ゴロゴロ 韓国 語。 韓国語の二重パッチム入力について

コウケンテツは韓国語が話せない韓国人!結婚してるの?

ゴロゴロ 韓国 語

Weblio公式 物音や動物の鳴き声を音声的に再現したような表現を 擬音表現といいます。 英語ではこれを onomatopoeia (オノマトペ)と言います。 英語にも、日本語ほどではありませんが、オノマトペ的な表現が沢山あります。 日本語の擬音表現と英語のオノマトペとを見比べると、音の響きが全然異なるという点もさることながら、文章上の主な扱いに大きな違いがあると気づかされます。 日本語の擬音表現はもっぱら副詞的に用いられますが、英語では動詞にオノマトペ的な役割が含まれている場合が多々あります。 日本語的には「ボコッと-殴る」と(副詞+動詞で)表現するであろう場面は、英語なら「ボコる」と(動詞だけで)表現する。 ・・・・・・という風に考えてみると、案外、多くの表現がスッと腑に落ちたりします。 英語の中の主な擬音表現(オノマトペ) 動物の鳴き声や、効果音のように表現される物音などは、英語でも日本語でも同様に単独で発せられる(再現される)ため、比較が容易です。 あらためて比べてみると、聞こえ方というか、音感というか、表現に少なからず違いのあることに気づかされます。 でも共通している部分も多いことにも気づくはずです。 動物の鳴き声 動物の鳴き声を模した擬音表現は、比較的、響きや用法が日本語に似ています。 たとえば犬のうなり声を woof woof と表現するように、2語重ねて表現する場合が多かったりする部分にも共通点を感じます。 日本語の「ワンワン」にあたる犬の鳴き声は、英語では bow wow (バウワウ)と表現します。 ( bow wow は重なる語が微妙に変わる希有な例です) 英語のオノマトペと日本語の擬声語とは、文字に起こすと別モノのような風情ですが、声に出してみると意外と感覚が相通じていることがわかります。 【犬】woof 犬がウ~と低く唸る声。 語末に f の音が付くのは英語的な感覚というかクセというべきかもしれません。 woof は名詞または間投詞としての用法が主であり、名詞としてはもっぱら複数形で用いられます。 意味・用法ともに純粋な擬音語表現とでも呼びたくなる種類の語です。 【犬】yelp 小型犬がキャンキャンと鳴き立てる声は yelp と表現します。 yelp の発音は日本語カナ表記では中々再現しにくいものがありますが、「イエーイ」の「ィェ」を使って「ィェルプ」と発音するような感じです。 yelp は名詞または動詞として用いられます。 この「擬音表現が単独で動詞として用いられる」という感覚は、英語では yelp の他にも多く沢山みられます。 【犬】howl howl は犬や狼の アオーンという遠吠えの声を表現する語です。 語頭の h を気持ち控えめに発音すると、日本語的にも納得感のある音に聞こえます。 【猫】 meow、mew meow や mew は日本語でいうところの「ニャー」に対応する、ネコの鳴き声です。 わりと納得感のある音感といえるかもしれません。 mew は英語的には《 cry of a cat or gull 》 ()と認識さえています。 gull は「カモメ」を指す語です。 mew も名詞としてはカモメを指す語として用いられる場合があります。 