ソフトバンク トク する サポート。 トクするサポート

トクするサポート

ソフトバンク トク する サポート

電気通信事業改正法は、2019年10月に施行された法律で総務省でモバイル市場の競争促進のための議論から、各社が実施していたスマートフォンへの月々サポートなどの割引を禁止する改正が行われています。 「割引を禁止」と言い切ってしまうと少し語弊があり、正確には 「端末代金と通信料金の完全分離を義務化」する改正となります。 従来のソフトバンクなどの事業者と契約した状態で、ソフトバンクから端末を購入し、端末購入の割引で通信料金と月々割などの端末補助金がセットとなっていることや、端末割引の資金を事業者が機種変更を行わないユーザーも含めて全体から徴収することを禁止することが趣旨となっています。 機種変更を定期的に行うユーザーからすると、月々割などの端末補助金による割引がなくなり、せっかく安く買えていた スマートフォンが高くなるといううれしくない改正ですが、これにより 全ユーザーから端末割引に使っていた費用負担を求めなくてよくなれば、菅官房長官が 「通信料金は4割程度安くできるはず」といったことを実現できるはずという総務省の目論見もあったようです。 法改正に対するソフトバンクの対応 ともかく法改正により各社はこれまでのように端末割引を通信契約の中で行えなくなり、それぞれに対応が必要となりました。 単純に割引をやめてしまうのが一番シンプルですが、そうなると今のスマートフォンは高性能パソコン並みの性能を持っているため、 性能に見合った金額でそのまま販売してしまうと、端末価格が10万円以上に一気に値上がりしてしまいかねない状態となります。 そうなると機種変更だけでなく、新規契約などの動きもにぶくなり、事業者としては耐えられない状態になることは目に見えており、各社はそれぞれに知恵を絞って対応を開始しました。 ソフトバンクも法改正にあわせて端末購入に対する新しいサービスを打ち出してきました。 それが 「半額サポート+」です。 「半額サポート+」を発表 本記事の 「トクするサポート」ではなく、 「半額サポート+」というサービスが発表されたわけですが、これは今までの「半額サポート」の対象が、ソ フトバンクユーザーだけを対象としていたのを変更し、 ソフトバンクユーザーでなくてもソフトバンクの端末を購入することができるようにしました、というサービスです。 「ソフトバンクユーザーではない人がソフトバンク端末を購入する意味ってなに?」という印象を受けてしまいますが、契約ユーザーだけを対象とする割引施策がダメなら、ソフトバンク以外のユーザーにも門戸を広げようという、言ってみれば奇策に出たわけです。 サービス利用プログラム利用料として月額390円を支払う代わりに、48回払いで購入した端末を半分の24回目まで終わった時点で、端末を返せば残りの支払いを免除することができるというサービスで、ソフトバンクユーザーはもちろん、 ソフトバンクユーザー以外でも端末代金を安く抑えることできるというアピールに出たわけです。 「半額サポート+」発表後の総務省の動き しかし、ソフトバンクの新しいサービス「半額サポート+」は総務省から早速突っ込みを受けてしまうことになります。 ソフトバンクユーザー以外がサービスを利用する場合、通信契約がないため端末だけを持ち逃げし、代金不払いになってしまうリスクを抑えるため、ソフトバンクユーザー以外がサービスを利用する場合、購入から100日はSIMロックをかけたままにするとしたのです。 高価なスマートフォンを持ち逃げされるリスクを下げたいのはわかりますが、 せっかく端末買ったのに、100日経つまではソフトバンクユーザー以外には実質的に利用できないというのは、ユーザーからすると何の意味があるんだろう?という感想を持つでしょう。 そういった意味からも奇策でしかないという評価も受けているようですが、 総務省からも100日もSIMロックをかけるのは不当と厳しいコメントをもらうことになりました。 また、サービス名の「 半額サポート+」という名称も消費者庁から突っ込みを受けていて、48回払いの半分に当たる24回分が最大で免除になるため、 最大で機種代の「半額」をサポートする趣旨となりますが、 サービスプログラム代金が最低でも24か月分かかっているわけで、実際に利用者が得られるメリットは 「半額ではないのに半額得するようなサービス名は不適切」とこれにもケチをつけられた形になりました。 総務省の指導により「トクするサポート」に名称変更 せっかく発表した新サービスにさっそくケチをつけられたソフトバンクですが、どう対応するのかと思うと、総務省と消費者庁からの指摘への対応を行い、 サービス名称を「トクするサポート」に変更してきました。 