放電 精密 加工 研究 所。 【2019年最新】放電精密加工研究所の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

社長挨拶|企業情報|株式会社放電精密加工研究所(HSK)

放電 精密 加工 研究 所

放電精密加工研究所のみんかぶ目標株価は「889円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 859円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 936円 と判断されています。 放電精密加工研究所は、【ガスタービン、表面処理加工、燃料電池部材・部品】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

社長挨拶|企業情報|株式会社放電精密加工研究所(HSK)

放電 精密 加工 研究 所

,LTD. セラミックスハニカム押出用金型及び付属品 当社 金属プレス用金型及び金型プレス用金型部品 KYODO DIE-WORKS THAILAND CO. ,LTD. 1 放電加工・表面処理 放電加工とは、電気エネルギーを加え、発生する火花エネルギーによって一般の機械加工では切削できない超硬材、難削材でも精密加工から曲面加工、球体加工まで可能な加工であります。 当社では、これまで蓄積してきたノウハウのシステム化、ソフト化とともに独自に開発した専用機を駆使して多様なニーズにお応えしております。 表面処理は、米国から導入したライセンス技術で最も過酷な環境で稼動するエンジン部品に耐熱、耐食コーティング、表面硬化被膜処理などを施す表面処理加工と、クロム規制に対応した亜鉛めっき部品の完全クロムフリー防錆表面処理剤と防錆表面処理剤下塗用塗料の製造・販売を行っております。 2 金型 当社で培った最高品質の放電加工技術を駆使し、従来方式での金型製造で成し得なかった精度、寿命の大幅な延長を可能にし、材料仕入れから製品までの一貫生産を行い、コスト低減を実現することにより、独自技術を確立した金型製品を提供しております。 事業の系統図は次のとおりであります。 セグメント情報等 【セグメント情報】 1 報告セグメントの概要 当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。 当社グループは製品・加工サービスの類似性を考慮してセグメントを決定しており、「放電加工・表面処理」、「金型」、「機械装置等」の3つを報告セグメントとしております。 「放電加工・表面処理」は、航空機エンジン部品の製造、産業用ガスタービン部品、及びその他各種金属製品の受託加工、航空機エンジン部品・ガスタービン部品の表面処理受託加工、クロムフリー塗料の製造、販売を営んでおります。 「金型」は、主にアルミ押出用金型、及び付属品の製造、販売、セラミックスハニカム押出用金型及び付属品の製造、販売を営んでおります。 「機械装置等」はプレス複合加工システム、デジタルサーボプレスの製造、販売、プレス部品の受託加工、金属プレス用金型、及び金型プレス用金型部品の製造、販売を営んでおります。 2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法 報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。 報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。 セグメント間の内部売上高又は振替高は市場実勢価格に基づいております。 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費等であります。 2 セグメント資産の調整額 3,744,311千円にはセグメント資産に配分していない全社資産であります。 3 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額 41,288千円は主に本社業務管理設備であります。 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費等であります。 2 セグメント資産の調整額 3,275,044千円にはセグメント資産に配分していない全社資産であります。 3 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額 100,195千円は主に本社業務管理設備であります。 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。 【関連情報】 前連結会計年度 自 2018年3月1日 至 2019年2月28日 1 製品及びサービスごとの情報 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。 2 地域ごとの情報 1 売上高 本邦の外部顧客への売上が連結損益計算書上の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。 2 有形固定資産 本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。 3 主要な顧客ごとの情報 単位:千円 顧客の名称又は氏名 売上高 関連するセグメント名 三菱重工業グループ 2,420,905 放電加工・表面処理 日本碍子グループ 2,323,755 金型 LIXILグループ 966,471 金型 当連結会計年度 自 2019年3月1日 至 2020年2月29日 1 製品及びサービスごとの情報 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。 