平和堂 栗東。 平和堂、季節の彩り弁当 季節の食材を味わえる贅沢なお弁当!

滋賀県南部のおすすめスーパーマーケットを食材別に紹介【2020年版】

平和堂 栗東

生花・園芸• 滋賀県• 長浜市 アル・プラザ長浜 彦根市 アル・プラザ彦根 ビバシティ平和堂 ビバシティ平和堂 フレンドマート大薮店 平和堂日夏店 愛知郡 平和堂愛知川店 東近江市 フレンドマート蒲生店 フレンドマート能登川店 蒲生郡 フレンドタウン日野 近江八幡市 アル・プラザ近江八幡 フレンドマート安土店 野洲市 アル・プラザ野洲 甲賀市 アル・プラザ水口 湖南市 平和堂石部店 平和堂甲西中央店 平和堂甲西店 栗東市 アル・プラザ栗東 フレンドマート栗東店 草津市 アル・プラザ草津 フレンドマート追分店 フレンドマート志津東草津店 大津市 アル・プラザ堅田 アル・プラザ瀬田 フレンドタウン瀬田川 平和堂坂本店 京都府• 京都市 アル・プラザ醍醐 フレンドマート梅津店 宇治市 アル・プラザ宇治東 フレンドマート・G宇治市役所前店 京田辺市 アル・プラザ京田辺 木津川市 アル・プラザ木津 亀岡市 アル・プラザ亀岡 大阪府• 大阪市 フレンドマート深江橋店 高槻市 アル・プラザ高槻 茨木市 アル・プラザ茨木 枚方市 アル・プラザ枚方 寝屋川市 アル・プラザ香里園 フレンドマートビバモール寝屋川店 福井県• 敦賀市 アル・プラザ敦賀 鯖江市 アル・プラザ鯖江 石川県• 金沢市 アル・プラザ金沢 アルプラフーズマーケット大河端 河北郡 アル・プラザ津幡 富山県• 射水市 アル・プラザ小杉 岐阜県• 大垣市 平和堂ノースウエスト店 山県市 平和堂高富店 瑞穂市 平和堂穂積店 各務原市 平和堂うぬま店 愛知県• 一宮市 平和堂尾西店 平和堂牛野店 稲沢市 平和堂祖父江店 江南市 平和堂江南店.

次の

平和堂

平和堂 栗東

本社所在地 〒522-8511 1番地 設立 (昭和32年) 事業内容 代表者 代表取締役会長 代表取締役社長 平松正嗣 資本金 116億14百万円 (2016年2月20日時点) 発行済株式総数 58,546千株 (2016年2月20日時点) 売上高 単体3,734億円、連結4,375億円 (2017年2月期) 営業利益 単体121億円、連結153億円 (2017年2月期) 純利益 単体80億円、連結92億円 (2017年2月期) 純資産 単体1,219億円、連結1,418億円 (2017年2月20日時点) 総資産 単体2,593億円、連結2,936億円 (2017年2月20日時点) 従業員数 単体3,225人、連結5,859人 (2016年2月20日時点、パートタイマーを除く) 決算期 2月20日 会計監査人 主要株主 夏原平和 8. 07 平和堂共栄会 4. (ニチリウ)の中核企業でもある。 愛知県の印刷業の平和堂印刷や東京で名刺等紙製品を企画販売している、新潟県妙高市にある製菓業の株式会社平和堂とは資本関係等の関係はない。 概要 [ ] (昭和28年)12月、により滋賀県市街の土橋商店街(現在の)でのテナントとして夏原商店が開店(創業)。 (昭和32年)に「靴とカバンの店・平和堂」として 平和堂を設立 した。 である「平和堂」は、創業者である夏原平次郎が、長男・(ひらかず。 現会長)の名にちなみ、「」と関連付けた上で 命名したもの。 後に「おしゃれの店・平和堂」と衣料スーパーの出店を行い、(昭和36年)に3店舗を統一した大型店舗であるジュニアデパート平和堂(旧本店3代目、現・彦根銀座店)を発祥地に開店。 (昭和41年)に・・を販売する GMS となった。 以降、滋賀県を中心にで店舗展開を行い、近隣府県にも進出した。 現在の本部ビルは滋賀県彦根市の近くに所在し、隣接してビバシティ彦根がある。 ドミナント戦略を特徴とし、滋賀県に83店舗、に20店舗、に20店舗、に3店舗、に6店舗、に6店舗、に2店舗、に9店舗、に15店舗を構える(2019年6月末現在。 店舗を含む)。 通常のスーパーマーケット店舗のほか、大型店を「 AP 」、小型店を「フレンドマート FM 」または「スーパーフレンド SF 」のブランドで展開している。 新規の大型店だけでなく、商店街組合と共同出店したり(店の出店時に始められた出店方式で、「堅田方式」と呼ばれる)、他社(書店など、スーパーマーケット以外の業種も含む)が撤退した店舗に入居して再生させたり、の1階に入居したりと、出店パターンが多様なのも特徴である。 本拠地の滋賀県においては、から得た地域ドミナント戦略を参考にし、「琵琶湖ネックレスチェーン構想」と称して、駅前中心街から郊外地域まできめ細かく店舗展開している。 また、滋賀県内のや、北陸地域のなどは、平和堂の子会社によって運営されている。 県内小売業界で圧倒的なを誇り、県民生活にも大きな影響力を有する。 2013年(平成25年)8月20日には、滋賀県と平和堂の間で地域密着連携協定を締結している(滋賀県と民間企業が包括的連携協定を結ぶのは7社目、県内企業では初)。 企業理念 [ ] については、(昭和47年)、会社・客・生産者・取引先・社員の調和と地域社会への貢献を重視し、(ハト)を会社のとして、以下に表す「五つのハトのお約束」を制定している。 のハトは、お客様へのサービスを第一とします。 のハトは、よい品を販売します。 のハトは、お取引先との信用を重んじます。 のハトは、みんなの幸せを築きます。 のハトは、地域社会のためにつくします。 こうした理念を反映し、平和堂においてはを「ご奉仕高」、粗高を「創造高」と呼称している。 また、社風として、生産者への感謝の気持ちを育むため、食前・食後のを社員全員に励行させている。 (昭和49年)に制定された平和堂のは、羽ばたく2羽の鳩を化したもの で、「対立しながら調和を生むところに真の進歩がある」という理念を表している。 に制定されたのロゴ に類似している。 HOPカード [ ] (平成元年)、それまであった「平和堂ショッピングカード」および「ハトの謝恩券」に代わって、平和堂全店と提携店舗で使用できる「HOPカード」が導入された。 "HOP" は " Heiwado Original Point" の略語である。 初期の頃より100円(税抜き)で1ポイント付与され、1000ポイントに達すると現金1000円(一部店舗を除く)との交換を行っている。 当初は自社タイプと非クレジットカードタイプが存在した。 (平成21年)4月1日以降はクレジット事業をが引継ぎ、自社クレジットカードは「HOP-VISAカード」に変更され、自社クレジットのキャッシングは同年3月31日に、ショッピングは6月30日に廃止された。 東海地方への進出 [ ] には同じ(ニチリウ)グループ加盟のチェーンである株式会社(愛知県。 以下 タマコシ)があり、相互にを侵さないよう、平和堂は東海地方へ進出していなかったが 、 タマコシは(平成16年)ににを適用してした。 経営再建支援には(岐阜県)も名乗り出ていたが 、(平成16年)にで開かれた債権者集会には、スポンサーに名乗りを上げた2社のうち、平和堂社長の夏原平和のみが出席した。 正式にスポンサーに決まっているわけでもないのに債権者集会に出席することは「通常では考えられない」と、同業他社から批判される異例の展開を辿った。 結局、(平成16年)に 平和堂が「正式にスポンサーとなる基本合意書を締結した」と発表して、子会社平和堂東海が10の店舗とその従業員全員等を引継ぐことになった。 平和堂は完全子会社である株式会社 平和堂東海を設立、タマコシの10店舗(岐阜県3店舗、愛知県7店舗)と関連会社2社、事業用地、人員などを引き継ぎ、図らずも東海地方へ進出することとなった。 なお、旧タマコシ店舗の一部ではタマコシ時代のが現在も継続しているところがある。 また、平和堂引き継ぎ後の閉店が決まっていた前の一宮本店 タマコシ本社も所在・当初は平和堂東海本社も同居 は、(平成16年)6月に他店舗が平和堂に転換した後も同年9月末までタマコシ名義で営業を続けていた。 現在のタマコシ一宮本店跡地にはマンションが建設されている。 (一時期は(平成12年)9月には同じ岐阜県を本拠地とするスーパーマーケットのとの間でヤナゲンストアの店舗の売買交渉を行っているという報道がされていた ) 株式会社ヤナゲンストアー7店は当初はそのままの名称で営業 していたが、(平成18年)に平和堂東海に吸収合併されて消滅し、平和堂の店舗となった。 平和堂東海は(平成21年)をもって平和堂に吸収合併され、本社直営となった。 以後、東海地方にも随時出店を行っている。 沿革 [ ]• (28年)12月 - が土橋商店街(現在の)にある内にて「夏原商店」を創立。 (昭和32年)• - 彦根市銀座街に「靴とカバンの店・平和堂」が創業。 - 夏原平次郎を代表取締役とする株式会社平和堂が設立される。 (昭和35年)3月 - 「靴とカバンの店・平和堂」の向かいに「おしゃれの店・平和堂」を出店。 (昭和37年)9月 - 彦根市銀座街に「衣料スーパー」を設立。 (昭和38年)10月 - 靴とカバンの店・平和堂」「おしゃれの店・平和堂」「衣料スーパー」の3店舗を「ジュニアデパート平和堂」に統合し、彦根市銀座商店街に建設した彦根店ビルに出店。 