愛知大学野球部。 TOHOインタビュー|TOHO MAGAZINE|愛知東邦大学

愛知学院大学硬式野球部 新監督就任のお知らせ

愛知大学野球部

第98回全国高校野球選手権大会に春に続き夏17回目の出場を果たした東邦高校。 愛知大会優勝をかけた岡崎市民球場での決勝戦では、愛知東邦大学硬式野球部の全部員65人が、メガホンを両手に熱い声援を送りました。 部員たちを率いた荻巣幹典コーチに聞きました。 学生たちに決勝戦を見せたかったのですか。 愛知大会は全国最多の190チームが参加し、強豪校がひしめく全国でも最激戦区。 その決勝戦というレベルの高い試合をぜひ部員たちに見てほしいと思いました。 もちろん学校も、野球部グラウンドも隣同士(大学は日進市、高校は東郷町)であり、同じ東邦学園であるというのが最大の理由です。 野球部同士の伝統や実績から言えば高校の方がずっと上ですが、大学野球部も頑張って、いつの日か、学園全体で応援してもらえる日を迎えられるよう力をつけたいと思っています。 部員たちにそうした自覚をしっかり持ってほしいこともあります。 1万7000人の大観衆の中でしたがスタンドでは結構、目立ちました。 年輩の高校野球ファンの方から「身だしなみがしっかりしているねえ」と声をかけられた部員もいました。 「君たちはどこの学校の野球部なんだ」と聞かれて「東邦高校と同じ東邦学園の愛知東邦大学です」と答え、その答え方も好感を持たれたようです。 東邦高校野球部の大先輩でもある横道監督もその話を聞いて嬉しそうでした。 服装を正すことは学生スポーツ選手であることの自覚につながります。 関東の大学野球部でしたら、おそろいのブレザー姿ということになるのかも知れません。 荻巣さんが東邦高校に入学した年ですね。 そうです。 今年の東邦高校は藤嶋健人投手が引っ張りましたが、僕らの1年生の時は、3年生だった朝倉さん(健太=元中日)が投げ、岡本さん(浩二=元阪神)が打線の中軸を務める一方、今年の松山仁彦選手のように、投手としても大活躍しました。 今年と同じようにチームに勢いがありました。 ただ、17年前は残念ながら春は平安に1-5で、夏は滝川二に5-6で、いずれも1回戦敗退でした。 1年生の夏は甲子園遠征メンバーに加えてもらいました。 1年生は3人だけで、僕は投手だったので開会前の甲子園練習ではバッティングピッチャーもさせてもらいました。 試合が始まるとメンバー以外の3年生たちとアルプススタンドから応援しました。 2001年の第73回大会です。 やはり残念ながら1回戦で東海大四(現在の東海大札幌)に2-6で敗れました。 僕は背番号10でベンチから2回の伝令と3塁コーチに出ましたが投手としての出番はありませんでした。 8回くらいに「投げるか」という声もかけてもらったのですが、東邦が追い上げて点を取り、僕の出番はありませんでした。 3年生最後の夏の愛知大会は今年の愛工大名電と同じようにノーシードでのスタートでした。 3回戦でシード校としては初戦だったその愛工大名電に2点差で負けました。 僕も感動しました。 愛知大会の戦いぶりを見ていても、藤嶋君のチームメイトや応援してくれた仲間たちに感謝する気配りはよく分りましたが、インタビューはその全てを物語っていたように思いました。 野球に打ち込んできた3年生たちにとって、甲子園の夏が終わると、野球生活との別れの季節を迎えます。 3年間、苦しい練習を積み重ねてきたことは、大学に進むにしても、大学を出て仕事をするにしろ、これからの人生に必ず生きてくるはずです。 自分の体験からも、特に甲子園のグラウンドに立つことなくアルプススタンドから応援する3年生たちは胸を張ってほしいと思います。 試合に挑む部員たちも、信頼の絆で結ばれた仲間の応援を背にするからこそ頑張れることを誇りに持ってほしいと思います。 春、夏とも甲子園で応援できること自体がすごいことなのですから。 同じ学園ですからこそ、晴れ舞台で活躍する東邦高校に負けたくないという強い気持ちが、自分たちも1部リーグに上がろうというエネルギーになればと思っています。 僕は横道監督という器の大きな監督の下で、学生たちに野球技術の指導を任せていただいています。 それを支えているのは、控え選手だった東邦高校時代の貴重な体験と、東北福祉大学野球部学生コーチとしてチーム戦略を練り、チームを全国大会出場7回、優勝1回、準優勝2回に導けた自信です。 もちろんこれからが正念場ですが、愛知東邦大学の実力は着実に上がっています。 今年は待望のプロ野球からのドラフト指名がかかりそうな選手もいます。 さらに昨年の卒業生で、市立和歌山高校の野球部副部長に就任した南方(みなかた)拓磨君のように愛知東邦大学卒業生が高校野球指導者として活躍するケースも出てきました。 ちなみに市和歌山はこの夏、決勝戦で箕島高校を破った和歌山県代表校。 東邦高校とともに甲子園に登場します。

