早坂 白銀。 かぐや様は告らせたい84話感想 白銀はジャイアンではなくしずかちゃん

早坂愛

早坂 白銀

プロフィール 誕生日 血液型 家族構成 父・妹・(母) 身体的特徴 目つきが悪い 所属 私立秀知院学園高等部2年B組 部活動 無所属 欲しい子供の数 野球出来る人数 好きなこと ヒップホップ 天体観測 所持資格 小型船舶運転許可証、原付免許、英検準一級、漢検二級、危険物乙4種、ひよこ鑑定士 CV 演 概要 本作の。 秀知院学園高等部2年、第67~68期。 校内模試では不動の学年一位、全国模試学年二位の秀才で、その模範的な振舞いと鋭い目つきから学院中の生徒から尊敬と畏怖を集める存在。 副会長であるとは周囲の生徒から噂されるような関係であり、白銀も満更でもなかったが、 四宮がどうしても付き合ってほしいというなら付き合ってやらなくもないという上から目線の態度で受け身で居続けた結果、半年間何も進展がなかった。 これにより「付き合ってやってもいいから何としても相手に告らせる」と決意し、白銀とかぐやの恋愛頭脳戦の幕が上がることになる。 人物 秀知院では少数派の外部からの入学生であり、白銀自身も裕福な家庭ではなく日々バイトをして家計を助けている。 なお、「バイトは社会経験の一環」とも捉えているため、あちこち転々としているとの事。 そのため、かぐやはバイト先で待ち伏せが出来ない。 生徒会長としての職務・バイト・学業などハードな日常を送っているせいか慢性的に寝不足で、カフェインが切れるとすぐに寝入ってしまう 目つきの悪さも寝不足のせいである。 生徒会長として生徒会の面々や他の組織に負担をかけさせない仕事のやり方を方針としており、利己のために他人を傷つける行為を許さないという信念を持つ善良で優秀なリーダー。 秀知院の生徒会長に代々受け継がれる純金飾緒を付けるため、任期の間は季節に関係なく学ランで過ごしている。 (戦没者の遺品から作ったものらしくいろんな意味で重い) 外部入学から生徒会長に当選したのは白銀含め過去三人しか居らず、当選間もなく転校や日本に住むのが難しくなったりと任期満了かつ二度の当選は白銀が学院史上初である。 部活連会議が特に鬼門であり、かぐやよりヤバい事するVIPが勢揃いしている。 お人好しで努力家、ナイーブで傷つきやすく、ちょっと女々しいところがある。 目つきが悪いのがコンプレックス。 非常に奥手でプライドが高く、恋愛経験は皆無だが「自分はモテる」という強い自信を持っている 作中ナレーション曰く 「モンスター」。 実際モテるのだが、勉強を始めとする全ての難関に対し病的なまでに努力を重ねる様子はもはや変人の域に片足を突っ込んでさえいるからか、萌葉など色物から想いを寄せられることが多い。 やや場当たり的でロマンチックな一面があり、四宮に対して気障なセリフを吐いては、後になって悶絶することもしばしば。 前生徒会長から言われたように、客観的に見てもルックスは悪くないらしい その頃は目つきは悪くなかったが。 金髪なのは原作由来の漫画的表現であり、もちろん純日本人である。 (一応毛色はやや明るめ) かぐや同様、彼もまた相当な食わせ物であり、窮地を脱するためには相手の動きを逆手に取るような大胆な手を使うことも。 目的のためには並々ならない努力も惜しまず、どんな状況にも対応できる入念な準備、時として瞬間的な閃きを駆使して、四宮の策略を切り抜けていく。 基本的には善良な人間であり、困っている人は誰であっても見捨てられず、身内や他人の区別なく損得勘定抜きに手助けしようとする。 学年一位の成績を死守するために必死に努力しているが、これは二位のかぐやに絶対に負けないためでもあり、大財閥の令嬢であり天才の四宮と対等の存在でありたいと強く思っているため。 後述の弱点も、かぐやにはかっこいいところを見せたいと思っているため、中々見せられないでいた。 父親が職業不定であることや超進学校に在籍する自身と妹のため、金銭面でかなり切り詰めた生活を送っており、白銀自身も「どケチ」「倹約趣味」と言われている。 普段は居酒屋、長期休暇には引越し屋でもバイトしており、彼の基礎体力の高さを支えている。 だがクリスマスの圭へのプレゼントや、生徒会での打ち上げ、クラスメイトとの付き合いには多少の出費は厭わない面も見せており、「使うべき時に使う」スタンスと考えられる。 趣味 作中で明言されている趣味は。 曰く、「 フリースタイルラップは非常に文学的」「 インテリジェンススポーツ」と称しており、その知識に関しては芸術方面に一家言ある藤原を軽く凌ぐほど。 しかし後述する弱点の項目にもある通り、本人にはリズム感や音程が無く、特訓回でラップができる様になるまでは人前で披露できるようなものではなかった。 