まねきねこ 天文館。 鹿児島県のカラオケ本舗まねきねこ一覧

一人カラオケ歴10年以上の主婦がおすすめする4店を紹介!ストレス発散に最適な「ヒトカラ」を楽しんじゃおう!

まねきねこ 天文館

「よし、カラオケでも行くか」 学生時代の頃は、休日はほぼ毎日のように通っていた「カラオケ」 比較的安く時間が潰せますし、楽しい、食事もあるという夢の箱です。 最近はご無沙汰なので、そのうち予定を立てて行きたいなと考えております。 そんなカラオケですが、「監視カメラが部屋にある」という噂を耳にしたことがありました。 個人的な経験では、部屋に監視カメラがあった経験は無いですが、ひょっとしたら小さなカメラでこっそり見られているのでは?など不安な方もおられるかもしません。 そんな不安がある一方で「HPに監視カメラの記載がない店舗が多い」という状況。 これでは「こっそり覗いているのでは?」と思われても仕方のない状況かもしれません。 そこで、大手カラオケチェーン店 「まねきねこ」「カラオケBanBan」「コートダジュール」「ジャンカラ」「カラオケの鉄人」5社に、 「部屋に監視カメラはありますか?」と質問をして回答を貰ってきましたので、参考程度にご覧ください。 裏のカメラのモニターの存在について 今回5店舗さんから回答をいただいた結果、濁した発言も多かったですが「部屋に監視カメラはない」という意見が多数でした。 なので、監視カメラのあるカラオケ店のほうが少数派なのかな?という結論に至りました。 しかしネットを色々調べてみると 「カメラの映像を見るモニターが裏にある」というタレコミを聞きました。 この事例は結構上がっていて、監視カメラがないというのは建前で、こっそり設置している店舗が多いのかな?と思ってしまいました。 防犯カメラは、部屋の外の通路などに設置してある、防犯のためのカメラで、店員さんはその映像を見れる店舗が中にはあるそうです。 そのモニター映像を「監視カメラの映像」と間違えて認識してしまった結果、カラオケ屋は部屋をこっそり覗いているという変な噂が立ってしまっているのだと思います。 一件落着ですなぁ カメラは安い買い物ではありません。 ぶっちゃけ部屋に監視カメラを設置するコストよりも、店員の巡回などの強化で治安は維持できる話なので、部屋に監視カメラがあるカラオケ店はよっぽど治安が悪いのかな?と個人的に思っています。 各部屋に監視カメラを設置している店舗はほぼ無い• 部屋の外に防犯カメラがある店舗は多い• 部屋に監視カメラがある店舗は治安悪い説(個人意見) ジョイサウンドの動画撮影機能のある機種の場合、正面にカメラがありますが、監視カメラではありません。 奥から誰か見ていることもないので安心ください。

次の

カラオケに監視カメラはあるのか?いちゃいちゃやキモい踊りが見られてる?

まねきねこ 天文館

監視カメラの基礎知識 まずは監視カメラの基本的なところを確認しましょう。 そもそも監視カメラって?っていうのがわかっていないと。 何事もまずは敵を知ることからです! 監視カメラと防犯カメラの違い カメラとしては基本的に同じです。 ただどのような用途に使用するかという違いで呼び分けることがあるようです。 それぞれの呼び方をされる際の使い方は以下の通り。 遠方の場所や、死角(店内など)を監視するためのものですね。 なので 常にモニターに映し出されていることが多い。 そして決定的な場面を見逃さないために、目立たないように設置されている場合もあります。 防犯なので、犯罪が起こるのを防がなければなりませんから、犯罪しようとしてる人に「あれ?おれ見られてる?」感を抱かせる必要があります。 このように、防犯カメラは設置されていること自体に割と大きな意味があるため、目立つように設置されていることも多く、ダミーのカメラもあるようです。 また、犯罪がおこったときの証拠映像としても使用されますので録画はされています。 なので、基本的には 問題が起こったときにしか映像を見ないです。 どんな形状のカメラがある? 防犯や監視カメラは、基本的には3タイプ。 しかし小型カメラであれば隠しやすいので見つけるのは困難かと思われます。 カラオケにカメラは設置されているのか? いろいろ調べてみましたが、店舗により異なりますが、 設置されているところはあるようです。 ちなみに、テレビの前に設置されているカメラ(ドーム型が多い)は、DAMとも動画など、カラオケSNSに投稿する用の動画を撮影するためのものです。 もし動画の保存先や回線を切り替えれるようにしていれば、部屋内を監視することもできる気がしますが、真相はわかりません。 大型店舗になるとかなりの部屋数になりますので、 全部屋にカメラを設置するのは費用的に大変だと思います。 設置できない店舗は、 代わりに通路側のドアの窓ガラスを大きく設計しているところもあるようです。 カメラ設置の事例 2013年に、ある カラオケ店員が防犯カメラの映像をツイッターに投稿し、話題になったことがありました。 プライバシーの観点から、このようなことはしてはいけないのですが、実際この行為で、カラオケ部屋にカメラが設置されているということが実証されました。 映像が流出し各所で話題になったので、おそらく間違いないでしょう。 よって、 常に監視されているということは滅多に無いと思われます。 カラオケ部屋には高価な機材が多く設置されているため、客が帰った後に破損されているのが発見された場合、証拠として録画してあった映像を確認します。 カラオケ機種本体なんて新品で購入すると300万円くらいしますからね。 壊されたら洒落になりません。 泣きます。 まとめ カラオケ店には、 店舗によっては防犯カメラが設置されており録画はされているが、監視カメラと違い常に見られているということは滅多に無さそうです。 なので、機材を壊したり悪いことをしない限りは、見られることはたぶんないかと。 カメラが設置されてようが、 見られてないなら、気兼ねなくノリノリで歌えますね。 過去、3店舗のカラオケでバイトしていた者です。 結論、防犯カメラ、付けているところは3店舗中2店舗。 店舗形態により、形状や扱いは異なりますが、 基本的には天井にドーム型のカメラで、ダミーはほぼほぼありません。 天井にそれらしいものがあれば、アクティブなカメラが付いていることが多いと思います。 特徴を以下に挙げます。 社員は見れる。 バイトだろうが社員だろうが見放題。 しかも有線のようなチャンネルがあり、基本は1部屋5秒毎の自動切り替え。 テレビリモコンのように、任意の部屋を見続けることも可能。 録画機能もあります。 外部接続も可能な端末で、僕のところでは、申し訳ないですが外付けHDを接続し、録画保存もしていました。 結論 ついていところが多い。 ダミーは少ない。 それらしい形状の物が部屋内に見当たらなければ、なし。 基本カラオケは飲食業であり、オーナーは利益創出のために店舗展開します。 地域のモラル向上の責があるわけではないので、.