これにより「半額」という言葉を強く印象付けることはないという回答を打ち出してきたことになります。 また、 SIMロックについても100日ではなく、持ち逃げを防ぐために一定の条件を付けた上で、即日解除できるように改善してきました。 これならソフトバンク以外のユーザーもサービスを利用しやすくなるという意味では、今回の総務省のコメントには効果があったと評価することができそうです。 ちなみに一定の条件は、まだすべて確定したわけではないようですが、ソフトバンク以外のユーザーの場合、クレジットカード払いで端末を購入することを条件とするようです。 また、 SIMロックの即日解除の実施にも、デポジット制の導入を予定しているらしく、持ち逃げリスクを下げながら、ユーザーに受け入れられるサービスに改善してくれると予想されます。 「トクするサポート」の特徴 旧サービス(半額サポート・半額サポート+)と同様に、48回払いで割賦契約したスマートフォンを2年後、24回支払った時点で買い替えた場合、通常であれば新しいスマートフォンの代金以外に買い替えた古い機種の残債も支払う必要があるため、新しいスマートフォンは欲しいけど、 残債が残っていると機種変更をためらってしまうシーンですが、残債が免除してもらえるというのが最大のメリットでしょう。 スマートフォンの性能向上にともなって買い替え周期は2年を超える方が増えてきていますが、2年経つと新しいサービスや目新しい機能が増えているスマートフォンも多く、 負担を少なくしたうえで新しい機種に変更できるというのは魅力に感じます。 またソフトバンクユーザーであれば、以前からあったサービスが形を変えて継続しているような印象となりますが、今回の 「トクするサポート」はソフトバンクユーザー以外にも適用されるため、ソフトバンクで販売されている端末に魅力を感じたdocomoやauのユーザー、格安スマホユーザーでほしい機種が自分の契約している格安スマホにない場合に選択肢が増えるというのが大きなメリットになるでしょう。 「半額サポート+」で条件としていた「100日間はSIMロック解除を受け付けない」という制限も「トクするサポート」では撤廃し、条件は付くものの「即日解除」を行う方針とのことなので、 SIMフリーユーザーには注目度の高いサービスとなるでしょう。 「トクするサポート」のダメなところと旧サービスとの違い 次に「トクするサポート」のダメなところですが、 サービスを申し込んだ時点で、事実上2年後に機種変更を行うことが前提となってしまうところです。 2年後に果たして 自分が欲しいと思う機種が出ているのかは、サービスを申し込む時点では不明なのに、サービスのメリットをすべて受けようと思うと、申し込み時点から24回目の支払いで機種変更をしないと、それ以降メリットがどんどん減ってしまうからです。 ソフトバンクユーザーにとっては従来型の「 半額サポート」から改悪されたポイントになるのが、月額390円のサービス利用料がかかっている点です。 従来の 「半額サポート」はサービス利用料は無料であったため、2年後に本当に機種変更をするかは不明だけど、申し込んでも損はないサービスであったため、端末購入時にとりあえず申し込んでいる方も多かったでしょう。 しかし、今回の「トクするサポート」(サービス名変更前の「半額サポート+」も同様)では、月額サービス利用料が取られてしまうため、 機種変更を行わない場合は、ユーザー側が損をするだけの仕組みになっている点が非常に「ダメ」になってしまっています。 まとめ:「トクするサポート」は申し込むべきか否か 端末代金と通信料金の分離により、今後スマートフォンの価格は今までのように割安で購入することは難しくなっていくと予想されています。 そういった状況で機種変更を行う際に、 48回払いで月々の支払を抑えつつ、2年後の機種変更で残債を免除してくれる「トクするサポート」は 定期的に機種変更を行う方には魅力的なサービスとなります。 今回の「トクするサポート」では、ソフトバンクユーザー以外も対象となるため、格安スマホを使っている方も含めて、 iPhoneなどの価格帯が高めの機種を購入し、2年周期ぐらいで機種変更を行う方は、ぜひ申し込みを行うべきです。 反面、 気に入った機種を3年、4年使うことに抵抗のない方、それほどハイエンド機種を必要としない方、そもそも安い機種を購入する方は、月額390円とはいえ、2年間で9,360円、3年間で14,040円、4年間機種変更をしなければ18,720円を余分に支払うことになる 「トクするサポート」は不要となるでしょう。 機種変更を行う周期や月額サービス利用料の合計と、免除される残債の金額を見比べた上で、サービスを申し込むかの判断が必要となります。