次の

TOHOインタビュー|TOHO MAGAZINE|愛知東邦大学

愛知大学野球部

皆さんの可能性、持っている力を引き出すサポートをします。 「自主性」「挑戦」「活発」をモットーにチームづくりをしており、長所を徹底的に伸ばすことを意識しています。 秀でた才能を更に開花させた、オンリーワンの選手育成を目指し、高校時代に悔しい思いをした選手、不完全燃焼だった選手も完全燃焼できるよう、メンタル面からサポートしています。 チームとしては全日本大学野球選手権大会出場を目指し、そのためにまず、愛知大学野球連盟において1部昇格を果たすことが当面の目標になります。 小さなことの積み重ねが、大きな目標を達成するための近道と信じ、選手たちは自らに課した目標を越えようと努力しています。 高校時代とは違い、自分で考え、判断、行動できるのが大学野球です。 大学で身につけた力は将来、社会に出たときに大きな武器になるはずです。 部活動と学校生活の両立が出来るのも、同朋大学の強みです。 共に頑張リましょう。 野球だけでなく、社会でも通用する人材育成を心掛けています。 部員たちは、とても明るく、野球を楽しんでプレーしています。 上下関係を超えた、良いチームワークもあります。 ただし、明るく楽しいだけではいけません。 全ての部分において、厳しさや礼儀を重点に置いています。 硬式野球部が、強化クラブとして他のクラブの見本になれるように指導していきたいです。 今後の目標としてはまず、1部リーグ昇格(復帰)を果たすことがマストです。 次に、私たちの学生時代は、1部リーグ・4位が最高成績なので、それを必ず超えてもらい、全日本大学野球選手権大会に出場することです。 大学の4年間はほとんどの学生たちが、社会に出る前の最後の教育の場となります。 このことを踏まえて、4年間で野球を通じて、社会で通用する人間としても育成できるように心掛けています。 MEMBER'S VOICE 試合前のモチベーションを 高める曲! 昨年、3年生の秋季リーグ戦で、とても苦しい状況だったのですが、そこから一致団結して、残り4試合を4連勝したことが印象に残っています。 今年で最後の一年となりますが、1部に昇格することが一番の目標です。 個人的にはこれまで試合に出られなかった分、自分が投げてチームの勝利に貢献したいです。 上下関係もありながら、時には何でも話せるとてもいい人間関係の中で野球ができ、チームワーク抜群で心から野球を楽しめるチームです。 1部昇格を目指して、一緒に野球をやりましょう! 試合前のモチベーションを 高める曲! JP THE WAVY, EXILE SHOKICHI 同朋大学に入学したきっかけは、コーチの方に熱心にスカウトしていただき、ここでお世話になろうと思ったからです。 高校時代から成長した部分は、精神面です。 以前に比べ、余裕をもってプレーできるようになりました。 それによって相手の心理を分析したり、客観的に考えたりすることが試合中にできるようになりました。 大学入学後、印象的だったことは、大学野球のレベルの高さです。 まずはそのレベルについていくことを考えていました。 今年が最後のシーズンになるので、悔いなく終われるように日々努力していきます。 高校生の皆さん、4年間さまざまなことを経験して、充実した大学生活にしてください! 試合前のモチベーションを高める曲! 