ゴミ収集車 構造。 パッカー車の安全対策方法とは?7つの管理方法で事故を防ごう!【事故事例あり】

ゴミ収集車(パッカー車・塵芥車)の 仕組み・サイズ・積載量・お値段事情まとめ

ゴミ収集車 構造

ゴミ収集の仕事は給料が高い? ゴミ収集の仕事の種類 色々と呼び名があるゴミ収集車ですが、国土交通省が使用している正式名称が「塵芥車」、一般的な呼び名が「ゴミ収集車」、業界内での呼び名が「パッカー車」です。 大きく分けると 「一般廃棄物」と「産業廃棄物」を運搬するのが仕事となります。 回転板式、プレス式、ロータリー式などいくつかの種類があり、用途などによって使い分けがなされています。 気になる!ゴミ収集の仕事の待遇 この仕事の待遇としては、まず給与面が優遇されています。 それに加えてドライバーとしては珍しいほど「勤務時間が安定」しています。 ドライバーと言えば不規則な勤務形態になることが多いのですが、ゴミ収集車の仕事は時間が決まっているために規則的な勤務となるのです。 ゴミ収集車は普通免許で運転できる? 普通免許の取得時期をチェック 街中のゴミを収集するのには2tトラックが多く使用されています。 そのため 取得した時期によっては普通免許で運転をすることが可能なのです。 「平成19年6月1日までに普通免許を取得している場合」 平成19年6月1日までに免許を取得している場合は、現在は中型免許(8t)限定とみなされます。 この場合は、車両総重量8t未満、最大積載量5t未満の車を運転することができるために、4tまでのゴミ収集車であれば運転できることになります。 「平成19年6月2日以降に取得した場合」 平成19年6月2日から、平成29年3月11日までの間に免許を取得している場合は「準中型免許(5t)限定」となります。 この場合は、車両総重量5t未満、最大積載量3t未満の車を運転することができるので、3tまでのゴミ収集車を運転できます。 3tを超えるトラックは運転することができないので注意しましょう。 「平成29年3月12日以降に取得した場合」 2017年3月12日以降に普通免許を取得した場合は、普通免許では車両総重量3. 5t、最大積載量2t未満の車両しか運転できません。 そのため準中型以上の免許を取得しなければゴミ収集車を運転することはできません。 ゴミ収集車の運転はMT免許が必要 ゴミ収集車はほとんどがミッション車となっています。 そのためAT限定免許では運転をすることができません。 ゴミ収集車の仕事を考えている場合はMT免許を取得するようにしましょう。 ゴミ収集車のサイズと必要な免許 2t車 2t車の代表的な寸法は以下の通りです。 車両寸法:全長522㎝ 全幅184㎝ 全高232㎝• 最大積載量:2t 運転するには「準中型免許」が必要になります。 4t車 4tのゴミ収集車のサイズは以下の通りです。 車両寸法:全長680㎝ 全幅217㎝ 全高273㎝• 最大積載量:1. 95t 4t車を運転するには、中型免許が必要になります。 中型免許を取得するには「普通免許を取得してから2年以上」「20歳以上」という条件があります。 それらを達成したら取得するようにしましょう。 大型車 大型のごみ収集車のサイズは以下の通りです。 車両寸法:全長930㎝ 全幅249㎝ 全高286㎝• 最大積載量:7. 4t 大型車を運転するためには大型免許が必要になります。 大型免許を取得するには、• 「21歳以上」• 「普通免許(MT車)を取得してから3年以上」• 「視力は両眼で0. 8以上、片眼で0. 5以上」 という条件をクリアしなくてはいけません。 しかしゴミ収集に関連する仕事、 特に産業廃棄物収集の仕事では大型免許があるとかなり有利になります。 取得できるときに取得するようにしておきましょう。 まとめ ゴミ収集車には用途に応じて大きさや種類が色々とあります。 それぞれ必要になる免許が違っていますので、 自分が運転する予定の車に必要な免許を取得しておくようにしましょう。

次の

ゴミ収集作業員(公務員)の給料や年収は?民間とは生涯年収で5000万円近くの差!|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