次の

「トクするサポート」徹底解説!10月10日に「半額サポート+」から名称変更。旧プログラムとの違いは?

ソフトバンク トク する サポート

電気通信事業改正法は、2019年10月に施行された法律で総務省でモバイル市場の競争促進のための議論から、各社が実施していたスマートフォンへの月々サポートなどの割引を禁止する改正が行われています。 「割引を禁止」と言い切ってしまうと少し語弊があり、正確には 「端末代金と通信料金の完全分離を義務化」する改正となります。 従来のソフトバンクなどの事業者と契約した状態で、ソフトバンクから端末を購入し、端末購入の割引で通信料金と月々割などの端末補助金がセットとなっていることや、端末割引の資金を事業者が機種変更を行わないユーザーも含めて全体から徴収することを禁止することが趣旨となっています。 機種変更を定期的に行うユーザーからすると、月々割などの端末補助金による割引がなくなり、せっかく安く買えていた スマートフォンが高くなるといううれしくない改正ですが、これにより 全ユーザーから端末割引に使っていた費用負担を求めなくてよくなれば、菅官房長官が 「通信料金は4割程度安くできるはず」といったことを実現できるはずという総務省の目論見もあったようです。 法改正に対するソフトバンクの対応 ともかく法改正により各社はこれまでのように端末割引を通信契約の中で行えなくなり、それぞれに対応が必要となりました。 単純に割引をやめてしまうのが一番シンプルですが、そうなると今のスマートフォンは高性能パソコン並みの性能を持っているため、 性能に見合った金額でそのまま販売してしまうと、端末価格が10万円以上に一気に値上がりしてしまいかねない状態となります。 そうなると機種変更だけでなく、新規契約などの動きもにぶくなり、事業者としては耐えられない状態になることは目に見えており、各社はそれぞれに知恵を絞って対応を開始しました。 ソフトバンクも法改正にあわせて端末購入に対する新しいサービスを打ち出してきました。 それが 「半額サポート+」です。 「半額サポート+」を発表 本記事の 「トクするサポート」ではなく、 「半額サポート+」というサービスが発表されたわけですが、これは今までの「半額サポート」の対象が、ソ フトバンクユーザーだけを対象としていたのを変更し、 ソフトバンクユーザーでなくてもソフトバンクの端末を購入することができるようにしました、というサービスです。 「ソフトバンクユーザーではない人がソフトバンク端末を購入する意味ってなに?」という印象を受けてしまいますが、契約ユーザーだけを対象とする割引施策がダメなら、ソフトバンク以外のユーザーにも門戸を広げようという、言ってみれば奇策に出たわけです。 サービス利用プログラム利用料として月額390円を支払う代わりに、48回払いで購入した端末を半分の24回目まで終わった時点で、端末を返せば残りの支払いを免除することができるというサービスで、ソフトバンクユーザーはもちろん、 ソフトバンクユーザー以外でも端末代金を安く抑えることできるというアピールに出たわけです。 「半額サポート+」発表後の総務省の動き しかし、ソフトバンクの新しいサービス「半額サポート+」は総務省から早速突っ込みを受けてしまうことになります。 ソフトバンクユーザー以外がサービスを利用する場合、通信契約がないため端末だけを持ち逃げし、代金不払いになってしまうリスクを抑えるため、ソフトバンクユーザー以外がサービスを利用する場合、購入から100日はSIMロックをかけたままにするとしたのです。 高価なスマートフォンを持ち逃げされるリスクを下げたいのはわかりますが、 せっかく端末買ったのに、100日経つまではソフトバンクユーザー以外には実質的に利用できないというのは、ユーザーからすると何の意味があるんだろう?という感想を持つでしょう。 そういった意味からも奇策でしかないという評価も受けているようですが、 総務省からも100日もSIMロックをかけるのは不当と厳しいコメントをもらうことになりました。 また、サービス名の「 半額サポート+」という名称も消費者庁から突っ込みを受けていて、48回払いの半分に当たる24回分が最大で免除になるため、 最大で機種代の「半額」をサポートする趣旨となりますが、 サービスプログラム代金が最低でも24か月分かかっているわけで、実際に利用者が得られるメリットは 「半額ではないのに半額得するようなサービス名は不適切」とこれにもケチをつけられた形になりました。 総務省の指導により「トクするサポート」に名称変更 せっかく発表した新サービスにさっそくケチをつけられたソフトバンクですが、どう対応するのかと思うと、総務省と消費者庁からの指摘への対応を行い、 サービス名称を「トクするサポート」に変更してきました。 