製販一体 英語。 セミナーで学びたい製販分離とは何か l 会計事務所の人材育成の課題を解決するソリューションカンパニー

【旅行会社社員が語る】旅行会社の魅力をポジティブに伝えます!

製販一体 英語

「あとは営業さんの仕事だから」「営業さんとの仕切り値は…」 コンサルティングの現場においてバリューチェーンの深部に入り込み、インタビューを重ねると少なからず耳にするフレーズだ。 メーカーであれば生産部門や技術部門、ITベンダーであればSE、不動産会社であれば住宅分譲部門、広告会社であれば制作部門やストラテジック・プランナーが販売部門に対して「営業さん」というフレーズを用いる場合、企業グループの組織形態、あるいは組織全体を覆うマインドが製販分離ベースとなっている場合が多い。 「売る人」「つくる人」を分ける製販分離は売上拡大を志向する際の典型的な打ち手である。 販売部門が売上拡大やユーザーサービスの向上に集中できる一方、製造部門はプロダクトアウトの発想で新製品を世に送り出すことに専念できる。 プロフィットセンターである販売部門は売上責任を負い、コストセンターと位置づけられる製造部門が利益責任を負うことで、結果として事業拡大を狙う。 不動産会社の場合、一定規模に達すると供給戸数に応じて弾力的に対応するべく販売会社を立ち上げるケースを見かけるが、これなど製販分離の一例といえよう。 一方、多くの業界で成熟がキーワードとなり、売上ではなく利益を重視する企業が多くなっている。 「営業さん」発想の抜けない製販分離ではなく販売、製造共に利益体質を実現しやすい製販一体がむしろ昨今のトレンドといっても過言ではない。 大手ITベンダーにおける営業とSEの一体化や大手不動産会社における分譲と販売受託部門の統合などは製販一体の典型例である。 製販一体を基調とした組織体制においては、コストを意識した営業展開を可能にすると同時にユーザーニーズをダイレクトに商品企画部門や製造部門に伝えることができる。 多様化するニーズやウオンツを開発ロードマップにも乗せやすい、即ちマーケットインの発想からは製販一体に軍配があがる。 利益志向のベクトル共有、CSや経営スピードの面からも製販一体が有利といえよう。 但し、「組織は戦略に従う」の定石通り、逆に振れるケースも当然ある。 例えば、前述のITベンダーは、ビッグデータやクラウド関連の新規案件の獲得強化を狙い、今までの利益重視、採算重視を基調とした製販一体を製販分離に戻してしまった。 一方、赤字体質が蔓延しているにもかかわらず、製販一体組織のまま販売部門から利益責任を外し、無理な売上拡大を目指したことが裏目に出て苦境を招いてしまったメーカーもある。 要するに戦略ベクトルに合致した組織デザインこそ大事なのである。 「製販分離」にせよ「製販一体」にせよ、一長一短が存在し決めつけは禁物であることは言うまでもない。 しかしビジネスプロセスはどうあれ、販売部門も製造部門もユーザー視点を忘れないことが肝要であろう。 それにしても「営業さん」問題は残る。 この表現の根底には、企画開発部門や製造などのプロダクト部門が販売部門に対して抱くある種の偏見や誤解があるのではないか。 営業とは読んで字のごとく「業を営む」であり、経営そのものであることに論を待たない。 しかしながら営業=セールスのみを請け負う、と短絡的に解釈し、「営業さん」と呼んでしまうケースも多いと推察する。 組織デザインはさておき、全社的に営業という生業を正確に理解し、価値ある製品や価値あるサービスを世に送り出す中核ドライバーとして企業活動のど真ん中に据えたいものだ。 このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。 著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。 大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。 著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。 また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