2 地域ごとの情報 1 売上高 本邦の外部顧客への売上が連結損益計算書上の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。 2 有形固定資産 本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。 【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】 前連結会計年度 自 2018年3月1日 至 2019年2月28日 該当事項はありません。 当連結会計年度 自 2019年3月1日 至 2020年2月29日 金型セグメントにおいて2020年1月27日に持分法適用会社であったKYODO DIE-WORKS THAILAND CO. ,LTD. の株式を追加取得し、子会社化いたしました。 これに伴い当連結会計年度において、45,990千円の負ののれん発生益を計上しております。 1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】 当社グループは、長期ビジョンとして「当社グループに関わる全ての人々の満足度の高い企業」を掲げ、「常に信頼と感動を与える企業へ-「個の力」から「組織の力」にすることで未来に繋げる放電精密のものづくり」を「中期経営計画2019」のスローガンとして、以下の重点方針に基づき事業の拡大を目指してまいります。 まずは、推進中の航空機エンジン部品事業の本格生産の体制を整え早期に黒字化していきます。 さらにデジタルサーボプレスZENFormerによる次世代のものづくりの確立を加速し、クロムフリー塗料ZECCOAT・セラミックスハニカム押出用金型を中心とした環境対応製品にも注力していきます。 既存事業においては、省力・省人化、自動化、工程集約により、磐石の事業へと安定化させていきます。 また、ICT(情報通信技術)を活用して、新技術の開発と業務改革を推進していきます。 次世代のリーダーとして若手の成長を促進し、世界に通用する人財として育成していきます。 2 【事業等のリスク】 当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性のあるリスクについて、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な事項を記載しております。 また、当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める所存であります。 なお、本項に含まれている将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。 1 特定顧客への依存度について 当社グループの当連結会計年度における売上高の 65. 3%が三菱重工業グループ、日本碍子グループ、川崎重工業グループ、LIXILグループの主要得意先4社グループで占められております。 三菱重工業グループからは、主に産業用ガスタービンエンジン部品の放電加工及び、表面処理の業務並びに航空機エンジン部品を、日本碍子グループからは、自動車排気ガス浄化用のセラミックスハニカム担体を成形するためのセラミックスハニカム押出用金型を、川崎重工業グループからは、航空機エンジン部品の表面処理業務等を、LIXILグループからは、アルミサッシを成形するためのアルミ押出用金型をそれぞれ受託しております。 従って、これらの主要得意先の受注・生産動向や外注政策が大きく変動した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。 相手先 前連結会計年度 自 2018年3月1日 至 2019年2月28日 当連結会計年度 自 2019年3月1日 至 2020年2月29日 金額 千円 割合 % 金額 千円 割合 % 三菱重工業グループ 2,420,905 20. 7 3,435,534 30. 9 日本碍子グループ 2,323,755 19. 9 2,037,831 18. 3 川崎重工業グループ 748,125 6. 4 1,032,840 9. 3 LIXILグループ 966,471 8. 3 758,274 6. 2 製品の欠陥について 当社グループは国際的品質管理基準であるISO9001などに基づいて品質の安定に努めております。 しかし、すべての製品について欠陥が無く、将来に製造物責任賠償などが発生しないという保障はありません。 製造物責任賠償については保険に加入しておりますが、大規模な製造物責任賠償につながるような製品の欠陥は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。 3 米国PRAXAIR SURFACE TECHNOLOGIES,INC. との技術提供契約の更新について 当社は、米国のPRAXAIR SURFACE TECHNOLOGIES,INC. 旧SERMATECH INTERNATIONAL INC. とのサーメテルコーティング等の表面処理の技術提携契約により、これらのコーティング等の国内における実施権を得ております。 主要なコーティング技術の契約期間は、一定期間ごとに自動更新となっておりますが、万一、これらの契約が更新されない場合は、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。 4 自然災害等について 地震や台風等の自然災害によって、当社グループの生産拠点に甚大な被害を被る可能性があります。 