【猫】hiss hiss は猫が威嚇の姿勢を示してシャーッという音声を指す言い方です。 もっとも、ネコに限らず、ヘビがシャーと言ったりヤカンが蒸気でシャーと鳴ったりする様子も hiss と表現されます。 生活音 生活環境の中で発生する音や動作の様子は、英語でもオノマトペ的に表現されます。 ただし、純粋に音を再現する表現として用いられるよりは、オノマトペ的要素を含む動詞として用いられる場合が少なからずあります。 特にクチャラーのように音を立てる人を非難するニュアンスがあるいうわけではありません。 洗濯物が風にたなびいてぱたぱた、とか、履いてるサンダルがスッパンスッパン言うような状況を表現します。 日本語的にはブツブツとゴロゴロとでは隔たりを感じますが、要は低調に不完全燃焼的に響く音ということなのでしょう。 名詞または動詞として用いられます。 銃声を表現する音としても多く用いられます。 ドアが勢いよく閉まる音などにも用いられます。 ダンプカー(dump truck)も「積み荷を投げ下ろす」という意味合いで dump に通じます。 任天堂のゲーム「スーパーマリオブラザーズ」に登場するキャラクターに「ドッスン」という奴が居ますが、英語版ゲームではドッスンは「Thwomp」と名づけられています。 thwomp は普通の英語辞書に載るような単語ではありませんが、重い物体が字面などに激しくぶつかる様子・衝突音を表すオノマトペとして認識されているようです。 英語は動詞でオノマトペを表現する 足音や風音の様子といった、日本語では音で表す様子や事象の多くは、英語では動詞として表します。 たとえば赤子がオギャーと喚く様子は、英語では mewl と表現されますが、mewl は動詞であり、「 (オギャーと)泣く」というオノマトペ要素を含んだ動詞として用いられます。 オギャーに当たる表現は不要というわけです。 という点を理解できると、英語にもけっこう擬音表現が多いことに気付きます。 英語の動詞の扱い方に示唆されるところも多いでしょう。 自動詞としても他動詞としても用いられ、Jingle bells の場合は「鈴をりんりんと鳴らす」という他動詞の扱いです。 英語の擬音表現をまとめて学ぶウマいやり方 擬音表現(オノマトペ)を一覧して学ぶ、という方法は意外と難しいものです。 特に英語は、オノマトペ要素が動詞に包含されている傾向が強く、「英語のオノマトペの一覧」を期待しても意に沿うリストにはなかなか出会えません。 英語の日本語学習サイトが使えそう 日本人が期待する「英語のオノマトペ」を手っ取り早く一覧する方法として、英語圏の日本語学習サイトを参照する方法が挙げられます。 日本語の中では擬音語表現は単独で取り上げやすいカテゴリーです。 英語話者の観点から擬音語を(英語で)紹介・説明する文章を参照することで、日本語の擬音表現に対応する英語の表現が逆引きできます。 たとえば は、五十音順に擬音語を日本語で検索できる、英語話者向けの日本語学習サイトです。 それぞれの表現に日本語・英語の例文が用意されているため、英語の文中でのオノマトペの使い方まで参照できます。 日本語の擬音表現を手がかりに、英語による定義や文例が参照できます。 日本語の分析が見事で、日本語例文も非常になれた感があります。

