動画広告 うざい。 comico(コミコ)の広告動画がうざいし不快?消す方法はないの?

【消し方】ビビットアーミー広告を消す方法

動画広告 うざい

目次 CLOSE• youtubeやfacebookなどには広告バナーが表示されることが多いですよね。 youtubeの場合は動画再生と同時に5秒経過するまでスキップできないものも表示されます。 見たくもないものを見せられるのはうざいですし、 広告を消す方法があれば便利ですよね。 実は、とても簡単にうざい広告を消す方法があることをご存知ですか? ここでは、 youtubeに流れるうざい広告を消す方法について紹介していきます。 1.youtubeの広告を拡張機能で消すやり方 youtubeのうざい広告を消す方法はいくつかありますが、一番簡単で手っ取り早いのが、 GoogleChromeというブラウザを使用することです。 Chromeブラウザは、様々なツールが用意されており、それをインストールすることでブラウザの表示などを自由にカスタマイズすることができます。 Chromeの拡張機能で、広告を消してくれるのが 「Adblock Plus」というもの。 「Adblock Plus」を使って、うざい広告を消すことができるのです。 それではAdblock Plusの導入方法からカスタマイズまで、次から説明していきますね。 これは広告ブロックツールで、youtubeの広告やバナー告知などを非表示にしてくれる画期的なものです。 まずは、 「Chrome」ブラウザを開きトップページを表示させます。 トップページを開いたら、画面右上にある縦の 「・・・」をクリックしてください。 するとメニュー画面が表示されますから、その下側にある 「設定」を選択しましょう。 設定画面に切り替わりましたら、画面左側にある 「拡張機能」をクリックします。 すると今まで追加してきた拡張機能一覧が表示されるので、画面を一番したまでスクロールさせて、 「他の拡張機能を見る」のリンクをクリックしてください。 別タブで 「Chromeウェブストア」というページが表示されるので、画面左上にある 「ストアを検索」の欄を見つけましょう。 見つかりましたら、そこに 「Adblock Plus」と入力してエンターキーを押します。 画面右側に注目すると、 「Adblock Plus」の検索結果が表示され、おそらく一番上位に 「Adblock Plus」が出ていることでしょう。 アイコンや名称、説明が書かれている右側に、 「Chromeへ追加」というボタンがあるので、こちらをクリックすると追加できます。 ブラウザのアドレスバー右側あたりに赤いボタンが表示されることで確認ができますので、 「追加」を押したらまずは赤いボタンがあるかをブラウザで確認しましょう。 あとはyoutubeを開いてみると、 今まで動画の最初に表示されていた広告を非表示にしていきなり動画を楽しむことができます。 そして「Adblock Plus」の嬉しいところは、 手動で広告を消すか 表示させるかを切り替えることができるという点です。 画面の表示がおかしいなどの理由で、再度広告を表示させたい場合は、赤いボタンをクリックして、ポップアップメニューを表示させます。 そして 「このサイトで有効」という項目のチェックを外すと、offになり、チェックを入れるとonの状態になります。 2.サイトを使用してyoutubeの広告を非表示にする方法 先ほど紹介した方法は、Chromeの拡張機能を利用して広告を非表示にするものですが、ちょっとややこしいですし不安が残るから使用したくないという人は多いでしょう。 それでも広告を消したいのであれば、 「」というサイトを使うのがオススメです。 短い動画ですと手間のほうがかかりますが、作業用BGMなどの場合はとても有効な方法。 まずは、広告を消して再生したいyoutubeの動画ページまで移動します。 サンプルで表示した画像を見ると、再生バーの部分に黄色い表示がされているのが分かりますよね? こちらに赤いバーが接触すると、広告が開始される仕組みになっているのです。 さて、動画再生ページに移動したならば、画面上部にあるURLに注目してください。 ここの「youtube」という部分を、 「listenonrepeat」に変更し、エンターキーを押しましょう。 すると画面が切り替わり、 「Listen on repeat」というサイトに飛び、そこから動画を楽しむことができるのです。 では先ほど注目した再生バーにあった、黄色い表示に再び目を向けてください。 きっと黄色い表示が消えている、つまり広告が非表示にされていることにお気づきでしょう。

