日本 の プラスチック ごみ 輸出。 急増するプラごみ 外出自粛が影響? 自治体に危機感 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

急増するプラごみ 外出自粛が影響? 自治体に危機感 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

日本 の プラスチック ごみ 輸出

海洋ゴミの発生量、上位に東・東南アジア 以下はプラスチックごみの発生量が多い国をランキングにまとめたものです。 データは2010年時点のものですが、日本は30位に位置していました。 国名 プラスチックごみ発生量(万トン/年) 1位 中国 132~353 2位 インドネシア 48~129 3位 フィリピン 28~75 4位 ベトナム 28~73 5位 スリランカ 24~64 6位 タイ 15~41 7位 エジプト 15~39 8位 マレーシア 14~37 9位 ナイジェリア 13~34 10位 バングラデッシュ 12~31 (出典:環境省公式サイト) 海洋プラスチックごみについて知る上で各国の発生量を知ることは重要なことです。 上記の表は2010年に推計されたプラスチックごみの発生量が多い国をランキングにまとめたものです。 こちらを見ると上位4位までは東アジアに集中していることがわかります。 特に中国は非常に多くのプラスチックごみを排出していますが、これはアジア諸国のプラスチック製造事情やその地形に原因があると考えられています。 アジア諸国で海洋プラスチックゴミが大量に出る原因は? 上記のようにアジア諸国で海洋プラスチックごみが大量に出ているのには理由があります。 アジア諸国では プラスチックの製造を原料からではなく廃プラスチックの再利用という形で行ってきました。 これは原料を輸入するよりも安価で手に入る廃プラスチックから造るほうが安くつくからです。 プラスチックは大量生産が可能であり、軽量で丈夫なことから様々なシーンで利用されます。 そのためアジア諸国では非常に需要の高い素材です。 それもあり、 大量の廃プラスチックが輸入され、再利用されて廃棄されてきました。 またアジア諸国では長く大きな河川がいくつも存在します。 第1位である中国では長江や黄河、東アジアでもインダス川など多くの地域から支流が繋がり、海へと流れ行く大きな河川ばかりです。 不法に廃棄されたプラスチックはこれらの河川の流れに乗り、海へと流出してしまいます。 アジア諸国ではこれまでプラスチックの処理に対しての適切な処理がされていなかったことなどもあり、大量のプラスチックが流れ出ることになってしまったのが原因となります。 (出典:環境省公式サイト) 中国・タイではプラスチックごみの輸入を停止 中国では海洋プラスチックごみの排出量、人体や環境への影響を危惧し、2017年に「 固体廃棄物輸入管理制度改革実施案」を公表しました。 中国はこれまで輸入してきた廃プラスチックなど環境への危害が大きい 固体廃棄物の輸入を、2017年末を機に禁止するとともに、2019年末までに国内資源で代替可能な固体廃棄物の輸入を段階的に停止する方針を立てています。 1988年から2016年までに中国が世界各国から 輸入したプラスチックごみは計2. 2億トンであり、これは 世界で発生した廃プラスチックの約7割を占めるといわれています。 これらの輸入を禁止するとともに、国内での回収方法や廃棄方法についての体制を見直し、早急な整備を行うことで固体廃棄物の回収率を高めています。 またタイでも輸入規制が強化されており、廃プラスチックの輸入取り締まりの強化と新規輸入許可手続きの停止を行っています。 (出典:環境省公式サイト) 中国の輸入規制において日本も対応 このような中国の輸入規制は、 廃プラスチックを輸出していた日本にとって大きな痛手となりました。 この輸入規制措置を受けて、日本国内では国内資源循環体制を整備すべく、 リサイクル高度化設備の導入に対する国庫補助など、緊急的な財政支援制度を創設しています。 これまでのプラスチックの扱いを見直して 分別から選別、線状、原材料化を全て国内で行える体制を確立する方針で動き出したのです。 要するに廃棄する場所を失ったために、国内でリサイクルの循環を確立していくよう取り組みを強化した形になります。 これにより2017年には予算規模が4億円だったのに対して、 2018年には15億円にまで増やし、てこ入れを行っています。 (出典:環境省公式サイト) 一人あたりのプラスチック廃棄量、日本は世界2位 日本のプラスチックごみ廃棄量は、 2010年時点で30位程度の位置にはいるものの、 プラスチックごみの発生量自体は世界第2位の量となっています。 使いやすく大量生産もしやすい素材であり、それを用いた多くの商品が世に出回っていることから廃棄される量も多くなっていきます。 そのため国内の一人当たりの使い捨てプラスチックゴごみの発生量では上記のような報告が国連環境計画の報告書でなされていました。 プラスチックの処理に関する施策があったため、廃棄量こそ多くは出ていませんが、それでも 年間2~6万トンと推計されています。 このように廃棄されるプラスチックの多くはプラスチック容器包装の廃棄にあり、2018年の 日本人口1人当たりの廃棄量はアメリカに次いで多いとされています。 日本は過剰包装の文化があると言われています。 実際私たちの身近でも透明な袋や容器で包装を施してあるものや、ペットボトルとそのラベルなど様々な場所で使われており、特に包装関係はリサイクルされることなく捨てられることがほとんどです。 そのため、日本のプラスチック容器包装の廃棄量は多くなってしまうと考えられています。 (出典:環境省公式サイト) (出典:国連環境計画 UNEP 報告書「シングルユースプラスチック,2018」) プラスチックごみの削減に向けて、今日から取り組もう! プラスチックごみはアジア諸国を中心に世界中で問題になっています。 当然日本でもこの問題について取り組みを進めているわけですが、国や企業だけが努力してもプラスチックごみの削減はなされません。 プラスチックを利用するのは私たち消費者も多く、その廃棄は私たちの手で行います。 そのため、プラスチックをリサイクルできるように分別するのも私たちの役割です。 また普段からプラスチック製品をなるべく使わないよう工夫するのも、私たちにしかできない削減方法となります。 まずはプラスチックごみをどう減らしたらいいのか、私たちにできることはなんなのか考え、今日からでも取り組んでいくことが大切です。

