ノートpc 3画面。 ノートPCで3画面以上のマルチディスプレイはできるのでしょうか?

ノートPCで2画面3画面のマルチモニターにする方法 実例と使用周辺機器

ノートpc 3画面

薄型ゲーミングノートBladeのRazerが、壮絶に頭のおかしい「世界初の電動トリプルディスプレイノート」 こと Project Valerieを公開しました。 「ヴァレリー」はRazer の大型ゲーミングノートBlade Proをベースに2枚のディスプレイを加え、17. 3インチ4K IGZO液晶 x 3枚構成の 12Kサラウンドディスプレイ搭載に魔改造した実験機。 更新 1月9日 : Razer のCEO Min-Liang Tan氏によると、Project Valerie の試作機2台がCES会場から盗難に遭い失われたとのこと。 Razer では窃盗あるいは産業スパイの可能性も含め捜査当局と協力するとともに、2万5000ドルの懸賞金を設定して情報提供を求めています。 3枚の4K IGZO液晶はマルチモニタ技術 NVIDIA SurroundとG-SYNCに対応しており、湾曲にあわせて左右に広がった視野でゲームが楽しめます。 12Kといっても超横長の48:9 5. 33:1 なので、いわゆるスーパーハイビジョンの8K4Kには及ばないものの、画素数は11520 x 2160で2500万ピクセル以上。 3Dゲーム以外にも、普段からマルチモニタで作業するユーザー向けのプロダクティビティ用途、クリエイター向けも想定します。 絶大なインパクトのあるヴァレリーですが、マルチモニタノートPCは意外と古くから続くジャンルです。 デュアルまでなら やシリーズなどが市販されていたほか、モバイルとは言い難いものの3画面の一体化PCも例がないわけではありません。 しかしRazer が世界初を主張する理由は、トリプルモニタが 電動で自動展開すること。 通常のノートように開けば、メインモニタの後ろから左右のモニタがせり出すように開き、アルミのヒンジで自動的に正しい角度に固定します。 現状のヴァレリーはコンセプト実証のための実働試作機レベルで、厚みは約3. 8cm。 重さは最終的に4. 5kgから5. 5kg程度になる見込み。 冗談のような重さに思えますが、市販の17. 3インチ画面ゲーミングノートは持ち歩き性能よりもデスクトップ置き換えとしての性能や熱設計、パーツ互換性などを重視するため、4kg台や厚さ3cm超はめずらしくありません。 むしろゲーミングノートであるにもかかわらず異様な薄さで喝采を浴びたBladeシリーズだからこそ企画されたコンセプトといえます。 なお今年のCESで巨大ゲーミングノートとして話題を呼んだエイサーの Predator 21 X は、21インチ2560 x 1080 の21:9ワイドフルHDモニタ搭載、GTX 1080デュアルで約8. 8kg。 もちろん、試作品と量産製品をそのまま比較はできません。 またValerieが4Kトリプルのままゲーミングノートとして製品化されるならば、GTX 1080シングルでは描画性能が足りないため、諸元はさらに変わってくると思われます。 Project Valerie の製品化は未定、仕様も価格も未定。 Razer はプロトタイプの段階から公開して広くフィードバックを募り、今後の開発や商品化の可能性について検討します。 話題作り狙いの手の込んだワンオフ工作のようにも見えますが、出張先に複数台のノートやタブレットを持ち込んで並べて働いたり、USBモバイルモニタが出るたびに飛びついたり、普通のデスクトップモニタをモバイルと言い張ってはるばる輸送したあげく破損するような特殊ユーザーからの熱望が多ければ、いずれ本当に商品として買えるようになるかもしれません。 12Kはさておき、オーバーキル気味の解像度や画面サイズを落とすか、むしろ単体ハイエンドゲーミングは諦めて3画面モバイルオフィス志向にする、モニタをモジュラー化する、ゲーミングにはThunderbolt 3外付けGPUで対応する、などで妥当な3画面ノートになるならば即決購入する人は多そうです。

