私の家政夫ナギサさん 動画 無料。 ドラマ『私の家政夫ナギサさん』見逃し動画を無料視聴する方法【1話~最終話まで全話フル配信】|ドラマ動画の旅猫チャンネル

私の家政夫ナギサさん|2話見逃し動画無料視聴はこちら【7/14配信】

私の家政夫ナギサさん 動画 無料

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の作品概要・あらすじ 出典: TBSでは火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で『私の家政夫ナギサさん』を放送することが決定した。 原作は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)発のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」(著者:四ツ原フリコ)。 ソルマーレ編集部少女漫画レーベル「恋するソワレ」にて連載中の人気作品で、WEBコミックがTBS連続ドラマの原作となるのは初めての試みである。 物語の主人公・相原メイ(あいはら・めい)は、製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマン。 仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。 そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサ(しぎの・なぎさ)が突然現れる。 おじさんの正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫だった! 見ず知らずの男性、ましてやおじさんが家にいるなんて絶対イヤ! と最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく。 そんな中、仕事ではメイの前に強力なライバル・田所優太(たどころ・ゆうた)が出現する。 この強敵を前に、成績優秀で負け知らずだったメイは大ピンチに。 そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。 ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。 一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現!突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。 しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。 出典: 「私の家政夫ナギサさん」第1話の口コミ・評判 スピンオフ「私の部下のハルトくん」第1話のあらすじ 相原メイが働く製薬会社に新入社員の瀬川遙人(せがわ・はると)がやってきた。 社会人1年目、右も左もわからない遙人にいきなり試練が…。 会社のエースで誰よりも仕事ができる相原メイが遙人の指導係に!! 早速メイの仕事に必死でついていくも、たった1日で心が折れてしまった遙人は「この仕事向いてません…」と言う始末。 そんなイマドキ男子の遙人くんが一人前の社会人になるまでを見守る、プチ成長物語が始まる!本編では描かれない、イマドキ新入社員ならではの悩みや葛藤、恋愛事情が盛りだくさん!ぜひ本編と合わせて、お楽しみください! 出典: スピンオフ「私の部下のハルトくん」第1話の口コミ 「私の家政夫ナギサさん」第2話のあらすじ 家政夫のナギサ(大森南朋)さんと手を繋いだまま眠ってしまったメイ(多部未華子)は、衝撃の事実にパニック状態に陥る。 さらに天敵の田所(瀬戸康史)が隣人であることが判明!ライバル会社のMRが隣の部屋に住んでいたとは…。 動揺が収まらない中、今度はメイの母・美登里(草刈民代)が家にやって来た。 家政夫の存在を母に知られたくないメイは、ナギサさんを隠すのに奮闘。 必死にごまかそうとする。 そんな中、メイは同僚の陶山薫(高橋メアリージュン)の計画で、田所と合コンすることに。 渋々参加するメイだったが、田所が急接近してきて…!? 出典: 「私の家政夫ナギサさん」第2話の口コミ・評判 「私の家政夫ナギサさん」第2話の感想 相原メイ(多部未華子)がライバル視している田所優太(瀬戸康史)との関係性に少しだけ進展があった第2話。 仕事の方についても、メイが営業している薬の取り扱いが決まり、順風満帆といったところで、今回はあまりナギサさん(大森南朋)の出番がありませんでしたね。 個人的にはナギサさん(大森南朋)の優しさと妙に胡散臭い感じがたまらなく好きなので、もっとメイ(多部未華子)と関わり合ってほしいなと思います。 突如、母親である相原美登里(草刈民代)がメイ(多部未華子)の自宅に忘れたストールを取りに来ることになり、散らかった部屋を見せるわけには行かないとの思いから、スポット対応でナギサさんに依頼しました。 やはりここでもメイが足を滑らせて転びそうになるお決まりの描写。 そしてタイミング悪く母親である美登里が玄関ドアを開けてくるという展開。 原作が漫画なだけに展開はテンポよく、そして先が読めるのですが、俳優陣の演技がとてもおもしろく、何も考えずに見られるので今回も楽しませていただきました。 田所優太(瀬戸康史)とナギサさん(大森南朋)、どちらにもフラグが立っている状況ですが、今後どうなるのか楽しみです。 スピンオフ「私の部下のハルトくん」第2話のあらすじと口コミ スピンオフ「私の部下のハルトくん」第2話のあらすじ 天保山製薬のライバル会社・アーノルド製薬のMR・田所(瀬戸康史)と合コンがしたい陶山薫(高橋メアリージュン)。 それを知った天馬(若月佑美)と堀江(岡部大)は、我こそは合コンの達人!と言わんばかりに、初心者の遙人に合コン必勝法を伝授しようとする。 そして、行きつけの薬膳居酒屋で、店の看板娘・吉川かりん(夏子)を巻き込んだ合コンの予行練習が繰り広げられる! 出典: スピンオフ「私の部下のハルトくん」第2話の口コミ 「私の家政夫ナギサさん」第3話のあらすじ メイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)さんが一緒にいるところへ、予定より早くメイの母・美登里(草刈民代)がやって来た。 メイは、ナギサさんが家政夫で、美登里とは絶縁状態にある娘・唯(趣里)と同じ家事代行サービスで働いていること。 そして自分が母に似て、家事全般が苦手であることを告白する。 ナギサさんに「仕事と家事の両立を目指す!」と宣言したメイは、翌朝から仕事同様、家事に奮闘! しかし、まったくうまくいかず、ストレスはたまる一方。 己の掃除・料理への適応力のなさに絶望するしかなかった。 そんな中、メイはライバル会社のMR・田所(瀬戸康史)から食事に誘われる。 肥後(宮尾俊太郎)への提言など、田所に恩があるメイは、少しずつ田所に心を開き始めるのだが…。 出典: 「私の家政夫ナギサさん」第3話の口コミ・評判 2020年7月21日 火曜日放送予定です。 「私の家政夫ナギサさん」第3話の感想 市立隅田川高等学校の2年B組の桐谷修二(亀梨和也)は、表向きは明るく、クラスでも人気者的存在。 しかし、根底では周囲の人間をバカにするような冷めた性格で、普段表に見せている姿は本来の姿ではなく、演技をしているだけ。 新学期でもない時期の外れに突如、修二(亀梨和也)のクラスに転校生がやってきた。 その転校生・小谷信子(堀北真希)は、無口で人と関わったり笑ったりする事が苦手で、ひとことでいえば「いじめられて転校してきた」ような、修二からすれば底辺の部類の人物だった。 当初は彼女に興味を持っていなかった修二(亀梨和也)であったが、やがて小谷(堀北真希)が挙動不審さからいじめの対象になり、深刻な暴力さえ受けるようになってからは彼女を気にするようになった。 修二(亀梨和也)は本気で彼女(堀北真希)を心配しているわけではなかったが、退屈しのぎの「ゲーム」として、いじめられっ子の小谷(堀北真希)を人気者にさせる「プロデュース」をすることにした。