現在(2010年代)に繋がるスタイルとなる。 (昭和41年)11月 - 彦根店ビルに衣料・雑貨・食品販売の総合スーパー「食品スーパーマーケット」を開設する。 (昭和43年) - にて第2号店(現・くさつ平和堂)が開店。 以後、滋賀県下を中心に多店舗展開を始める。 (昭和47年)10月 - 平和堂労働組合の発足。 (昭和48年)• 10月 - にて、内第1号店かつ滋賀県外初進出となる敦賀店(現在の)が開店。 同社としても敦賀市内の商業施設としても初の1万平米級大型店舗であった。 に加盟。 (昭和49年)• 6月 - 平和堂ハトの会、および、平和堂同友店会の発足。 中堅スーパーマーケット6社とともに(ニチリウ)を設立。 (昭和53年)• の小売店を買収し、化する。 にて内第1号店となる小倉店が開店。 (昭和54年)11月 - 前に「」1号店としてが開店。 (昭和56年)10月 - 第二部 京都証券取引所に、株式。 (昭和57年)6月 - 500平方メートル未満のミニスーパー第1号店のスーパーフレンド武佐店が開店。 (昭和59年) - 大阪証券取引所第一部に株式上場。 「株式会社平和フーズ(現株式会社ユーイング)」設立。 「平和堂厚生年金基金」発足。 (昭和61年)12月 - フレンドマート原店が開店。 この店舗からスーパーフレンドは安売りのイメージがある「スーパー(『』の『スーパー』)」を省いた「フレンドマート」へ名称を変更。 (昭和62年)11月 - にて内第1号店となる真砂店が開店。 (元年)• 5月 - 創業者・が社長職を長男・に譲ってに就任する。 7月 - にて内第1号店となるが開店。 (平成2年)11月 - 第一部に株式上場 (滋賀県の企業では3番目)。 (平成6年)• 7月 - より平和堂に対して、による百貨店の出店依頼がある• 12月 - 湖南省と平和堂の合弁契約調印式。 (平成7年)4月26日 - に「多賀流通センター」を開設。 (平成8年)• 2月 - 平和堂最大級の店と言われる、が、開店• 5月 - 中国湖南省にて、湖南省との合弁会社・湖南平和堂実業有限公司(現・平和堂(中国)有限公司)を設立し、中国第1号店かつ海外初進出となる湖南平和堂五一広場(湖南平和堂本店)の建設に着工する。 当初の投資予算は50億円で、うち湖南省側が10億円、平和堂側が40億円を負担することになった が、用地確保の際に買い取った用地を湖南省にせざるを得ない法的システムが計算外の支出に繋がり、最終的に総予算は100億円に膨らんだ。 - (現・三ヶ)にて富山県内第1号店となるが開店。 (平成10年)11月8日 - 中国第1号店かつ海外初進出となる「湖南平和堂商貿大厦」を同市にて開業 (湖南平和堂五一広場、湖南平和堂本店)。 (平成16年) - の小売店グランドタマコシの店舗を引き継いで平和堂東海が営業開始。 平和堂リサイクルセンター開設。 (平成18年)に、平和堂東海と経営統合する。 (平成18年)4月29日 - にて内第1号店となるアル・プラザつかしんが開店。 (平成19年)• - フレンドマート梅津店が開店し、これをもって平和堂の店舗数は100となる(平和堂東海、エール、ヤナゲン除く)。 - 中国湖南省長沙市にて、中国における第2号店となる湖南平和堂東塘店を開業。 (平成21年)• - 子会社である平和堂東海を。 この合併により、平和堂の店舗数は123になった。 - 中国湖南省にて、中国進出3店舗目となる湖南平和堂株洲店を開業。 (平成22年) - 創業者・が91歳で死去。 (平成23年) - にて、大阪市内第1号店となるフレンドマート西淀川千舟店が開店。 (平成24年)• - 株式会社の事業譲受。 - 湖南平和堂実業有限公司が「平和堂(中国)有限公司」に社名変更。 - 日本国によるを機に中国でが発生。 他の企業と同様、中国における平和堂の3店舗(湖南平和堂の五一広場[本店]・東塘店・株洲店)にもデモ参加者が押し寄せ、暴徒化して店に多大な被害をもたらした。 詳しくはその他の節と「」を参照。 (平成25年)• 4月 - 中国湖南省長沙市に中国第4号店であるAUX(奥克斯)広場店を出店。 - として「はとっぴー」を制定。 (平成27年) - アル・プラザの新業態の店舗「アルプラフーズマーケット大河端(おこばた)」を石川県に開店。 (平成28年)• - 電力の小売販売を管内の店舗で受付開始 (管内は翌月、管内は2018年に販売開始)。 - 「HOPマネー」のサービスを開始。 (平成29年) - 本社を滋賀県彦根市西今町に移転。 (平成30年) - 旧大津跡地に開業した(滋賀県大津市)に「フレンドマート大津テラス店」を開店。 日本国外への進出 [ ] 中国への進出 [ ] 平和堂商貿ビル、内観 とが友好協定を結んでいる縁故から、平和堂は湖南省にも進出している。 省長からの「省の発展のため、大型商業施設を出店してほしい」との招請に応えたもので、に省都に合弁会社 湖南平和堂実業有限公司を設立し、長沙市の中心繁華街・に湖南平和堂五一広場店(湖南平和堂本店)を開業した。 平和堂最大級となる高級百貨店店舗で、湖南省初の外資系商業施設であった。 従来の中国国営百貨店にはない日本式の先進的な商業サービスが受けて湖南省でナンバー1百貨店の地位を確立することとなり 、「高級品を買うなら平和堂」といわれるほど圧倒的信頼を得ることに成功した。 なお、五一広場店の建設に際して工事現場からのの大量の木簡・竹簡が発見されている()。 10月1日には同市にて、中国2店舗目となる湖南平和堂(トンタン)店を開業。 9月26日にはにて、中国3店舗目となる湖南平和堂株洲(シュシュウ)店を開業した。 8月1日、湖南平和堂実業有限公司は社名を 平和堂(中国)有限公司に変更し 、中国における第4号店となる「AUX(奥克斯)広場」を長沙市岳麓大道57号沿いに出店することも併せて発表した(2013年4月開店)。 2012年中国の反日活動による影響 [ ] 日本国によるを機にがに発展したには、他の企業と同様、湖南平和堂五一広場および東塘店にも中国当局の許可(旗など用具の配布を含む)の下で参加者が大挙して押し寄せ、やがて暴徒化して店内にも侵入し、本店は外装1階および内装6階までが破壊され、貴金属を始めとする商品のほとんどをされた。 店内にいた日本人社員および現地社員に被害は無かった。 株洲店も同様に襲撃され、被害を受けた。 なお、平和堂での暴動の様子は映像が豊富なこともあって、係る事件で多大な損害を受けた日系企業の代表例として日本の国内ニュースで大きく取り上げられた。 中国当局はこのたびの日系企業の被害に対して謝罪の意を示すことはなく、日本国側に全面的責任があるとして、反対に自制と謝罪を要求し、反日デモには後押しする姿勢さえ見せた。 中国や湖南省が日系企業のする見込みは無い。 五一広場と東塘店は暴動発生から約1か月半後の10月27日、インターネットを通じて「再び襲撃する」とのを受けるなか、厳重な警戒態勢を敷きつつ営業を再開した。 株洲店の営業再開は遅れている。 先の事件での中国3店舗合わせての直営部分の被害額は約5億円と算出され、うち4億円は保険の補償対象になる見通しとなった。 3店舗の営業機会損失額は、再開時期が約1か月早まったことから13億円との当初の予想を下回り、10億円以下に抑えられる見込みが立った。 一方、直営部分と入居部分を合わせて被害総額は約35億円に上ることが明らかとなった。 なお、暴動から再開に至る経緯およびその後の動向は2012年と同年のでも報道された。 9月18日、各社報道番組が反日暴動事件を伝えるなか、『』()と『』()が平和堂創業者一族を「の」とし、抗議の結果、訂正・謝罪した。 韓国への進出構想 [ ] かつてはへの進出構想もあった。 韓国の経済発展が目覚ましかった、韓国財閥のがGMS事業を学ぶために日本の流通業を視察し、平和堂に技術援助を申し出たことに始まる。 申し出を受けて平和堂はにヘテと援助契約を締結し、韓国人研修生の受け入れや指導を行った。 その成果として翌年にはヘテ高徳店()が開店した。 合弁会社の設立も計画されたが、韓国の流通業資本自由化が遅れたために頓挫した。 その他 [ ] 電子マネーの導入 [ ] を主力商品とするスーパーマーケットグループとしてはへの取り組みを早くから行っており、国内全店舗の直営売場で(平成19年)9月20日までにおよび(携帯電話のみなど貯まることになる)の導入を完了し、同年10月10日までにの導入を完了した。 また、一部店舗では専門店街のレジが更新され、iD・Edy・QUICPayが使用できるようになった。 (平成21年)4月からはHOP-EdyカードとHOP-VISAカードの導入により、他の電子マネー(携帯含む)での支払いはポイントの対象外になった。 には、平和堂独自の電子マネー「HOPマネー」を導入し、会員カード「HOPカード」に紐付けしている。 申告漏れ [ ] (平成24年)7月のにより、約1億円のを指摘されていたことが明らかとなる。 イメージソング [ ] 創業20周年記念に作られた歌。 題名は「かけっこ とびっこ」で、全店舗で毎時23分と51分に流れている。 彦根市の広告会社社員鈴木和彦を中心に、平和堂社員を交えて作詞された。 