ぶどう かん ズ。 ザ・ぶどうかんズのまとめ(そぼろ)

<NHK>2020応援ソング「パプリカ」『シャキーン!』バージョン

ぶどう かん ズ

毎週月曜から金曜の午前7時から始まるEテレの番組「シャキーン!」は、小学生を中心とした子どもたちが毎朝楽しみにしている人気番組だ。 「いつもとは違うモノの見方」や「柔軟な発想力」が楽しみながら身につき、「体の目覚め」と「心の目覚め」を促します。 コモンビル、赤い夕陽)、吉井功(ベース/ヨシンバ、カランツバターサブレ)、小寺良太(ドラム/ex. 椿屋四重奏、moke s )、中村佳穂(キーボード)、ファンファン(トランペット/くるり)という豪華メンバーで構成されている。 日本全国の子どもたちのハートをガッチリ掴んでいる彼らがまもなく開催される<朝霧JAM>にて初ライブを披露するというので、今回はフロントマンの片桐仁、やついいちろうの2人に、「シャキーン!」という無二の番組の魅力をはじめ、音楽フェス初出演への意気込みやこのバンドについて訊いた。 やついいちろう:「シャキーン!」は音楽のフックアップがものすごく早い番組で、才能溢れる方たちの曲がかなり使われていますよね。 番組自体のメッセージ性も強く、クオリティも高い。 それに歌を大事にしていると思うんです。 曲1曲ごとにメッセージが込められていますからね。 子どもの思い出に残っているかもしれませんからね。 それに大人も「そうだよな」と思うようなことも歌われているし、音楽好きには「この名曲の香りがするな」というのもまた面白いんじゃないのかなと。 片桐仁:子どもにも分かるってことは大人にも分かるってことなので、わりとストレートな歌を歌うのがいいと思いますね。 「シャキーン!」の曲は、分からない人はいないと言えるくらい分かりやすい歌詞で深い。 それに1つの曲に映像が何パターンかあるというのも他ではあまりないですよね。 それは毎朝放送されるEテレ番組だからできることだと思います。 もしかすると親にも引っかかっているかもしれないですよね。 大人も元気をもらっていますよ。 片桐:そういうのが面白いですよね。 そういうつもりで頑張ってますから。 結成の経緯というのは? 片桐:2016年の5月くらいです。 片桐:僕も初めてです。 片桐:「仕事なんで」はやめろ(笑)。 やつい:楽しみでしたけどね(笑)。 みんな好きなバンドでしたから。 コモンビルやヨシンバはもともと知ってたし、(岩見)十夢くんの歌も好きなんで。 くるりのファンファンや、今をときめく中村佳穂ちゃんが後から入ったりして嬉しいなと思いました。 そもそもザ・ぶどうかんズという名前も僕がつけましたからね。 ゆずっぽいデュオで「アイスクリーム」という曲でデビューしました。 片桐:この世に出たっていう意味のデビューね(笑)。 やつい:僕が作詞して小松沢くんが曲を作って。 小松沢くんがギター買ったんですけど、カバーするほどうまくないんでオリジナルを最初にやろうってことで、暑かったから「アイスクリーム」っていう曲を作りました。 (一同爆笑) やつい:そのぶどうかんズが「シャキーン!」で復活するとは思いもよらなかったです。 もしかしたら本当に武道館公演をやれるんじゃないかってね。 今回は<朝霧JAM>さんに呼んでいただいて嬉しいです。 片桐:だからなんで?(笑)。 メインボーカルひとり以外、あとの7人全員変わってるでしょ。 それで1曲しか歌っていないということは、そういうことなんですよ。 でも、いい曲ですし、架空のバンドとして出るっていう構造も面白いなあと思ったんです。 レコーディングして撮影したときに大変だなあと思いましたけどね。 とにかく自分の歌が下手すぎて。 やついは音楽畑に片足突っ込んだ人間ですから堂々たるものでしたけど、僕は…。 まあ、しょうがないですよね、僕の声だから。 「下手すぎるけどあれがいいんだよね」と言ってくる嘘を付けないママ友から、「なんか耳に残るのよね」って言われたりして。 「それは曲がいいからじゃないですか?」なんて応えたりもしましたね。 片桐:そこは俳優の力で頑張っています。