大学では、強豪校出身の選手と同じチームになり、お互いの意見を出し合うことで、考え方や練習方法などを共有できます。 これまでの知識と合わせることで、より良い練習になり、さらに技術を磨くことができました。 今後の目標は、まず2部リーグから1部リーグへ昇格することです。 その後、1部リーグを勝ち抜き、神宮大会に出場することが次の目標です。 高校野球では感じることのできなかった楽しさが大学野球にはあります! 一緒にプレーできる日を楽しみにしています。 部活動と学業がうまく両立できるように心掛けています。 試合や練習前に自分の中でONとOFFの切り替えをするために、好きな音楽を聴くようにしています。 休日は、友人と栄などに買い物へ出かけます。 値段などにとらわれず、自分が格好いいと思ったものを買うようにしています。 ほかにはラーメン屋を巡るのが好きです。 小林 優太• 三重県警本部 勤務• 2017年度 文学部人文学科日本文学コース(旧称)卒業• 三重県・鈴鹿高等学校 出身 同朋大学での4年間はとても充実していて楽しかったです。 練習では1部昇格を目指し、全員が真剣に取り込んでいました。 真剣であるがために、時には皆がぶつかることもありましたが、休みの日には食事に行くなどして絆を深めました。 1・2年生の時にできるだけ単位を取っておけば、3・4年生になった時にその分、やりたいことをやれる時間が増えます。 就職活動中、硬式野球部の総監督から、4年生対象の合同説明会へ積極的に参加するよう勧められましたし、就職のことについても相談に乗っていただきました。 わからないことがあれば、野球以外のことでもサポートしてくださいました。 警察官になったのは、大学4年生の夏休みに、未成年の家出少年に関わったことがあり、そのときに対応してくれた警察官の姿を見て、私もこの仕事をやりたいと思ったからです。 学生生活を後悔しないように、何事にも恐れずに取り組んでください。 田中 幸司• Major League Baseball MLB Miami Marlins マイアミ・マーリンズ ブルベンキャッチャー• 1996年度 文学部仏教学科仏教学コース(旧称) 卒業• 三重県立四日市工業高等学校 出身 「ブルベンキャッチャー」として、試合前は投手陣とのキャッチボール、試合中はブルペンで投球練習のボールを受けます。 試合中のブルペンはかなり緊迫感があり、まさに「今からマウンドに向かう投手」のボールを受けるということに責任感と重みを感じています。 その他にも、打撃投手や野手の守備練習のサポートや、試合前後に選手のマッサージやストレッチも行います。 野球とトレーナーの知識や経験を活かして、グラウンド内外で選手・チームのサボートができることにやりがいを感じます。 大学野球は一発勝負の多い高校野球とは違い、大人の野球をしているような感覚で、面白さと深みを感じていました。 個人的には主務として、「どうすれば勝てるチームになるか」「どうすれば良いチームになるのか」を考え、それらをひたすらに追い続けた4年間でした。 高校・大学の時期に何かに私一杯に打ち込むことはとても重要で、自分の中に「頑張れた自分」という最大の応援者をつくることができ、その後の人生を豊かにしていくと思います。 「他人と比べず、やりたいことに挑戦し、人生を楽しむ。 」これに尽きると思います!.

次の

小林秀一 (野球)