作曲者は記録がないため不明。 歌はだった。 滋賀県出身の・ T. Revolution がラジオ番組で紹介したのをきっかけに注目され、それを機に歌詞の「いじめっこ」を「げんきっこ」・「なきむしも」を「なかよしも」・「ママのおともで」を「ママのあとから」に変更し、歌い手もに一新され、店内で頻繁に流されるようになった。 2009年7月30日からはネット配信も行われている。 イメージキャラクター [ ] 頭にハトの被り物をつけ、平和堂のマークが入った服(販促によってデザインが変わる)を着た「はとっぴー」というイメージキャラクターがいる。 2013年7月から9月にかけて一般公募が行われ、社内選考とインターネット上での人気投票を経て、3033件の応募のなかから大阪府の女性によるデザインが最優秀作品に選ばれ、12月11日に公式発表された。 バーチャルYouTuber [ ] 2018年12月1日からバーチャルの平和堂従業員「鳩乃 幸(はとの さち)」がとしてデビューした。 インターネットを通じて認知度を高め、身近に感じてもらうことが目的である。 展開する店舗 [ ] 現在の店舗の詳細は、公式サイトのを参照。 店舗画像ギャラリー [ ]• 「」を参照 一般店舗 [ ] 近畿 [ ] 滋賀県 [ ]• 彦根銀座店(彦根市) - 平和堂第1号店・創業の地。 改装や増築を繰り返しているが、階段と屋上(現在は閉鎖)は創業当時の姿を留める。 その他 [ ]• 100BAN店(京都府)• 真砂店(大阪府) - 大阪府第1号店。 東海 [ ]• ノースウエスト店(岐阜県) - 旧ヤナゲンストアーノースウエスト店として1992年(平成4年)8月開店。 2007年7月に改装オープンしたものの店舗内の一部にヤナゲンノースウエストの熊のマークが残る。 うぬま店(岐阜県) - 旧ヤナゲンストアー(スーパーバリューハッピー)うぬま店として 、1995年(平成7年)7月30日に開店。 東海日野店() - 旧ヤナゲンストアーとして1987年(昭和62年)に開店 、大幅に増床・改装して大型食品スーパー(SSM のスーパーバリューハッピー日野店として1996年(平成8年)5月13日に新装開店した。 穂積店(岐阜県) - 旧ヤナゲンストアー(スーパーバリューハッピー)穂積店。 高富店(岐阜県) - 旧タマコシ・SAMタカトミ。 大野店(岐阜県) - 旧タマコシ・SAMオオノ。 稲沢店(愛知県) - 旧タマコシ稲沢店。 祖父江店(愛知県稲沢市) - 旧タマコシ祖父江店。 牛野店(愛知県) - 旧タマコシ牛野店。 木曽川店(愛知県一宮市) - 旧タマコシ木曽川店。 尾西店(愛知県一宮市) - 旧タマコシ尾西店。 旧店舗はエレベーターなしの4階建であったが、改築で平屋に。 江南店(愛知県) - 旧タマコシ江南店・SAMコウナン(通称SAMタマ)。 扶桑店(愛知県) - 旧タマコシ扶桑店。 豊成店()- 2010年(平成22年)9月8日にオープンした名古屋市内初店舗。 なるぱーく店(名古屋市)- 2011年(平成23年)3月16日に開業した1階の食品部門の核店舗として出店した。 「旧・イトーヨーカドー鳴海店」• 長久手店(愛知県 ) - 2011年(平成23年)9月29日にの中核店舗としてオープン。 春日井宮町店(愛知県) - 春日井市内初店舗。 元本社跡地に建設。 2015年5月22日オープン。 春日井庄名(しょうな)店(愛知県春日井市) - 2015年11月26日オープン。 ビバモール名古屋南店()- 旧日清紡績名古屋工場跡地に建設されたを中心とする「ビバモール名古屋南」に出店した。 2015年12月10日開店。 フレンドマート [ ]• スーパーフレンド大石店(大津市) - 現存するスーパーフレンド(フレンドマートブランドの一つ)最後の店舗。 フレンドマート・G 宇治市役所前店(京都府宇治市) - 「フレンドマート・G」ブランド唯一の店舗。 フレンドマートの高質スーパーブランド。 フレンドマート大津なかまち店(大津市) なかまち商店街(菱屋町商店街)の西友大津店の跡地に2017年に開店。 子会社店舗 [ ] エール [ ] 詳細は「」を参照 1921年創業の京都府舞鶴市のスーパーマーケット。 1978年に平和堂子会社化。 エール東舞鶴店(舞鶴市)• エール峰山店() マルゼン [ ]• 彦根店• 能登川店(東近江市)• 近江八幡店• 野洲店• アスト店(豊郷町)• 守山店• 石部店• Kモール店(甲良町) かつて存在した店舗 [ ] 平和堂 他 [ ] 近畿 [ ] 滋賀県 [ ]• 本店(旧店)• 平和堂川原店 - 草津市川原町に存在した食品のみの店舗。 2000年閉店。 平和堂大藪店- 業態変更に従い、フレンドマート大藪店として再オープン。 平和堂唐崎店 - 業態変更に伴い、フレンドマート唐崎店として再オープン。 平和堂上笠店 - 業態変更に伴い、フレンドマート上笠店として再オープン。 平和堂老上店 - 業態変更に伴い、フレンドマート南草津店として移転再オープン。 平和堂蒲生店 - 業態変更に伴い、フレンドマート蒲生店として再オープン。 平和堂稲枝店 - 業態変更に伴い、フレンドマート稲枝店として移転再オープン。 平和堂大宝店 - 業態変更に伴い、フレンドマートD大宝店として再オープン。 2012年1月20日閉店。 平和堂能登川店 - 2003年のJR前再開発に合わせた業態変更に伴い、フレンドマート能登川店として移転再オープン。 平和堂安曇川店 - JR前に存在した店舗。 老朽化に伴い2010年4月16日に閉店後、2010年4月22日に沿いに移転し、平和堂あどがわ店として再オープン。 平和堂江頭店 - 業態変更に伴い、フレンドマート江頭店として再オープン。 平和堂長浜店 - JR東口前に存在した店舗で、店舗老朽化と市街地再開発事業に伴い、(平成27年)に閉店した。 2階部分で駅東口と歩行者デッキで直結して(平成27年)に開業した商業施設「モンデクール長浜」の核店舗として「フレンドマート長浜駅前店」を開店した。 フレンドマート原店 - 業態変更に伴い、フレンドマート彦根地蔵店として移転再オープン。 セルバ平和堂 - 守山市のJR守山駅前にあるの地下1階に存在した店舗。 平和堂湖東店 - 業態変更に伴い、フレンドマート湖東店として再オープン。 グッドマン近江八幡店 - 平和堂が運営していたホームセンター店舗。 業態変更に伴い、TSUTAYA近江八幡店(平和堂FC)として再オープン。 TSUTAYAも閉店し、跡地にフレンドマートとしてオープン。 グッドマン五個荘店 - 業態変更に伴い、フレンドマート五個荘店として再オープン。 平和堂栗東店 - 店舗建て替えをして、フレンドマート栗東店として再オープン。 アル・プラザ大津 - JR前に存在した店舗。 平和堂の第10号店として開店。 1986年にESTA(エスタ)に改称、1994年にアル・プラザ大津に再改称したが、老朽化に伴い(平成28年)に閉店、跡地にはタワーマンションが建設され、1階部分にフレンドマートとして再出店する予定。 平和堂信楽店-業態変更に伴い、フレンドマート信楽店として再オープン。 平和堂近江八幡店 - 1972年開店、2016年10月16日完全閉店。 1987年の新装開店以来、当時の社長の発案で5階のレストラン街に滋賀県を模した鉄道ジオラマ「交通パノラマ」が設置されていた。 制作は。 大きさ115平方メートル、線路の総延長400メートル、展示車両数約200両(一部は有料で運転可)という本格的な模型で、設置当時には琵琶湖の部分に本物の水を張る構造になっていた。 現在解体工事完了、その跡地にマンションを建設中。 その他 [ ]• 平和堂小倉店 - 京都府第1号店。 2011年12月31日閉店。 平和堂西福井店 - 西福井駅(現・)の駅ビル内に1979年(昭和54年)1月のビルの開業と同時に出店したが 、(平成14年)に閉店した。 店舗跡の駅ビルには、同年3月にの西福井店が後継店舗として入居したが 、(平成24年)に閉店となり 、同年12月に食料品スーパーのを核とする「えちぜんCULSA(クルサ)」として新装開店した。 平和堂観音町店 - 福井市日之出3丁目の住居複合ビルの1、2階に存在した店舗。 平和堂鯖江店 - 鯖江市本町2丁目に存在した店舗。 1996年にオープンしたアル・プラザ鯖江(同市下河端)への移転統廃合に伴い2000年閉店。 タマコシ [ ]• タマコシ一宮本店 - JR尾張一宮駅前の中心市街地に所在し、㈱グランドタマコシの本社も同じビル内にあった。 1967年(昭和42年)11月に開店し 、㈱グランドタマコシが倒産して平和堂の子会社である平和堂東海(後に平和堂へ吸収合併)が後継企業となったのち、債務整理の為ビルを解体して土地が売却されることとなり、(平成16年)に閉店した。 現在は分譲マンションとなっている。 タマコシ浅井店• タマコシ岩倉店• タマコシ木田店• タマコシ千秋店• タマコシひきえ店• タマコシ忠節店• タマコシ鏡島店• タマコシ茜部店• タマコシエイト大垣店• センサ - 旧・タマコシ岐阜店 - (昭和40年)にの中心市街地商店街の一角に開店し 、(昭和58年)には「センサ」に業態転換し、(昭和61年)には北館をオープンさせるなど10-20代向けの品揃えで人気を集めたが、(平成16年)夏に閉店した。 