ゴッド キラーズ。 【タガタメ】カシウスの性能まとめ!強い点・弱い点を評価解説【誰ガ為のアルケミスト】

gma.vapur.us:カスタマーレビュー: ライヴ・キラーズ

ゴッド キラーズ

クエスト情報、編成、攻略の流れ、5属性の編成 クエスト情報 チェック 敵情報(初期配置) 黒マサムネ・・HP13856 物攻1354 火異族(戦型種)・・HP9500、 水異族(鎧型種)・・HP11780 黒フライクーゲル・・HP13750 魔攻867 雷異族(魔型種)・・HP6240 風異族(飛空型種)・・HP7790 ブラックキラーズ1体に異族種が2体ついてくる形です。 ファンキルユニット(ブラックキラーズ)を倒すと増援が出てきます。 計2回ブラックキラーズの増援の後、最後にゴッドキラーズが出てきます。 ブラックキラーズのリアクションスキルに注意が必要です。 こちらの与えたダメージの半分が返ってきます。 半端な攻撃はこちらが大ダメージを受けることになります。 チェック 増援情報 増援1回目 黒パラシュ・・HP19825 火異族(戦型種)・・HP9500、 水異族(鎧型種)・・HP11780 こちらは黒マサムネと同じ場所に出現 黒アルテミス・・HP11800回避アップ。 雷異族(魔型種)・・HP6240 風異族(飛空型種)・・HP7790 こちらは味方の出撃配置の右側に出現。 増援2回目 黒ロンギヌス・・HP13600 火異族(戦型種)・・HP9500 風異族(飛空型種)・・HP7790 マップ中央付近に出現。 増援3回目 ティファレト・・HP22400、魔攻1327、 攻撃禁止が入る フェイルノート・・HP27300、物攻2116、器用さ1156、 移動禁止が入る。 カシウス・・HP32040、物攻1666 、 CTダウンが入る。 三か所に分かれて出現。 編成 クリア時の画像ですが・・。 『全員生存』は達成できず。 CCして強くなったソルとノインの二人をメインに闇属性統一で編成。 ネロとフェイルノートはおまけ。 フェイルノートについてはコラボということだけで起用。 バシーニとゴルマラスはためる持ちということで編成にいれました。 ソルは『ガンマバースト』で攻撃し同時にバフを重ねていきます。 後、 敵はある程度固まっているので、『アトモスフィア』でまとめて処理を狙います。 ノインは『パラダイム』で溜めてからの攻撃で主にブラックキラーズ、 ゴットキラーズを狙います。 ノインのためからの攻撃だと1撃で落とすことができます。 ネロは開始『クリサイス』を使用し、スキル使用回数をなしに。 フェイルノートは適当に攻撃。 この二人は主に敵の削りや削り残しの処理を担当しました。 風異族(飛空型種)は石化攻撃をしてきます。 (今回は食らう前に 倒すことができました。 ) 1回目増援 黒パラシュはソルで対応。 黒アルテミスは残りの3人で対応しました。 黒アルテミスは回避が高いので、攻撃をかわされてしまうことがあります。 ここでもブラックキラーズの反撃には注意です。 2回目の増援。 増援の黒ロンギヌスはアトモスフィアでまとめて処理しました。 出現が中央なので、タイミングを計って増援を出すようにすると 敵が動く前に倒すことができます。 増援3回目。 3人離れて出現します。 最後のゴッドキラーズ戦では、 カシウスにはソル、 ティファレトにはノイン、 敵フェイルノートには、ネロとフェイルノートで対応。 ティファレトはノインのため攻撃で1撃。 カシウスにはソルのガンマバーストと通常で攻撃。 途中、カシウスの攻撃でマヒ状態になりましたが、 運よく行動することができ、攻撃を止めることなく攻め続けられました。 敵のフェイルノートについてはまず移動禁止を入れました。 しかし敵フェイルノートのスキル攻撃で、ネロと味方のフェイルノートはHPを半分以上削られ攻撃禁止状態になりました。 結果、次のターンでネロが落とされバシーニと交代しました。 最後はノインのため攻撃で倒しました。 ネロが落ちたのでこの出撃では「全員生存」は達成できませんでした。 なので、残りの5属性で傭兵を使用し達成を目指しました。 のこり5属性編成。 光パで『全員生存』を達成。 ソル、ノインが育っているのでかなり楽に攻略できました。 半面、育成が半端なネロは2撃で落ちてしまいました。 やっかいなのはブラックキラーズの反撃と、最後に出てくるゴットキラーズですね。 増援の出現場所を把握し、ためる等を準備してから増援を出すように調整していくと 攻略しやすくなると思います。

次の

『ファントム オブ キル』ゴッドキラーズ「カシウス」、ディスラプターズ「レーヴァテイン」が水着に!

