沖縄 スペイン 旅行 誰。 沖縄10代女性と家族は誰?名前や顔画像は?自宅や帰宅ルートは?

【顔画像+家族画像】沖縄⇔スペインでコロナ感染した10代女性は誰?行動経路と入院先は?

沖縄 スペイン 旅行 誰

Contents• スペインから帰国の沖縄県女性が待機を無視して自宅へ戻る スペイン旅行の家族、新型コロナ検査中に移動は検疫法に抵触も 成田で結果待たずに沖縄へ — ufudeek ufubeek69 家族と共にスペインに渡航していた本島中部在住の10代女性が新型コロナウイルスに感染したことに関連し、厚生労働省は23日、検査中に成田空港を離れた一行の行動について「検査自体を拒んだとも解釈できる」と述べ、検疫法に抵触する可能性があるとした。 検査中は強制力のある待機が求められる状況だったとした一方、「実際にどういうやりとりをしていたかは調査中」とし、移動した背景や事情も含めて総合的に判断するとした。 検査中に空港を離れた事例は今回が初めてという。 検査中の待機場所については無償の場所もあるとした一方、ホテルで宿泊する場合や沖縄に帰る際の航空チケット代については自費負担になると説明した。 新たなチケットの取り直しなどで負担が生じることについては「こういうこと(検査)になるのは事前にご存じだと思う」と述べ、現段階で支援策を検討していないとした。 帰国後14日間は外出しないことや公共交通機関を使わないことを求めた案内文への記入もあったという。 yahoo. 家族で早く帰ろう。 ということで帰ってしまったみたいですが、本当にどんなやりとりをしていたのかが気になりますね。 女性は休校中にスペイン旅行 新型コロナウイルス検査で陽性が確認された10代女性は、学校の臨時休校措置中に家族らとスペインを訪れていた。 沖縄県の平敷昭人県教育長は「措置はコロナウイルスの拡大感染防止のためで、生徒に趣旨を理解させ、人の集まる場所などへの外出は避けて基本的には自宅で過ごすよう指導していた」とし、今回の事例について「趣旨への理解が足りなかったことで非常に残念」と述べた。 line. まさかこんなことになるなんて・・・ですね。 マスクはまだ割高・・・ そろそろマスクの生産が追い付いてきたというニュースも出回ってきましたね。 でもまだまだ割高・・・ それに、出先であ!!!マスク忘れた!!お店でも買えない。 どうしよう・・・。 ということありますよね。 ということでこの動画。 ハンカチとヘアゴムあれば10秒でマスクできる。 天才か?これなら何もなくても100円ショップでハンカチとゴムかって、作れる。 最高・・・。 そして、使い捨てマスクは割高なので、花粉症の人は困っていると思うのですが、この商品はマジで呼吸しやすい!! 花粉症の人からしたらウイルスとかはいいから、呼吸しやすくしてくれ!!と思うのですが、この布マスクはめちゃくちゃ呼吸しやすい。 そして、ポリウレタンとかじゃなくて、綿!やっぱ自然素材でしょ。 とかいう人にはおすすめ。

次の

【新型コロナ】スペインから帰国した沖縄の10代女性(学生)が感染|どこに住んでいる?誰と旅行?

沖縄 スペイン 旅行 誰

スペイン旅行に行った青森県八戸市70代夫婦が感染! 青森県八戸市にて、初の感染者が確認されました。 なんと、 スペイン旅行中に感染していたようです 【新型コロナ】青森で初めての感染確認 八戸市内に住む70代の夫婦 男性は3月9~15日にスペイン旅行をしており、18日に発熱。 23日にPCR検査の結果、陽性反応が出たという。 女性は19日に発熱し、23日に陽性反応が出た。 — ライブドアニュース livedoornews 23日、市からの公式発表がなされました 青森県八戸市70代夫婦がスペイン旅行に利用した会社を特定! 旅行会社はJTB、添乗員も感染? 同日23日、JTBが同じく成田発のスペイン周辺に務めていた添乗員が感染していたと発表しました。 弊社ツアーの添乗員が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。 当該添乗員は、3月9日(月)から3月16日(月)の8日間の日程で成田発着スペイン・フランスコースの添乗を務めておりましたが、 風邪の症状が続いたため検査を行った結果、20日に新型コロナウイルス陽性の判定を受けました。 現在は入院しております。 <引用:JTB公式HP> 3月9日〜16日は、青森県八戸市70代夫婦が参加していた時期と一致しています。 よって、JTBである可能性が非常に高いと言えます。 JTBのスペイン同行で感染した添乗員は誰?行動経路は? 同保育園は、 3月9日〜22日の間、休園すると発表しました <当該添乗員の症状、経過> 3月13日 喉の調子に違和感あり 3月15日 復路の航空機にて熱感あり 3月16日 成田空港帰着 熱感があるため空港内のクリニックにて受診。 体温は35. 空港近くのホテル宿泊。 3月17日 空港近くのホテル宿泊。 3月18日 埼玉県に移動。 昼頃より37. さらにタクシーを利用した可能性も? 帰国日の3月16日と翌17日は、成田空港周辺宿泊施設に滞在 3月18日成田空港からリムジンバスで新越谷駅まで移動し、到着後、3月20日まで越谷市内宿泊施設に滞在 <越谷市HPより> 成田空港から新越谷駅まではリムジンバスを使用し、到着後は越谷市内の宿泊施設へ移動。 その後、越谷市内宿泊施設に滞在していますが、その間の移動は、タクシー、または電車なども利用したのではないかと考えられます。 スペイン旅行に行った青森県八戸市70代夫婦の勤務先は? 夫は会社経営、妻は無職 夫は会社経営をしているようです。 発表され次第追記したいと思います スペイン旅行に行った青森県八戸市70代夫婦と、沖縄県10代のスペイン家族旅行者との関係は? こちらの2組ですが、同じくスペイン旅行だという共通項はありますが、 同じツアーではなさそうです。 八戸市感染者が参加したツアー:3月9日〜16日 沖縄県感染者が参加したツアー:13日〜20日 ですので、同じツアーではないといえそうです。 ネットの反応 今回の青森県八戸市の70代夫婦の県を受け、 自粛が叫ばれる中、感染して帰国するという自体に、 ネットでは感染への軽視が浮き彫りになった現状や、 JTBの責任を疑問視する声が上がっていました 政府はコロナ拡散企業をきちんと取り締まるべき。 国内に脅威をバラまくツアー参加者は自業自得だが、催行したJTBは責任を問われるだろ。 いまだにイタリアやスペインツアーの募集してるの、マジでどうかしてるよ!!! — 北島さぶこ sabcoo.