次の

ドラマ『私の家政夫のナギサさん』見逃し動画配信を1話から最終回まで無料で視聴する方法!

私の家政夫ナギサさん 動画 無料

最新の配信状況や料金はでご確認下さい。 『私の家政夫ナギサさん』作品紹介 4月スタート! 火曜ドラマ「」情報解禁です! 働き盛りで仕事に一直線!だけど家事と恋は不器用な28歳の独身女性がおじさん家政夫を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディ! メイの誕生日、メイが家に帰るとエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサ(大森南朋)がいます。 追い出そうとしますが、そのおじさんは洗濯・料理・掃除など家事全般を完璧にこなすスーパー家政夫だったのです。 メイは自分が家事ができないことを認識しており、ナギサが家事をやってくれると聞き、ナギサを家政夫として雇い一緒に生活することになります。 一方、メイのライバル製薬会社で働く田所優太(瀬戸康史)は、取引先と巧に信頼関係を築いていきます。 そんな田所にライバル心を燃やしたメイは、何とか巻き返そうとがんばりますが、田所の爽やかな感じに心が揺れ動いていきます。 ドラマ『私の家政夫ナギサさん』は、仕事はバリバリでも家事や恋愛に苦労しているアラサー女子とおじさん家政夫、ライバルとの関係がコミカルなタッチで描かれています。 私の家政夫ナギサさん』の原作 ドラマ『私の家政夫ナギサさん』のは、四ツ原フリコさん原作のマンガ作品です。 現在、ソルマーレ編集部の〈恋するソワレ〉レーベルコミックシーモアで、配信されています。 コミックシーモアはウェブでマンガ配信をしており、『私の家政夫ナギサさん』は人気作品になっています。 ウェブで掲載されているマンガがドラマ化されるのは初めての試みということで、仕上がりが期待されます。 私の家政夫ナギサさん』の主題歌 『私の家政夫ナギサさん』の主題歌は、あいみょんさんの『裸の心』です。 あいみょんさんの10枚目シングルとして2020年6月17日に発売。 あいみょんさんは、兵庫県西宮出身のシンガーソングライター。 レーベルunBORDEの社長に紹介され、幅広い詩や曲を作っており、息の長い活動をされています。 あいみょんさんによれば、2017年に作られた曲でとても思い入れのある曲だそうです。 ドラマへの起用も初めてのことで、皆に受け止めて欲しいとコメントされています。 tbs. 仕事はバリバリこなしますが、家事も恋愛もおろそかになっている28歳独身女子。 多部未華子さんは、直近では『これは経費では落ちません』など数々のドラマやCMに出演されています。 私生活でも2019年に写真家の熊田貴樹さんと結婚しノリにのっている女優さんです。 鴫野ナギサ(しぎの なぎさ)/大森南朋 メイの誕生日に現れた謎の家政夫おじさん。 料理や家事を完璧にこなすスーパー家政夫。 大森南朋さんと言えば『コウノドリ』で小児科医の役どころを演じられ、とてもマジメなイメージですよね。 そんな大森さんがコミカルな役柄であるおじさん家政夫をどのように演じられるのか楽しみです。 田所優太(たどころ ゆうた)/瀬戸康史 競合製薬会社のMRで、メイのライバル。 取引先と巧に信頼関係を構築するやり手のMR。 仕事だけではなくメイと関わっていきます。 駒木板 春夫(こまきいた はるお)/飯尾和樹(ずん) 医薬品卸会社「しろくまメディカル」の営業課長。 メイを応援しています。 吉川かりん(よしかわ かりん)/夏子 メイが働く会社のメンバー行きつけのお店「万薬の長」で働く定員。 肥後菊之助(ひご きくのすけ)/宮尾俊太郎 メイがMRとして取り引きのある「肥後すこやかクリニック」の医師。 相原美登里(あいはら みどり)/草刈民代 メイの母親。 自分は専業主婦になり、働くことができなかった分、メイに自分の夢を背負わせている。 福田 唯(ふくだ ゆい)/趣里 メイの妹。 姉想いで、汚い部屋に住む姉を心配し、家政夫を手配する。 陶山薫(すやま かおる)/高橋メアリージュン メイの同僚であり、友人。 