次の

4K×3枚で12Kのド変態3画面ノートProject Valerie降臨。46型サラウンドディスプレイが電動展開、Razer Blade Proベースの実験機

ノートpc 3画面

ノートパソコンでは、3画面同時出力をしてトリプルディスプレイを構築可能です。 ただし、ノートパソコンによってトリプルディスプレイを実現可能な条件は異なります。 2つの映像出力端子を利用する 映像出力端子を2つ搭載し、かつ3画面同時出力に対応していれば、トリプルディスプレイを構築可能です。 ただし、映像出力端子を2つ搭載していても、3画面同時出力に対応しているとは限らない事に注意が必要です。 ノートパソコンによっては2つの映像出力端子を搭載していても、本体液晶ディスプレイと1つの映像出力端子で2画面同時出力、または2つの映像出力端子で2画面同時出力に対応しており、本体液晶ディスプレイと2つの映像出力端子で3画面同時出力には対応していない場合があります。 外付けグラフィックスアダプターを利用する たいていのノートパソコンは、1つの映像出力端子を搭載しています。 2つの映像出力端子を搭載すると、その分スペースが占有され、他の外部インターフェースを削減する必要が出てきます。 それでも2つの映像出力端子を搭載する方が良ければ、2つの映像出力端子搭載ノートパソコンは増えるでしょうが、マルチディスプレイの需要はあっても、デュアルディスプレイまで構築できれば十分であり、トリプルディスプレイの需要は少ないため、1つの映像出力端子搭載ノートパソコンが主流です。 そのため、2つの映像出力端子搭載ノートパソコンは少数派です。 もし、1つの映像出力端子搭載ノートパソコンでトリプルディスプレイを構築したいなら、外付けグラフィックスアダプター(ディスプレイアダプター)を利用する手があります。 外付けグラフィックスアダプターは、USB 接続で使用する製品が見られ、外部インターフェース USB を映像出力端子に変換し、映像出力できます。 ただし、ノートパソコンへの負荷が大きくなるため、性能が不足するとカクついたりレスポンスが遅くなったりし、最悪映像出力できない場合があります。 また、ソフトウェアによっては外付けグラフィックスアダプターによる映像出力ができない場合があります。 例えば、ある動画再生ソフトウェアは、本体液晶ディスプレイや本体映像出力端子からは映像出力できても、外付けグラフィックスアダプターだと正常に映像出力できない場合があります。 さらに、ノートパソコンと外付けグラフィックスアダプターの組み合わせによっては、外付けグラフィックスアダプターが正常に動作しない場合もあります。 そのため、外付けグラフィックスアダプターを導入すれば、確実にトリプルディスプレイを構築できるとは限らない事に注意が必要です。 キャンペーン 安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏トクセール」を実施中です。 一部のモデルのみですが期間限定で最大50,000円OFFです。 (7月20日迄) 長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「New GALLERIA発売開始記念3大キャンペーン」を実施中です。 豪華賞品プレゼントなどお得なキャンペーン実施中です。 (7月30日迄).