ヤナゲン [ ] 1910年創業の岐阜県大垣市の百貨店。 、に加盟。 2005年に食品部門の子会社・ヤナゲンストアーと共に平和堂子会社化。 大垣本店(大垣市) - 2019年8月31日閉店。 FAL店(大垣市) - (平成23年)は施設の老朽化を理由に旧店舗を閉鎖し 、親会社の当社の内に出店しているセレクトショップを拡充して(2代目)FAL店として営業の一部を継承した。 2019年9月28日閉店。 養老店 - に存在した店舗。 ヤナゲンストアー養老店として(昭和51年)に開店し、(平成2年)に2階建て4,700に増床して25店のテナントを導入し、平和堂養老店となったが、売上が伸び悩んでテナントも5店舗まで減少したため(平成22年)に閉店した。 ヤナゲン北方店 - 1996年2月閉店。 ヤナゲン池田店 - 1997年2月閉店。 ヤナゲン羽島店 - 1997年2月閉店。 ヤナゲン鶴見店 - (株)ヤナゲンストアー発足後の第1号店として1997年(平成9年)11月14日に第2種大規模店舗新設届出を行った が、平和堂の傘下になるとともに閉店(すぐ隣にアルプラザ鶴見があるため)。 ヤナゲン真正店 ハッピーバリュー真正店を経て閉店。 その後ゲームセンター・現在はディスカウントドラッグコスモス真正店• ヤナゲン墨俣店• ヤナゲン本巣店 一定の集客をあげていたが、道路の付け替え、近隣にバロー本巣文殊店が開店し閉店。 ヤナゲン則武店• ヤナゲン府中店• ヤナゲン中川西店• ヤナゲンFAL岐大店((現在の)稲里 ) - 1974年(昭和49年)に開店した家具・インテリア専門店・岐大ホームセンターとして開業し 、住関連の大型専門店として最盛期には年間売上高約120億円を上げていた。 (平成11年)9月20日に婚礼関連用品を扱う大型店へ改装を行い 、婚礼家具以外にも分野を広げてブライダルウエディングをトータルで提案する店舗として 生活雑貨も扱う「FAL店」として新装開店した。 (平成23年)は施設の老朽化を理由に閉鎖し 、親会社の平和堂の内に出店しているセレクトショップを拡充して(2代目)FAL店として営業の一部を継承した。 跡地はヤナゲンがデベロッパーとして再開発を行い 、(平成24年)に大垣市出身の安田隆夫会長兼CEOが創業した が敷地約19,500m 2に店舗面積約5,900m 2で出店する届出が(平成23年)に行われた。 その後、2012年8月24日にMEGAドン・キホーテ岐阜瑞穂店として開店。 寺内店 - 旧ヤナゲンストアー寺内店として(昭和52年)開店。 2007年9月、旧ヤナゲンストアー寺内店の建物を改築してオープン。 2015年1月20日に閉店。 跡地に寺内店が2016年1月28日に開店。 マルゼン [ ]• 丸善篠原店- 現在は住宅• マルゼン草津店- 現在はバロー草津店• マルゼン守山駅前店 - 統廃合に伴い2010年8月31日に閉店し、マルゼン守山店として再オープン。 関連会社 [ ]• 株式会社• 加賀コミュニティプラザ株式会社• 株式会社グランドデュークホテル - JR前のホテル。 株式会社 - 飲食「」の。 株式会社ダイレクト・ショップ - 書籍・CDの販売・通信販売「」のフランチャイズ。 武生駅北パーキング株式会社• 富山フューチャー開発株式会社 - 運営会社。 株式会社ナショナルメンテナンス• ビル管理・清掃・警備• 株式会社ファイブスター - 飲食「」や「海座」等の運営。 福井南部商業開発株式会社• 株式会社平和堂友の会• 株式会社ベストーネ - 精肉鮮魚の加工・惣菜の製造・販売• 舞鶴流通産業株式会社• 南彦根都市開発株式会社• 株式会社 [ ]• 八日市駅前商業開発株式会社• 平和堂(中国)有限公司(旧・湖南平和堂実業有限公司)• 湖南平和物業発展有限公司• 日本経済新聞. 2017年4月4日. 2019年8月19日閲覧。 県政eしんぶん報道資料 滋賀県庁. 2013年8月20日. 2013年8月20日閲覧。 夏原平治郎 『おかげさまで八十年』 サンライズ印刷、1999年。 北山幸子. 立命館経営学 第44巻第6号 2006年3月. 日本食糧新聞 日本食糧新聞社. 2004年8月21日• 中部経済新聞社. 2004年2月21日• 中部経済新聞社. 2004年2月25日• 株式会社グランドタマコシの民事再生への支援に関する基本合意書締結について Report. 平和堂. 2004年3月22日. 日本食糧新聞社. 2005年6月6日• 株式会社ヤナゲンの事業譲受けについて Report. 平和堂. 2005年7月11日. 日本経済新聞社. 2005年7月12日• 日本食糧新聞社. 2005年7月15日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2000年9月4日• 平和堂. 2011年5月20日. 現代ビジネス(ウェブサイト). 2010年8月18日. 2012年10月28日閲覧。 日本食糧新聞社. 1995年3月22日• 日本食糧新聞社. 1996年12月9日• 日本食糧新聞社. 1998年10月26日• 日本食糧新聞社. 2006年5月17日• 日本食糧新聞社. 2007年10月12日• 日本食糧新聞社. 2009年10月7日• 日本食糧新聞社. 2010年6月25日• 日本食糧新聞社. 2011年9月30日• (公式ウェブサイト). 平和堂 2012年8月. 2012年10月28日閲覧。 プレスリリース , 平和堂, 2015年7月14日 , 2019年1月23日閲覧。 プレスリリース , 平和堂, 2016年3月15日 , 2019年1月23日閲覧。 プレスリリース , 平和堂, 2017年2月8日 , 2019年1月23日閲覧。 プレスリリース , 平和堂, 2018年4月20日 , 2019年1月23日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2018年4月3日. 2019年1月23日閲覧。 産経ニュース. 2018年4月27日. 2019年1月23日閲覧。 2014年4月10日. 読売新聞社. 2016年4月6日閲覧。 (公式ウェブサイト). 平和堂 2009年9月28日. 2012年9月17日閲覧。 NHK News Web. 2012年9月16日. 2012年9月17日閲覧。 時事ドットコム. 2012年9月17日. 2012年9月17日閲覧。 (公式ウェブサイト). 平和堂 2012年9月19日. 2012年10月28日閲覧。 中日新聞(ウェブサイト). 2012年9月17日. 2012年9月17日閲覧。 産経ニュース. 2012年9月18日. 2012年9月18日閲覧。 日本経済新聞Web刊. 2012年10月27日. 2012年10月28日閲覧。 SankeiBiz(ウェブサイト). 2012年10月22日. 2012年10月28日閲覧。 産経ニュース 産業経済新聞社. 2012年10月27日. 2012年10月28日閲覧。 - 日経スペシャル ガイアの夜明け公式サイト 2012年11月4日閲覧• プレスリリース , 大日本印刷, 2016年3月25日 , 2019年8月19日閲覧。 京都新聞. 2019年2月4日. 2019年8月19日閲覧。 読売新聞関西発 2012年7月5日• (公式ウェブサイト). 平和堂 2013年. 2014年12月11日閲覧。 (公式ウェブサイト). 平和堂 2013年12月. 2014年12月11日閲覧。 ㈱平和堂. 2019年7月7日閲覧。 財団法人岐阜県産業経済振興センター. 2001年3月. 日本食糧新聞社. 1995年8月11日• 日本食糧新聞社. 1995年7月28日• 日本食糧新聞社. 1996年5月17日• 日本食糧新聞社. 1996年5月17日• (2019年3月8日閲覧)• 日本食糧新聞社. 2011年3月25日• (2019年3月8日閲覧)• (2015年5月18日閲覧)• (2015年11月25日閲覧• (2016年3月15日閲覧)• 中日新聞社• 2016年9月27日. 2017年3月24日閲覧。 福井新聞社. 2001年8月31日• 福井新聞社. 2002年1月20日• 宮下祥恵 2011年10月21日. 福井新聞社• 福井新聞社. 2012年9月27日• 福井新聞社. 2013年2月16日• 一宮市中心市街地活性化基本計画 (案) Report. 一宮市. 2008年10月. 中日新聞社. 2004年10月1日• 構造改革特別区域計画 第3回認定特区(新規)岐阜市中心商店街再生特区 Report. 内閣府構造改革特区担当室. 2003年11月. 中部経済新聞社. 2004年6月23日• 岐阜新聞社. 2011年7月21日• 岐阜新聞社. 2011年5月18日• 中日新聞社. 2010年1月20日• 日本食糧新聞社. 1997年12月5日• 日本食糧新聞社. 1999年9月17日• 日本食糧新聞社. 2000年2月16日• 中部経済新聞社. 2011年12月2日• 中日新聞社. 2012年1月5日 参考文献 [ ].