ゴッド キラーズ

サブ鎧魔の安心感。 マスターアビリティの「降臨せし神威の暁光」も優秀で、ジュエル消費こそ多いものの、「天意『断罪の暁光』」を超える威力倍率なうえ中抜きなし。 リアクション発動も無効化でき、ワンパンできない強敵の削りに最適です。 ただ、汎用タガタメ念想でも素早さは21上がりますし、向こうはジュエル獲得量増加効果もあります。 限界到達できればもちろん最適念装ですが、他キャラとの流用などを考えると、異界のレリーフは「理を破る者たちの休息」を優先した方がいいかも。 そりゃ理想としては、タガタメ念装を装備したユニットとの同時編成でグループスキル2重取りですけど……。 「虹のマナシード」との兼ね合いのためか、素早さが上がらないのもいただけません。 ティファレトの編成理由は概ねシカクロス・基本魔銃での殲滅ですから、弱くは無いものの必須とまでは行かない印象。 あれば装備すっけど。 特にHPを消費する「天意『断罪の暁光』」や、マスターアビリティの「降臨せし神威の暁光」は威力倍率が高く、自身のためるアビリティを最大限に活かせます。 シカクロスやテンペストキャノンで範囲焼きしても良いし、ボスに超火力をぶつけてもいいし……と汎用性は高い印象。 将来性は抜群 ここまでの性能解説は、あくまで実装してから日の浅いもの。 ゴッドキラーズ達は神革同様の開眼小出し族で、開眼に伴う性能救済などもあるので、長期に渡って一線級が確定しているユニットです。 また、その開眼も「異界者の開眼欠片」で気軽に行えます。 育成優先度はとても高い 総じて評価するならば、ティファレトは育成優先度の非常に高いユニットだと言えます。 ステータスだけを見ても、開眼せずにLv95ユニットと同程度の性能。 光属性の欠片をぶち込むだけで取りまわしの良いアタッカーユニットが手に入るとなれば、育成しない理由を探す方が難しいと思います。

次の

gma.vapur.us:カスタマーレビュー: ライヴ・キラーズ

ゴッド キラーズ

サブ鎧魔の安心感。 マスターアビリティの「降臨せし神威の暁光」も優秀で、ジュエル消費こそ多いものの、「天意『断罪の暁光』」を超える威力倍率なうえ中抜きなし。 リアクション発動も無効化でき、ワンパンできない強敵の削りに最適です。 ただ、汎用タガタメ念想でも素早さは21上がりますし、向こうはジュエル獲得量増加効果もあります。 限界到達できればもちろん最適念装ですが、他キャラとの流用などを考えると、異界のレリーフは「理を破る者たちの休息」を優先した方がいいかも。 そりゃ理想としては、タガタメ念装を装備したユニットとの同時編成でグループスキル2重取りですけど……。 「虹のマナシード」との兼ね合いのためか、素早さが上がらないのもいただけません。 ティファレトの編成理由は概ねシカクロス・基本魔銃での殲滅ですから、弱くは無いものの必須とまでは行かない印象。 あれば装備すっけど。 特にHPを消費する「天意『断罪の暁光』」や、マスターアビリティの「降臨せし神威の暁光」は威力倍率が高く、自身のためるアビリティを最大限に活かせます。 シカクロスやテンペストキャノンで範囲焼きしても良いし、ボスに超火力をぶつけてもいいし……と汎用性は高い印象。 将来性は抜群 ここまでの性能解説は、あくまで実装してから日の浅いもの。 ゴッドキラーズ達は神革同様の開眼小出し族で、開眼に伴う性能救済などもあるので、長期に渡って一線級が確定しているユニットです。 また、その開眼も「異界者の開眼欠片」で気軽に行えます。 育成優先度はとても高い 総じて評価するならば、ティファレトは育成優先度の非常に高いユニットだと言えます。 ステータスだけを見ても、開眼せずにLv95ユニットと同程度の性能。 光属性の欠片をぶち込むだけで取りまわしの良いアタッカーユニットが手に入るとなれば、育成しない理由を探す方が難しいと思います。

次の