次の

オムニ食堂 本店(新宿/韓国料理)

ゴロゴロ 韓国 語

韓国語と朝鮮語の違いは?ハングル語って?韓国語の呼称の違いまとめ 韓国語と朝鮮語、どちらもニュースやネットで聞いたり見たりしますが、具体的な違いは何なのでしょうか?ハングル文字を使っていますが同じものなのでしょうか? 元々は同じ一つの国であったということですが、韓国語と朝鮮語と区別するということは表現や発音、使われている単語に違いなどもあるのでしょうか。 地域ごとに文化も異なってくるものですが方言などはあるのでしょうか?また、私たちが勉強している韓国語は朝鮮語として通じるものなのでしょうか?そして韓国語のことをハングル語と言ったりもしますがどれが正しいのでしょう。 ちょっと考えただけでもわからないことがたくさんありますね。 そこで今回は韓国語と朝鮮語の違いについてまとめてみたいと思います。 この記事の目次 韓国語は韓国で朝鮮語は北朝鮮の言葉? 韓国語と朝鮮語の違いということですが、ここでは韓国で使われている言葉が韓国語、北朝鮮で使われている言葉が朝鮮語として調べていきたいと思います。 まず、そもそも韓国語と朝鮮語に分かれてしまうことになった経緯ですが、それは第二次世界大戦の終結にさかのぼります。 それまでは、韓国も北朝鮮も同じ一つの国として存在していました。 当時、朝鮮半島は日本の植民地として統治されていましたが、終戦をきっかけに朝鮮半島はアメリカと当時のソ連の二つの国に統治されることになり、現在のように北朝鮮と韓国に分かれることになりました。 二つの国としての境界線は北緯38度線上にあります。 現在も頻繁にニュースに登場していますね。 このように国が別れてしまったところから韓国語と朝鮮語という区別が出来ました。 しかし、それまでは同じ言葉を使っていましたので、使われているハングル文字も同じものです。 もちろん韓国語でも朝鮮語でもほとんど同じ言葉として通じます。 韓国語にもそのような変化が見られ、朝鮮語との大きな違いとなったことがあります。 それは「語頭法則」と呼ばれる発音の変化です。 これは韓国語に限らず多くの言語にもみられることらしいのですが、Rの発音が語頭に来る場合、発音のしづらさから音が変化するというものです。 わかりやすい単語で言うと、明日=내일(ネイル)です。 これは元々は래일(レイル)(漢字で書くと來日)だったものが、語頭のRの発音が変化して내일(ネイル)になった単語です。 朝鮮語ではまだ明日は래일(レイル)と書きますし、発音もそのまま残っているそうです。 他にも、「来年」は韓国語では내년(ネニョン)朝鮮語では래년(レニョン)、「労働」は韓国語では노동(ノドン)、朝鮮語では로동(ロドン)、「料理」は韓国語では「요리(ヨリ)」朝鮮語では료리(リョリ)と言うのだそうです。 人の名前である「李」も韓国語では「이(イ)」ですが、朝鮮語では「리(リ)」を使います。 日本語はまだ漢字を使っていますので、そういう意味では朝鮮語の方の発音に近いかもしれませんね。 このような点は韓国語と朝鮮語の大きな違いの一つと言えるでしょう。 韓国語と朝鮮語で異なる単語はあるのか? 次に、同じものを指しているけど韓国語と朝鮮語で異なる単語はあるのかについても見てみましょう。 主に国に関する固有名詞が異なります。 韓国のことを韓国語では한국(ハングッ)と言いますが、朝鮮語では남조선(ナンチョソン)と言います。 これを漢字で書くと南朝鮮です。 この辺りは漢字で言葉を見てみると私たちにもわかりやすいかもしれませんね。 また、日本では韓国語や朝鮮語のことをハングル語と呼ぶこともありますがそれはどちらに当てはまるのでしょうか。 実はこの「ハングル語」と言う言葉は正しい日本語ではありません。 もちろん、韓国語にも朝鮮語にも当てはまる言葉もありません。 この呼び方が定着した原因としては、韓国語と朝鮮語に分かれてしまったので合わせての総称としてハングル語と呼ぼうとしたという説や、NHKで放送されたテレビやラジオのハングル講座から「ハングル語講座」と定着してしまったという説など様々あるそうです。 しかしハングルは文字の名前です。 日本語で言うとひらがなやカタカナ、漢字のことです。 なのでハングル語というと、ひらがな語やカタカナ語のようなニュアンスとなりおかしいことがわかりますね。 ハングル語と言うと、韓国語や朝鮮語のことを指すということはわかりますが、混同してしまわないように注意した方がよさそうです。 韓国語は朝鮮語で通じるのか? そして最後に、韓国語を学んでいるとすれば一番の関心毎かもしれませんね。 韓国語は朝鮮語として北朝鮮でも通じるのか?についてはどうなのでしょうか。 結論から言うと、基本的には通じます。 しかし、日本でもそうであるように同じ日本語と言っても、若い人とお年寄りでうまく話が通じなかったり、地域や住んでいる違いによって通じなかったりすることがありますね。 昔ながらの言い回しだったり、流行り言葉や方言などがそれにあたるでしょう。 韓国語と朝鮮語もそれと似たようなことが原因で、意思疎通がうまくいかないということも考えられます。 しかし、似たような意味の言葉に言い換えたり、ゆっくり話したりすることでほとんど問題なく意思疎通は測れるレベルと考えて問題ないでしょう。 実際、韓国の中でも方言はあります。 最初は聞いても何のことを言っているのかわからないと感じる人もいるかもしれませんが、日本語の方言も慣れればある程度理解できますし、独特の言い回しはやはりわからないという点も同じです。 また方言を話す方でも標準語を聞き取るのは問題ないというのも同じです。 ですので、基本のあいさつなどはもちろん、標準語でしっかりマスターしておいても無駄にはなりませんのでご安心ください。

次の

オムニ食堂 本店(新宿/韓国料理)