次の

カラオケ まねきねこ 下館店(茨城県北部その他/カラオケ・パーティ)

まねきねこ 天文館

監視カメラの基礎知識 まずは監視カメラの基本的なところを確認しましょう。 そもそも監視カメラって?っていうのがわかっていないと。 何事もまずは敵を知ることからです! 監視カメラと防犯カメラの違い カメラとしては基本的に同じです。 ただどのような用途に使用するかという違いで呼び分けることがあるようです。 それぞれの呼び方をされる際の使い方は以下の通り。 遠方の場所や、死角(店内など)を監視するためのものですね。 なので 常にモニターに映し出されていることが多い。 そして決定的な場面を見逃さないために、目立たないように設置されている場合もあります。 防犯なので、犯罪が起こるのを防がなければなりませんから、犯罪しようとしてる人に「あれ?おれ見られてる?」感を抱かせる必要があります。 このように、防犯カメラは設置されていること自体に割と大きな意味があるため、目立つように設置されていることも多く、ダミーのカメラもあるようです。 また、犯罪がおこったときの証拠映像としても使用されますので録画はされています。 なので、基本的には 問題が起こったときにしか映像を見ないです。 どんな形状のカメラがある? 防犯や監視カメラは、基本的には3タイプ。 しかし小型カメラであれば隠しやすいので見つけるのは困難かと思われます。 カラオケにカメラは設置されているのか? いろいろ調べてみましたが、店舗により異なりますが、 設置されているところはあるようです。 ちなみに、テレビの前に設置されているカメラ(ドーム型が多い)は、DAMとも動画など、カラオケSNSに投稿する用の動画を撮影するためのものです。 もし動画の保存先や回線を切り替えれるようにしていれば、部屋内を監視することもできる気がしますが、真相はわかりません。 大型店舗になるとかなりの部屋数になりますので、 全部屋にカメラを設置するのは費用的に大変だと思います。 設置できない店舗は、 代わりに通路側のドアの窓ガラスを大きく設計しているところもあるようです。 カメラ設置の事例 2013年に、ある カラオケ店員が防犯カメラの映像をツイッターに投稿し、話題になったことがありました。 プライバシーの観点から、このようなことはしてはいけないのですが、実際この行為で、カラオケ部屋にカメラが設置されているということが実証されました。 映像が流出し各所で話題になったので、おそらく間違いないでしょう。 よって、 常に監視されているということは滅多に無いと思われます。 カラオケ部屋には高価な機材が多く設置されているため、客が帰った後に破損されているのが発見された場合、証拠として録画してあった映像を確認します。 カラオケ機種本体なんて新品で購入すると300万円くらいしますからね。 壊されたら洒落になりません。 泣きます。 まとめ カラオケ店には、 店舗によっては防犯カメラが設置されており録画はされているが、監視カメラと違い常に見られているということは滅多に無さそうです。 なので、機材を壊したり悪いことをしない限りは、見られることはたぶんないかと。 カメラが設置されてようが、 見られてないなら、気兼ねなくノリノリで歌えますね。 過去、3店舗のカラオケでバイトしていた者です。 結論、防犯カメラ、付けているところは3店舗中2店舗。 店舗形態により、形状や扱いは異なりますが、 基本的には天井にドーム型のカメラで、ダミーはほぼほぼありません。 天井にそれらしいものがあれば、アクティブなカメラが付いていることが多いと思います。 特徴を以下に挙げます。 社員は見れる。 バイトだろうが社員だろうが見放題。 しかも有線のようなチャンネルがあり、基本は1部屋5秒毎の自動切り替え。 テレビリモコンのように、任意の部屋を見続けることも可能。 録画機能もあります。 外部接続も可能な端末で、僕のところでは、申し訳ないですが外付けHDを接続し、録画保存もしていました。 結論 ついていところが多い。 ダミーは少ない。 それらしい形状の物が部屋内に見当たらなければ、なし。 基本カラオケは飲食業であり、オーナーは利益創出のために店舗展開します。 地域のモラル向上の責があるわけではないので、.

次の