次の

Dailymotionのうざい広告を消す方法

動画広告 うざい

光回線など高速で使い放題のインターネット環境であればそれほど問題はないのですが、回線速度が遅い場合や、外出先でスマートフォンのテザリングを使ってノートパソコンを使用する時に表示されるとちょっと邪魔に感じます。 また、仕事などでパソコンと長時間向き合っている時にYahooトップページを開くたびにいちいち動画広告が表示されてしまうと、チラチラと動くものが視界に入ってイラっと感じるという方も多いかと思います。 今回、そのイライラを解消するべく非表示にする方法を試してみました。 その方法をメモ的に書いておこうと思います。 最新バージョンのFirefoxやGoogle Chromeを使う 私は現在、Internet Explorer(インターネットエクスプローラ、以下IEと表記)とFirefox、Google Chromeの3つのブラウザを利用しています。 それぞれ最新バージョンのブラウザでYahooトップページを数十回ずつ表示してみたところ、FirefoxとGoogle Chromeでは右上に表示される広告の多くが静止画像での表示だったのですが、IEでは半分以上の広告がFlash動画広告で動いて表示されていました。 これは、例えばGoogle Chromeの最新版ではFlashアニメを利用した広告など多くのユーザーにとって重要ではないと判断されるコンテンツの実行が停止される仕組みになっているためです。 Yahoo! この全画面広告を非表示にするにはセキュリティソフトのセーフティブラウジング機能等を使うことで対応できます。 設定方法はこの記事の下部に追加掲載しています。 IEでFlash動画広告を非表示にする方法 IEでは簡単な設定を追加するだけで非表示にすることができます。 IEをメインのブラウザとして利用している人はまだまだたくさんいると思いますし、職場のパソコンなどでは勝手にFirefoxやGoogle Chromeをインストールして利用することができないという場合も多いでしょう。 設定には管理者権限は必要ないため職場等でも気軽に利用できると思います。 以前に本記事で記載していた内容をご参考いただいていた方は、以下で紹介している修正後の入力方法をご参考いただき対応をお願いいたします。 yimg. jp」と記入して「追加」ボタンをクリックします。 yimg. jpが表示されれば設定は完了です。 これでYahooトップページにFlash動画広告が表示されなくなります。 yimg. jpを記入した場合は記事ページのニュース動画が非表示となるほか、Yahooメールのwebブラウザ版やyahooニュース等のコメント欄なども表示できなくなってしまいますので、それらを利用している方はご注意ください。 その他、設定の「アドオンの管理」から「Shockwave Flash Object」を無効にすることでもFlash動画広告を非表示にすることができますが、Youtubeなどの動画閲覧もできなくなってしまうためおすすめはできないです。 yimg. jp」と記入することでYahooトップページのFlash動画広告のみを非表示にすることができていたのですが、広告関連ページがSSL化されたことでこの方法は使えなくなりました。 IEでの最適な対応策がわかり次第また改めて方法をご報告したいと思います。 セキュリティソフトの機能を使って動画広告を非表示にする 先に書いたように、FirefoxやGoogle Chromeでは最近増えてきた全画面広告の動画広告が表示されるようになっていました。 Adblock Plusなどの広告非表示用のアドオンを使う方法もありますが、実は現在お使いのセキュリティソフトにある機能を使って対応できる場合があります。 また、IEではSSL化の影響でYahooトップページのFlash動画広告だけを非表示にすることが現状ではできなくなっています。 そこでセキュリティソフトを使って非表示にする方法をご紹介したいと思います。 最近のセキュリティソフトには セーフティブラウジング機能などの好ましくないサイトを非表示にする機能が標準で付属されており、これを利用することで全画面広告の動画広告を非表示にすることができます。 例えば無料のセキュリティソフトで有名どころのAvast(アバスト)には「ウェブシールド」という名称でセーフティブラウジング機能が搭載されています。 ページの表示がおかしい場合 また、お使いのブラウザの設定状態によっては上記のように必要な画像が足りないなど表示がおかしくなる場合があります。 yimg. ここではAvastでの設定方法を紹介しましたが、他のセキュリティソフトをお使いの場合でも基本的にはセーフティブラウジング機能の項目で個別に非表示にしたいwebページを設定する箇所を探し、そこに記入するという流れはだいたい同じだと思います。 「お使いのセキュリティソフトの名前」と「セーフティブラウジング」で検索すれば、設定に関する情報などを調べることができると思います。 以上、YahooトップページのFlash動画広告を簡単に非表示にする方法を紹介しました。