次の

海洋プラスチックごみの流出量が多い国とその原因は?│gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

日本 の プラスチック ごみ 輸出

プラごみを捨てるときに「後ろめたさ」感じる人は半数以上 調査は19年6月18日から23日の間に、国内在住の20歳以上の女性を対象にインターネットを通じて実施。 979人から有効回答が寄せられた。 18年6月に発表された国連環境計画 UNEP の報告書「シングルユースプラスチック」によると、日本人1人当たりのプラスチックごみ廃棄量は32キログラムで米国に次いで世界第2位。 調査で、このことを知っていたかを問うと、79. 8%が「知らなかった」と回答した。 同報告書によると、日本は、プラスチックごみの総合量は5位。 1位は中国、2位はEU、3位米国、4位インドの順だった。 「家庭から出る"プラスチックごみ"は環境に大きな影響を与えると思うか?」には49. 「ややそう思う」 42. また、「プラスチックごみを捨てるときに後ろめたい気持ちになったことはありますか?」には「ある」が15. レジ袋削減のため「マイバッグ」利用、有料化にも前向き では、回答者は実際にどのような行動をとっているのか。 「あなたは"家庭から出るごみの量を減らそう"と意識していますか?」には、74. 5%が「意識している」と答えた。 実際に行動しているのは60. 9%)、「ごみと『資源』をきちんと分別する」(82. 1%)、「買ったものは最後まで使い切って捨てる」(79. 9%)、「レジ袋はもらわない・控える」(77. 6%)といった具体例があがった(複数回答可)。 また、現在検討されている「レジ袋の有料化」については、「受け入れられる」が54. 1%で、「どちらかと言えば受け入れられる」が32. 合わせると8割以上の人が理解を示しており、「レジ袋1枚あたりいくらまでなら許容できるか?」には「5円まで」という人が42. 5%で最も多かった。

次の

日本人が出すプラごみ、1人当たりでは世界2位 8割が「知らなかった」: J

日本 の プラスチック ごみ 輸出

6月も終盤となり、7月から始まるレジ袋有料化の話題が増えてきました。 レジの横に布製の買い物袋が陳列されてる場面も見かけます。 ツイッターを見ているとレジ袋有料化に意味があるのかという疑問が改めて起きてました。 私も以前は同じ疑問を抱いていました。 日本における廃プラ問題 レジ袋有料化の背景には「海洋プラスチックごみ」の問題があります。 海で長い年月を漂って分解されたプラスチックはマイクロプラスチックとなり海洋生物の体内に蓄積されます。 これは海の生態系を破壊することになります。 ゴミが直接的に海洋生物を溺死させることもあります。 海洋プラスチックごみの発生源は中国が最も多く、続いて東南アジア諸国が多いとされています。 日本は低いほうですが、日本で発生した廃プラスチックが安く中国や東南アジア諸国に輸出された結果として処理されきれずにゴミとなるという話もあります。 日本は決して他人事ではありません。 中国は2017年に廃プラの輸入規制をはじめました。 その結果、日本の廃プラの輸出先は多くが東南アジア諸国となり、日本国内でも処理されきれずに蓄積されているそうです。 日本においては海洋汚染よりも、廃プラが行き場を失っている問題の方が大きいと感じます。 少なくとも、日本国内でのプラスチックの流通を抑える必要はありそうです。 個人への啓蒙や規制には限界 私も以前は、ゴミを捨てる者を取り締まれば済む話だと思っていました。 しかしながら、例え厳しい法律が出来たとしても、全てを取り締まるのは不可能です。 故意でなくともゴミは散乱します。 強風に煽られて飛ばされたり、気づかず落としてしまう経験はあると思います。 「気をつけて」何とかなるものではありません。 衛生的な価値観を共有できない方々もいます。 花火大会や渋谷ハロウィンの翌朝がその例です。 プラスチックゴミの絶対量を減らす意味は必ずあります。 そして、その多くの割合を締めるレジ袋を削減するのは間違ってません。 考えるきっかけとして 店舗の裁量で4月から徐々にレジ袋有料化が導入されています。 慣れてきた方も多いと思います。 それでも例えば大手コンビニ各社は7月から切り替える予定なので、多少の混乱はあるかと思います。 レジ袋有料化の成果はおそらく数年後に統計として現れて総括されるでしょう。 この機会に私達が海洋プラスチックごみや廃プラの問題について考える機会になればそれも成果だと思います。

次の