ゴロゴロ 韓国 語

コウケンテツは韓国語が話せない韓国人!結婚してるの? コウケンテツは韓国語が話せない!?韓国料理が得意な韓国人料理研究家の両親は? コウケンテツという料理研究家が、「NHKテレビでハングル講座」に出演していたことがありましたが、韓国人であるにも関わらず、まさかの生徒役だったことにビックリした方も多かったはず。 コウケンテツの父親は大阪生まれ、韓国・ソウル育ちの韓国人で、成人後に再び日本に渡った時は、日本語が全く分からなかったといいます。 母親は、韓国料理研究家として、日本でも有名な李映林(リ・エイリン)。 韓国済州島生まれで、日本に来た時は21歳でした。 コウケンテツの両親は、日本で出会って結婚したそうですが、夫婦間では、少なからず、韓国語によるやりとりがあったのではないかと思われます。 コウケンテツには結婚した嫁が!子供と料理を楽しむイクメンの顔も… コウケンテツは料理に長けている上に、笑顔が爽やかなイケメン。 非常に残念ではありますが、2009年に結婚しています。 その時のマネージャーだった色井綾という女性が、コウケンテツの現妻です。 2010年には息子・舜が生まれています。 それを機に、料理研究家・コウケンテツは、食育にも力を注ぐイクメンパパに。 「料理は五感をフルに使いますし、子供の食育にいい。 一緒に料理すると楽しいです!」など、メディアでも食育論を熱く語っています。 現在6歳の息子はすでに料理ができるようで、自宅で、コウケンテツと共にフライパンを振っているのだとか。 コウケンテツの人気レシピまとめ!「男子ごはん」韓国料理の夏レシピとは? コウケンテツの人気レシピ!切り干し大根、チヂミ、肉じゃがの豊富なアレンジが魅力! コウケンテツの人気レシピといえば、日本人が慣れ親しんだ食材でもある切り干し大根を使った料理。 「切り干し大根って煮物にするんじゃないの!?」と思われがちな食材ですが、「切り干し大根と唐辛子の和え物」、「切り干し大根と青とうがらし炒め」など、韓国料理ならではの辛味をきかせたレシピが新鮮です。 また、韓国料理の中でも特に人気のあるチヂミも、にらとあさりを使ったもの、カリカリ豚、豚キムチ、人参のみ、菜の花を使って……とバリエーション豊富。 韓国語は話せなくても、コウケンテツの韓国料理レシピは頼もしい限りです。 また、韓国の味だけではなく、和食、イタリアン、エスニック料理と、幅広いジャンルのコウケンテツレシピも大人気。 和食の代表料理・肉じゃがについても、わざと煮崩れさせた「とろとろ肉じゃが」、煮崩れさせない「しみしみ肉じゃが」、「ごろごろ角煮肉じゃが」など、日本人の固定観念を覆すコウケンテツのレシピの数々は、つい試したくなりますよね。 「夏野菜のチムタック」は、骨付き鶏もものぶつぎりと、ゴロゴロ野菜、春雨を、生唐辛子・醤油・ハチミツ・黒砂糖などを加えて甘辛く煮込んだものです。 鶏肉の下処理以外は、ほぼ手間いらず。 まさにピリッと男らしい1品です。 「オイキムチピビン麵」では、本格的なキュウリのオイキムチの作り方を、細かなポイントと共に紹介しています。 こちらは、大根や人参、ニラを刻んだり、りんごを絞ったりと手間がかかる上に、完成までに一晩は必要。 それを乗り越えて作り置きしておけば、いつでもコウケンテツ流ピビン麵を彼女に振る舞うことができます。 これはハッキリ言ってモテそうです。 コウケンテツのプロフィール!料理研究家として成功したワケとは? コウケンテツは、1974年7月14日生まれの今年で42歳。 若い頃は大阪で生まれ育ち、高校で始めたテニスでプロを目指す肉体志向派でした。 ところが、18歳の時に、重度の椎間板ヘルニアを患い、数カ月間はまともに歩けず、普通の生活に戻るまで2年間かかったといいます。 当然、プロテニス選手への夢を諦めざるを得なくなり、高校を卒業してからさまざまな仕事についてはみたものの、どれも長続きしませんでした。 そんな時、韓国料理研究家の母から「アシスタントをしてみない?」と勧められたことがきっかけとなり、料理の道に進むことになったコウケンテツ。 31歳で料理研究家として独立するまで、修行を積むこと3年。 2016年6月11日に公開される映画「二ツ星の料理人」の公開記念イベントで、「シェフはろくでもない人間が多い。 厨房の中は非日常で独特」と語っていますが、相当苦労されたものと推測します。 コウケンテツは、やがてテレビをはじめとする多くのメディアや料理教室等で活躍するようになっていき、韓流イケメンブームが、コウケンテツの人気を後押しすることとなります。 加えて、ろくでもないシェフと比較して、「家庭料理ですから、私は穏やかですよ」と本人が語るに相応しいイクメンぶりが素敵ですよね。 料理・イケメン・イクメンの三拍子を揃えてくるなんて、コウケンテツ、かなりの反則技ではありませんか。

次の