これにより「半額」という言葉を強く印象付けることはないという回答を打ち出してきたことになります。 また、 SIMロックについても100日ではなく、持ち逃げを防ぐために一定の条件を付けた上で、即日解除できるように改善してきました。 これならソフトバンク以外のユーザーもサービスを利用しやすくなるという意味では、今回の総務省のコメントには効果があったと評価することができそうです。 ちなみに一定の条件は、まだすべて確定したわけではないようですが、ソフトバンク以外のユーザーの場合、クレジットカード払いで端末を購入することを条件とするようです。 また、 SIMロックの即日解除の実施にも、デポジット制の導入を予定しているらしく、持ち逃げリスクを下げながら、ユーザーに受け入れられるサービスに改善してくれると予想されます。 「トクするサポート」の特徴 旧サービス(半額サポート・半額サポート+)と同様に、48回払いで割賦契約したスマートフォンを2年後、24回支払った時点で買い替えた場合、通常であれば新しいスマートフォンの代金以外に買い替えた古い機種の残債も支払う必要があるため、新しいスマートフォンは欲しいけど、 残債が残っていると機種変更をためらってしまうシーンですが、残債が免除してもらえるというのが最大のメリットでしょう。 スマートフォンの性能向上にともなって買い替え周期は2年を超える方が増えてきていますが、2年経つと新しいサービスや目新しい機能が増えているスマートフォンも多く、 負担を少なくしたうえで新しい機種に変更できるというのは魅力に感じます。 またソフトバンクユーザーであれば、以前からあったサービスが形を変えて継続しているような印象となりますが、今回の 「トクするサポート」はソフトバンクユーザー以外にも適用されるため、ソフトバンクで販売されている端末に魅力を感じたdocomoやauのユーザー、格安スマホユーザーでほしい機種が自分の契約している格安スマホにない場合に選択肢が増えるというのが大きなメリットになるでしょう。 「半額サポート+」で条件としていた「100日間はSIMロック解除を受け付けない」という制限も「トクするサポート」では撤廃し、条件は付くものの「即日解除」を行う方針とのことなので、 SIMフリーユーザーには注目度の高いサービスとなるでしょう。 「トクするサポート」のダメなところと旧サービスとの違い 次に「トクするサポート」のダメなところですが、 サービスを申し込んだ時点で、事実上2年後に機種変更を行うことが前提となってしまうところです。 2年後に果たして 自分が欲しいと思う機種が出ているのかは、サービスを申し込む時点では不明なのに、サービスのメリットをすべて受けようと思うと、申し込み時点から24回目の支払いで機種変更をしないと、それ以降メリットがどんどん減ってしまうからです。 ソフトバンクユーザーにとっては従来型の「 半額サポート」から改悪されたポイントになるのが、月額390円のサービス利用料がかかっている点です。 従来の 「半額サポート」はサービス利用料は無料であったため、2年後に本当に機種変更をするかは不明だけど、申し込んでも損はないサービスであったため、端末購入時にとりあえず申し込んでいる方も多かったでしょう。 しかし、今回の「トクするサポート」(サービス名変更前の「半額サポート+」も同様)では、月額サービス利用料が取られてしまうため、 機種変更を行わない場合は、ユーザー側が損をするだけの仕組みになっている点が非常に「ダメ」になってしまっています。 まとめ:「トクするサポート」は申し込むべきか否か 端末代金と通信料金の分離により、今後スマートフォンの価格は今までのように割安で購入することは難しくなっていくと予想されています。 そういった状況で機種変更を行う際に、 48回払いで月々の支払を抑えつつ、2年後の機種変更で残債を免除してくれる「トクするサポート」は 定期的に機種変更を行う方には魅力的なサービスとなります。 今回の「トクするサポート」では、ソフトバンクユーザー以外も対象となるため、格安スマホを使っている方も含めて、 iPhoneなどの価格帯が高めの機種を購入し、2年周期ぐらいで機種変更を行う方は、ぜひ申し込みを行うべきです。 反面、 気に入った機種を3年、4年使うことに抵抗のない方、それほどハイエンド機種を必要としない方、そもそも安い機種を購入する方は、月額390円とはいえ、2年間で9,360円、3年間で14,040円、4年間機種変更をしなければ18,720円を余分に支払うことになる 「トクするサポート」は不要となるでしょう。 機種変更を行う周期や月額サービス利用料の合計と、免除される残債の金額を見比べた上で、サービスを申し込むかの判断が必要となります。

