タモリ コロナ。 タモリを新型コロナから守れ!『Mステ』生放送3時間でテレ朝がとる“万全の対策”

緊急コロナ警鐘!タモリの“3密”な生放送がいよいよ数時間後に

タモリ コロナ

《金曜日のMステ3時間SPなんて密度大丈夫なのか》 《Mステ生放送 タモリさんが年齢的に心配》 《タモさんが絶対にコロナにならない対策をとっているってことだよね?》 《けんさんに続いて今後タモリさんもコロナにやられたら立ち直れない…》 4月3日に放送される『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を、いや、司会を務めるタモリを心配する声がSNS上でやまない。 「 今回は3時間スペシャルで、出演アーティストも総勢100人近くになります。 通常通りの内容であれば、タモさんとのトークも楽しみの一つ。 業界に衝撃を与えたのが、3月29日に急逝した志村けんさんだ。 「体調に不安があったとはいえ70歳という若さでの死は、新型コロナの恐ろしさを伝えるにはじゅうぶんで、けっして他人ごとではないことを広く知らしめました。 健康には人一倍気を使っているイメージが強いタモリさんですが、それでも今年で75歳を迎える高齢者です。 感染すれば万が一のこともあり得ますし、多くの出演者が揃う番組では感染リスクも高まるのです。 また出演者の中には、椎名林檎さん率いる『東京事変』など、新型コロナ関係で騒動を起こしたアーティストの名前も連なっています。 そんな彼を心配する冒頭の声の数々だが、「タモリを守れ!」と言わんばかりの対策案も話題に。 《他の出演者との共演は避けて演者と別のスタジオで声だけのやり取りで済ませた方がいい》 《雛壇なしとかトーク短めとか》 《バーチャルタモリにしてほしい》 みなタモリの無事を願っているのだ。 では、実際にMステ放送にあたってどんな感染防止対策がとられているだろうか。 テレビ朝日広報部に聞いてみると、番組は「生放送」として、 《 検温、マスク着用、消毒の徹底、マイクを共有しないなどの対策を行っています。 その上で、3つの密(密閉・密集・密接)が重なることがないように十分配慮して臨んでいます。 テレビ朝日では、原則すべての番組において観客なしの収録を行っており、明日も観客なしでの放送です》 と、無観客での放送をはじめ、タモリはもちろん、出演者やスタッフを感染から防ぐ対策が取られているようだ。 「 志村さんの件はもちろん、演者やスタッフの感染を受けて、各局があらためて現場に新型コロナ対策の徹底を指示しているといいます。 もっとも避けなくてはいけないのが、番組からクラスター(感染者集団)を出すこと。

次の

Mステのタモリを新型コロナ感染から守る対策が馬鹿過ぎる!収録中止しろ

タモリ コロナ

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、が定点観測する連載コラム『月刊 レジーのMステ定点観測』。 4月のMステは3日の3時間スペシャル、および1時間の通常放送が17日、24日の2回。 今月の当連載は、まずはMステに訪れた緊急事態についてお届けします。 ずいぶんと離れて立っているふたりの映像はかなり異様なもので、この状態で番組を続けられるのか? と不安が募った矢先、4月7日に緊急事態宣言が発令され、さらに4月12日にはテレビ朝日「報道ステーション」のキャスターが新型コロナウィルスに感染していたことが発表されました。 従来のスタジオ生放送での番組作りを断念せざるを得なくなったMステは、17日と24日については過去の放送を中心に構成した内容を放送。 一方で、17日と24日の放送を観た限りでは、「本当にそれしかできないんだろうか?」という疑問も浮かびました。 過去映像を使うのであれば、もっと異なる切り口が必要となるように思います。 スカパラ、宮本浩次、aiko、乃木坂46の素晴らしいパフォーマンスも とはいえ4月のMステにも見どころはありました。 というわけで、最後に4月3日の3時間スペシャルにおける素晴らしいパフォーマンスの様子を。 最近Mステのあらたな常連になりつつある東京スカパラダイスオーケストラと宮本浩次。 スカパラは番組のラストにaikoとともに登場し、コラボ曲「Good Morning~ブルー・デイジー feat. aiko」を披露。 明るさと切なさが入り混じるまさにこの2組がコラボしたからこそ! という感じの楽曲を、笑顔で届けてくれました。 宮本浩次は高橋一生に提供した「きみに会いたい -Dance with you-」のセルフカバーと、番組企画の一環として松田聖子「赤いスイートピー」のカバーを熱唱。 バンドの時とは異なる甘い歌声で、ボーカリストとしての懐の深さを見せてくれました。 バンドとしては実に8年ぶりの出演となった東京事変は、2009年の楽曲「能動的三分間」と映画主題歌となっている「永遠の不在証明」を披露。 前者ではこの楽曲ではお馴染みなった3分間のタイマーを背景に映し出す演出で、曲のスリリングさを加速させていました。 卒業シングル「しあわせの保護色」に加えて、初めて彼女がセンターを務めた「ガールズルール」、レコード大賞も受賞した「シンクロニシティ」の3曲を披露しました。 放送後、卒業ライブの中止に伴い乃木坂46からの卒業延期が発表されたため、もしかしたらこの先再びMステに登場する機会もあるかもしれませんが、過去の出演の紹介も含めてメモリアルな放送になったのではないでしょうか。 次回のMステは5月1日。 Aiko 【2020年4月17日放送分】 春うた30年の名曲ヒストリーを大特集 【2020年4月24日放送分】 胸がキュンとする恋うたランキングを大発表.

次の

志村けんショック! タモリ&たけし&さんまがコロナ厳戒態勢

タモリ コロナ

閉じる 志村けんが3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎のため死去した 享年70。 志村の訃報を知った国民は、新型コロナの恐ろしさをあらためて思い知らされた格好だ。 現在、各民放キー局やプロダクション、制作会社のスタッフは『志村さんの死を絶対に無駄にはしない!』を合言葉に番組制作体制を見直し始めている。 「テレビ朝日、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ東京などは報道番組も含め、局員の約7〜8割近くを在宅勤務にしている。 スタジオ収録はスタッフの距離を最低2メートル離し、15人以下にするなど厳しい条件が付いた。 ひな壇も2人分ずつ空けて座ることになったほど」 某プロデューサー 当然、ビッグ3への対応も厳戒態勢さながらだ。 最高齢のタモリは『タモリ倶楽部』『ブラタモリ』などの番組を抱えている。 「外ロケが必然の『ブラタモリ』はコロナ騒動が落ち着くまで基本中止で、スタッフとの打ち合わせはマネジャーが代行する」 同 『ビートたけしのTVタックル』など計6本のレギュラーを抱えるたけしは、 「『新・情報7DAYS ニュースキャスター』の生番組を抱えているため、コロナ対策は万全。 スタッフと距離を置き、楽屋と会議室に設置されたテレビ電話で会議を行っている。 機材がそろっていないときは、たけしのロールスロイスの車中から携帯のテレビ電話で打ち合わせをしていたときもあったそうです。 収録が始まるまでスタジオには来ない」 放送作家 3人の中で一番若いさんまは『踊る!さんま御殿!! 』『痛快!明石家電視台』など4本のレギュラーを持っている。 「以前は、マスクを嫌がっていた。 でも、志村さんの訃報を聞いて渋々スタッフの言うことを聞くようになった。 さんまは『囚人になった気分やな〜』と言って笑いを取っているが、どこか元気がない。 スタジオには空気清浄機が20台近く置かれ、酸素マスクも用意されています」 テレビ関係者 志村ショックは大きい。

次の