婚活中で、すぐに合コンをしたがる。 瀬川遙人(せがわ はると)/眞栄田郷敦 新入社員。 メイが教育係となるが、ライバル会社の田所を尊敬しつつある。 古藤深雪(ことう みゆき)/富田靖子 天保山製薬横浜支店の女性支店長。 メイに期待をしている。 堀江耕介(ほりえ こうすけ)/岡部大(ハナコ) メイの同僚で同じチームのメンバー。 『私の家政夫ナギサさん』みどころ ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の見どころは、仕事はバリバリこなすのに家事や恋愛はイマイチという、一見完璧そうに見えても人にはどこか抜けているところもあるんだと、視聴者に親近感をもたらしてくれるところではないでしょうか。 そんなメイがスーパー家政夫、鴫野ナギサの登場によって、心が変化していきます。 家政婦と言えば女性のイメージが強いのですが、あえて男性にすることで、現代の男女間の差をなくしたり、意外性が逆に視聴者の心をくすぐります。 そして爽やかイケメンの瀬戸康史さんが、メイとどんな風に絡んでいくのかも見どころです。 『私の家政夫ナギサさん』を通して、視聴者と等身大の女性がどのように人生を生きていくのか、とても面白味のあるドラマだと思います。 『私の家政夫ナギサさん』1話から最終回までのあらすじ・感想 ここからはネタバレを含む、あらすじや感想をまとめていますので、これから視聴される方はご注意下さい。 第1話あらすじ・ネタバレ 天保山製薬のMRである相原メイ 多部未華子 は、仕事はできるが家事はできず、部屋は散らかり放題で生活していました。 メイは28歳の誕生日を迎え、漠然と恋愛・結婚を意識するようになりました。 しかし、新しい支店長 富田靖子 にチームリーダーや教育係などを任され、恋愛や結婚がますます遠ざかりそうな予感。 そんな中、妹の唯 趣里 に、家政夫の鴫野ナギサ 大森南朋 を紹介されます。 唯は仕事ばかりしている姉の散らかり放題の部屋や食生活などを心配し、誕生日プレゼントとして家政夫さんに来てもらうように手配をしました。 一方、仕事では強力なライバルであるアーノルド製薬の田所優太 瀬戸康史 が現れます。 そして、メイが力を入れて営業をかけていたクリニックの契約を田所に取られてしまいます。 落ち込んだメイは会社を早退し、家でお酒を大量に飲んで荒れていました。 家政婦のナギサさんが寝ていたメイをベッドまで運ぶと、メイは「お母さん行かないで・・・」と泣きそうな声でナギサさんの手を取ります。 ナギサさんは困惑しつつも、ベッドの横に腰掛けメイの手を握り、そのまま2人は朝を迎えます。 第1話感想 久しぶりの多部未華子主演のドラマと、楽しみに見ました。 キャストがいいですね。 彼女の生き生きとした表情がこちらの気持ちも上げてくれます。 田所を演じる瀬戸康史は、さわやかで信頼できる、きりっとした雰囲気のMRがよくあっています。 メイが教育係となった新人瀬川遥人を演じる眞栄田郷敦は、屈託のない素直な青年を自然に演じていて好感度大です。 また、バレエダンサーながら、医者を演じる宮尾俊太郎は、いるいるこういう先生というはまり役でした。 「お母さんになりたかった」というおじさん家政夫ナギサですが、男性としてこれまで生きにくい時もあったのではと思わせます。 大森南朋が見せる、少し屈託のある表情がうまいなあと思います。 お試し期間を終えたナギサさんは、もうメイとの関係は途絶えてしまうのかなと思ったけど、お母さんのおかげでスポット契約取り交わしましたね。 まぁナギサさんのお試し終了後にまた散らかしてしまった部屋に急遽母親が来宅と言う流れになったので、ここはひとまずお母さんありがとうですね。 第2話あらすじ・ネタバレ 仕事の失敗で落ち込むメイは寝ぼけて、ナギサの手を握ったまま朝を迎えてしまいました。 目が覚めて目の前にナギサがいることに驚いたメイは取り乱します。 すると、部屋のインターホンが鳴りメイの母親がやってたことにメイは驚きます。 母からのメールをすっかり忘れていたのでした。 部屋にナギサがいる状況や、家政夫を雇っていることを母親に知られたくないメイは、必死でナギサの存在を隠します。 