次の

ザぶどうかんズのメンバープロフ一覧まとめ!ライブやCD発売情報も

ぶどう かん ズ

シャキーン!新曲「にほんご音頭」が放送 ザ・ぶどうかんズ第三弾! NHK Eテレ『シャキーン!』から新曲「かっこいいってなんだろう?」が放送されました。 今回の新曲は、ザ・ぶどうかんズ。 たまに「珍しい野菜(アンティチョーク!)」や「隣の塀(囲いー!)」と面白い歌詞がはいっていますが、ファンクっぽい曲調で全体的にかっこいい曲となっています。 作詞・作曲は岩見十夢さん 作詞、作曲は岩見十夢さん。 ザ・ぶどうかんズのメンバーのひとりで、「サイコロソングス」「72億人分のあの人」などNHK Eテレ「シャキーン!」で人気楽曲を数多く提供されています。 もちろん、同バンドの「おぼえてわすれてSIDE-A」や「いいわけ!?」も岩見さんが制作されています。 映像は妖精大図鑑の飯塚うなぎさんと永野百合子さんが担当されています。 このおふたり、以前同番組で放送された「じかきうた」の映像も制作されておられていました。 なんと今回のミュージックビデオはスマホのカメラで一発撮りされたそうです! 9月8日(金)は収録後の様子も放送されました 収録後のザぶどうかんズのメンバーの笑顔がかっこいい! 片桐仁さん、やついいちろうさんのザ・ぶどうかんズが歌うかっこいい新曲「かっこいいってなんだろう?」は2017年9月4日(月)から22日(金)まで放送予定です。 小林さんの軽快なMCも曜日ごとに変わるそうです。 こちらも是非お見逃しなく! かっこいいってなんだろう? NHK Eテレ『シャキーン!』 うた:ザ・ぶどうかんズ 作詞・作曲:岩見十夢 映像:飯塚うなぎ、永野百合子 おすすめ記事はこちら.

次の

Eテレ『シャキーン!』2017年1月9日からの新曲は「いいわけ!?」。ジュモクさんとネコッパチの中の人たち「ザ・ぶどうかんズ」が歌います

ぶどう かん ズ

シャキーン!新曲「にほんご音頭」が放送 ザ・ぶどうかんズ第三弾! NHK Eテレ『シャキーン!』から新曲「かっこいいってなんだろう?」が放送されました。 今回の新曲は、ザ・ぶどうかんズ。 たまに「珍しい野菜(アンティチョーク!)」や「隣の塀(囲いー!)」と面白い歌詞がはいっていますが、ファンクっぽい曲調で全体的にかっこいい曲となっています。 作詞・作曲は岩見十夢さん 作詞、作曲は岩見十夢さん。 ザ・ぶどうかんズのメンバーのひとりで、「サイコロソングス」「72億人分のあの人」などNHK Eテレ「シャキーン!」で人気楽曲を数多く提供されています。 もちろん、同バンドの「おぼえてわすれてSIDE-A」や「いいわけ!?」も岩見さんが制作されています。 映像は妖精大図鑑の飯塚うなぎさんと永野百合子さんが担当されています。 このおふたり、以前同番組で放送された「じかきうた」の映像も制作されておられていました。 なんと今回のミュージックビデオはスマホのカメラで一発撮りされたそうです! 9月8日(金)は収録後の様子も放送されました 収録後のザぶどうかんズのメンバーの笑顔がかっこいい! 片桐仁さん、やついいちろうさんのザ・ぶどうかんズが歌うかっこいい新曲「かっこいいってなんだろう?」は2017年9月4日(月)から22日(金)まで放送予定です。 小林さんの軽快なMCも曜日ごとに変わるそうです。 こちらも是非お見逃しなく! かっこいいってなんだろう? NHK Eテレ『シャキーン!』 うた:ザ・ぶどうかんズ 作詞・作曲:岩見十夢 映像:飯塚うなぎ、永野百合子 おすすめ記事はこちら.

次の