あっチャンネルたぬき。 世界一のたぬき

たぬきはペットとして飼うことができる?飼育は凶暴だからできない?

あっチャンネルたぬき

こんにちは。 熱闘!やまチャンネルです 先日、次女も高校を卒業して(いつの間に?)、、と思ったら、 韓国に飛び立って行ってました それを知ったのが、フェイスブック。 姉も行っていたようです。 「 明日、帰国しま~す 」とありました。 写真入りで。 姉の友達に韓国の子がいるらしく、 その子の家に行っていたようです。 「 いいな~ 」と思いました。 私も、韓国いきた~い。。。。 最近、山崎町方面へ行くことが多いです。 いつも気になってたんです 「 世界一のたぬき 」 やっと おさめる事ができました。 見事ですね 素晴らしいもの、けっこう近くにあって通り過ぎてること 多いですよね。 素晴らしい。。。。 熱闘!やまチャンネル・・・たぬき、、、こんな字書くんですね。 アーカイブ• Secondary Sidebar.

次の

ぽんぽこチャンネルの中の人の年齢や兄弟は?仕事・年収やグッズについても調査|ユーペディア

あっチャンネルたぬき

今週土曜日の「デザインあ」は「たぬき師匠スペシャル」です! 今週7月9日(土)の「デザインあ」は身の回りにある「もの」が落語家さんに化けてぼやきを伝えるコーナー『たぬき師匠スペシャル』。 立川吉笑さんの「モノのぼやき」から選りすぐった回を放送致します。 画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします 落語家の立川吉笑さん演ずる「たぬき師匠」 「たぬき師匠」という人間に化けたモノたちが、ちょっと切ない身の上話を披露します。 シュールな噺を次から次へと創作していて、最後に「ぽーんぽこぽんっ!」のかけ声と共に、落語家が実はそのモノだったという演出が非常に楽しいコーナーとなっています。 出演は立川談笑門下一番弟子、現在"二つ目"の立川吉笑さん。 例えば『目覚まし時計』の回は「もの騒がしい・・」、『懐中電灯』の回は「ものわびしい・・」という言い回しとなっています。 このフレーズによって何が化けているかのヒントにもなっています。 たぬき師匠の髪型 実はたぬき師匠、毎回髪型が微妙に変えています。 ぷち七三であったり、派手なアクションがある時は固めて異様にテカっている回もあります。 特に『歯ブラシ』の回は一番アクションが激しかったそうですので是非テカリ具合を見て下さい。 エンドロールの「ぽーんぽこぽんっ」は必見! 『たぬき師匠』のコーナーは、最後にぼやき終わると「ぽーんぽこぽんっ」と正体を明かします。 明日の放送ではエンドロールにこの「ぽーんぽこぽんっ!」と化けの瞬間を並べています。 実際に撮影された順番に放送されるのですが だんだん、「ぽーんぽこぽんっ!」のキレが立川吉笑さんに馴染んでいく様子が見られるとのこと。 いろいろ見どころまんさいの『たぬき師匠』明日の放送、ぜひご覧ください! 『デザインあ』本放送 土曜日 午前7:00~ Eテレ 『デザインあ 5分版』 月曜~金曜 午前7:25~ 月曜 午後3:55~ 木曜 午後5:40~ 関連記事はこちら akachannel.

