ニフェジピン。 ニフェジピン

アダラート(ニフェジピン)の作用機序:高血圧治療薬

ニフェジピン

ニフェジピンL錠10mg「サワイ」 血圧を下げたり、狭心症の症状を改善するお薬です。 主成分名: ニフェジピン徐放錠(1) 製薬会社: 沢井 薬価: 5. 60円 10mg1錠 主な作用 血圧を下げたり、狭心症の症状を改善します。 カルシウム拮抗薬とよばれ、心臓に酸素や栄養を送る冠血管、末梢血管を拡げます。 血管を収縮させるカルシウムが細胞内に入らないようにして血管を拡げ、血圧を下げるお薬です。 血管を収縮させるカルシウムが細胞内に入らないようにして血管を拡げ、狭心症の症状を改善するお薬です。 副作用 グレープフルーツジュースや、その他の柑橘類(ブンタン、ハッサク、ダイダイ、ザボンなど)の飲食で、血中の濃度があがって薬の作用や副作用が強くなることがあります。 服用上の注意 かまずにおのみ下さい。 血圧低下によりめまいなどがおこることがありますので、車の運転や機械の操作等にご注意下さい。 グレープフルーツジュースにより作用が強くなることがあります。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人は通常服用できません。 ニフェジピンL錠10mg「サワイ」 本体写真 ニフェジピンL錠10mg「サワイ」 包装写真.

次の

ニフェジピン製剤のアダラートLをセパミットRに変更して問題ないか?(薬局)公益社団法人 福岡県薬剤師会 |質疑応答

ニフェジピン

ニフェジピンは別名アダラート、セパミットなどの名前で呼ばれることもある、Ca拮抗薬です。 Ca拮抗薬は血管の細胞内へのCa(カルシウム)の流入を防ぐことにより、血管を広げる高血圧、狭心症の治療薬です。 ニフェジピンには通常のニフェジピン、ニフェジピンL、ニフェジピンCRの3つのタイプがあります。 一番古くから使用されているニフェジピンです。 カプセルと細粒のものがあり、効果が早く出るのが特徴です。 血圧を下げる作用、狭心症を改善する作用は強いですが、効果時間が短く副作用が出やすいという特徴もあります。 ただし、適応外ではありますが、アカラシアや小児の高血圧に使われるという利点もあります。 作用時間が短いこともあり通常の高血圧にはあまり適しません。 効能・効果 ニフェジピンの効能・効果は本態性高血圧、腎性高血圧、狭心症となっています。 本態性高血圧とは内臓疾患などの特定の原因がない高血圧のことで、主な原因は塩分の摂り過ぎや、動脈硬化など言われていますが、はっきりとした原因は不明です。 用法・用量 ニフェジピンは細粒、カプセル共に、通常15歳以上の成人は1回10mgを1日3回使用します。 「ニフェジピン」の作用時間を延ばしたものが「ニフェジピンL」です。 ニフェジピンLには錠剤とカプセル、細粒のものがあります。 副作用も通常のニフェジピンに比べ出にくくなりました。 ニフェジピンLは難治・重症高血圧によく使用されます。 効果・効能 ニフェジピンLの効能・効果は本態性高血圧症、腎性高血圧症、狭心症です。 用法・用量 ニフェジピンLは症状によって用法・用量が異なります。 狭心症 通常15歳以上の成人は1回20mgを1日2回使用します。 「ニフェジピンL」をさらに持続型に改良したものが「ニフェジピンCR」です。 ニフェジピンCRは錠剤のもののみとなります。 ニフェジピンCRには1日1回の使用で良いという特徴があり、副作用もさらに起きにくくなりました。 「ニフェジピン」「ニフェジピンL」に比べて効果が出るのはゆっくりですが、その分、効果が長く続くので毎日の血圧管理や狭心症発作の予防には非常に適しています。 