にんべんの漢字 8画。 八画

【き】と読む漢字一覧表

にんべんの漢字 8画

にんべんに府と書くと「俯」という漢字になります。 「俯」は人を部首に持つ「人部(じんぶ)」の漢字です。 「人部」とは、人を部首に持つ漢字の集まりです。 「人部」には、ヒトに関わる事物・行為・動作・性格・呼称などの意味があります。 「俯」の旁(つくり)は「府」です。 「府」の音読みは「フ」、訓読みは「くら・みやこ」になります。 「府」の部首は「广」です。 「府」の意味には、役所・官庁、などがあります。 「人部」の漢字で旁(つくり)が「府」の漢字の「俯」の熟語にはどのような言葉があるのでしょうか。 「俯」の訓読み・訓読みや使い方を知っていると役立ちます。 次に、にんべんに府の「俯」のこと・「俯」の熟語・「俯」の音読みと訓読みや使い方の紹介をします。 にんべんに府の「俯」 にんべんに府と書く「俯」は人部の漢字です。 「俯」は、人部+8画の「人部8画」の漢字になります。 「俯」の総画数は10画になります。 JIS漢字水準は、JIS第2水準になります。 漢字検定は漢字検定1級です。 「俯」の意味には、ふせる・うつむく・身をかがめる・横になる、などがあります。 「俯」の固有の識別コードである文字コードは、「Unicode/UCS」・「JISX0 213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」にあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは、「U+4FEF」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-48-77」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「008580」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+4FEF」になります。 次に、「俯」の熟語・「俯」の音読みや訓読み・「俯」を含む名前を紹介します。 「俯」の熟語と音読み・訓読み にんべんに府と書く「俯」の意味には、ふせる・うつむく・身をかがめる、などがあります。 「俯」を含む熟語には、 ・與世俯仰・俯首・俯養・俯項・俯聆・俯窺・俯瞰・俯歩・俯拜・俯伏 ・俯仰不愧天地・俯仰・仰事俯畜・三命而俯・一俯一仰、などがあります。 「俯」の音読みは、「フ」になります。 「俯」の訓読みは、「うつぶ(す)」・「うつむ(く)」・「ふ(す)」・「ふ(せる)」、になります。 次に、「俯」の使い方を紹介します。 「俯」の使い方 にんべんに府と書く漢字の「俯」の熟語には、俯歩・俯拜・俯伏、などがあります。 「俯」の音読みは「フ」で、訓読みは「うつむ(く)・ふ(す)」、などです。 「俯」の使い方例を紹介します。 ・俯つ向いて・俯向いたまま黙っている・俯向いたまま震えた・俯していた ・俯して暗い水を見た・俯向けてまたすぐに仕事をはじめ・俯伏すのを引起して ・俯しになって・俯向いたのもあるし・俯し拝んだ・俯向いたままで何もいう ・俯向いたまま黙っていました・俯向けるようにして・俯ぶせに倒れていた ・俯向いてる・俯して谷川をのぞむ・俯向けている・俯向いたまま手をついて言った ・俯向くようにした・俯向けています・俯向いたまま腰もあげようとしない ・俯して教を受くる・俯向いた拍子にもつれ・俯向くのを見ると・俯向いたりする ・俯向いたきり一言もいわない・俯向いた顔を又上げた・俯つ向いていた ・俯向いたまま顔を上げなかった・俯向けて通りすぎた・俯しても仰いでも ・俯つ伏していた・俯し目になっていた、などがあります。