当社グループの生産拠点は神奈川県に3箇所、愛知県に3箇所、岡山県、千葉県、福井県に各1箇所、また、海外においてはタイ国に1箇所、中国に1箇所あり、それぞれ定期的な災害防止活動や設備点検等を行っておりますが、これらの災害による影響を完全に防止又は軽減できる保証はありません。 特に生産拠点が関東地区から中部地区に集中しており、大規模な東海地震などが発生した場合は、生産能力に影響を及ぼす可能性があります。 5 生産性の向上、コスト削減が進まない場合について 当社グループは、加工技術・加工治具・専用機の開発などによって生産性の向上、コスト削減に努めておりますが、有能な人材の流出や原材料の高騰等があった場合に開発が進まず生産性の向上が図られない場合は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。 6 資金調達 当社グループは、将来見通しも含めた金利動向を勘案して資金調達を実施しており、低利・安定資金の確保に努めておりますが、金利の大幅な変動をはじめとする金融市場の状況変化は、将来における当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。 7 財務制限条項について 借入金のうち、タームローン及びシンジケートローンには一定の財務制限条項が付されております。 これらに抵触した場合、該当する借入金の一括返済及び契約解除の恐れがあり、当社の資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。 8 情報セキュリティ 当社グループは、事業の遂行を通して顧客等の機密情報に多数接しているほか、当社グループの技術・営業・その他事業に関する機密情報を保有しており、安全管理に努めておりますが、コンピュータウィルスの感染や不正アクセスその他不測の事態により、機密情報が滅失若しくは社外に漏洩した場合、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。 年月 事項 1961年12月 神奈川県川崎市下平間に資本金100万円をもって株式会社放電精密加工研究所を設立し、放電加工の受託業務を開始。 1963年5月 アルミ押出用金型の製造を開始。 1965年11月 愛知県春日井市に名古屋事業所を新設。 放電加工の受託業務を開始。 1969年11月 大阪府八尾市に大阪事業所を新設。 放電加工の受託業務を開始。 1970年8月 神奈川県厚木市に厚木事業所を新設。 アルミ押出用金型の一貫ラインを設備し、受託業務を開始。 1973年10月 名古屋事業所においてセラミックスハニカム押出用金型の製造を開始。 1980年9月 愛知県春日井市に春日井事業所を新設。 航空機エンジン部品のリペア業務を開始。 1981年1月 春日井事業所において航空機エンジン部品のサーメテルコーティング業務を開始。 1984年8月 神奈川県厚木市に飯山事業所を新設。 放電加工の受託業務を開始。 1985年4月 岡山県和気郡に岡山事業所を新設。 放電加工の受託業務を開始。 1986年9月 神奈川県横浜市に株式会社ミヤギを設立 2019年6月に吸収合併。 1987年9月 タイ国にトーヨーサッシ株式会社 現株式会社LIXIL との合弁会社KYODO DIE-WORKS THAILAND CO. ,LTD. を設立。 アルミ押出用金型の製造を開始。 1988年12月 厚木事業所においてプラスチックス射出成形用金型の製造を開始。 1990年11月 兵庫県明石市に明石事業所を新設。 放電加工の受託業務を開始。 1990年12月 千葉県香取郡に成田事業所を新設 1993年山武郡へ移転。 放電加工の受託業務を開始。 1994年2月 飯山事業所に本社機能を移転。 1997年8月 愛知県春日井市上野町に春日井事業所を移転。 サーメテルコーティング業務を拡充。 1998年3月 神奈川県横浜市に横浜事業所を新設し、機械装置部門 メカトロ事業部 を飯山事業所から移転。 1998年11月 愛知県春日井市に春日井事業所坂下工場を新設。 溶射、溶接業務を拡充。 1999年10月 日本証券業協会 現大阪証券取引所 へ株式店頭登録。 2000年8月 春日井事業所坂下工場の隣接地に新坂下工場を新設。 2001年10月 成田事業所に表面処理工場を新設。 サーメテルコーティング業務を拡充。 2001年11月 兵庫県神戸市に神戸事業所を新設し、明石事業所、大阪事業所の放電加工業務を移管。 これにより、明石事業所及び大阪事業所は廃止。 2002年11月 名古屋事業所に加工センターを新設。 プレス部品加工業務を拡充。 2003年7月 中華人民共和国に現地資本と合弁で天津和興機電技術有限公司を設立。 2005年4月 岐阜県海津市にクロムフリー塗料の生産工場を新設。 2005年7月 岐阜県海津市に岐阜事業所を新設し、クロムフリー塗料の生産を開始。 年月 事項 2007年3月 タイ国にHSKT CO. ,LTD. を設立。 (2011年9月清算結了)プレス部品の受託加工を開始。 2007年9月 愛知県春日井市坂下町に名古屋事業所を移転し、春日井事業所坂下工場及び新坂下工場を名古屋事業所に統合。 2009年11月 岡山県赤磐市に岡山事業所を移転。 2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場。 2010年10月 大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。 2010年12月 神奈川県座間市に横浜事業所を移転し、座間事業所に名称変更。 2011年10月 飯山事業所に岐阜事業所の塗料業務を移管。 これにより岐阜事業所は廃止。 2013年2月 岡山事業所に神戸事業所の放電加工業務及び表面処理業務を移管。 これにより神戸事業所は廃止。 