次の

生花・園芸

平和堂 栗東

本社所在地 〒522-8511 1番地 設立 (昭和32年) 事業内容 代表者 代表取締役会長 代表取締役社長 平松正嗣 資本金 116億14百万円 (2016年2月20日時点) 発行済株式総数 58,546千株 (2016年2月20日時点) 売上高 単体3,734億円、連結4,375億円 (2017年2月期) 営業利益 単体121億円、連結153億円 (2017年2月期) 純利益 単体80億円、連結92億円 (2017年2月期) 純資産 単体1,219億円、連結1,418億円 (2017年2月20日時点) 総資産 単体2,593億円、連結2,936億円 (2017年2月20日時点) 従業員数 単体3,225人、連結5,859人 (2016年2月20日時点、パートタイマーを除く) 決算期 2月20日 会計監査人 主要株主 夏原平和 8. 07 平和堂共栄会 4. (ニチリウ)の中核企業でもある。 愛知県の印刷業の平和堂印刷や東京で名刺等紙製品を企画販売している、新潟県妙高市にある製菓業の株式会社平和堂とは資本関係等の関係はない。 概要 [ ] (昭和28年)12月、により滋賀県市街の土橋商店街(現在の)でのテナントとして夏原商店が開店(創業)。 (昭和32年)に「靴とカバンの店・平和堂」として 平和堂を設立 した。 である「平和堂」は、創業者である夏原平次郎が、長男・(ひらかず。 現会長)の名にちなみ、「」と関連付けた上で 命名したもの。 後に「おしゃれの店・平和堂」と衣料スーパーの出店を行い、(昭和36年)に3店舗を統一した大型店舗であるジュニアデパート平和堂(旧本店3代目、現・彦根銀座店)を発祥地に開店。 (昭和41年)に・・を販売する GMS となった。 以降、滋賀県を中心にで店舗展開を行い、近隣府県にも進出した。 現在の本部ビルは滋賀県彦根市の近くに所在し、隣接してビバシティ彦根がある。 ドミナント戦略を特徴とし、滋賀県に83店舗、に20店舗、に20店舗、に3店舗、に6店舗、に6店舗、に2店舗、に9店舗、に15店舗を構える(2019年6月末現在。 店舗を含む)。 通常のスーパーマーケット店舗のほか、大型店を「 AP 」、小型店を「フレンドマート FM 」または「スーパーフレンド SF 」のブランドで展開している。 新規の大型店だけでなく、商店街組合と共同出店したり(店の出店時に始められた出店方式で、「堅田方式」と呼ばれる)、他社(書店など、スーパーマーケット以外の業種も含む)が撤退した店舗に入居して再生させたり、の1階に入居したりと、出店パターンが多様なのも特徴である。 本拠地の滋賀県においては、から得た地域ドミナント戦略を参考にし、「琵琶湖ネックレスチェーン構想」と称して、駅前中心街から郊外地域まできめ細かく店舗展開している。 また、滋賀県内のや、北陸地域のなどは、平和堂の子会社によって運営されている。 県内小売業界で圧倒的なを誇り、県民生活にも大きな影響力を有する。 2013年(平成25年)8月20日には、滋賀県と平和堂の間で地域密着連携協定を締結している(滋賀県と民間企業が包括的連携協定を結ぶのは7社目、県内企業では初)。 企業理念 [ ] については、(昭和47年)、会社・客・生産者・取引先・社員の調和と地域社会への貢献を重視し、(ハト)を会社のとして、以下に表す「五つのハトのお約束」を制定している。 のハトは、お客様へのサービスを第一とします。 のハトは、よい品を販売します。 のハトは、お取引先との信用を重んじます。 のハトは、みんなの幸せを築きます。 のハトは、地域社会のためにつくします。 こうした理念を反映し、平和堂においてはを「ご奉仕高」、粗高を「創造高」と呼称している。 また、社風として、生産者への感謝の気持ちを育むため、食前・食後のを社員全員に励行させている。 (昭和49年)に制定された平和堂のは、羽ばたく2羽の鳩を化したもの で、「対立しながら調和を生むところに真の進歩がある」という理念を表している。 に制定されたのロゴ に類似している。 HOPカード [ ] (平成元年)、それまであった「平和堂ショッピングカード」および「ハトの謝恩券」に代わって、平和堂全店と提携店舗で使用できる「HOPカード」が導入された。 "HOP" は " Heiwado Original Point" の略語である。 初期の頃より100円(税抜き)で1ポイント付与され、1000ポイントに達すると現金1000円(一部店舗を除く)との交換を行っている。 当初は自社タイプと非クレジットカードタイプが存在した。 (平成21年)4月1日以降はクレジット事業をが引継ぎ、自社クレジットカードは「HOP-VISAカード」に変更され、自社クレジットのキャッシングは同年3月31日に、ショッピングは6月30日に廃止された。 東海地方への進出 [ ] には同じ(ニチリウ)グループ加盟のチェーンである株式会社(愛知県。 以下 タマコシ)があり、相互にを侵さないよう、平和堂は東海地方へ進出していなかったが 、 タマコシは(平成16年)ににを適用してした。 経営再建支援には(岐阜県)も名乗り出ていたが 、(平成16年)にで開かれた債権者集会には、スポンサーに名乗りを上げた2社のうち、平和堂社長の夏原平和のみが出席した。 正式にスポンサーに決まっているわけでもないのに債権者集会に出席することは「通常では考えられない」と、同業他社から批判される異例の展開を辿った。 結局、(平成16年)に 平和堂が「正式にスポンサーとなる基本合意書を締結した」と発表して、子会社平和堂東海が10の店舗とその従業員全員等を引継ぐことになった。 平和堂は完全子会社である株式会社 平和堂東海を設立、タマコシの10店舗(岐阜県3店舗、愛知県7店舗)と関連会社2社、事業用地、人員などを引き継ぎ、図らずも東海地方へ進出することとなった。 なお、旧タマコシ店舗の一部ではタマコシ時代のが現在も継続しているところがある。 また、平和堂引き継ぎ後の閉店が決まっていた前の一宮本店 タマコシ本社も所在・当初は平和堂東海本社も同居 は、(平成16年)6月に他店舗が平和堂に転換した後も同年9月末までタマコシ名義で営業を続けていた。 現在のタマコシ一宮本店跡地にはマンションが建設されている。 (一時期は(平成12年)9月には同じ岐阜県を本拠地とするスーパーマーケットのとの間でヤナゲンストアの店舗の売買交渉を行っているという報道がされていた ) 株式会社ヤナゲンストアー7店は当初はそのままの名称で営業 していたが、(平成18年)に平和堂東海に吸収合併されて消滅し、平和堂の店舗となった。 平和堂東海は(平成21年)をもって平和堂に吸収合併され、本社直営となった。 以後、東海地方にも随時出店を行っている。 沿革 [ ]• (28年)12月 - が土橋商店街(現在の)にある内にて「夏原商店」を創立。 (昭和32年)• - 彦根市銀座街に「靴とカバンの店・平和堂」が創業。 - 夏原平次郎を代表取締役とする株式会社平和堂が設立される。 (昭和35年)3月 - 「靴とカバンの店・平和堂」の向かいに「おしゃれの店・平和堂」を出店。 (昭和37年)9月 - 彦根市銀座街に「衣料スーパー」を設立。 (昭和38年)10月 - 靴とカバンの店・平和堂」「おしゃれの店・平和堂」「衣料スーパー」の3店舗を「ジュニアデパート平和堂」に統合し、彦根市銀座商店街に建設した彦根店ビルに出店。 現在(2010年代)に繋がるスタイルとなる。 (昭和41年)11月 - 彦根店ビルに衣料・雑貨・食品販売の総合スーパー「食品スーパーマーケット」を開設する。 (昭和43年) - にて第2号店(現・くさつ平和堂)が開店。 以後、滋賀県下を中心に多店舗展開を始める。 (昭和47年)10月 - 平和堂労働組合の発足。 (昭和48年)• 10月 - にて、内第1号店かつ滋賀県外初進出となる敦賀店(現在の)が開店。 同社としても敦賀市内の商業施設としても初の1万平米級大型店舗であった。 に加盟。 (昭和49年)• 6月 - 平和堂ハトの会、および、平和堂同友店会の発足。 中堅スーパーマーケット6社とともに(ニチリウ)を設立。 (昭和53年)• の小売店を買収し、化する。 にて内第1号店となる小倉店が開店。 (昭和54年)11月 - 前に「」1号店としてが開店。 (昭和56年)10月 - 第二部 京都証券取引所に、株式。 (昭和57年)6月 - 500平方メートル未満のミニスーパー第1号店のスーパーフレンド武佐店が開店。 (昭和59年) - 大阪証券取引所第一部に株式上場。 「株式会社平和フーズ(現株式会社ユーイング)」設立。 「平和堂厚生年金基金」発足。 (昭和61年)12月 - フレンドマート原店が開店。 