効能・効果 ニフェジピンCRの効能・効果は高血圧症、腎実質性高血圧症、腎血管性高血圧症、狭心症、異型狭心症となっています。 異型狭心症とは冠攣縮性狭心症とも呼ばれ、血管の痙攣により心臓に栄養を送るための血管である冠動脈の血流が低下し、胸部症状、心筋障害が生じる狭心症のことです。 特に朝、安静にしている時に症状が出やすく、胸痛や息切れのほかに喉や胸、肩に違和感を感じることがあります。 ニフェジピンCRは使用すると血液内の濃度が高くなるピークが2回あるのが特徴です。 使用して約3時間以内に効果があらわれ、使用から約12時間後にもう一度、薬の血中濃度が高くなります。 1度の使用で効果が約24時間持続します。 用法・用量 ニフェジピンCRの用法・用量は症状によって異なります。 なお、1日40mgで効果が不十分な場合には、1回40mgで1日2回まで増量できます。 狭心症、異型狭心症 通常15歳以上の成人は40mgを1日1回使用します。 なお、症状に応じて増減はしますが、最高用量は1日1回60mgまでです。 以下に当てはまる方は全てのタイプのニフェジピンを使用できません。 ・ニフェジピンに対して過敏症があったことのある方。 ・妊娠20週未満の方または妊娠している可能性のある方。 ・心原性ショックの患者。 また、「ニフェジピンL」「ニフェジピンCR」は急性心筋梗塞の患者に使用できますが通常の「ニフェジピン」は使用できません。 副作用 全てのタイプのニフェジピンに当てはまる副作用として、日常生活では急な血圧の低下によるめまい、立ちくらみに注意が必要です。 また、頭痛や動悸、ほてり、低血圧、歯ぐきのはれなどが現れた場合は医師に相談してください。 舌下投与について 薬を舌の裏に入れ、吸収を待つ使用法を「舌下投与」といいます。 昔はニフェジピンを舌下投与する方法もありましたが、この方法は急激に血中の薬物濃度が上がるため、危険と判断され現在は禁止されました。 併用に注意したい薬や飲み物 ニフェジピンには一緒に飲む時には注意したい薬や飲み物があります。 ・ジゴキシン(薬) ジゴキシンの血中濃度が上昇することがあります。 もし、気分が悪い・吐き気がする、頭痛、視覚異常、不整脈などが現れたら医師に連絡してください。 ・シメチジン(薬) ニフェジピンの効果が強まってしまうことがあります。 急激な血圧の低下や頻脈などが現れたら医師に連絡してください。 ・グレープフルーツジュース ニフェジピンの効果が強まってしまうことがあります。 同時に服用しないように注意しましょう。 他にもニフェジピンと一緒に飲んだり、使用することで、影響の出ることがあるものもあるので、医師や薬剤師の説明をよく聞いて使用してください。 妊娠中・授乳中の使用 妊娠20週未満または妊娠している可能性のある方には使用できません。 また、妊娠20週以降の妊婦は治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用します。 授乳中の方は使用することを避け、やむを得ず使用する場合には授乳を中止してください。 高血圧症の方や血圧が高めと診断された方には、自宅などで血圧を毎日測定することをおすすめします。 病院での血圧測定では緊張により、普段より血圧が高くなることがありますので正しい数値が測れないことがあります。 また、来院時の1日だけの血圧を見るよりも、日々の血圧の変動を見ることの方が高血圧治療には重要です。 毎朝、血圧を測り血圧手帳などに記録して病院や薬局に提示することで、より正確な診断と治療方針を立てることができるのと、健康状態の変化を自分でも気付きやすくなれます。 そこで、自宅で簡単に毎日の血圧が測定できる、薬剤師おすすめの血圧計をご紹介します。

