安倍総理大臣 給料。 総理大臣の給料・年収

内閣総理大臣の年収給料のや歴代大臣の年収推移

安倍総理大臣 給料

国のいろいろな制度を決めたり、外交を行ったりする総理大臣のお給料は、国民が納めている税金から支払われています。 でも実際にどれくらいのお給料なのかは知らないですよね? そこで今回は、日本と世界のリーダーのお給料を比較してみました。 【日本】 およそ1億3,000万人の人口のリーダーである安倍晋三内閣総理大臣。 安倍首相のお給料は実は特別職給与法という法律で決められていて、基本給は月収205万円となっています。 そこに各種手当やボーナスなどが加わって、年収は大体5,000万円程度。 この総理大臣のお給料は最高裁長官と同じで、国家公務員の中では一番高いのだそうです。 【アメリカ】 アメリカの大統領のお給料は、年収約4,000万円と言われています。 世界でも非常に大きな国であるにもかかわらず、そのリーダーの年収は他の国と比べてもやや少なめ。 しかし、アメリカの大統領が本当に稼ぐのは大統領の任期を終えてからなんだとか。 公務員として国から支払われる年金や医療保険、個人事務所などが与えられたりと、一生安泰な暮らしができる上、元大統領として本を書けば、多額の印税が入ります。 本の印税や講演料でお金持ちになった元大統領も多いようです。 【シンガポール】 世界で最も高給取りの首相がいるのはシンガポール。 年収は約1億3,000万円だそうです。 シンガポールは優秀な人材を集めるために政治家の報酬を高くしているそうですが、それにしても給料が高すぎるのではないかという国民の批判を受けて1億8,000万円から約36%減額しました。 【イギリス】 イギリスの首相のお給料は1,900万円と言われていて、他の国と比べると非常に低い印象を受けます。 6,400万人の人口のうち、首相より高いお給料をもらっている人は約9,000人もいるのだそう。 しかも、キャメロン首相は2010年に自らのお給料を5%減給することを要求したのです。 とはいえ、任期を終えてから本を出版することも多く、そこはアメリカ同様、辞めた後も稼げるからこその金額設定かもしれません。 【ロシア】 クリーンな政治を目指すロシアでは、大統領をはじめ公務員は年収や財産を1億4,000万人の国民に公表することを義務付けています。 大統領のお給料は約1,000万円。 国の大きさを考えると、お給料はやや少なめといえるでしょう。 各国のリーダーは、国の景気や支持率に合わせて自分の給料をカットしたり、多額の寄付を行ったりしています。 国を背負った責任の大きな仕事をしているわけですから高給なのも分かりますが、リーダーがそういう姿勢を見せることで国民の信頼も変わりそうですね。 また、こうした比較からは政治に対する各国の国民性が見えてきます。 抜群の知名度を誇るアメリカ大統領と伝統あるイギリス首相では、その職に対する国民の見方も異なるでしょう。 きっかけが大統領のお給料比較でも、そこから各国の選挙制度にまで興味が広がれば、本格的に政治学を学んでみる価値はありそうです。

次の

安倍総理大臣の給料は? 世界の政治家の給料比較!

安倍総理大臣 給料

「お給料上がらないよー」「年末なのに財布が寂しいよー」という人、多いでしょう。 アベノミクスとか言ってるけど、本当に効果はあがってるの? というわけで、総理大臣と、ついでに日銀総裁の年収を調べて見ちゃいました! 総理大臣の給料は月給制! 総理大臣は公務員になります。 公務員の給料というのは法律で決められておりまして、総理大臣といえど法律に準じた給料が支払われます。 平成26年4月現在の総理大臣の月給は205万円。 これが1月分ですので、1年(12カ月)では2,902万8千円になります。 そして、ボーナスが581万円(平成26年12月)。 これが2回分ありますので、それも加算すると約4,065万円ほどになります。 昔の総理大臣の給料は? 物価が違うので単純な比較はできませんが、ちょうど10年前、平成16年の総理大臣の給料は月給222万7千円でした。 年収計算をすると、3,600万円ほどでしょうか。 ちなみにこの年のサラリーマンの平均年収が439万円の時代です。 物価の上昇などを考えると、総理大臣の給料があがっているというより、サラリーマンの給料が下がりすぎていると言えそうです。 あまり変わらない日銀総裁 日銀総裁の給料はどうなっているのでしょうか? こちらも月額が決まっており、平成26年度は201万6千円。 年額にすると2,419万2千円。 これにボーナス523万8千円を2回追加すると、約3,467万円になります。 ちなみに10年前の日銀総裁の年収は3,636万円。 少しずつ減っていたりしています。 実はここから天引きが さて、総理大臣や日銀総裁はこの金額を丸々もらっているのかというとそうではありません。 まとめ というわけで、総理大臣の年収は2,846万円、日銀総裁の年収は2,427万円となります。 私たちの給料と比較するとたくさんもらっているように見えますが、日本の政治と経済を担っているトップの年収と考えると、その責任の重さに釣り合った金額か微妙です。 たくさんもらってるようにみえる相手ですら、なんだかんだ言って財布の中身が寂しいのかもしれませんね。