このことは本人も自覚しており、他人にヒップホップが趣味であることを隠してしまうほどだった。 その下手くそは数ある苦手分野の中でもトップクラスであり、最初に白銀のラップを聞いた早坂はその余りの下手くそさにカラオケボックスでぶっ倒れ、そのまま白銀が目を離した隙に逃げ出し、藤原からは「あやまれ。 音楽と全ての表現者にあやまれ」「下手とか不快とかそういう話じゃないです。 嫌いこんな歌を歌う人の人間性がまず受け入れられない」とこき下ろされ、妹の圭に至っては藤原に 息の根を止めてほしいと連絡したほど。 また、明確な趣味というわけではないが、天文学への造詣も深く、子供の頃は天文学者になりたいと思っていたほど夜空の星が好きで、絶好の月見日和にはハイテンションで生徒会メンバーでお月見会を開いたほど。 天体観測をしている時の白銀は、かぐやを相手にしても何の打算も衒いもなく、自然と紳士的なエスコートをしてしまうほど邪心が無くなる。 また、彼の脳内の妄想によるロマンチックなたとえには、星の知識が多用される。 弱点 非常に多い。 表面上は弱みを見せず、秀知院の生徒から何でもできる万能で近寄りがたい存在として見られるように振舞っているが、実際にはその場で誤魔化したり隠したりしているだけで、中には そもそも苦手意識すら持っておらず、指摘されるまで苦手だとは気づかなかったものもある。 外見から受ける印象や振る舞いとは裏腹に、技術的な意味では割とダメな子。 しかし彼は、苦手なものに直面する度に克服しようと必死に努力しており、いざその技術が必要とされれば、何の苦もなく行っているように見せかけている為、白銀のな本性を知る人間は少ない。 現在発覚した主な弱点。 泳げない(未克服)• 虫が苦手(神仏に祈りを捧げる)• 運動音痴(バレーボールは克服)• 音痴(だいたい克服)• 生の魚が捌けない(特訓はしたが未実践)• ダンスができない(克服)• ラップができない(克服)• 私服がダサい(中二病全壊)• バルーンアートが作れない (克服)• 社交ダンスができない(今のところ予告段階)• コーヒーが淹れられない(未克服) etc... 応用力が低く、似たような分野で苦戦する事も多々ある。 ジャンル問わずその下手っぷりに対して「の内臓のよう」「死にかけのアルパカ」という比喩表現が度々使われる。 特に感性といった感覚由来の方面に苦手が多く、これらはクリティカル・エイジつまりは幼少期の体験で素養が概ね決定する才能であるのが多く彼の幼少期の闇を覗かせる一因になっている。 尚、虫に関しては林間学校で虫に集られたトラウマが原因。 洋服は貧乏でありオシャレに興味を示す財政的余裕の欠落と全て一級品で揃っているかぐやとの比較で後塵を期すのが目に見えているため忌避して来たことによるリサーチ不足。 藤原書記は白銀が弱点を克服するための特訓に、ほぼ毎回付き合わされている 通称特訓回。 彼女曰く、昔は白銀を尊敬していたが次第にできなくなっていったらしく、今では母親のような境地に達している。 ちなみに、、、、「豆運び」はかなり上手い。 彼の屋台骨でもある勉強も、入学試験のときには補欠合格であったことから努力して今の地位にまで上り詰めたと考えると、同じ天才でもかぐやは 「生まれながらの天才」なのに対し、白銀は 「努力の天才」であると言える。 それが大きな心の傷となっており、努力をしなければ愛されない、素の自分は受け入れてもらえないという認識を抱くようになる。 父親が勝手に願書を提出、補助が厚いこともあり補欠合格で高校に入学するも外部入学であるため輪に入れず腐っていた所を前代生徒会長に客観的視点が欲しいと生徒会庶務にスカウトされる。 あまり乗り気ではなかったが、お試しボランティア活動の最中にメンバーが池に転落。 誰一人動けない中颯爽と現れ救助した泥まみれのかぐやに一目惚れ。 「大事なのは出自や能力ではない、動かねばならない時に動けるかどうかだ」と言い訳ばかりで変わろうとしなかった其れまでの自分を反省、彼女と対等でありたいと生徒会長を志し克己心の鬼となった。 その後、順調に成績を上げつつもかぐやが氷であったこともあって話しかけても相手にされず、龍珠のアドバイスを受け虚勢を張りかぐやにテストで勝負を挑み、勝利。 それからようやく彼女に認識されるようになり、周囲からも次期生徒会長と目されるまでに評価を上げた。 このことで上記の認識をより確固たるものとし、常にかぐやの横に並び立てるよう虚勢を張り続けその屋台骨となる学力に病的に執着しており、特にかぐやに対して素の自分の弱さを見せることを異常に恐れ、忌避している。 かぐやと気持ちを確かめ合ったことで多少は緩和されたものの、根本的な問題は未だ解決していないと言える。 関連イラスト.