次の

ニフェジピン

ニフェジピン

()系のに分類される。 ()の治療に採用される。 重症 ()の治療にも使用できる。 早期陣痛に使用するとをより長時間使用でき、児の肺の状態を改善し、母体を高度医療施設に搬送する時間を稼ぐ事ができる。 速放軟カプセル剤 、徐放錠 、複合錠 がある。 商品名 アダラート。 開発コードBAY a1040。 一般的な副作用としては、 ()、、倦怠感、下肢腫脹、咳嗽、息切れがある。 重篤な副作用として、などが起こる。 妊婦を対象とした研究は充分にはされていない。 授乳婦への投与は推奨されない。 ニフェジピンは1966年にドイツで発見された。 米国では1981年に承認された。 日本では1976年に狭心症治療薬として発売され、1985年に高血圧治療薬として認可され、徐放・速放複合錠は1998年に発売された。 に収載されている。 効能・効果 [ ] 承認されている効能・効果は、(本態性)高血圧症、腎性高血圧症、狭心症、である。 高血圧 [ ] 長期にわたるおよびに適応を持つ。 高血圧の治療ガイドラインでは一般にやが好まれるが、55歳以上の患者ならびにアフリカ系アメリカ人の患者にはチアジド系利尿薬とカルシウム拮抗薬の併用が第一選択とされている。 ニフェジピン舌下投与は以前は ()の治療に用いられていた。 を服用患者の症候的または実測値的高血圧クリーゼに多く処方されていた時期がある が、危険性が認識される様になってからは使用されていない。 ニフェジピン舌下投与は末梢血管を拡張させて血圧を低下させる。 こうして低下した血圧は反射性頻脈や血管床での若干のをきたす。 脳虚血発作や脳梗塞、心筋梗塞、完全房室ブロック、死亡といったニフェジピン舌下投与の有害事象が多数、医学誌に投稿された。 米国は1995年に高血圧緊急症に対するニフェジピン舌下投与の有効性に関するあらゆるデータを検討し、安全性・有効性の両面の理由で舌下投与を避けるべきであると結論付けた。 例外として、における ()に関連した高血圧症の治療については使用が了解されている。 早期陣痛 [ ] ニフェジピンは ()として頻繁に用いられる。 ()との直接比較は実施されていない。 その他 [ ] の治療にニフェジピンがしばしば使用される。 8〜5回減少させた)が認められたが、メタアナリシスの対象となった研究は総じてニフェジピンの用量が少量であったとされた。 に対するニフェジピン ()は、硝酸塩の局所投与と同様に有効であることが示された。 ニフェジピンはである ()の治療薬としても用いられる。 そのほか、やを原因とする 痛みを伴う痙攣 の治療や、の患者の一部にも用いられる。 禁忌 [ ] ニフェジピンは、下記の患者には禁忌とされている。 製剤成分に対し過敏症の既往歴のある患者• 妊婦(妊娠20週未満)または妊娠している可能性のある婦人• 心原性ショックの患者• 急性心筋梗塞の患者(カプセル剤のみ) 副作用 [ ] 添付文書に記載されている重大な副作用は、(剥脱性皮膚炎)、、血小板減少、ショック、意識障害、肝機能障害、黄疸である。 発現率はいずれも0. ニフェジピンは速やかに血圧を低下させるので、患者は投与初期に眩暈や擬似発作を経験することが多い。 反射性にが発生することがある。 これらの副作用は徐放剤では少ない。 より新しい徐放剤(Gastro-Intestinal Therapeutic System、GITS)を用いて、血圧に対する効果を検証するINSIGHT臨床試験 や狭心症に対するACTION臨床試験 が実施されている。 ニフェジピン徐放剤は空腹時に服用すべきであり、やそのジュースはニフェジピンの血中濃度を上昇させるので特に避けるべきである。 その機序はいくつか考えられており、その中にはの阻害(活性低下)がある。 過量投与 [ ] 多くの人々が事故または故意によるニフェジピン過量投与で毒性を経験している。 毒性は経口投与でも非経口投与でも発生する。 症状としては、無気力、徐脈、血糖低下、意識消失が知られている。 入院患者の診断のため、または法医学での検死のために血中濃度を測定することができる。 血中濃度は通常液体クロマトグラフィーまたはガスクロマトグラフィで測定される。 開発の経緯 [ ] 当初は ()の( ())として発見された。 ニフェジピンの臨床試験の多くは1970年台前半に実施された。 ニフェジピンなどのカルシウム拮抗薬の使用量は、1995年の臨床試験でニフェジピンを服用した患者の死亡率が増加した事で激減した。 剤形 [ ] いずれも経口投与する製剤であり、カプセル(5mg、10mg)、L錠(10mg、20mg)、CR錠(10mg、20mg、40mg)がある。 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• The American Society of Health-System Pharmacists. 2015年12月19日閲覧。 2016年11月5日閲覧。 2016年11月5日閲覧。 2016年11月5日閲覧。 2015年12月25日閲覧。 バイエル. 2016年4月8日閲覧。 Corey, E. 2013. Hoboken, N. 172. WHO 2015年4月. 2015年5月10日閲覧。 Hypertension: management of hypertension in adults in primary care. Clinical guideline CG34. NICE , June 2006. Biological Therapies in Psychiatry 1997年3月. 2015年1月22日閲覧。 Grossman E, Messerli FH, Grodzicki T, Kowey P 1996. JAMA 276 16 : 1328—31. Varon J, Marik PE 2003. Critical care London, England 7 5 : 374—84. Campagnolo, DI. eMedicine. 2011年7月14日閲覧。 King JF, Flenady VJ, Papatsonis DN, Dekker GA, Carbonne B 2003. Flenady, Vicki. Cochrane database of systematic reviews Online 1 : CD002255. Thompson AE, Pope JE 2005. Rheumatology Oxford, England 44 2 : 145—50. Ezri T, Susmallian S 2003. Dis. Colon Rectum 46 6 : 805—8. Ali, Mir Omar and Qazi, Samia 2007年9月19日. eMedicine. 2007年11月25日閲覧。 Lancet 356 9227 : 366—72. 2000. Cardiovas Drugs Ther 20 1 : 45—54. Journal Clinical Pharm Ther 30 2 : 153—8. 2005. Nifediac package insert, TEVA Pharmaceuticals, Sellersville, Pennsylvania, August, 2009. Baselt, Randall C. 2008. Disposition of Toxic Drugs and Chemicals in Man. Foster City, CA: Biomedical Publications. 1108—1110. Luther, James M. 2014. Current Opinion in Nephrology and Hypertension 23 5 : 456—461. Arzneimittel-Forschung 22 1 : 1—14. 1972. Furberg CD, Psaty BM, Meyer JV 1995. Circulation 92 5 : 1326—31. Opie LH, Messerli FH 1995. Circulation 92 5 : 1068—73. 外部リンク [ ]• (英語).

次の