ゴミ収集車 構造

ゴミ収集車の特徴 ここではゴミ収集車の特徴について基本的な事をご紹介いたします。 ゴミ収集車とは ゴミ収集車というのは家庭ゴミや企業からでる廃棄物などを収集し、集めたゴミを処理場まで運んでいくための車両の事を言います。 一般的にはゴミ収集車と言ったりしていますが、実はこの車はパッカー車と呼ぶ事もあります。 一方で行政の方では何というのかというと、塵芥車(じんかいしゃ)と言ったり塵芥収集車など言う方が多いようです。 呼び方は違うけれどもすべて同じゴミ収集車の事を指しています。 ではゴミ収集車の仕組みについてを説明いたします。 ゴミ収集車の仕組み ゴミ収集車は後ろからゴミを入れて、ドラムの内部でゴミを圧縮しながらゴミを収容して、ゴミを捨てる処分場についたら所定の場所にゴミを捨てます。 そしてゴミ収集車の仕組みは一種類だけではありません。 ですが基本的な仕組みは同じで、シャーシ部分、架装部分(ドラム)そして圧縮装置の部分で構成されています。 それぞれの違いはドラム内部や圧縮装置の部分が違いますので、後程これらの仕組みの違いや特徴についてをご説明いたします。 ゴミ収集車の値段 気になるのがゴミ収集車の値段ですが、同じような作業をする事ができるのに種類によって開きがあるものなのです。 さらに新車と中古では値段の基準が変わってきます。 例えば新車の場合だったらシャーシと架装部分の種類や大きさで変わります。 では中古は?というと車両の年式であったりどのくらいの走行距離なのかであったり、さらに車両全体を見た時の状態によっても変わってくるのです。 つまり一般的な車両の値段の決め方とほとんど変わらないものなのです。 ゴミ収集車のメーカー ここではゴミ収集車のメーカーを、パーツ事にご紹介していきましょう。 ゴミ収集車に使われるシャーシ ゴミ収集車に使用されているシャーシはメーカーによって違うのは当然なのですが、 ゴミ収集車用にシャーシを作っているというメーカーはありません。 例えば元となっているのは輸送用トラックなどに使われているものばかりです。 いすゞならエルフやフォワードが使われ、三菱ふそうならキャンターやファイターが多いですね。 日産だとアトラスという車両やコンドルなどが使われています。 日野ならレンジャーやデュトロ、マツダはタイタンが使われています。 ゴミ収集車架装を作るメーカー どこのシャーシメーカーでもゴミ収集車のメインである架装の部分は作っていません。 この部分を作っているメーカーは極東開発工業であったり、新明和工業というメーカーであったり、富士車両だったりモリタエコノスなどです。 これらの架装部分を各メーカーのシャーシに搭載する事でゴミ収集車が完成するのです。 ただし架装部分のメーカーの名を目にした事が無い方もいらっしゃるのではありませんか?それはシャーシのメーカーの車両がパッカー車として販売しているからなのです。 ゴミ収集車の圧縮部分 ここではゴミ収集車の圧縮部分の種類とそれぞれの特徴、仕組みについてをご紹介していきましょう。 回転式 ゴミ収集車に多い回転式は家庭ゴミや事業ゴミなどを集積するのに活用されています。 ドラムの後ろにゴミを入れると回転式の羽がゴミをドラムの内部へと運んでいき、奥へと圧縮しながら詰め込んでいきます。 ただし圧縮する力はものすごく強いというわけではありません。 なぜなら回転するのは手前だけで奥までは届かないからです。 動く仕組みは羽がついていて羽が手前に動きゴミを入れると後方へと書き込んでいく仕組みです。 プレス式 プレス式はもっともパワフルなゴミ収集車です。 投入口に装着されているのはプレスプレートという頑丈なプレートで、ゴミを入れるとまず最初にプレスして粉砕してしまいます。 粉砕してある程度細かくなったら奥へと押し込むのです。 別名を圧縮板式ゴミ収集車と言うだけあって、一般家庭から出るゴミではなく粗大ごみなどの収集用として使われます。 大型の冷蔵庫でも粉砕するだけのパワーがあるので、収集する時には十分気を付けなくてはなりません。 ロータリー式 ロータリー式はドラムに特徴があります。 プレートなどは付いておらずドラムがぐるぐると回転する事でゴミを奥へと収納するのです。 一応奥へ溜まっていけばある程度の圧縮は期待できますが、他の二種類に比べたらパワー不足です。 そのため最近ではロータリー式のゴミ収集車を使っている団体は減っているようです。 作業する方の安全面ではとても良いのですが、効率が低い事から中古でもあまり見かけなくなっているのです。 ゴミ収集車の排出方法 ここではゴミ収集車の排出はどのようになっているのか、その仕組みをご紹介いたしましょう。 ダンプ式 一つはダンプ式という方法です。 この方法はダンプと同じようにドラム部分の前が上に上がります。 前が上がれば当然傾斜ができるのですから、中に入っているゴミも下に滑り落ちていくのです。 とても簡単な仕組みになっています。 しかしながらダンプ式にも欠点はあります。 それは荷物全てが傾斜だけで落ちていくとは限らないからです。 そのため完璧にごみを落とすには棒やほうきなどを使って丁寧に取り除く必要があるでしょう。 押し出し式 押し出し式はドラムの中に大きなプレートが装備されているタイプのゴミ収集車です。 一番奥つまり運転席のすぐ後ろの部分に付いているプレートが収集口に向かってゴミを押していき、一気に押し出すことができるのです。 一度にほぼ全てのごみを排出する事ができるので、ドラム内を清掃する時に非常に楽です。 ただしとても便利なのですがプレートが内部にある分ドラムに収容できるゴミの量が少なくなってしまうというデメリットもあります。 ゴミ収集車(新車)の値段相場 ゴミ収集車を新車で購入する時の値段は車両のトン数つまり大きさによって変わってきます。 例えば小型のゴミ収集車の新車の相場は、およそ400万円~600万円程度と言われています。 中型車になると新車でおよそ500万円~800万円の間くらいで取引されています。 大型のゴミ収集車を新車で購入しようとしたら、およそ800万円~1000万円程度ほどで購入する事ができるでしょう。 ただしこの金額はサイズ(トン数)による違いです。 仕様が違ったりすればそれによって値段も変わってきます。 シャーシの部分はどこのメーカーもそれほど価格は変わりません。 一方で中古車の場合を見てみましょう。 ゴミ収集車(中古)の値段相場 日野 デュトロ 日野のデュトロ、3トン、年式は平成31年、走行距離294km、ボディはホワイトのキレイな小型パッカー車です。 この中古車はプレス式で駆動方式は2WD、修復歴がなく程度がとても良い中古パッカー車です。 バックカメラが付いているので後方の安全確認が楽にできます。 MT5速なのでAT限定免許では運転する事はできません。 価格は746万円なので非常に入手しやすいお値段なので、中古パッカー車を狙っている方におすすめです。 日産ディーゼル コンドル 増トン 日産ディーゼルのコンドルという車種のパッカー車です。 年式は平静18年と若干古めですが外装はキレイなホワイトです。 走行距離は26. 1万km、トン数は3. 6トンとなっています。 修復歴がないのが良いですね。 プレス式で増トン仕様となっているので効率よくゴミの収集作業を行う事ができ、回数も若干減らすことができるでしょう。 価格も年式が古い分だいぶ買い求めやすくなっていて、186万円の支払い総額で済むのはお買い得です。 いすゞ エルフ いすゞエルフのパッカー車です。 4トンなのでかなりの大容量です。 産業廃棄物の収集などに有利かもしれません。 年式は平成25年と比較的新しいのでとても美しい外装をしています。 普段からのお手入れの賜物でしょう。 クリーム色と後ろがブルーのツートンカラーで、プレス式パッカー車となっています。 走行距離は6. 3万kmとパッカー車としては少ない方でしょう。 天然ガスなのでエコな会社に最適です。 アイドリングストップなど環境に配慮しています。 価格は支払総額が273万円とかなりリーズナブルです。 まとめ 今回はゴミ収集車の値段や基本的なゴミ収集車の構造などについて、さらに中古パッカー車の仕様や価格などについてもご紹介いたしました。 この記事がゴミ収集車の値段を知りたいという方の参考になれば幸いです。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の

