宮崎 iターン。 宮崎市の正社員・契約社員求人情報|【タウンワーク】で社員のお仕事探し

しごとを探す:宮崎県移住・UIJターン情報サイト「あったか宮崎ひなた暮らし」

宮崎 iターン

皆さん、こんにちは。 豊田です。 ここ南国宮崎でも寒い日が続いており、そろそろ朝晩はストーブが欲しいと思うことが多くなってきています。 久しぶりのブログ投稿になりますが、私が宮崎に移住してからあっという間に半年の月日が経っていたことに気がつきました。 そこでですが、本日はWEB以外の個人的な話題となってしまいますが、都心(横浜市)から宮崎移住してきて気づいた移住のメリット・デメリットについてお話をさせて頂ければと思います。 今、現在私の住んでいる家は街から15kmほど離れている場所なのですが、駅徒歩5分、築2年のマンションで、家賃は駐車場2台込みで「約6万円」を切っています。 以前、私が都内で住んでいたマンションは駅徒歩5分の物件でしたが、半分以下の広さで家賃が駐車場無しで「約10万」はしていました。 便利さなどに関しては比べるまでもありませんが、こと「住む」ということに関してはかなり安くなります。 ・通勤時間 調べたところ宮崎県は 総務省統計局の通勤時間の状況データによると通勤時間は「17. 5分」と日本一短いそうです。 一番通勤時間が長時間な県は私の地元神奈川県の「49. 4分」となっていました。 確かに、現在は車での通勤で、片道大体30分程度ですが、以前は乗り換え2回の片道約1時間半で、さらに座ることも出来ない満員電車で毎日職場に通っていました。 それと比べるとかなりの時間短縮となり、体力的にもストレスフリーに近い通勤を過ごせています。 ・食べ物 特に魚・野菜など地産で新鮮な食材が多いからか、とにかく食べ物が美味しいです。 こちらに移住をする前にも、よく宮崎に遊びには来てはいたのですが、どこで食事をしてもほとんどハズレのお店に当たったことがありません。 スーパーなどでも安くて新鮮な食材が数多く売っているので非常に助かります。 ・自然が身近 現在は海の近くの「青島」という宮崎の中でも観光地と言われる場所に住んでいるのですが、とにかく自然が身近です。 近所は10分も歩けば海と、温泉があり、さらに山も近いので通勤している道路では野生の猿やイノシシに遭遇することもあります。 また、夜は都会に比べると明かりも少ないので星が凄く綺麗で、自然の大好きな私にはこの上ない癒しと環境です。 ・夏の期間が長い 「夏」と言える期間が非常に長いと感じました。 5月の半ばに引っ越して来たのですが、既にその当時で日中気温が30度程あり、9月末までは毎日Tシャツ一枚と半ズボンで過ごせていました。 また、日が落ちるのが関東と比べて凄く長く、ピークの7月末では夜8時位まで外が明るいことにはびっくりしました。 夏が大好きな私にとっては夏の期間が長いというのはとても有り難いことです。 移住してみて感じたメリットをこれまでザッと列挙しましたが、もちろん良いことばかりではありません。 少ないですが、移住後で感じてしまったデメリットについても記載させて頂ければ思います。 移住当初は電車での通勤を検討していましたが、1時間に一本あるかの無いかの運行状況で、終電が22:30分と早いので、早々に諦めて車通勤にしました。 都内勤務の時代は仕事帰りに同僚と深夜まで飲んで終電で帰ることも可能でしたが、移住をしてからは飲みに行く機会が極端に減ってしまいました。 ・TVのチャンネル数 TVの地上波チャンネル数が少ないです。 民放2チャンネルなのでNHKを入れても4チャンネルとなっており、サッカー日本代表戦などはBSやケーブルテレビに入っていないと見ることが出来ないので、最近はTVを見なくなってしまいました。 ・チェーン店の種類が無い 首都圏などでは良く目にすることも多いチェーン展開をしているお店が非常に少ないです。 有名なところでは「サイゼリア」、「天下一品」、「鳥貴族」、「ハイデイ日高屋」など勝手にこっちが全国区だと思っていたお店が宮崎県内には無かったりします。 無くても困ることはありませんが、無いと無いで時々無性に行きたくなったりするので困ります。 個人的にメリットの方が圧倒的に多いです。 今はインターネットさえあれば住んでいる場所は関係無くタイムリーに情報も手に入り、ECサイトを利用すれば全世界で商品を買うことも可能です。 また、PCさえあれば場所も関係無く仕事ができるので土地・地域による情報などの格差は益々無くなって来ると考えています。 引き続き、弊社では宮崎オフィスで一緒に働く仲間を募集しておりますので、もし、U・Iターンなどで宮崎移住を検討されている方が居らっしゃいましたら、是非をご覧ください。 それでは。