次の

【かぐや様は告らせたい】早坂愛のかぐやへの愛情は本物? 検証まとめ

早坂 白銀

成績はあまりよろしくなく、高等部2年になってからは学年114位をキープしている。 白銀との勉強会では「教えることなんて無い」と言われて「本番に弱い」と返しているため、本当に本番に弱い、または目立たないようわざと低い成績を取っている可能性がある。 公式ファンブックに記載された内申書は全科目オールBだった。 だが、1位の白銀と2位のかぐや以外の他の面々が試験毎に順位が変動しているのに対し、彼女のみ常に114位から不動な辺りを考えると、目立たないように平均以下の順位に定置していると考えた方がいいかもしれない。 中間順位のキープは、必死で勉強すればなんとかなる上位キープよりも遥かに難易度が高い事を思うと彼女の潜在力がいかに高いかを窺わせられる。 対藤原用擬態。 アイルランド移民の末裔で、中東に流れ着いた所を紛争で両親を亡くすも、孤児院で能力を伸ばしてハーバードを飛び級で卒業、祖父の故郷である日本を訪れた際に財閥幹部にスカウトされ道楽で執事をやっている…という設定。 藤原に絶対に感づかれないようにするため、設定を盛りに盛りまくった結果とんでもないことになっている。 後にかぐやから「変な嘘は止めて」と言われたので、藤原に 「僕は男の人にしか恋愛感情を抱かない」と言って更に設定がこじれた。 対四宮家早坂愛 []• 作品で一番好き -- 名無しさん 2018-10-15 17:45:49• 苦労人 -- 名無しさん 2019-01-30 19:43:09• あと本編じゃないけど同人版1巻のブラ回の独白が地味に好き -- 名無しさん 2019-02-03 23:00:37• ハーサカちゃんの項で書かれている、藤原千花に一発でばれた、ってどこに描かれているの?単行本やファンブックにはなかったんだけど。 (僕の見落としならゴメン)あと、年収や貯蓄額のソースも気になる。 -- 名無しさん 2019-02-07 13:14:28• 年収及び貯蓄額は出張四コマ「かぐこく」にて判明。 ちなみにメインキャラの中で堂々の一位。 -- 名無しさん 2019-02-07 13:51:25• それにしても、外見よし、性格よし、能力よし、稼ぎよしと早坂さんマジで完璧。 全キャラクターの中で1番好きだし、1番幸せになってほしい。 -- 名無しさん 2019-02-07 22:53:48• 上記の質問をした者ですが、何度もすみません。 今度は「早坂家」についてなのですが、代々四宮家に仕えていることは単行本やファンブックに書いてあったのですが、その前に四宮家との競争に敗れ取り込まれたことって、書いてありましたっけ?お願いします。 -- 名無しさん 2019-02-07 23:05:33• 多分それの事かと -- 名無しさん 2019-02-08 04:02:28• 自分の見落としには反省しきりです。 そして話は変わるけど、早坂さんの幸せを願います。 会長・石上以外で、彼女が本当の自分を見せることができ、愛することができる、そんな男性キャラの登場を望む。 -- 名無しさん 2019-02-10 22:29:51• かぐや様がかぐやちゃん状態の時学校内ではどう対応してたんだろう?あの状態で学校に行ったら恥をばら撒いているようなものだから早坂の苦労が目に浮かぶ。 -- 名無しさん 2019-03-19 13:53:34• 早坂がかぐやを裏切る可能性は今後あり得るのかな…? -- 名無しさん 2020-06-01 15:37:09.