ゴミ収集車の仕組みや種類

ゴミ収集車 構造

ゴミ収集の日、家庭から出たゴミを回収してくれるゴミ収集車。 作業員がゴミを投入すると、回転板が器用にそれを奥に押し込んでくれる。 ゴミ収集車の中身はどうなっているのだろうか。 よく目にする「クリーンパッカー方式」の収集車(略してパッカー車)で、そのしくみを説明しよう。 パッカー車は、おもに燃えるゴミを収集するのに利用される。 後部に回転板が2枚配置され、これが組み合わさって回転することで、ゴミを運転席側に押し込む。 収集を終えてゴミ処理場に戻ったら、詰め込んだゴミを仕切りの排出板(はいしゅつばん)で外に押し出す(ダンプカーのように、荷台を斜めにして圧縮ゴミを排出するものもある)。 パッカー車以外に街中でよく目にするのが、プレスローダー方式のゴミ収集車だ。 左ページ上図のように、高い圧縮性能が自慢(じまん)の方式である。 ゴミ収集車には、ほかにもいくつかの方式があり、大きさの違いもあるが、この多様性には理由がある。 一つは、集めるゴミ・集める地域に適した方式と大きさが要求されるという、至極(しごく)当然の理由だ。 もう一つ、隠れた理由がある。 ゴミ処理施設の建設費が高騰(こうとう)しているからだ。 ゴミ処理施設、特に焼却施設は公害対策のために高度な技術が要求される。 また、エコ社会実現のために、燃やした廃熱で発電する施設を併設することも時代の流れだ。 当然、建築コストは膨大(ぼうだい)となり、小さな自治体ごとに建設するのは財政的に困難だ。 そこで、いくつかの自治体がまとまって一つのゴミ処理施設を作り、一手に処理するというネットワーク方式が一般的になりつつある。 そのネットワークに対応するには、多様なゴミ収集車が必要になる。 家庭からのゴミは、まず小型のゴミ収集車でゴミ中継施設に集め、そこでさらに圧縮して大型のゴミ収集車でゴミ処理施設に運ぶ。 このようにして、効率的なゴミの移動と処理を可能にしているのである。 【出典】 「 」.

次の