次の

【新型コロナ】スペインから帰国した沖縄の10代女性(学生)が感染|どこに住んでいる?誰と旅行?

沖縄 スペイン 旅行 誰

この記事の目次• 沖縄県在住の10代女性が成田空港で検査を待たずに沖縄へ!その後感染が判明 スペイン帰りの女性、感染判明 成田で検査、結果待たず沖縄へ(共同通信) — Yahoo! ニュース 「老人は身勝手」とか「若者は自制している」ではなく 単純に「バカは一定数おり、バカをやる」というだけの好例が出てきた — RYU-1貴族 r1kzk このように 沖縄県在住の10代女性が新型肺炎に感染した事が確認されています。 女性は3月20日の午前9時にスペインから成田空港に帰国。 検疫所でPCR検査を受け、結果が出るまで待機要請を受けたようです。 しかし、 驚くことに待機せずそのまま沖縄へ帰ったようです。 沖縄へは成田空港から羽田空港、そして沖縄空港、自宅へと戻ったようです。 そして、 午前11時過ぎに検査の結果、陽性だったことが判明したようです。 検査結果が出る前に、勝手に帰ってしまうのは感染拡大のリスクがる危険があり、あまりに身勝手ではないかと。 女性の家族は勝手に帰るのを止めなかったのでしょうか。 成田空港から沖縄までの行動歴は 女性は家族と親戚6人で13日からスペインのマドリードに旅行。 家族や親戚5人の検査結果は陰性だったようです。 女性は帰宅以降、外出はしていないとのこと。 女性らは成田空港から羽田空港まではバスを利用。 6人以外に乗客はいなかったとのこと。 那覇空港行きの搭乗便については女性の前後1列の乗客を濃厚接触者と判断。 現時点で、家族以外に前列に座っていた2人と帰宅の際に迎えに来た父親1人の計9人を濃厚接触者として健康観察する方針。 那覇空港にから自宅までが自家用車で帰宅したそうです。 感染した10代女性は誰? 感染した10代の女性は一体誰なのか。 女性は沖縄本島中部に住む高校生以下の学生だそうです。 ただ、名前などについては判明しておりません。 やはり一般人ですからプライバシーなものが考慮されますね。 ただ、女性の行動がばら撒き行為にあたる可能性も少なからずあるのではないかと。 それ以前に、検査官が勝手に行動しないように取り締まるべきではありましたね。 以前もチャーター便で帰国した2人が勝手に帰った事があったにもかかわらず、今回再び同じような事を許してしまっているわけですから。 沖縄県内の指定医療機関・みんな反応 沖縄県の感染指定医療機関は以下の通りです。 羽田空港から県内の自宅って、陽性なのに飛行機に乗ったってこと? 政府や行政はもっと強制力を持てないのかな 引用:Yahooコメントより まとめ 【 新型コロナ感染スペイン帰り沖縄10代女性学生は誰で家族は? 成田空港で検査結果待たず】について紹介しました。 正直、女性はなぜ検査結果を待たずに帰ってしまったのでしょうか。 自身は感染していないという自信があったのかもしれませんね。 少し前には愛知県の50代男性が感染していることを把握しながら、飲食店に訪れていたことで多くの人から非難を浴びました。 女性は感染しているかどうかは分からなかったとはいえ、検査結果を待たずに帰ったのはよくなかったのではないかと。

次の