次の

総理大臣の年収っていくら?意外と知らない総理大臣の年収や退職金

安倍総理大臣 給料

安倍晋三首相 プロフィール 安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 — )は、日本の政治家。 自由民主党所属の衆議院議員(9期)、内閣総理大臣(第90・96・97・98代)、自由民主党総裁(第21・25代)。 自由民主党幹事長(第38代)、内閣官房長官(第72代)等を歴任した。 第1次安倍政権 2006年 以降の歴代首相 2020-05-19現在) 歴代 氏名 在職期間 在職日数 通算在職日数 90 57 第1次 2006. 26 366 安倍晋三 -2007. 26 91 58 福田康夫 2007. 26 365 365 -2008. 24 92 59 麻生太郎 2008. 24 358 358 -2009. 16 93 60 鳩山由紀夫 2009. 16 266 266 -2010. 8 94 61 菅直人 2010. 8 452 452 -2011. 2 95 62 野田佳彦 2011. 2 482 482 -2012. 26 96 第2次 2012. 26 729 1095 安倍晋三 -2014. 24 97 第3次 2014. 24 1044 2138 安倍晋三 -2017. 1 98 第4次 2017. 安倍晋三総理の通算総理大臣日数など [日] [年] 期間 安倍晋三総理の通算在任期間 3069 8. 4 2006. 26 -2007. 26, および 2012. 26 -現在 第二次以降の安倍政権の連続在任期間 2704 7. 4 2012. 26 -現在 安倍晋三首相の年収,給料!給与以外の株,不動産収入含む所得はいくら? つづけて、安倍晋三大臣の年収について、詳細に説明していきますね! まずは、 第4次安倍内閣の大臣一覧とその大臣の給料と年収の一覧です。 給料以外の所得の参考にしようかと思いましたが、あまりにも詳細がわからないため、やめました。 国会議員の所得公開データより国会議員の年収状況を集計。 2012年 衆議院議員 安倍 晋三さんの公開所得は3879万円でした。 nenshuu. php? 昨年9月に党総裁選が行われ、テレビ出演料などの雑所得が109万円増加。 前年まで6年連続首位だった小沢一郎自由党代表が国民民主党に合流したため、首相が第2次政権発足後初の首位となった。 平均2657万円、前年比増=トップ自民・鳩山氏17億円-18年議員所得 2位は日本維新の会の片山虎之助共同代表で2234万円。 3位は公明党の山口那津男代表で、弁護士報酬80万円などを含め2224万円だった。 4位に付けたのは立憲民主党の枝野幸男代表で2214万円。 2017年秋の結党後、テレビ出演や講演依頼が相次ぎ、雑所得が146万円増加。 7党首のうち伸び率が最も高かった。 7党首で唯一減収となった国民民主党の玉木雄一郎代表は、前年比29万円減の2074万円で5位。 共産党の志位和夫委員長が2027万円で続き、最も所得が少なかったのは、社民党の又市征治党首で1992万円。 党首7人の平均は2399万円で、全議員の平均2657万円を上回ったのは首相だけだった。 引用元:時事ドットコムニュース 2019年07月08日 安倍晋三首相の年収,給料!給与以外の株,不動産収入含む所得はいくら?のまとめ• 安倍晋三首相の給料は約201万円!• 年収は期末手当や地域手当をあわせて3998万円!• 給与以外の収入はTV出演料などの約100万円で、株の配当金は無し。 2018年の公開所得は4028万円!• >年間の歳費は、約1,560万円。 歳費にプラスして、ボーナスにあたる「期末手当」が年間500~640万円ほど支払われ、トータル年収2,100~2,200万円となります。 >生涯年収は任期や勤務年数によって異なる 国会議員の年収は、任期によって異なります。 >衆議院議員と参議院議員の任期と、任期中のトータル年収は以下の通りです。 <衆議院議員> 任期:4年 4年間のトータル年収:約8,800万円 <参議院議員> 任期:6年 6年間のトータル年収:約1億3,200万円 5回連続で衆議院議員選挙に当選し、20年間働いたと仮定した場合、国会議員としての生涯年収は4億4,000万円となります。 日本の国会議員の年収は、他国と比較して高額です。 <国会議員の年収ランキング> 日本:2,100~2,200万円 アメリカ:1,400~1,600万円 カナダ:1,100~1,300万円 ドイツ:1,000~1,150万円 フランス:900~,1,000万円 2位のアメリカとは、500万円以上の差があります。 その上に、歳費+期末手当以外の収入もあるのですね。 国から支給されるお金ですが、何に使ったのかを公開・報告する義務はありません。 そのため、文通費を投資に流用する議員が出るなど、「国会議員の第二の給与」などと言われて問題になっています。 国から衆議院・参議院と各会派に、 議員1人あたり月額65万円・年間にして780万円が支払われます。 政党によっては、年末やお盆にお餅代・氷代などの手当が支給されます。 お餅代・氷代の金額は決まっていませんが、100~400万円ほどが相場です。 再考する余地はありそうですね。 pointtown. 山本さんとか目が怖いんですけど、すごく勉強されているし頭いいんだなと思います ちょっと目が怖いけど。 また脱線しました。

次の