次の

『かぐや様は告らせたい』第101話「生徒会は進みたい」急転直下すぎんだってばよ!

早坂 白銀

早坂は苦労する 早坂愛はかぐやの近侍であり、長年かぐやの近侍をしている家系の娘です。 そして誰よりもかぐやを近くで見ているので、藤原以上の理解者という事になります。 そして同時にかぐやが白銀会長に想いを寄せていることも知っている人物です。 そして誰よりも、かぐやに振り回されている人物です。 早坂はかぐやの身の回りの世話をしているからか、かなり身体能力が高く、学校に侵入することもできたりと、諜報的役割をしています。 かぐやと同じ秀知院学園に通っているが、周りにはかぐやの付き人だという事は隠していて、一人の秀知院の生徒として通学しています。 もちろん生徒会のメンバーも早坂がかぐやの付き人だという事は知りません。 学校では早坂は学校使用の擬態をしていて、見た目ギャルっぽい感じの見た目で通っていて、話し方も変えています。 かぐやと一緒にいるときは、かなりクールな感じの雰囲気で、あまり感情を表に出さない感じでるが、学園内でギャルっぽい口調で話し、テンションも高めで、ツッコミも激しめのツッコミをします。 かぐやの事を誰よりも理解していて、かぐやからも頼られる存在です。 だからかぐやが白銀に想いを寄せていることを知っていて、二人のくだらない駆け引きを、呆れた気持ちで聞いている人物になります。 そしてだいたいの、そのくだらない駆け引きを手伝うのも、早坂が手伝う事が多いです。 つまりかぐやに振り回されている子です。 そして早坂は毎回毎回かぐやに振り回されて、面倒と思いながら苦労している子です。 藤原は辛い 藤原千花は、天然でマイペースな子で、いつもは白銀やかぐやを振り回す立場の人間です。 そんな藤原が、とんでもなく辛い事態に遭遇して、いつもの緩い表情が完全に崩れます。 ある日藤原は体育館でバレーの練習をしている白銀を見つけ、いつものように気軽な感じで話しかけます。 すると白銀がバレーが出来ずに悩んでいたら、藤原が教えてあげると言って白銀は屈辱感を感じながらも、藤原に指導してほしいとお願いするのでした。 最初は生徒会会長である白銀のお願いに、ものすごい満足感を感じていた藤原でしたが これが藤原にとって、完全に悪夢の始まりでした。 白銀の運動神経のなさは、完全に藤原の想像を遥かに超えるほどの運動音痴だったからです。 あまりの運動神経のなさに、藤原は完全言葉を失います。 そしてその日から藤原は、モンスター的に運動神経がない白銀に、バレーの特訓をさせるのですが、藤原は最終的には白銀がバレーが出来るまでに成長しますが、藤原は気持ち的にかなりボロボロ状態になってしまいます。 藤原の苦労に拍手をしたいぐらいです。 石上は苦悩する 生徒会会計で一年男子石上優 前髪が片目を隠していて、性格はネガティブ思考でかなりの陰キャな人間です。 1巻2巻と登場がなく、3巻でようやく登場した生徒会メンバーです。 登場からすでにネガティブ思考全開ですが、基本的に彼はマイナス思考の考えしかない人間です。 かぐやに対して恐怖を感じていて、かぐやがたまに見せる鋭い眼光に圧倒されてしまい、このままでは自分の命が危ないという気持ちになってしまい、恐怖を感じてしまいます。 