次の

ソフトバンク「トクするサポート」がわかる解説!特典適用までの流れ

ソフトバンク トク する サポート

「トクするサポート」2つのメリット 1. 通常 24回の分割払いを 48回にすることで、 毎月の機種代金の支払い額を少なくできる。 利用25か月目から他のスマホへ機種変更を行うと、 残りの機種代金(最大半額分)の支払いが免除される。 (ただし機種の返却が必要) もちろんデメリットもあります。 詳しく紹介していきましょう。 この記事の目次• トクするサポートとは? ソフトバンク機種の購入を補助するサービス スマホ本体の高額化が進むなか、追い打ちをかけるように2019年10月から法改正による 「機種代金からの値引き」が禁止となったのはご存知かと思います。 それに伴い 「少しでも月々の端末代を抑えることで気軽に機種購入してもらおう。 」ということでソフトバンクは2019年10月10日から、機種の 購入補助サービスとして 「トクするサポート」の提供を開始しました。 もとは「半額サポート+」という名称だった 2019年10月10日以前は「半額サポート+」という名称で提供されていました。 内容はほぼ同じですが、トクするサポートに名称を変更してから SIMロックの解除が即日から可能となっています。 3月27日以降に発売の機種は・・ 2020年3月27日以降に発売の機種は、トクするサポートに加入することができません。 代わりに 「トクするサポート+(プラス)」の対象となります。 このプログラムは 購入した機種に紐づけられているため「トクするサポート」に加入した方は、機種変更しないまま「トクするサポート+」にプラン変更することは残念ながらできません。 プログラム料 トクするサポートを利用するには 「プログラム料」がかかります。 残債が免除される条件として、プログラム料を滞りなく支払っていることが必要となります。 機種変更時に申し出を行うこと、そして最低12か月目までのプログラム料を滞りなく支払っていることが返金の条件です。 トクするサポートの特長 毎月の機種代金が安い 重要なのが、 48回払いで機種を購入することが前提だという点。 これによりひと月あたりの支払額が少なくなります。 しかし その分支払い期間が延びるためデメリットと感じる方も多く何とも言えませんね。。 最大で半額分(24回分の支払い)を免除 25か月目以降にソフトバンクのスマホに機種変更することで、 残りの支払い(最大24回分)が免除されます。 つまり MAXの特典(機種の半額分を免除)を受けたい場合は25か月目ジャストのタイミングで機種変更が必要ということ。 注意しておきたい点として、 同じソフトバンク端末へ機種変更をすること。 旧機種を返却することが必須となります。 機種の返却が必要 残債の免除を受けるには 機種変更時に端末の返却が必要となります。 返却する機種は正常に動作する機種であることが条件。 破損していて回収が不可能という場合は、残債免除の特典を受ける事ができません。 即日SIMロックの解除が可能 トクするサポートは「半額サポート+(プラス)」からの変更点として、 SIMロックが即日から解除できるようになっています。 ソフトバンク機種をドコモ・au・MVNOで使う! たとえば、ドコモに契約中の方が、トクするサポートを利用して機種を購入し、SIMロックを解除してドコモの通信契約で利用する。 といったことも可能。 乗り換えはしないけど、ソフトバンクの機種が使いたい。 といった方におすすめです。 