2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。 2014年9月 愛知県小牧市に小牧事業所を新設。 2019年6月 株式会社ミヤギを吸収合併。 2020年1月 本社機能を新横浜に移転。 2020年1月 海外関連会社のKYODO DIE-WORKS THAILAND CO. ,LTD. の株式を追加取得し、連結子会社化。 3 【配当政策】 当社は、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。 また、剰余金の配当につきましては、当社の業績が得意先の受注・生産動向及び外注政策等により変動しやすいことから、年間利益の確定する期末 年一回 に配当を行うことを原則としております。 なお、当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めております。 剰余金の配当の決定機関は、中間配当、期末配当ともに取締役会であります。 当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり22円の配当といたしました。 内部留保資金につきましては、当社の特化技術の拡充、生産性向上、新技術・新製品の開発など経営基盤の強化及び拡大を図るために有効に投資してまいりたいと考えております。 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下の通りであります。 1974年10月 富士電波電算機センター㈱入社 1982年4月 日鉄鉱業㈱入社 1989年3月 京北ビジネス㈱入社 1997年9月 当社入社 2006年3月 航空トリボ事業部長 2006年5月 原動機・航空トリボ事業部 航空トリボ担当部長 2008年3月 MPソリューション中部事業部長 2008年5月 取締役就任 2009年5月 常務取締役就任 2012年2月 原動機事業部長就任 2013年5月 専務取締役就任 2017年5月 取締役副社長就任 2018年5月 代表取締役社長就任 現任 2020年5月27日開催の定時株主総会から1年間 11 常務取締役 管理部長兼情報開示担当 大 村 亮 1952年9月29日生 1992年10月 青山監査法人入所 1999年10月 公認会計士松本事務所開設 現任 2005年2月 ㈱ディーセント・コンサルティング設立代表取締役就任(現任) 2014年8月 当社監査役就任 2019年5月 取締役 監査等委員 就任 現任 2019年5月24日開催の定時株主総会から2年間 3 計 512 注 1.取締役 津倉 眞は、社外取締役であります。 2.取締役(監査等委員) 髙芝 利仁及び松本 光博は、社外取締役(監査等委員)であります。 3.取締役 細江 廣太郎は、取締役会長 二村 勝彦の弟であります。 4.監査等委員の体制は、次のとおりであります。 委員長 藤江 勝治 委員 髙芝 利仁 委員 松本 光博 5.当社は、法令に定める監査等委員である社外取締役の員数を欠くことになる場合に備え、 補欠の監査等委員1名を選任しております。 補欠の監査等委員の略歴は次のとおりであります。 社外取締役の津倉眞氏は公認会計士として長年の実務経験を有する財務及び会計の専門家であり、その豊富な経験と高い見識を当社の監督に活かしていただけるものと判断して選任しております。 なお、同氏は当社の個人株主でありますが、それ以外に当社との間に特別な利害関係はありません。 監査等委員である社外取締役の髙芝利仁氏は、弁護士として長年の実務経験を有する法律の専門家であり、その豊富な経験と高い見識を当社の監査・監督に活かしていただけるものと判断して選任しております。 なお、同氏は当社の個人株主でありますが、それ以外に当社との間に特別な利害関係はありません。 監査等委員である社外取締役の松本光博氏は、公認会計士として長年の実務経験を有する財務及び会計の専門家であり、その豊富な経験と高い見識を当社の監査・監督に活かしていただけるものと判断して選任しております。 なお、同氏は当社の個人株主でありますが、それ以外に当社との間に特別な利害関係はありません。 当社は、社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、その選任にあたっては、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考に、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣から独立した立場で社外取締役としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを個別に判断しております。 社外取締役高芝利仁氏及び社外取締役松本光博氏につきましては、一般株主との利益相反が生じるおそれのない独立役員として、株式会社東京証券取引所に届け出ており、客観的に独立性の高い社外役員の確保に努めております。 監査等委員である社外取締役は取締役会や監査等委員会においてその専門的見地から報告や発言を適宜行っており、監査等委員会監査においてはその独立性、中立性、専門性を十分に発揮し、監査を実施するとともに、内部監査室及び会計監査人と連携を図り情報収集や意見交換を行っております。 1,987,510 3,611,873 0. 67 2021年~2031年 リース債務 1年以内に返済予定のものを除く。 2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。 3.長期借入金及びリース債務 1年以内に返済予定のものを除く。 の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。