次の

ノートパソコンを3画面(トリプルディスプレイ)にする方法

ノートpc 3画面

何を重点的に考えれば良いの? と疑問に思っている方に向けて、ノートパソコンを選ぶ上で重要なポイントを解説します。 結論から言うと、• 画面サイズ• 価格 の3点です。 どんな商品を選ぶにしても同じだと思うので、何となくイメージされていたかと思います。 ノートパソコンを選ぶ上でも同じで、 性能と価格が重要になってきますね。 さらに、ノートパソコンの場合だと、 画面サイズも重要になってきます。 画面サイズによって、本体サイズや重量が大体決まってくるので、持ち運ぶ頻度によって、適切なものを選ぶ必要があります。 その他にも選ぶ基準として、 デザイン面、保証面などがあります。 とは言え、優先度は低くなったり、人によって不要だったりするポイントではあるので、 性能、画面サイズ、価格に比べると、重要度は低いかなと考えています。 では、各ポイントを詳しく解説していきます。 ノートパソコンの選び方 ノートパソコンを選ぶ上で、重要なポイントは、上でも述べたように• 画面サイズ• 価格 の3つが重要になってきます。 ノートパソコンは持ち運びが前提となっているので、持ち運びを考えた時に、画面サイズの選択も重要になってきます。 ノートパソコンの本体サイズや重量は、ほとんど画面サイズで決まってきます。 そのため、毎日、大学や仕事で外出先に持ち運ぶのに、15. 6インチのような大きめ、かつ、重量のあるものを選ぶのは、ストレスになったり、疲れたりするので、あまり適しているとは言えません。 デスクトップパソコンの選び方では、重要なポイントとして、性能と価格の2点を解説しました。 しかし、持ち運びの観点から、ノートパソコンの場合は、画面サイズも重要なポイントとなってきます。 性能【重要】 まず、パソコンを選ぶ上で一番重要なのが、 性能(スペック)ですね。 パソコンは何かを処理するための道具なので、 処理性能というのが一番重要になってきます。 パソコンの購入を検討する際は、• 動画やネットサーフィンできればいい!• ゲームをしたい!• 動画編集をしたい! など、このために使いたい!というような使用用途があると思います。 こういう用途で使いたかったのに、快適に動かないじゃないか… ということは避けなければなりません。 ちなみに、ノートパソコンとデスクトップパソコンの性能を比較した場合、 同じ価格帯であれば、デスクトップパソコンの方が性能が高くなります。 つまり、安くて高性能なパソコンが欲しいならデスクトップパソコンですね。 そのため、• 特にパソコンを持ち運ぶ必要はない• 高い性能が必要な用途で使う という場合には、デスクトップパソコンの方が良いですね。 デスクトップパソコンかノートパソコンかを迷っているという方は、を参考にしてみて下さい。 画面サイズ【重要】 次にノートパソコンの画面サイズですね ノートパソコンは持ち運びを前提に考えられているので、ノートパソコンを選んでいるということは、 どこかしらに持っていこうと思っているのではないでしょうか? カフェ、図書館、大学、仕事場など毎日外出時に持っていきたい! などなど… 中には持ち運ばないけど、デスクトップパソコンより、 スタイリッシュでコンパクトだからノートパソコンを選ぶという方もいらっしゃると思いますが、それでも全然オッケーです。 持ち運びを考えた時に重要になってくるのが、• 本体サイズ(画面サイズ)• 重量 です。 ノートパソコンの大部分はディスプレイなので、本体サイズは、ほとんど画面サイズ(13インチ、15インチなど)で決まります。 正確には、ディスプレイ+ベゼル(枠)という形になってきますが、ベゼルは多少の細い・太いの差はありますが、あったとしても数mmとかだと思うので、あまり本体サイズには影響はしませんね。 つまり、 画面サイズ=本体サイズと言っても良いでしょう。 本体サイズが決まれば、大体の重量も決まってきますね。 なので、画面サイズによって、本体サイズ、重量も決まるので、ノートパソコンの使い勝手を大きく左右する 画面が小さすぎて、Excelとか、 画像の編集など細かい作業がやりにくい! という失敗に繋がります。 これでは、 作業効率が悪かったり、ストレスになったりするので、避けたいですよね。 とは言え、一概にこのサイズが一番バランスが良いとは言えません。 自分自身の利用シーンによっても異なってくるので、それを踏まえた上で、それぞれに合わせたサイズを選ぶ必要があります。 主要な画面サイズ毎に、こういう利用シーンに向いているというのを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。 また、画面サイズが小さくても作業しやすい環境づくりも解説しています。 もっと言うと、性能と価格のコストパフォーマンスですね。 パソコンの価格は、大部分が性能によって決まります。 そのため、• 低性能なパソコンは低価格(5万円とか)• 高性能なパソコンは高価格(30万とか) となってきます。 他にも、パソコンのデザイン性、保険であったり、オプションなどによっても価格は左右されますが、 大部分は性能ですね。 さらに言うと、 CPU、GPUのパーツ自体が高価なので、この2つのパーツが価格の5~6割ぐらい占めているんじゃないかなと思います。 ただ、注意しておきたいのは、高性能になればなるほど、価格が跳ね上がるので、コストパフォーマンスで言うと悪くなっていくということです。 具体的なPCパーツで言うと、次のようなハイエンドなものです。 