次の

へんないきものチャンネルのたぬきさんの性別は?中の人や年収・書籍化についても調査|ユーペディア

あっチャンネルたぬき

令和元年8月31日 構造設計業界でにわかに話題になっている構造設計系ユーチューバーたぬきさんにインタビューしました。 2019年5月に開設され、現在(8月31日)では、21本の関連動画が公開されています。 動画での自己紹介によると26歳、女性。 さて、どのような方なのでしょうか?その素顔は。 私のブログでも、たぬきさんの事を扱った記事は大きな反響がありました。 「こちらこそ、建築構造設計べんりねっと様のような有名ブログで紹介していただきありがとうございます。 それまではチャンネル登録者数が10人程度だったのですが、 ブログで紹介していただいてから、徐々に増えていきました。 いち早く取り上げていただき感謝しています。 笑 顔が丸いからですかね?? 適当に選んだ名前ですけど、今はニックネームのように皆さんに親しんで呼んでいただいているので、よかったと思っています。 失礼しました。 (笑) 早速ですが、たぬきさんが、構造設計を志したきっかけをお聞かせ頂けますでしょうか?やはり、大学でも、専攻は構造系だったのですか? 「構造設計を志したというより、入社後配属された部署が構造設計の部署でした。 しかも橋梁の(笑) 大学時代は建築学科に通っていました。 授業は一通りの科目がありましたが、構造は大の苦手でしたね。 言葉と式の暗記でテストをしのいでいました。 自分が苦手だったからこそ苦手な人が何につまずいているのかがわかるんですよね。 構造が苦手なたぬきがなぜ構造設計の配属を受け入れたか・・・。 それは構造が一番大切だと頭では分かっていたからです。 人が建物を美しいと思うとき、例えば歴史的建造物や美術館、高層ビルなど・・・。 それは構造美を「美しい」と思っているのではないでしょうか。 美しい建物ほど構造がシンプルでとても理にかなっています。 むしろ大きい建物になるほどデザインというのは構造に支配されてくるのではないのでしょうか?そして感覚的に力の流れが分かる構造的センスが設計者には必要だと新入社員のたぬきは思っていました。 これが構造設計 橋梁設計 を志したきっかけです。 構造は大の苦手だけど、大切なのは知っている。 よし飛び込んでみよう!今思えば博打みないなもんですね。 専門は橋梁設計 鋼構造 ですね。 ほかの土木構造物 ダム、トンネル などは設計したことがありません。 同じフロアに建築の構造設計をやっている部署があったので、そちらが忙しいときは建築の構造設計もしていました。 土木でも建築でも結局は自然の摂理は同じなので、計算書見てたら何やってるのかだいたい分かるんですよね。 ちなみに今は構造設計していないんですけども・・・・。 どうして、YouTube動画の配信を行おうと思ったのですか? YouTubeには様々な分野の解説動画があります。 構造設計に関する動画もいくつかありますが、本格的にYouTube用に作成された解説動画で構造設計の分野では、初ですよね。 「YouTubeをはじめようと思ったきっかけは、技術や知識は発信してこそ意味がある。 と居酒屋でたまたま出会った人に言われたんですよね。 笑 そこで考えたんです。 かねてからこんな動画あったらいいのになーと思っていた構造設計の解説動画。 よし、これを撮ろう!って。 でも一人だと不安だな・・・。 と思っていたとき、そういや大学時代に同じゼミで就職も構造系に進んだ子がいたな。 その翌日には九州から東京までその友達の元へ飛んでいきました。 そして唐突に「YouTubeやろうと思うんやけど、手伝ってくれん?」って。 友達もびっくりしていましたね。 でも快く引き受けてくれました。 今は主に動画編集をしてもらっています。 最近では鬼電してたぬきを起こすということまでしてくれました。 おかげで動画を1本撮ることができました 笑 いつも行動はノリです。 でもノリだけでは人はついて来てくれません。 そこに想いがなければ。 "ざっくり解説"にしている理由は、一つ一つのことに深く突っ込む前に、 なんでこういう計算をしてるのかってところを、なんとなくでいいのでイメージしてほしかったので、"ざっくり"という言葉を選びました。 構造計算では様々な算出式が出てくるため、計算の「方法」にどうしても目が行きがちになり、なんで?の部分は二の次になってしまいます。 計算は式に当てはめるからできるけど、なんでこの計算をしているかがわからないっていう状態が、構造に対して苦手意識を持つ理由だと思うんですよね。 なので、計算方法は一旦置いといて、各設計プロセスの「意味」を伝えるよう心掛けています。 難しい理論は後回しでも、まずは、なんでこういう計算をしてるのかをイメージする事は大事です。 私達も最初から、全ての理論を理解していた訳ではありません。 分かりやすい解説だと思いますよ。 私も部下の若手社員が居ますが、部下の育成には苦労しています。 歳をとると、だんだん説明をするのが、面倒になり、丁寧に説明出来ていないのを感じています。 たぬきさんを見習わないと反省しました。 笑 動画による解説で気を付けていること、心掛けている事はありますか? 「ご自分の仕事もこなしながら、部下の育成もとなるとなかなか大変ですよね。 たぬきも上司にはほとんどほったらかしにされていましたよ。 笑 今日はこの本を読んでおいて、みたいな。 将来的には今日はこの動画(たぬき)を見ておいて、となる時代になれればいいですけど。 話がそれましたが、動画では下記に気をつけています。 まずは部下の若手社員に、たぬきさんの動画を一通り見るように指示します。 笑 たぬきさんの解説動画は、だいたい7~15分程度ですが、一本の動画を作成するのに、どのくらいの時間が掛かるのですか?企画、準備、撮影、編集と結構な作業がありそうですが。 「一通り見るよう指示。。。 新しいパワハラではないでしょうか。 冗談です。 (笑)そう言っていただいてありがとうございます。 企画は5月に東京に行ったときに相方と打合せしたんですけど、準備に関してははじめの方はすごく時間かかりましたね。 カフェでノートにまとめたりしても何日もまとまらなかったり、撮影も何度も撮り直しました。 7月くらいからコツがつかめてきて準備1時間、撮影も一発でOKという感じになってきました。 編集は2、3日くらいと聞いています。 どうやら、たぬきの撮影のクオリティに編集は影響されるようです(笑)一本の動画を作成するのにトータルで3、4日くらいで作成しています。 仕事もしながら、動画も配信。 大変ですね。 では、たぬきさんの動画を見てみましょう。 『#10 応力【構造設計】建築士が実務設計の流れをざっくり解説していく!』 ざっくり解説シリーズの10本目の動画は、応力についてです。 構造設計、構造計算の勉強を始めたばかりの人は、「なんで、そんなややこしい考え方をするの?」 と思うでしょうが、構造設計を行う上で重要な考え方です。 お酒がお好きなのですか? 笑 「お酒は強くはないですが、まあまあ好きですね。 笑 焼酎の中では黒霧島が一番飲みやすいです。 コンビニでも売っていますし。 「最後まで読んでくださったみなさん、ありがとうございます。 そして名もないYouTuberたぬきにこのような機会を与えてくださった建築構造設計べんりねっとの管理人様には本当に感謝しています。 ありがとうございました。 今後の予定としましては、鋼構造の解説シリーズやロケなどをしていこうと思います。 機会があれば構造設計者の座談会みたいな企画もやってみたいですね。 自分で考え、体感し、技術を習得していくのが一番ですが、この解説動画を通して少しでも構造に苦手意識を持たれている方の力になれれば幸いです。 今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。 本日はありがとうございました。 今後のご活躍を期待しています。 建築構造設計べんりねっとも微力ながら、応援します。

次の