愛知大学野球部

第98回全国高校野球選手権大会に春に続き夏17回目の出場を果たした東邦高校。 愛知大会優勝をかけた岡崎市民球場での決勝戦では、愛知東邦大学硬式野球部の全部員65人が、メガホンを両手に熱い声援を送りました。 部員たちを率いた荻巣幹典コーチに聞きました。 学生たちに決勝戦を見せたかったのですか。 愛知大会は全国最多の190チームが参加し、強豪校がひしめく全国でも最激戦区。 その決勝戦というレベルの高い試合をぜひ部員たちに見てほしいと思いました。 もちろん学校も、野球部グラウンドも隣同士(大学は日進市、高校は東郷町)であり、同じ東邦学園であるというのが最大の理由です。 野球部同士の伝統や実績から言えば高校の方がずっと上ですが、大学野球部も頑張って、いつの日か、学園全体で応援してもらえる日を迎えられるよう力をつけたいと思っています。 部員たちにそうした自覚をしっかり持ってほしいこともあります。 1万7000人の大観衆の中でしたがスタンドでは結構、目立ちました。 年輩の高校野球ファンの方から「身だしなみがしっかりしているねえ」と声をかけられた部員もいました。 「君たちはどこの学校の野球部なんだ」と聞かれて「東邦高校と同じ東邦学園の愛知東邦大学です」と答え、その答え方も好感を持たれたようです。 東邦高校野球部の大先輩でもある横道監督もその話を聞いて嬉しそうでした。 服装を正すことは学生スポーツ選手であることの自覚につながります。 関東の大学野球部でしたら、おそろいのブレザー姿ということになるのかも知れません。 荻巣さんが東邦高校に入学した年ですね。 そうです。 今年の東邦高校は藤嶋健人投手が引っ張りましたが、僕らの1年生の時は、3年生だった朝倉さん(健太=元中日)が投げ、岡本さん(浩二=元阪神)が打線の中軸を務める一方、今年の松山仁彦選手のように、投手としても大活躍しました。 今年と同じようにチームに勢いがありました。 ただ、17年前は残念ながら春は平安に1-5で、夏は滝川二に5-6で、いずれも1回戦敗退でした。 1年生の夏は甲子園遠征メンバーに加えてもらいました。 1年生は3人だけで、僕は投手だったので開会前の甲子園練習ではバッティングピッチャーもさせてもらいました。 試合が始まるとメンバー以外の3年生たちとアルプススタンドから応援しました。 2001年の第73回大会です。 やはり残念ながら1回戦で東海大四(現在の東海大札幌)に2-6で敗れました。 僕は背番号10でベンチから2回の伝令と3塁コーチに出ましたが投手としての出番はありませんでした。 8回くらいに「投げるか」という声もかけてもらったのですが、東邦が追い上げて点を取り、僕の出番はありませんでした。 3年生最後の夏の愛知大会は今年の愛工大名電と同じようにノーシードでのスタートでした。 3回戦でシード校としては初戦だったその愛工大名電に2点差で負けました。 僕も感動しました。 愛知大会の戦いぶりを見ていても、藤嶋君のチームメイトや応援してくれた仲間たちに感謝する気配りはよく分りましたが、インタビューはその全てを物語っていたように思いました。 野球に打ち込んできた3年生たちにとって、甲子園の夏が終わると、野球生活との別れの季節を迎えます。 3年間、苦しい練習を積み重ねてきたことは、大学に進むにしても、大学を出て仕事をするにしろ、これからの人生に必ず生きてくるはずです。 自分の体験からも、特に甲子園のグラウンドに立つことなくアルプススタンドから応援する3年生たちは胸を張ってほしいと思います。 試合に挑む部員たちも、信頼の絆で結ばれた仲間の応援を背にするからこそ頑張れることを誇りに持ってほしいと思います。 春、夏とも甲子園で応援できること自体がすごいことなのですから。 同じ学園ですからこそ、晴れ舞台で活躍する東邦高校に負けたくないという強い気持ちが、自分たちも1部リーグに上がろうというエネルギーになればと思っています。 僕は横道監督という器の大きな監督の下で、学生たちに野球技術の指導を任せていただいています。 それを支えているのは、控え選手だった東邦高校時代の貴重な体験と、東北福祉大学野球部学生コーチとしてチーム戦略を練り、チームを全国大会出場7回、優勝1回、準優勝2回に導けた自信です。 もちろんこれからが正念場ですが、愛知東邦大学の実力は着実に上がっています。 今年は待望のプロ野球からのドラフト指名がかかりそうな選手もいます。 さらに昨年の卒業生で、市立和歌山高校の野球部副部長に就任した南方(みなかた)拓磨君のように愛知東邦大学卒業生が高校野球指導者として活躍するケースも出てきました。 ちなみに市和歌山はこの夏、決勝戦で箕島高校を破った和歌山県代表校。 東邦高校とともに甲子園に登場します。

次の