次の

YouTubeで不快・好印象な動画広告の違いとは?現役大学生103人を対象に調査【LOUPE調べ】:MarkeZine(マーケジン)

動画広告 うざい

一つ目として、特定のスマホに表示されるうざい広告のブロックについて紹介します。 ・オンラインのスマホに表示されるうざい広告が表示されないようにすることはできないが、不要である特定の広告をブロックすることはできるのです。 または、ユーザー自身の興味や関心の個人情報に基づいたうざい広告などを表示されないようにすることもできると思います。 次は、スマホに表示されるポップアップ広告を停止する方法について紹介します。 Chromeなどの他のほとんどのブラウザでは、スマホに表示されるポップアップ広告を無効にすることができるのです。 また、無効にしてもスマホに表示されるポップアップ広告が表示される時は、Chromeなどから不正な広告ソフトウェアを削除する方法についての記事を探してみてください。 3つ目として、不要なスマホに表示される広告をブロックする方法について紹介します。 スマホに表示されるうざい広告などをブロックすると、そのうざい広告主の広告が見れなくなります。 また、広告主が複数の広告のウェブサイトを所有している時は、複数の広告のブロックが必要になるでしょう。 詳し方法は、すべての端末でうざい広告設定を適用する方法についての記事をみてみてください。 次は、Google のうざい広告サービスの場合について紹介します。 まず、スマホに表示されるうざい広告の横にあるアイコンから次のように操作してください。 それでは、スマートフォン、タブレットの Google 検索の場合は、情報アイコン広告 [広告の表示について] をタップしてください。 [この 広告のURL からの広告を表示を無効にしたいと思います。 次に、YouTube の場合は、情報の広告アイコン [この広告の表示を停止] を選択してください。 また、Gmail の場合は、情報アイコンの [同様の広告を管理] [この広告主をブロック] を選択してください。 そして、Google のサービスを利用して広告を表示するウェブサイト、アプリの場合は、広告の右上にある削除アイコン [この広告の広告表示を停止] を選択しましょう。 加えて、スマホに表示される広告の右上にある削除アイコンの[問題がある広告として報告] を選択しましょう。 そして、ポリシーに違反している広告について Google に広告を報告することもできるようになります。 ここで、メリットとデメリットについて紹介します。 まず、ネットでブラウザで広告をブロックすることのメリットは、「OSには依存しなくなる」という点だと思います。 さらにアプリの場合、iOS向けのアプリがほとんどなので、広告をブロック出来るブラウザなどがsafariに限定することが多いのです。 しかし、ネットでブラウザの広告ブロック機能を使うことによって、iPhoneを使っていてもブラウザはGoogleChromeを使っているという方でも、迷惑な広告のためにストレスを抱えることがなくなると思います。 加えて、みなさんのスマホの内部容量をアプリによって、圧迫するということが無くなるということも大きなメリットとなります。 一方、デメリットとしては、これは、ネットで迷惑な広告ブロックアプリでも言えることですが、「新しい発見」が無くなってしまうという点のことを指します。 これまでに表示されて、多く見てきたネットでの迷惑な広告の中には良い意味で気になった広告もあったと思います。 そのようなネットでの「有益な情報」が少なくなってしまうという点に関して言えば、デメリットになるでしょう。 さらに、ブラウザの標準搭載の機能を活用することで、迷惑な広告ブロックのアプリに比べると、少し機能が劣る部分があると思います。 また、迷惑な広告ブロックのアプリの中には有料のアプリもあるのです。 そのようなものと比べてしまうと性能としては差が大きく開くでしょう。 ここで、Chrome、Google、Yahoo! の場合の方法を紹介したいと思います。 まずは、Chrome、Google、Yahoo! のブラウザで迷惑な広告をブロックする方法について紹介します。 