しかし本人自身もデリカシーのないところがあり、それを鋭く指摘されて、なんども石上は、気持ちの沈んだ状態になってしまいます。 石上のこれからの活躍に期待したいです。 かぐやは不器用な子 かぐやは文武両道で、なんでも出来る四宮財閥の令嬢ですが 恋愛に関して理解していない事が多く、壊滅的なところもあります。 しかもプライドが高いせいで、白銀に好意を抱いていますが、それを素直に自分からいうのは、負けという認識をもっています。 だからかぐやは白銀から好きととか、自分に好意がある事を認識させる言葉や行動させようと、様々な事をします。 相合傘という恋愛イベントでは、なんとか相合傘を白銀からしてくれるように、事前に様々な準備をして、てるてる坊主を逆さ吊りをいくつも作るという行為をするぐらい、白銀と相合傘をしたいという気持ちが強く 執念を感じるぐらい必死でした。 しかしそんなかぐやは、自分が可愛くするという感覚が鈍く、早坂に言われてネイルをするように言われ、ネイルをしますが、中々指摘してくれない白銀を見て、自分には可愛くなることはできないという、暗い気持ちを抱えています。 悪く言えばめんどくさい子ですが、恋愛というものを今まで知らずに育ち、自分の気持ちを素直に言えない不器用な子なのが、四宮かぐやなのかもしれません。 白銀は超努力家 白銀御幸は勉学が優秀で、秀知院学園の模試ではかぐやを抜いて不動の一位の成績を誇る男です。 しかし白銀は運動神経が皆無どころか絶望的にダメで、藤原からモンスター級に運動神経がないと言われてしまいます。 それでも藤原がボロボロのなりながらも指導してくれたおかげと、白銀の努力で、白銀はモンスター級に絶望的だった状態から、バレーが出来る男になりました。 そして秀知院学園のテストが近づき、白銀は平然とした感じで、テストは余裕だと言い放ちますが 白銀本人はかなりの必死で、睡眠時間を常に削りながら勉強をしているぐらい、白銀は勉学に神経を注いでいます。 しかも普段から白銀はかなり遅くまで勉強をしているせいか、目元のクマがひどく、睨んでいるような目つきをしています。 さらに寝ないように白銀は定期的にカフェインを摂取して、眠らないようにしているぐらい、彼は睡眠時間を削ってでも勉強をします。 そこまで学年一位を死守する気持ちは、執念さえも感じます。 白銀は天才というよりも、誰よりも必死にほとんどの時間を勉学に費やしたから、学年一位の成績をとる事が出来た、超努力家の人間だったのです。 かぐや様は告らせたい3巻の魅力まとめ 3巻では新たにかぐやの近侍早坂の事や 生徒会メンバーの一人石上の登場 など様々なキャラが登場してきて、物語がさらにおもしろくなってきました。 その中で白銀のダメなところが判明して、そのせいで藤原がかなりの苦労をしてしまう話しがあり、天然少女藤原は、地獄のような日々を過ごしてしまいます。 そしていつものようにかぐやと白銀のくだらない駆け引きが起こりますが、その中でも、かぐやと白銀の心情を描いていて 二人がお互い想いを寄せている場面も描かれていて、素直になればいいのに中々素直になれない そんな二人の不器用さを改めて描いていました。 Amazonのサイトページに行きます。

次の