次の

八画

にんべんの漢字 8画

にんべんに放と書くと「倣」という漢字になります。 「倣」は人を部首に持つ「人部(じんぶ)」の漢字です。 「人部」とは、人を部首に持つ漢字の集まりです。 「人部」には、ヒトに関わる事物・行為・動作・性格・呼称などの意味があります。 「倣」の旁(つくり)は「放」です。 「放」の音読みは「ホウ」、訓読みは「はな(つ)・はな(す)・はな(れる)・ほう(る)」になります。 「放」の部首は「攴」です。 「放」の意味には、はなつ・外に向けて発する・送り出す、などがあります。 「人部」の漢字で旁(つくり)が「放」の漢字の「倣」の熟語にはどのような言葉があるのでしょうか。 「倣」の訓読み・訓読みや使い方を知っていると役立ちます。 次に、にんべんに放の「倣」のこと・「倣」の熟語・「倣」の音読みと訓読みや使い方の紹介をします。 にんべんに放の「倣」 にんべんに放と書く「倣」は人部の漢字です。 「倣」は、人部+8画の「人部8画」の漢字になります。 「倣」の総画数は7画になります。 JIS漢字水準は、JIS第1水準になります。 漢字検定は漢字検定3級で、日本語能力検定は「JLPTN1」です。 「倣」の意味には、ならう・手本としてまねる・見てまなぶ、などがあります。 「倣」の固有の識別コードである文字コードは、「Unicode/UCS」・「JISX0 213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」にあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは、「U+5023」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-42-79」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「009210」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+5023」になります。 次に、「倣」の熟語・「倣」の音読みや訓読み・「倣」を含む名前を紹介します。 「倣」の熟語と音読み・訓読み にんべんに放と書く「倣」の意味には、ならう・手本としてまねる、などがあります。 「倣」を含む熟語は、襲倣・倣依・倣意・倣古・倣傚、などがあります。 「倣傚」の読みは「ハウカウ」です。 「倣」の音読みは、「ホウ」になります。 「倣」の訓読みは、「なら(う)」になります。 次に、「倣」の使い方を紹介します。 「倣」の使い方 にんべんに放と書く漢字の「倣」の熟語には、倣依・倣意などがあります。 「倣」の音読みは「ホウ」で、訓読みは「なら(う)」です。 「倣」の使い方例を紹介します。 ・倣つて・倣つて政権・倣つてそれ・倣つて之・倣つて謝啓昆・倣つて爆彈 ・倣つて支那・倣はん・倣つて身體・倣つて創作・倣つて姉さん・これに倣 ・歌二首からいひ倣・史記に倣 後世皆之に倣・本文に倣・言を倣・気を取り倣 ・調に倣・筆致に倣・法に倣・春信に倣・勝川春章に倣・形式に倣・画風に倣 ・体に倣・北斎に倣・それに倣・例に倣・自然に倣、などがあります。

次の

【侑】の意味は?名付けのポイントを徹底解説!

にんべんの漢字 8画

にんべんに府と書くと「俯」という漢字になります。 「俯」は人を部首に持つ「人部(じんぶ)」の漢字です。 「人部」とは、人を部首に持つ漢字の集まりです。 「人部」には、ヒトに関わる事物・行為・動作・性格・呼称などの意味があります。 「俯」の旁(つくり)は「府」です。 「府」の音読みは「フ」、訓読みは「くら・みやこ」になります。 「府」の部首は「广」です。 「府」の意味には、役所・官庁、などがあります。 「人部」の漢字で旁(つくり)が「府」の漢字の「俯」の熟語にはどのような言葉があるのでしょうか。 「俯」の訓読み・訓読みや使い方を知っていると役立ちます。 次に、にんべんに府の「俯」のこと・「俯」の熟語・「俯」の音読みと訓読みや使い方の紹介をします。 にんべんに府の「俯」 にんべんに府と書く「俯」は人部の漢字です。 「俯」は、人部+8画の「人部8画」の漢字になります。 「俯」の総画数は10画になります。 JIS漢字水準は、JIS第2水準になります。 漢字検定は漢字検定1級です。 「俯」の意味には、ふせる・うつむく・身をかがめる・横になる、などがあります。 「俯」の固有の識別コードである文字コードは、「Unicode/UCS」・「JISX0 213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」にあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは、「U+4FEF」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-48-77」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「008580」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+4FEF」になります。 次に、「俯」の熟語・「俯」の音読みや訓読み・「俯」を含む名前を紹介します。 「俯」の熟語と音読み・訓読み にんべんに府と書く「俯」の意味には、ふせる・うつむく・身をかがめる、などがあります。 「俯」を含む熟語には、 ・與世俯仰・俯首・俯養・俯項・俯聆・俯窺・俯瞰・俯歩・俯拜・俯伏 ・俯仰不愧天地・俯仰・仰事俯畜・三命而俯・一俯一仰、などがあります。 「俯」の音読みは、「フ」になります。 「俯」の訓読みは、「うつぶ(す)」・「うつむ(く)」・「ふ(す)」・「ふ(せる)」、になります。 次に、「俯」の使い方を紹介します。 「俯」の使い方 にんべんに府と書く漢字の「俯」の熟語には、俯歩・俯拜・俯伏、などがあります。 「俯」の音読みは「フ」で、訓読みは「うつむ(く)・ふ(す)」、などです。 「俯」の使い方例を紹介します。 ・俯つ向いて・俯向いたまま黙っている・俯向いたまま震えた・俯していた ・俯して暗い水を見た・俯向けてまたすぐに仕事をはじめ・俯伏すのを引起して ・俯しになって・俯向いたのもあるし・俯し拝んだ・俯向いたままで何もいう ・俯向いたまま黙っていました・俯向けるようにして・俯ぶせに倒れていた ・俯向いてる・俯して谷川をのぞむ・俯向けている・俯向いたまま手をついて言った ・俯向くようにした・俯向けています・俯向いたまま腰もあげようとしない ・俯して教を受くる・俯向いた拍子にもつれ・俯向くのを見ると・俯向いたりする ・俯向いたきり一言もいわない・俯向いた顔を又上げた・俯つ向いていた ・俯向いたまま顔を上げなかった・俯向けて通りすぎた・俯しても仰いでも ・俯つ伏していた・俯し目になっていた、などがあります。

次の