次の

宮崎県:UJIターン

宮崎 iターン

移住・交流相談員 移住相談員 勝又/就職相談員 岩崎 ひとことコメント ひなた。 それは漢字で書くと「日向」。 ふりかえれば、宮崎は神話の時代から日向と称されてきた土地でした。 ひなたは、ゆったりとした時間をつくる。 ひなたは、人柄をあたたかくする。 ひなたは、太陽の恵みで豊かな食を生み出す。 ひなたは、人々に希望と活力をもたらす。 そんな日本のひなたへ、あなたもどうぞ足を運んでみてください。 あなたを、ひなたへ。 私たちが全力でサポートします! お問い合わせ先 03-6273-4200 電話が繋がらない場合は、ふるさと回帰支援センター(03-6273-4401)までご連絡ください。 定休日 月曜日、祝日及び夏季・冬季休業 リンク.

次の

宮崎県:宮崎県移住支援金制度はじめました!

宮崎 iターン

宮崎県の産業の特徴 宮崎県も日本国内で有数の農業県です。 過去のデータでは農業産出額が九州で2位、国内では6位になるほどです。 特に稲作では温暖な気候を利用して、超早場米の生産地として有名ですし、野菜や果実の栽培も盛んです。 工業では古くから延岡市に旭化成の延岡工場がありますが、製造拠点を海外に移している影響で生産量は下降気味らしい。 他には、宮崎市郊外・東諸県郡では半導体やPDP・ソーラーパネル・医薬品といった先端産業が立地されています。 宮崎県の農産物 宮崎県の農畜産物で国内上位の生産量があるものは以下のようになります。 1位・・・きゅうり・きんかん・日向夏・スイートピー• 2位・・・ピーマン・さといも・ブロイラー・ぶた・マンゴー• 3位・・・肉用牛 宮崎県のUIターン支援・仕事・就職情報 ふるさと宮崎人材バンク このサイトは宮崎県が、Uiターン者の就職を促進するために運営しています。 求人求職情報を登録すると、双方の情報を利用者自ら検索できるようになっています。 登録できる方は、宮崎県外に住んでいる方で宮崎県内に就職を希望している方です。 詳細は「」をご覧ください。 スポンサーリンク 意欲ある多様な担い手の育成確保 宮崎県の公式サイト。 宮崎県では、新規就農を希望している人から寄せられる就農に関する各種の相談に対して、関係機関と連携して、効果的な相談・指導活動を展開するための相談体制が整備されています。 県内の相談窓口は以下のようになります。 宮崎県新規就農相談センター・・・公益社団法人宮崎県農業振興公社• 地区就農相談センター・・・西臼杵支庁及び各農林振興局 農業改良普及センター 、県内各農業協同組合 県外の相談窓口は「東京事務所、大阪事務所、福岡事務所」。 具体的な支援としては、以下のようなものが挙げられます。 青年就農給付金 国施策の給付金• 就農計画認定制度• 就農支援資金• 農業大学校・みやざき農業実践塾• 海外研修制度 青年就農給付金 国施策の給付金 青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、就農前の研修機関 2年以内 及び経営が不安定な就農直後 5年以内 の所得を確保する給付金を給付するものです。 就農計画認定制度 将来、効率的かつ安定的な農業経営の担い手に発展するような青年等の就農・就業を促進するため、就農促進方針に即し、新たに就農しようとする青年等又は当該青年等を農業に就業させようとする農業法人等が作成する就農計画について、知事が認定を行い、当該計画の認定を受けた青年等及び農業法人等に重点的に就農支援措置を講じるというもの。 就農支援資金 新たに農業を始めようとする方や、新たに従業員を採用し担い手として育成しようとする農業法人等の経営体へ、農業技術の習得や就農準備、経営開始に必要な資金を無利子で融資する制度です。 詳細は「」をご覧ください。 関連情報・関連記事• - 地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です 仕事・住まい・生活。 下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。 田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。 自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。 なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。 UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。 地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。 移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。 追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました 「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。 メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。 画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

次の