この店舗からスーパーフレンドは安売りのイメージがある「スーパー(『』の『スーパー』)」を省いた「フレンドマート」へ名称を変更。 (昭和62年)11月 - にて内第1号店となる真砂店が開店。 (元年)• 5月 - 創業者・が社長職を長男・に譲ってに就任する。 7月 - にて内第1号店となるが開店。 (平成2年)11月 - 第一部に株式上場 (滋賀県の企業では3番目)。 (平成6年)• 7月 - より平和堂に対して、による百貨店の出店依頼がある• 12月 - 湖南省と平和堂の合弁契約調印式。 (平成7年)4月26日 - に「多賀流通センター」を開設。 (平成8年)• 2月 - 平和堂最大級の店と言われる、が、開店• 5月 - 中国湖南省にて、湖南省との合弁会社・湖南平和堂実業有限公司(現・平和堂(中国)有限公司)を設立し、中国第1号店かつ海外初進出となる湖南平和堂五一広場(湖南平和堂本店)の建設に着工する。 当初の投資予算は50億円で、うち湖南省側が10億円、平和堂側が40億円を負担することになった が、用地確保の際に買い取った用地を湖南省にせざるを得ない法的システムが計算外の支出に繋がり、最終的に総予算は100億円に膨らんだ。 - (現・三ヶ)にて富山県内第1号店となるが開店。 (平成10年)11月8日 - 中国第1号店かつ海外初進出となる「湖南平和堂商貿大厦」を同市にて開業 (湖南平和堂五一広場、湖南平和堂本店)。 (平成16年) - の小売店グランドタマコシの店舗を引き継いで平和堂東海が営業開始。 平和堂リサイクルセンター開設。 (平成18年)に、平和堂東海と経営統合する。 (平成18年)4月29日 - にて内第1号店となるアル・プラザつかしんが開店。 (平成19年)• - フレンドマート梅津店が開店し、これをもって平和堂の店舗数は100となる(平和堂東海、エール、ヤナゲン除く)。 - 中国湖南省長沙市にて、中国における第2号店となる湖南平和堂東塘店を開業。 (平成21年)• - 子会社である平和堂東海を。 この合併により、平和堂の店舗数は123になった。 - 中国湖南省にて、中国進出3店舗目となる湖南平和堂株洲店を開業。 (平成22年) - 創業者・が91歳で死去。 (平成23年) - にて、大阪市内第1号店となるフレンドマート西淀川千舟店が開店。 (平成24年)• - 株式会社の事業譲受。 - 湖南平和堂実業有限公司が「平和堂(中国)有限公司」に社名変更。 - 日本国によるを機に中国でが発生。 他の企業と同様、中国における平和堂の3店舗(湖南平和堂の五一広場[本店]・東塘店・株洲店)にもデモ参加者が押し寄せ、暴徒化して店に多大な被害をもたらした。 詳しくはその他の節と「」を参照。 (平成25年)• 4月 - 中国湖南省長沙市に中国第4号店であるAUX(奥克斯)広場店を出店。 - として「はとっぴー」を制定。 (平成27年) - アル・プラザの新業態の店舗「アルプラフーズマーケット大河端(おこばた)」を石川県に開店。 (平成28年)• - 電力の小売販売を管内の店舗で受付開始 (管内は翌月、管内は2018年に販売開始)。 - 「HOPマネー」のサービスを開始。 (平成29年) - 本社を滋賀県彦根市西今町に移転。 (平成30年) - 旧大津跡地に開業した(滋賀県大津市)に「フレンドマート大津テラス店」を開店。 日本国外への進出 [ ] 中国への進出 [ ] 平和堂商貿ビル、内観 とが友好協定を結んでいる縁故から、平和堂は湖南省にも進出している。 省長からの「省の発展のため、大型商業施設を出店してほしい」との招請に応えたもので、に省都に合弁会社 湖南平和堂実業有限公司を設立し、長沙市の中心繁華街・に湖南平和堂五一広場店(湖南平和堂本店)を開業した。 平和堂最大級となる高級百貨店店舗で、湖南省初の外資系商業施設であった。 従来の中国国営百貨店にはない日本式の先進的な商業サービスが受けて湖南省でナンバー1百貨店の地位を確立することとなり 、「高級品を買うなら平和堂」といわれるほど圧倒的信頼を得ることに成功した。 なお、五一広場店の建設に際して工事現場からのの大量の木簡・竹簡が発見されている()。 10月1日には同市にて、中国2店舗目となる湖南平和堂(トンタン)店を開業。 9月26日にはにて、中国3店舗目となる湖南平和堂株洲(シュシュウ)店を開業した。 8月1日、湖南平和堂実業有限公司は社名を 平和堂(中国)有限公司に変更し 、中国における第4号店となる「AUX(奥克斯)広場」を長沙市岳麓大道57号沿いに出店することも併せて発表した(2013年4月開店)。 2012年中国の反日活動による影響 [ ] 日本国によるを機にがに発展したには、他の企業と同様、湖南平和堂五一広場および東塘店にも中国当局の許可(旗など用具の配布を含む)の下で参加者が大挙して押し寄せ、やがて暴徒化して店内にも侵入し、本店は外装1階および内装6階までが破壊され、貴金属を始めとする商品のほとんどをされた。 店内にいた日本人社員および現地社員に被害は無かった。 株洲店も同様に襲撃され、被害を受けた。 なお、平和堂での暴動の様子は映像が豊富なこともあって、係る事件で多大な損害を受けた日系企業の代表例として日本の国内ニュースで大きく取り上げられた。 中国当局はこのたびの日系企業の被害に対して謝罪の意を示すことはなく、日本国側に全面的責任があるとして、反対に自制と謝罪を要求し、反日デモには後押しする姿勢さえ見せた。 中国や湖南省が日系企業のする見込みは無い。 五一広場と東塘店は暴動発生から約1か月半後の10月27日、インターネットを通じて「再び襲撃する」とのを受けるなか、厳重な警戒態勢を敷きつつ営業を再開した。 株洲店の営業再開は遅れている。 先の事件での中国3店舗合わせての直営部分の被害額は約5億円と算出され、うち4億円は保険の補償対象になる見通しとなった。 3店舗の営業機会損失額は、再開時期が約1か月早まったことから13億円との当初の予想を下回り、10億円以下に抑えられる見込みが立った。 一方、直営部分と入居部分を合わせて被害総額は約35億円に上ることが明らかとなった。 なお、暴動から再開に至る経緯およびその後の動向は2012年と同年のでも報道された。 9月18日、各社報道番組が反日暴動事件を伝えるなか、『』()と『』()が平和堂創業者一族を「の」とし、抗議の結果、訂正・謝罪した。 韓国への進出構想 [ ] かつてはへの進出構想もあった。 韓国の経済発展が目覚ましかった、韓国財閥のがGMS事業を学ぶために日本の流通業を視察し、平和堂に技術援助を申し出たことに始まる。 申し出を受けて平和堂はにヘテと援助契約を締結し、韓国人研修生の受け入れや指導を行った。 その成果として翌年にはヘテ高徳店()が開店した。 合弁会社の設立も計画されたが、韓国の流通業資本自由化が遅れたために頓挫した。 その他 [ ] 電子マネーの導入 [ ] を主力商品とするスーパーマーケットグループとしてはへの取り組みを早くから行っており、国内全店舗の直営売場で(平成19年)9月20日までにおよび(携帯電話のみなど貯まることになる)の導入を完了し、同年10月10日までにの導入を完了した。 また、一部店舗では専門店街のレジが更新され、iD・Edy・QUICPayが使用できるようになった。 (平成21年)4月からはHOP-EdyカードとHOP-VISAカードの導入により、他の電子マネー(携帯含む)での支払いはポイントの対象外になった。 には、平和堂独自の電子マネー「HOPマネー」を導入し、会員カード「HOPカード」に紐付けしている。 申告漏れ [ ] (平成24年)7月のにより、約1億円のを指摘されていたことが明らかとなる。 イメージソング [ ] 創業20周年記念に作られた歌。 題名は「かけっこ とびっこ」で、全店舗で毎時23分と51分に流れている。 彦根市の広告会社社員鈴木和彦を中心に、平和堂社員を交えて作詞された。 作曲者は記録がないため不明。 歌はだった。 滋賀県出身の・ T. Revolution がラジオ番組で紹介したのをきっかけに注目され、それを機に歌詞の「いじめっこ」を「げんきっこ」・「なきむしも」を「なかよしも」・「ママのおともで」を「ママのあとから」に変更し、歌い手もに一新され、店内で頻繁に流されるようになった。 2009年7月30日からはネット配信も行われている。 イメージキャラクター [ ] 頭にハトの被り物をつけ、平和堂のマークが入った服(販促によってデザインが変わる)を着た「はとっぴー」というイメージキャラクターがいる。 2013年7月から9月にかけて一般公募が行われ、社内選考とインターネット上での人気投票を経て、3033件の応募のなかから大阪府の女性によるデザインが最優秀作品に選ばれ、12月11日に公式発表された。 