対象・適用条件など トクするサポートに加入時の条件や注意点などをまとめてみました。 加入できる条件・注意点 トクするサポートは他社ユーザー(ドコモ・au・格安スマホ)やスマホ未契約の方など、 誰でも対象となります。 プログラムへの加入には 申し込みが必要となります。 (48回払を選択しても自動で加入とはなりませんのでご注意を) トクするサポートへの「加入条件」は以下の通り。 25か月目 ソフトバンク指定のスマホに機種変更しましょう。 併せて 使用していた機種の返却を行います。 (購入日の翌月までに返却・査定を完了している必要があります。 )ソフトバンクで査定を行い査定基準を満たしていれば 旧端末の残債が免除されます。 1年買い替えオプション 1年で機種変更が可能に 「1年買い替えオプション」を利用すれば、25か月目まで待たずに13か月目から機種変更が可能。 ただし 13か月~25か月目までの残債を一括で支払う必要があります。 (支払う金額は変わらないということ) 1年買い替えオプションは 無料で利用できます。 機種返却時の査定基準 返却した機種が ソフトバンクの基準に満たないコンディションの場合、トクするサポートの特典を受けることが出来ません。 基準を満たさない機種の状態• IMEIが確認できない• 改造などによりメーカー保証の対象外となっている• 電源を入れることができない• ボタンが機能しない• 初期化されていない• 各種ロックがかかっている(解除されていない)• 画面・本体ににヒビ割れがある• ボタン・カメラ部分に破損・欠損がある• 本体が変形している• タッチパネルが動作しない• 液晶画面に液漏れや焼付がある• 画面に線が入る• 画面が暗く文字が読めない 基準に満たなかった場合でも・・ 返却した機種が破損などによりトクするサポートの適用基準を満たさなかった場合は、 20,000円を支払うことで適用可能になります。 まとめ(加入するメリット&デメリット) いかがでしたか? トクするサポートに加入するメリットとデメリットをまとめましたので、加入を検討されている方は参考にしてみてください。 メリット• 定期的(約1年~2年ごと)に 新しい機種に変更していきたい方。 ひと月あたりの スマホ利用料(機種代金)を安くしたい方。 今後もソフトバンクを利用していく予定の方。 ドコモ・au・MVNOなど 他社の回線契約でソフトバンク機種を使いたい方。 新規・乗り換え(MNP)される方に スマホ料金を「極限」まで安くする! ソフトバンクの正規代理店である当社 「スマホ乗り換え. com」のご紹介です。 他社(au・ドコモ・格安スマホなど)からソフトバンクへ乗り換え(MNP)する方に 現金還元中! 「最速」キャッシュバックでさらにお得に! ソフトバンクの公式キャンペーンと 当社の現金キャッシュバックを組み合わせるとさらにお得に新機種が手に入ります!(ご来店なら当日お渡し。 郵送手続きなら翌週にお振込み) キャッシュバックは人数分。 契約する 人数分の現金還元(2台なら2倍)致します。 ご家族みんなで乗り換えすれば、かなりインパクトのある額に。。 詳細は、まずお問合せください。 機種代金からキャッシュバック分を割り引くことも可能! 独自キャッシュバックは一括でのお受け取りが一般的ですが、当社なら 毎月の機種代金から割り引くことも可能。 月々の請求額が通常よりも大幅に抑えられます。 フォームから問い合わせるだけで 特典やお客様に合ったプランをお知らせします.

次の