しかし、ナギサは音を出してしまったり、声を出してしまったりと、バレそうな危機が何度も訪れます。 仕方なくメイは母に職場を見せると約束し、部屋から連れ出すことに成功するのでした。 駅に向かう途中で、ライバル会社アーノルド製薬の田所に出会ってしまいます。 母に余計なことを聞かれたくないメイは、早々に話を切り上げ田所と別れ、母を送り届け出社しました。 会社のミーティングでメイは、自身の営業の失敗を謝罪します。 しかし上司も同僚も、メイを責めることなくアギサルをPRするための講演会を開くことを決めました。 支店長である古藤にも報告するメイに対し、古藤は昇進試験を提案します。 リビングでパソコンに向かった状態のまま寝ていたメイは、けたたましいアラーム音で目が覚めます。 もちろん目覚めも悪く、お昼ご飯は栄養ゼリーで済ます生活に戻ってしまいました。 講演会の講師を探すメイですが、なかなか見つからず焦ります。 そこに田所が現れ、瀬川が情報交流会の約束を勝手に取り付けてしまいます。 メイのジャケットのボタンを持ち帰ってしまったナギサは、マンション前でメイの帰宅を待っていました。 メイと再会し、ナギサはボタンを返そうとするも見つからず、探している間に田所が帰ってきてしまいます。 逃げるようにメイは、ナギサを連れて家に入ります。 部屋に入ったナギサは、たった数日間で汚い元の姿に戻ってしまった部屋を見て驚きます。 ナギサはボタンを縫うことにします。 その間、勉強をしているメイは、同じ空間にナギサがいることに安心感を覚え、仕事の悩みを打ち明けます。 その相談にナギサはメイの気持ちに寄り添い、そっと背中を押すようなアドバイスを与えました。 ナギサにボタンをつけてもらった勝負服のジャケットを羽織り、ナギサに見つけてもらったイヤリングをつけメイは仕事に向かいます。 メイは自社のアギサルを採用していない肥後のもとに、再度営業を行いました。 前回の反省を活かして、通院している患者さんのニーズに応える営業を行ったところ良い返事をもらうことができたのでした。 夜、情報交換会に参加したメイですが、結局合コンのような感じになってしまい仕事の話ができなかったので、落胆しながら帰っていました。 そこで、帰り道が同じ方向の田所に話しかけられ、もう1件誘われます。 田所は他社のMRはライバルではなく、一緒に切磋琢磨したいと語り、メイも徐々に心を開き始めるのでした。 翌日、ストールを忘れたため家に取りに行くとメイのもとに母からメールが届きます。 部屋はごちゃごちゃに汚れていたので、メイは部屋の掃除をナギサにお願いすることにしました。 仕事では一度不採用になった病院で、メイの会社のアギサルを採用してもらえることになり喜ぶメイ。 マンションに帰るとナギサと妹の唯が待っていました。 スポット契約を済ませると、母と疎遠になっている唯はさっさと帰ってしまいます。 掃除を頼まれたナギサはとても嬉しそうに仕事を始めます。 散らかった部屋で足を滑らせたメイを素早くナギサがかばい、2人は一緒に倒れてしまいました。 そこに、母が玄関のドアを開けて入って来るのでした。 第2話感想 仕事を頑張る今時アラサー女子に親近感が湧きました。 仕事はバリバリ、私生活は干物女、親近感湧く方は多いと思いました。 個人的には主人公の妹とお母さんの関係がどうなっていくのだろうと、恋の行方、ナギサさんとの関係が今後も気になりました。 『私の家政夫ナギサさん』まとめ 『私の家政夫ナギサさん』は原作がアニメということで、最近の流れにのっているドラマだなと思いました。 マンガを実写化するのは、読者のイメージを壊さないようになるべくマンガに忠実にするのか、それとも初めて見る視聴者よりにして、実写ならではの新鮮さを全面にだすのか分かれますよね。 ストーリー設定は、確かにマンガらしい気がします。 多部未華子さんや大森南朋さんが、今までの役どころとは違った役を演じられているのがとても新鮮です。 まだ、連載中のマンガなので、どのような結末になるのか楽しみにしたいと思います。 \『私の家政夫ナギサさん』を今すぐ観る!/.