バーチャルYouTuber [ ] 2018年12月1日からバーチャルの平和堂従業員「鳩乃 幸(はとの さち)」がとしてデビューした。 インターネットを通じて認知度を高め、身近に感じてもらうことが目的である。 展開する店舗 [ ] 現在の店舗の詳細は、公式サイトのを参照。 店舗画像ギャラリー [ ]• 「」を参照 一般店舗 [ ] 近畿 [ ] 滋賀県 [ ]• 彦根銀座店(彦根市) - 平和堂第1号店・創業の地。 改装や増築を繰り返しているが、階段と屋上(現在は閉鎖)は創業当時の姿を留める。 その他 [ ]• 100BAN店(京都府)• 真砂店(大阪府) - 大阪府第1号店。 東海 [ ]• ノースウエスト店(岐阜県) - 旧ヤナゲンストアーノースウエスト店として1992年(平成4年)8月開店。 2007年7月に改装オープンしたものの店舗内の一部にヤナゲンノースウエストの熊のマークが残る。 うぬま店(岐阜県) - 旧ヤナゲンストアー(スーパーバリューハッピー)うぬま店として 、1995年(平成7年)7月30日に開店。 東海日野店() - 旧ヤナゲンストアーとして1987年(昭和62年)に開店 、大幅に増床・改装して大型食品スーパー(SSM のスーパーバリューハッピー日野店として1996年(平成8年)5月13日に新装開店した。 穂積店(岐阜県) - 旧ヤナゲンストアー(スーパーバリューハッピー)穂積店。 高富店(岐阜県) - 旧タマコシ・SAMタカトミ。 大野店(岐阜県) - 旧タマコシ・SAMオオノ。 稲沢店(愛知県) - 旧タマコシ稲沢店。 祖父江店(愛知県稲沢市) - 旧タマコシ祖父江店。 牛野店(愛知県) - 旧タマコシ牛野店。 木曽川店(愛知県一宮市) - 旧タマコシ木曽川店。 尾西店(愛知県一宮市) - 旧タマコシ尾西店。 旧店舗はエレベーターなしの4階建であったが、改築で平屋に。 江南店(愛知県) - 旧タマコシ江南店・SAMコウナン(通称SAMタマ)。 扶桑店(愛知県) - 旧タマコシ扶桑店。 豊成店()- 2010年(平成22年)9月8日にオープンした名古屋市内初店舗。 なるぱーく店(名古屋市)- 2011年(平成23年)3月16日に開業した1階の食品部門の核店舗として出店した。 「旧・イトーヨーカドー鳴海店」• 長久手店(愛知県 ) - 2011年(平成23年)9月29日にの中核店舗としてオープン。 春日井宮町店(愛知県) - 春日井市内初店舗。 元本社跡地に建設。 2015年5月22日オープン。 春日井庄名(しょうな)店(愛知県春日井市) - 2015年11月26日オープン。 ビバモール名古屋南店()- 旧日清紡績名古屋工場跡地に建設されたを中心とする「ビバモール名古屋南」に出店した。 2015年12月10日開店。 フレンドマート [ ]• スーパーフレンド大石店(大津市) - 現存するスーパーフレンド(フレンドマートブランドの一つ)最後の店舗。 フレンドマート・G 宇治市役所前店(京都府宇治市) - 「フレンドマート・G」ブランド唯一の店舗。 フレンドマートの高質スーパーブランド。 フレンドマート大津なかまち店(大津市) なかまち商店街(菱屋町商店街)の西友大津店の跡地に2017年に開店。 子会社店舗 [ ] エール [ ] 詳細は「」を参照 1921年創業の京都府舞鶴市のスーパーマーケット。 1978年に平和堂子会社化。 エール東舞鶴店(舞鶴市)• エール峰山店() マルゼン [ ]• 彦根店• 能登川店(東近江市)• 近江八幡店• 野洲店• アスト店(豊郷町)• 守山店• 石部店• Kモール店(甲良町) かつて存在した店舗 [ ] 平和堂 他 [ ] 近畿 [ ] 滋賀県 [ ]• 本店(旧店)• 平和堂川原店 - 草津市川原町に存在した食品のみの店舗。 2000年閉店。 平和堂大藪店- 業態変更に従い、フレンドマート大藪店として再オープン。 平和堂唐崎店 - 業態変更に伴い、フレンドマート唐崎店として再オープン。 平和堂上笠店 - 業態変更に伴い、フレンドマート上笠店として再オープン。 平和堂老上店 - 業態変更に伴い、フレンドマート南草津店として移転再オープン。 平和堂蒲生店 - 業態変更に伴い、フレンドマート蒲生店として再オープン。 平和堂稲枝店 - 業態変更に伴い、フレンドマート稲枝店として移転再オープン。 平和堂大宝店 - 業態変更に伴い、フレンドマートD大宝店として再オープン。 2012年1月20日閉店。 平和堂能登川店 - 2003年のJR前再開発に合わせた業態変更に伴い、フレンドマート能登川店として移転再オープン。 平和堂安曇川店 - JR前に存在した店舗。 老朽化に伴い2010年4月16日に閉店後、2010年4月22日に沿いに移転し、平和堂あどがわ店として再オープン。 平和堂江頭店 - 業態変更に伴い、フレンドマート江頭店として再オープン。 平和堂長浜店 - JR東口前に存在した店舗で、店舗老朽化と市街地再開発事業に伴い、(平成27年)に閉店した。 2階部分で駅東口と歩行者デッキで直結して(平成27年)に開業した商業施設「モンデクール長浜」の核店舗として「フレンドマート長浜駅前店」を開店した。 フレンドマート原店 - 業態変更に伴い、フレンドマート彦根地蔵店として移転再オープン。 セルバ平和堂 - 守山市のJR守山駅前にあるの地下1階に存在した店舗。 平和堂湖東店 - 業態変更に伴い、フレンドマート湖東店として再オープン。 グッドマン近江八幡店 - 平和堂が運営していたホームセンター店舗。 業態変更に伴い、TSUTAYA近江八幡店(平和堂FC)として再オープン。 TSUTAYAも閉店し、跡地にフレンドマートとしてオープン。 グッドマン五個荘店 - 業態変更に伴い、フレンドマート五個荘店として再オープン。 平和堂栗東店 - 店舗建て替えをして、フレンドマート栗東店として再オープン。 アル・プラザ大津 - JR前に存在した店舗。 平和堂の第10号店として開店。 1986年にESTA(エスタ)に改称、1994年にアル・プラザ大津に再改称したが、老朽化に伴い(平成28年)に閉店、跡地にはタワーマンションが建設され、1階部分にフレンドマートとして再出店する予定。 平和堂信楽店-業態変更に伴い、フレンドマート信楽店として再オープン。 平和堂近江八幡店 - 1972年開店、2016年10月16日完全閉店。 1987年の新装開店以来、当時の社長の発案で5階のレストラン街に滋賀県を模した鉄道ジオラマ「交通パノラマ」が設置されていた。 制作は。 大きさ115平方メートル、線路の総延長400メートル、展示車両数約200両(一部は有料で運転可)という本格的な模型で、設置当時には琵琶湖の部分に本物の水を張る構造になっていた。 現在解体工事完了、その跡地にマンションを建設中。 その他 [ ]• 平和堂小倉店 - 京都府第1号店。 2011年12月31日閉店。 平和堂西福井店 - 西福井駅(現・)の駅ビル内に1979年(昭和54年)1月のビルの開業と同時に出店したが 、(平成14年)に閉店した。 店舗跡の駅ビルには、同年3月にの西福井店が後継店舗として入居したが 、(平成24年)に閉店となり 、同年12月に食料品スーパーのを核とする「えちぜんCULSA(クルサ)」として新装開店した。 平和堂観音町店 - 福井市日之出3丁目の住居複合ビルの1、2階に存在した店舗。 平和堂鯖江店 - 鯖江市本町2丁目に存在した店舗。 1996年にオープンしたアル・プラザ鯖江(同市下河端)への移転統廃合に伴い2000年閉店。 タマコシ [ ]• タマコシ一宮本店 - JR尾張一宮駅前の中心市街地に所在し、㈱グランドタマコシの本社も同じビル内にあった。 1967年(昭和42年)11月に開店し 、㈱グランドタマコシが倒産して平和堂の子会社である平和堂東海(後に平和堂へ吸収合併)が後継企業となったのち、債務整理の為ビルを解体して土地が売却されることとなり、(平成16年)に閉店した。 現在は分譲マンションとなっている。 タマコシ浅井店• タマコシ岩倉店• タマコシ木田店• タマコシ千秋店• タマコシひきえ店• タマコシ忠節店• タマコシ鏡島店• タマコシ茜部店• タマコシエイト大垣店• センサ - 旧・タマコシ岐阜店 - (昭和40年)にの中心市街地商店街の一角に開店し 、(昭和58年)には「センサ」に業態転換し、(昭和61年)には北館をオープンさせるなど10-20代向けの品揃えで人気を集めたが、(平成16年)夏に閉店した。 ヤナゲン [ ] 1910年創業の岐阜県大垣市の百貨店。 、に加盟。 2005年に食品部門の子会社・ヤナゲンストアーと共に平和堂子会社化。 大垣本店(大垣市) - 2019年8月31日閉店。 FAL店(大垣市) - (平成23年)は施設の老朽化を理由に旧店舗を閉鎖し 、親会社の当社の内に出店しているセレクトショップを拡充して(2代目)FAL店として営業の一部を継承した。 