CPU:Intel Core i3, i5, AMD Ryzen 3, 5 GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060 Ti, 2060 最近のパソコンは、ミドルレンジのものでも色々な用途で使うことができるほどの性能はあるので、個人で趣味や仕事に使うレベルであれば、大体カバーできるかなと考えています。 そのため、コストパフォーマンスを意識して選ぶためには、• 使用用途別に、必要な性能を把握すること• 性能を高くし過ぎて、活かしきれないということを避ける ということが重要ですね。 ちなみに、同じ性能であれば、ノートパソコンよりデスクトップパソコンの方が安くなります。 大体の目安としては、 ローエンドの性能の場合:約数千円~1万円安い ミドルレンジの性能の場合:約5万円安い ハイエンドの性能の場合:約10万円安い という感じで、高性能なパソコンであればあるほど、ノートパソコンよりデスクトップパソコンの方が安くなります。 そのため、パソコンを持ち運ぶ必要はないという方であれば、デスクトップパソコンがおすすめです。 パソコンの性能には、あまり影響しませんが、日々作業する中で、• スタイリッシュなデザインであったり• 好きな色であったり と お気に入りのデザインのパソコンで作業するとテンションが上がったりするので、折角パソコンを買うのであれば、デザイン面も追及していきたいところですね。 ノートパソコンでデザイン面を考えるのであれば、• アルミやマグネシウム合金などの金属が使われた高級感のあるデザイン• レッド、ブルー、ゴールドのような比較的珍しいカラーリング などになると思います。 素材と色なので、デスクトップパソコンよりかはあまりこだわるところがない感じがしますね(笑) 保証 ノートパソコンのBTOパソコンの大部分が、 標準(無料)で1年間の保証期間があります。 この期間に故障した場合は、修理代など無しにパソコンを修理してくれるというような内容ですね。 さらに、1年間では短いという方向けに、 延長保証(有料)を用意しているBTOメーカーがほとんどですね。 延長保証の期間はメーカーによって、2~5年と幅があります。 マウスコンピューターやドスパラのようなパソコン専門のBTOメーカーは、3年がほとんどです。 また、NEC、富士通、東芝などの国内のパソコンメーカーは、3年だけでなく、5年とかなりの長期期間を選択できるようになっていますね。 延長保証については、どの程度保証を重要視したいかで変わってくると思います。 また、延長保証をすべきかどうなのかという観点から、色々なパターンを想定して解説している記事もあるので、参考にしてみて下さい。 大枠の選び方としては、性能と価格のコストパフォーマンスをベースに、持ち運び頻度を考えて、適切な画面サイズのものを選ぶという感じですね。 最優先は、 使用用途に対して、十分な性能かどうかです。 選ぶ際の流れとしては、次のような感じですね。 使用用途を明確にして、最低限必要な性能を確認する• どの程度持ち運ぶのか考え、それに合った画面サイズを選ぶ• 必要な性能を少し超える程度のパソコンを選ぶ• デザイン面などを気にする場合は、決めた性能を維持したまま別のものを探す。 ある程度、使用用途を明確にしてパソコンを選んでいくと、• 意外と高くついて予算オーバー• 予算ピッタリ• 予算が少し余った というパターンになるかと思います。 予算オーバーの場合は、性能を下げて安いパソコンを買うのはおすすめできません。 上でも述べたように、使用用途に対して、必要な性能を下回ってしまうと、• 動作がカクついたり• そもそも動作しなかったり するのでNGです。 パソコン専門のBTOメーカーであれば、スマホを購入するときのような分割払いができるというメーカーもあるので、ぜひ検討してみて下さい。 通常、数万円の分割手数料が上乗せされますが、手数料が無料になるキャンペーンも各BTOメーカーで実施されています。 そのまま安く済ませる• 各種パーツを少しアップグレード の2つの選択肢があります。 お!意外と安いやん、ラッキー! そのままの性能で安く済ませよ! という感じで、決めるの良いですし、予算一杯まで使うかどうかは別として、 さらに快適に動作させるために、もう少しアップグレードするのもアリですね。 アップグレードするパーツは、使用用途によって異なってくるので、一概には言えませんが、主に、CPU, GPU周りになってくることが多いかなと思います。 また、ケースのデザインにこだわってみるというのも良いですね。 まとめ:ノートパソコンは、性能と価格も重要だが、画面サイズも重要 ノートパソコンの選び方について解説しました。 もう一度簡単にまとめると選ぶポイントは次の通りです。 性能【重要】• 画面サイズ【重要】• 価格【重要】• デザイン性• 保証 選ぶ流れとしては、次の通りです。 使用用途を明確にして、最低限必要な性能を確認する• どの程度持ち運ぶのか考え、それに合った画面サイズを選ぶ• 必要な性能を少し超える程度のパソコンを選ぶ• デザイン面などを気にする場合は、決めた性能を維持したまま別のものを探す。 重要なのは、 ・使用用途毎に必要な性能を把握して、それと同じか、少し上回るぐらいの性能のパソコンを選ぶ ・持ち運ぶ際に、ストレスのない画面サイズ(本体サイズ、重量)を選ぶ ことです。 性能に関しては、余裕を持たせるため、少し上回るぐらいの方が良いですね。 性能が高すぎて、活かしきれなければ、その分無駄になったり、コスパが悪くなったりします。 また、性能が低すぎれば、やろうと思っていたことができなかったり、動作がカクついたりします。 性能が高すぎる分には、使用用途の性能を満たすので構わないのですが、性能が低すぎる場合は、絶対に避けたいところですね。

次の