まず、Chrome、Google、Yahoo! では、迷惑な広告をブロックするための機能が搭載されているというより、前提として、「ポップアップをブロックするような機能が搭載されているための自動的に表示される広告も減る」というような認識をしてみてください。 そこで、迷惑なポップアップ広告とは何なのか? それは、あるWebページを開いた時に内容よりも先に、画面の全体を使って表示される広告や小さなウインドウで表示されているような広告などのことを示します。 つまり、間接的ではなく、直接的な迷惑な広告のブロックの機能はありませんが、ポップアップなどをブロックすることで、ポップアップ広告はブロックすることが出来るようです。 それでは、設定方法について説明していきます。 まず、Chrome、Google、Yahoo! を起動して、画面右上「︙」をタップしてメニューを表示させて、メニュー内にある「設定」をタップしてください。 そして、設定内にある「サイトの設定」という項目をタップしてみましょう。 次に、サイトの設定内にある「ポップアップ」をタップしてください。 加えて、ポップアップ内で「許可」担っていた場合に、表示されているスイッチなどをタップして、「ブロック」に切り替える作業をしてください。 以上で、迷惑なポップアップ広告をブロックする設定の方法は完了となります。 こうして、簡単に迷惑な広告を非表示にできる、Android用のGoogle、Yahoo! におけるブラウザJavelin Bowserは、迷惑な広告などがあろうがなかろうが速くネットサーフィンが可能になります。 もはや、速度重視のためにad-blockする必要はほとんどなく、広告をどうしても消したいという人だけ広告を非表示にすれば可能というブラウザでした。 また、Google、Yahoo! におけるブラウザには何よりも「速度」を求めるという人には、間違いなく必要であるのラウザとなっています。 また、305円の有料版の「Javelin Pro」にアップグレードすることによって、無料版では、10個に制限されている開けるタブの数などが無制限になり、ホーム画面のURLなども変更できるようになっているのです。 ここで、Safariを快適にする日本向け広告ブロックアプリを紹介します。 ・お邪魔な広告をWEBサイトから簡単除去します ・通信ごとブロックするから通信量削減&ページ表示が高速になります ・好きなサイトの広告を復活できるサイト別設定機能を搭載しています ・ブロックルールを自分で作成できるカスタム機能を搭載しています 続いて、このアプリについて説明します。 AdFilterはWEBサイトのメインコンテンツではない、広告などのソーシャルボタンなどの不要な通信を遮断して、Safariによるブラウジングを快適にするアプリのことを指します。 また、広告ブロック since v1. 0についてです。 これは、日本で開発されたアプリなので、海外アプリでカバーできない国内サイトやブログでよく見る広告をしっかりブロックすることが出来ます。 また、広告を通信から止めるられるので、サイトの読み込みが数倍高速になり、そして通信量もグッと削減できるでしょう。 次は、高度なブロック since v1. 1についてです。 これは、ソーシャルメディアなどのシェアボタンやアクセス解析機能といった広告以外の不要なコンテンツもブロックできるのです。 そして、より通信量を削減したい場合に有効にしましょう。 補足として、「ネイティブ広告ブロック」は、ニュースサイトなどに見られるような「関連記事」にも利用されるサービスをブロックします。 そして、これらの機能が使用不可となる場合があるので注意してください。 また、カスタムフィルター since v1. 4について紹介します。 そして、画面から基本的なルールを作成する機能やコンテンツブロッカーのJSONファイルやブロック対象のURLなどをまとめて設定する上級者向け機能を備えているのです。 カスタムフィルターなどは5つまで無料にしているので、一度の課金により無制限にすることができます。 そして、動作などを正常に保つために各項目の入力内容は保存時にチェックしています。 また、フィルター設定では、全角、半角スペースが禁止文字となっているためご注意ください。

次の