いますので、仲介業者様等のご協力のもと、以下の書類を作成してください。 提出書類• 3部作成の上、提出してください。 契約書はA3用紙・両面1枚です。 やむを得ずA4で出力される場合は、必ず割印をお願いします• 様式は通知とともに郵送しますが、上記により作成することも可能です。 支払先が貸主様以外の場合、別途委任状を提出してください。 様式は通知とともに郵送しますが、上記により作成することも可能です。 重要事項説明書 1部• 仲介業者様を介す場合は提出が必要です。 仲介業者様が作成• 仲介業者様は、宅地建物取引業法の規定に基づき、重要事項説明書を作成してください。 定期建物賃貸借契約についての説明書 1部 契約書等の提出先 〒260-8667千葉県千葉市中央区市場町1番1号 千葉県県土整備部都市整備局住宅課 県営住宅建設計画班賃貸型応急住宅担当 9. 退去について みなし仮設住宅を退去する場合は、以下の書類を 退去日の40日前までに、下記宛先に提出してください。 なお、提出にあたっては、必ず貸主様又は管理者様にも退去の意思表示を行ってください。 【提出書類】 【提出先】 〒260-8667千葉県千葉市中央区市場町1番1号 千葉県県土整備部都市整備局住宅課 県営住宅建設計画班賃貸型応急住宅担当 10. お問合せ先 千葉県県土整備部住宅課県営住宅建設計画班 電話043-223-3228.

次の

台風19号

千葉 県 市川 市 台風 被害

台風15号直撃から4日後に千葉県が開いた3回目の災害対策本部会議。 大規模停電の長期化や住宅被害の深刻さを受けて体制を強化した=9月13日 9月に千葉県を直撃した台風15号を巡って、県の対応を検証する外部識者会議が22日に初開催され、県の備えや初動時の「危機感の薄さ」に厳しい指摘が相次いだ。 県の防災危機管理部長は、地震に対して用意している被害想定が、台風には事実上なかったと釈明。 外部検証開始に当たり、県が内部でまとめた検証でも、暴風・大規模停電被害への認識の甘さや被災現場市町村との連携不足、知事・職員らの対応といった課題が次々と浮き彫りになっている。 県の庁内検証チームがまとめ、22日に外部識者に示した報告書は、県による(1)災害対策本部設置前の体制(2)対策本部の設置時期(3)対策本部設置後の対応や体制-に、いずれも「不十分・不適切な点があり、初期対応が十分行えなかった可能性がある」と振り返る。 台風15号の猛威を、県内10カ所で観測史上1位の最大瞬間風速を更新する記録的な暴風によって「長期かつ広範囲に及ぶ大規模な停電・断水や多数の家屋被害が発生するという本県が経験したことのない災害を引き起こし、既存の計画やマニュアルの想定を超える判断や対応を求められた」と改めて強調した上で、だからこそ「知事は、災害に適切に対応できる体制が取られていることを確認し、より迅速に判断できる態勢を取るべきだった」と指摘。 担当の防災危機管理部による「知事への進言の遅れ」も影響したとする。 森田健作知事や各部長ら県幹部同士で、携帯電話番号を非常時にも備えて共有している一方で、今回の台風直撃直後も、防災危機管理部長が知事に直接電話せず、秘書課を通じたやりとりや副知事への相談にとどまった点が、外部識者から改めて問題視された。 県の内部検証では、被災市町村に対する積極的な支援に必要な情報収集体制も「十分とはいえず、手段や時期も適切とは言いがたい」と認め、市町村への情報連絡員の派遣が、台風3日後からだった事態を反省。 10月の台風19号接近時には、事前に県の本庁や出先機関の職員を全市町村に派遣するなど、既に改善を図った部分もあるが、外部検証と並行し、可能な限りの体制強化や準備・想定を進めるのが急務だ。 (本県に向かう)台風の進路や暴風域を伴っていたこと、鉄道の計画運休(9月8日午後4時発表)などを踏まえ、「情報収集体制」(9月8日午後0時58分~9月10日午前9時)よりも1段階上の配備である「災害警戒体制」にすべきだった。 台風が暴風域に入ることが見込まれた際、知事に少なくとも「災害警戒体制」を取るよう進言すべきだった。 当面、防災危機管理部の中で対応できると考え、災害対応業務の状況に応じて体制を逐次強化しようと考えた。 その理由は、暴風被害の把握が進まない中、当面の応急対策の焦点が電力復旧であり、電力会社から「今週半ばにはかなり復旧できそう」との情報を得ていたことが心理的に影響したと考えられる。 9月13日ごろまでは、防災危機管理部内での人員調整で対応できると考えていたが、停電の復旧見込みが数回にわたって修正され(遅れ)、対応の長期化が不可避となった状況を踏まえ、9月14日に他部局の要員に対する翌日の参集を指示した。 公舎は知事が生活する場所である一方、24時間公務を行える体制が取られ、県庁舎と一体的に機能するものだから、知事が公舎で公務を行うのは不適切とはいえない。 しかし、県内全域で57万軒(9月10日午後0時半発表時点、同日午前8時発表時点では64万軒)という、本県でかつてない大規模停電が発生していたこと、記録的な暴風(9月9日千葉市中央区で最大瞬間風速57.5メートル、各地で40メートル超)による被害状況が十分に明らかになっていない段階だったことを踏まえれば、知事は県庁舎で、より迅速に情報収集や指示を出す態勢とすることが望ましかった。 暴風による家屋被害が広範囲・多数発生し、市町村から、県が備蓄していた数量を大きく超える要請があった防水シート(ブルーシート)が大量に不足した。 運送事業者との事前協定により、県備蓄物資の搬送に協力が得られることになっているが、トラックの空きがなく、支援を要請した市町村に、当日中に搬送できない可能性や、取りに来られるなら速やかに供出できる旨を伝えたところ、市町村職員が遠くの県備蓄倉庫まで取りに行く事態が生じた。 停電長期化に伴い、施設の通信障害が長引く事態が発生したため、県職員の現地派遣などを実施したものの、全施設への安否確認や要望聴取に数日を要した。 電源車の要請方法として、県内関係課が県災害対策本部に依頼する方法と、市町村が、東京電力の市町村現地派遣員を通じて東電本社に要請する2系統があった。 県災害対策本部で把握できない分があり、県全体として効率的な配備要請ができなかった。

次の