次の

社長挨拶|企業情報|株式会社放電精密加工研究所(HSK)

放電 精密 加工 研究 所

放電精密加工研究所の年収は610万円が平均年収です。 (有価証券報告書調べ) 放電精密加工研究所の年収の平均は、 610万円でした。 () 年度別の年収は 平成29年:617万円 平成28年:607万円 平成27年:607万円 平成26年:633万円 平成25年:633万円 平成24年:632万円 平成23年:549万円 ここ数年での年収推移は 549万円(最低)~633万円(最高)となっています。 給料:約38万円 放電精密加工研究所とは:放電精密加工研究所は神奈川県に本社を置く企業です。 機会の部品製造等を行っています。 本社所在地:神奈川県厚木市飯山3110 放電精密加工研究所の設立時期:1961年4月25日 放電精密加工研究所の初任給 放電精密加工研究所の初任給を見てみると、 20. 5万円(大卒) 22. 1万円(院卒) となっていました。 年齢 男性 女性 20~24歳 298万円 298万円 25~29歳 503万円 366万円 30~34歳 425万円 377万円 35~39歳 439万円 389万円 40~44歳 550万円 433万円 45~49歳 630万円 499万円 50~54歳 695万円 555万円 55~59歳 688万円 550万円 60~65歳 444万円 349万円 働き盛りの30代の男女の年収を比較してみると、男性の方が女性よりも -19万円多く貰っている結果となりました。 放電精密加工研究所の年収ピラミッドで階層を知ろう 男女年齢別の年収をみてみましたが、次は放電精密加工研究所の社員は年代によってどの年収層にいるのかを年収ピラミッドで表しました。 あなたの年代と是非比較してみてください。 放電精密加工研究所の30代・40代・50代の年代別年収 放電精密加工研究所の年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 477万円~(推定) 40代で 554万円~(推定) 50代で 665万円~(推定) 30代~50代までの年収増加は約 171万円以上となっています。 あくまでも予測のためご自身でご判断ください。 放電精密加工研究所の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説! 上記の平均から算出してみたところ推定 23,843万円となりそうです。 日本の平均生涯賃金が16,221万円なので、平均生涯賃金からの増減は 6,928万円です。 放電精密加工研究所の仕事内容・企業ランキング・関連企業 【放電精密加工研究所の仕事内容】 仕事は、部品の製造・加工が中心です。 放電加工や表面処理に関して高度な技術を有し、様々な産業分野で利用される金型を製造しています。 放電加工のパイオニアとして、今でも新しい技術を生み出し続けています。 【企業ランキング】 上場企業ランキング:売上高2682位 純利益2737位 総資産2395位 2ch企業偏差値ランキングでは掲載がありませんでした。 【放電精密加工研究所のグループ企業や関連企業】 ・株式会社ミヤギ ・Kyodo Die-Works Thailand Co. , Ltd. ・天津和興機電技術有限公司 関連コンテンツ 放電精密加工研究所社員の生活スタイル 放電精密加工研究所の平均年収から考えると下記のような生活スタイルが考えられます。 ・ 工業・機械系企業年収一覧 工業系・機械系の年収をまとめています。

次の