2019年9月28日閉店。 養老店 - に存在した店舗。 ヤナゲンストアー養老店として(昭和51年)に開店し、(平成2年)に2階建て4,700に増床して25店のテナントを導入し、平和堂養老店となったが、売上が伸び悩んでテナントも5店舗まで減少したため(平成22年)に閉店した。 ヤナゲン北方店 - 1996年2月閉店。 ヤナゲン池田店 - 1997年2月閉店。 ヤナゲン羽島店 - 1997年2月閉店。 ヤナゲン鶴見店 - (株)ヤナゲンストアー発足後の第1号店として1997年(平成9年)11月14日に第2種大規模店舗新設届出を行った が、平和堂の傘下になるとともに閉店(すぐ隣にアルプラザ鶴見があるため)。 ヤナゲン真正店 ハッピーバリュー真正店を経て閉店。 その後ゲームセンター・現在はディスカウントドラッグコスモス真正店• ヤナゲン墨俣店• ヤナゲン本巣店 一定の集客をあげていたが、道路の付け替え、近隣にバロー本巣文殊店が開店し閉店。 ヤナゲン則武店• ヤナゲン府中店• ヤナゲン中川西店• ヤナゲンFAL岐大店((現在の)稲里 ) - 1974年(昭和49年)に開店した家具・インテリア専門店・岐大ホームセンターとして開業し 、住関連の大型専門店として最盛期には年間売上高約120億円を上げていた。 (平成11年)9月20日に婚礼関連用品を扱う大型店へ改装を行い 、婚礼家具以外にも分野を広げてブライダルウエディングをトータルで提案する店舗として 生活雑貨も扱う「FAL店」として新装開店した。 (平成23年)は施設の老朽化を理由に閉鎖し 、親会社の平和堂の内に出店しているセレクトショップを拡充して(2代目)FAL店として営業の一部を継承した。 跡地はヤナゲンがデベロッパーとして再開発を行い 、(平成24年)に大垣市出身の安田隆夫会長兼CEOが創業した が敷地約19,500m 2に店舗面積約5,900m 2で出店する届出が(平成23年)に行われた。 その後、2012年8月24日にMEGAドン・キホーテ岐阜瑞穂店として開店。 寺内店 - 旧ヤナゲンストアー寺内店として(昭和52年)開店。 2007年9月、旧ヤナゲンストアー寺内店の建物を改築してオープン。 2015年1月20日に閉店。 跡地に寺内店が2016年1月28日に開店。 マルゼン [ ]• 丸善篠原店- 現在は住宅• マルゼン草津店- 現在はバロー草津店• マルゼン守山駅前店 - 統廃合に伴い2010年8月31日に閉店し、マルゼン守山店として再オープン。 関連会社 [ ]• 株式会社• 加賀コミュニティプラザ株式会社• 株式会社グランドデュークホテル - JR前のホテル。 株式会社 - 飲食「」の。 株式会社ダイレクト・ショップ - 書籍・CDの販売・通信販売「」のフランチャイズ。 武生駅北パーキング株式会社• 富山フューチャー開発株式会社 - 運営会社。 株式会社ナショナルメンテナンス• ビル管理・清掃・警備• 株式会社ファイブスター - 飲食「」や「海座」等の運営。 福井南部商業開発株式会社• 株式会社平和堂友の会• 株式会社ベストーネ - 精肉鮮魚の加工・惣菜の製造・販売• 舞鶴流通産業株式会社• 南彦根都市開発株式会社• 株式会社 [ ]• 八日市駅前商業開発株式会社• 平和堂(中国)有限公司(旧・湖南平和堂実業有限公司)• 湖南平和物業発展有限公司• 日本経済新聞. 2017年4月4日. 2019年8月19日閲覧。 県政eしんぶん報道資料 滋賀県庁. 2013年8月20日. 2013年8月20日閲覧。 夏原平治郎 『おかげさまで八十年』 サンライズ印刷、1999年。 北山幸子. 立命館経営学 第44巻第6号 2006年3月. 日本食糧新聞 日本食糧新聞社. 2004年8月21日• 中部経済新聞社. 2004年2月21日• 中部経済新聞社. 2004年2月25日• 株式会社グランドタマコシの民事再生への支援に関する基本合意書締結について Report. 平和堂. 2004年3月22日. 日本食糧新聞社. 2005年6月6日• 株式会社ヤナゲンの事業譲受けについて Report. 平和堂. 2005年7月11日. 日本経済新聞社. 2005年7月12日• 日本食糧新聞社. 2005年7月15日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2000年9月4日• 平和堂. 2011年5月20日. 現代ビジネス(ウェブサイト). 2010年8月18日. 2012年10月28日閲覧。 日本食糧新聞社. 1995年3月22日• 日本食糧新聞社. 1996年12月9日• 日本食糧新聞社. 1998年10月26日• 日本食糧新聞社. 2006年5月17日• 日本食糧新聞社. 2007年10月12日• 日本食糧新聞社. 2009年10月7日• 日本食糧新聞社. 2010年6月25日• 日本食糧新聞社. 2011年9月30日• (公式ウェブサイト). 平和堂 2012年8月. 2012年10月28日閲覧。 プレスリリース , 平和堂, 2015年7月14日 , 2019年1月23日閲覧。 プレスリリース , 平和堂, 2016年3月15日 , 2019年1月23日閲覧。 プレスリリース , 平和堂, 2017年2月8日 , 2019年1月23日閲覧。 プレスリリース , 平和堂, 2018年4月20日 , 2019年1月23日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2018年4月3日. 2019年1月23日閲覧。 産経ニュース. 2018年4月27日. 2019年1月23日閲覧。 2014年4月10日. 読売新聞社. 2016年4月6日閲覧。 (公式ウェブサイト). 平和堂 2009年9月28日. 2012年9月17日閲覧。 NHK News Web. 2012年9月16日. 2012年9月17日閲覧。 時事ドットコム. 2012年9月17日. 2012年9月17日閲覧。 (公式ウェブサイト). 平和堂 2012年9月19日. 2012年10月28日閲覧。 中日新聞(ウェブサイト). 2012年9月17日. 2012年9月17日閲覧。 産経ニュース. 2012年9月18日. 2012年9月18日閲覧。 日本経済新聞Web刊. 2012年10月27日. 2012年10月28日閲覧。 SankeiBiz(ウェブサイト). 2012年10月22日. 2012年10月28日閲覧。 産経ニュース 産業経済新聞社. 2012年10月27日. 2012年10月28日閲覧。 - 日経スペシャル ガイアの夜明け公式サイト 2012年11月4日閲覧• プレスリリース , 大日本印刷, 2016年3月25日 , 2019年8月19日閲覧。 京都新聞. 2019年2月4日. 2019年8月19日閲覧。 読売新聞関西発 2012年7月5日• (公式ウェブサイト). 平和堂 2013年. 2014年12月11日閲覧。 (公式ウェブサイト). 平和堂 2013年12月. 2014年12月11日閲覧。 ㈱平和堂. 2019年7月7日閲覧。 財団法人岐阜県産業経済振興センター. 2001年3月. 日本食糧新聞社. 1995年8月11日• 日本食糧新聞社. 1995年7月28日• 日本食糧新聞社. 1996年5月17日• 日本食糧新聞社. 1996年5月17日• (2019年3月8日閲覧)• 日本食糧新聞社. 2011年3月25日• (2019年3月8日閲覧)• (2015年5月18日閲覧)• (2015年11月25日閲覧• (2016年3月15日閲覧)• 中日新聞社• 2016年9月27日. 2017年3月24日閲覧。 福井新聞社. 2001年8月31日• 福井新聞社. 2002年1月20日• 宮下祥恵 2011年10月21日. 福井新聞社• 福井新聞社. 2012年9月27日• 福井新聞社. 2013年2月16日• 一宮市中心市街地活性化基本計画 (案) Report. 一宮市. 2008年10月. 中日新聞社. 2004年10月1日• 構造改革特別区域計画 第3回認定特区(新規)岐阜市中心商店街再生特区 Report. 内閣府構造改革特区担当室. 2003年11月. 中部経済新聞社. 2004年6月23日• 岐阜新聞社. 2011年7月21日• 岐阜新聞社. 2011年5月18日• 中日新聞社. 2010年1月20日• 日本食糧新聞社. 1997年12月5日• 日本食糧新聞社. 1999年9月17日• 日本食糧新聞社. 2000年2月16日• 中部経済新聞社. 2011年12月2日• 中日新聞社. 2012年1月5日 参考文献 [ ].

次の