次の

「私の家政夫ナギサさん」フル動画【第1話】無料で見逃しドラマ視聴!「多部未華子/大森南朋/瀬戸康史」

私の家政夫ナギサさん 動画 無料

Paraviのメリット• 2週間の無料お試し実施中!• CM無し!ドラマを快適に思う存分楽しめる。 スマホやタブレット、パソコンなどテレビ以外で楽しめる。 TVerは無料だが快適さにかける 民放テレビ局により作られた公式テレビポータルサイト「」でも、『私の家政夫ナギサさん』を無料で視聴することができます。 TVerの特徴はドラマ放送の終了後、約7日間はTVerにて『私の家政夫ナギサさん』を視聴可能ということ。 Paraviでは『私の家政夫ナギサさん』が全話見放題に対して、Tverは各話の放送後そのエピソードが7日間の期限となっているため、全話を見返すことができません。 またTVerではドラマの途中にCMが挟み込まれており、CMを飛ばすことができません。 CMの時間が長いこともあり、快適な視聴ができるとは言えません。 ドラマ『私の家政夫ナギサさん』のあらすじ 製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。 そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた! その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。 ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。 一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現! 突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所に、メイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。 しかも田所はライバルだというのに、爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。 ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の再放送の予定に関しましては、地域各放送局の情報を待って更新いたします。 ドラマ『私の家政夫ナギサさん』を9tsuやPandoraで観ることはおすすめできない ドラマ『私の家政夫ナギサさん』が違法にアップロードされている動画サイトとして、『9tsu』や『Pandora』があります。 9tsuやPandoraにアップロードされているドラマ『私の家政夫ナギサさん』は著作権を侵害したものであり、視聴は決しておすすめできません。 また、違法にドラマ『私の家政夫ナギサさん』がアップロード動画サイトは、ウィルス感染のリスクがあります。 過去においては、Pandoraがウィルス感染の攻撃を受けたウェブサイトとして名前が挙がっており、ユーザーの銀行情報が狙わえたということがありました。 Pandoraにおいてはウィルス感染における発表はなく、依然として安全利用できるサイトとは言えません。 ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の動画を早く観たい!みんなの期待の声.

次の