次の

「製販分離」か「製販一体」か 2015年01月22日

製販一体 英語

「製販分離」のメリットは、製造部隊と販売部隊を切り離すことで、製造部隊は商品作りに専念できること、そして販売部隊はそれに特化することで、より決め細やかなユーザーサービスができることです。 また製造量に応じて弾力的な販売体制を採ることができるのも強みです。 しっかりした商品企画力があり、それをユーザーに的確に伝えることが出来る販売スタッフが揃っていれば「製販分離」はうまく機能します。 逆にデメリットは、管理部門を二重に持つために効率が悪くなることです。 製造会社と販売会社を分けた場合、それぞれに人事総務や経理担当などの管理部門を設ける必要があります。 また、製造企画スタッフの意図が、ユーザーに接する販売スタッフにまでダイレクトに伝わらなくなります。 そして、ユーザーからの声がまた企画スタッフにダイレクトに伝わりません。 販売と製造の会社が違うので、それぞれの会社の経営効率が向上できます。 また、小さい会社でも、ビジネスを行うことができます。 「ものを売る」ということと「ものを作る」というのは別の能力です。 売るなら、販売網、ルートや、販売員の確保が必要です。 全国で展開するなら分散型の大きな組織になるでしょう。 作るなら、材料の確保、作成員の確保、品質の管理などが必要です。 効率よく作って品質管理も徹底したいなら場所 工場 は集中型の組織になるでしょう。 このことから、会社として人材や組織や設備や取引先を確保・管理・伸長していくことを考えると、 特に大量生産する品を「生産から販売まで一貫して手がける」にはとても大きな資産が必要になります。 どちらかというと相反する特性の組織を保有・管理することになるからです。 そのため、どちらかに特化することによって、人材確保や組織運営の方法をそろえることができて効率的だ、というメリットがあります。 A ベストアンサー こんばんは。 人事で採用や労務など実務を担当してきた者です。 直販店がモデル的効果や販売促進など一般の販売店の見本となることを見込んだケースも多いと聞きます。 またメーカーとして販促的な役割や宣伝的要素が高く、断言できないのですが、大手ではショールームとして製品の紹介なども会社として必要だからという面や、コンビ二のような時点販売などはできなくても、自社製品などの最新情報やお客様様の製品などの宣伝にもなるというメリットもあるかと思います。 参考程度にでもなれば幸いです。 A ベストアンサー サプライチェ-ンマネジメントの傾向からと思います。 衣料では、クイックレスポンスと言って、顧客情報を小売店舗はもちろん、デザインや生産、関連流通業者などがリアルタイムで共有し、顧客の需要にすばやく対応する。 顧客の嗜好が多様化している時代ですから、売れるものを作るため、顧客の嗜好の情報を迅速に捉えてデザインに反映し、最高速度で生産し、小売店舗に品揃えする、というわけです。 元来は在庫管理の効率化が主眼みたいなところがあったようだけど、衣料についてはむしろ売れるものを作るためのチェ-ンですね。 この流れが製販の一貫性で、契約関係などで実現するのでしょうけれど、最近はデザイン会社が小売店舗その他の流通関係先を買収したり、複数の小売店舗が共同して生産関連先やデザイン会社を買収したりして、製販統合(垂直統合)していると聞いたことがあります。 顧客情報に最優先順位を置いているわけですから、当然に見当外れの商品やかたよりのある商品があってはいけないわけで、クレ-ムなど、顧客の意見はすべてありがたがって聞くはずです。 だから、逆に言いやすいような気がします。 こうした小売店舗が生産基地を持つような体制を生産小売とかSPAとか言っていると聞いたことがあります。 残念ながら私は衣料や宝飾については素人なので、SPAなどについてより詳細を知っている方に説明がいただけたら、と要望します。 結局、答えにならなくてすみません。 サプライチェ-ンマネジメントの傾向からと思います。 衣料では、クイックレスポンスと言って、顧客情報を小売店舗はもちろん、デザインや生産、関連流通業者などがリアルタイムで共有し、顧客の需要にすばやく対応する。 顧客の嗜好が多様化している時代ですから、売れるものを作るため、顧客の嗜好の情報を迅速に捉えてデザインに反映し、最高速度で生産し、小売店舗に品揃えする、というわけです。 元来は在庫管理の効率化が主眼みたいなところがあったようだけど、衣料についてはむしろ売れるものを作るためのチ... A ベストアンサー 既存の欧米企業の社名を少し研究すれば納得できるかとおもいますが、製販一体を 社名に表現している会社はほとんどない筈です。 社名からは製造・販売をしているかどうかは分かりません。 そのような便利な単語はないし、また習慣もないということです。 GM、IBMでも日本メーカの松下、ソニー、トヨタでもそのような表現はしていません。 どうしても表示したければ社名の下に製造・販売(Manufacturing and distribution と説明を加える方法はあります。 海外の企業と取引を想定し名刺やレターヘッドに使用するのが目的なら、このような表示でよいかと思います。 蛇足ながら製販一体という言葉は、製造部門(会社)と販売部門(会社)があたかもも一つの組織(会社)の如く、企業理念や目的を共有しなければ、競争相手に打ち勝ってよい業績をあげられない・・・という風に精神論を説くときに使用されます。 Q お世話になっております。 今回は就活の基礎であるメールのマナーについて教えて頂ければと思います。 よろしくお願いします。 私は現在就職活動をしている就活生です。 このところ合同企業説明会に参加することが多くなり、それと同時に説明をして頂いた企業の方から「ご参加頂きありがとうございます。 」というものがあります。 これについてはマナー上返信するべきなのでしょうか? もしも返信するとすれば 件名を「メールを確認致しました」 内容は「ご連絡いただきありがとうございます。 今後ともよろしくお願い致します。 」 というような感じで書くだけでいいのでしょうか?受け取ったということを言うだけで十分でしょうか? 私の予想では自動的にメールが発信されるようなメールには返信が必要ないと思いますが、企業の人事の方から発信されたメールであれば、たとえ内容がテンプレートであっても返信をするべきなのではないかと思います。 今回は返信する際のメールの内容もお聞きしたいのでよろしくお願いします。 そこで質問があります。 上記のような「説明会参加」に対するメールには返信をするべきなのでしょうか? 2. もしも1. のようなメールに返信する必要はない場合、そのメールに説明会の予定などが書かれていても返信をしなくてよいのでしょうか? 3. もしも1. のようなメールに返信するべきであるならば、どのような感じで書くべきでしょうか?上に書いたような「メールを確認したこと」を伝えるだけでいいのでしょうか?下記の私が考えた例文の添削をお願い致します。 加えて、ビジネスマナーとして「返信をしなくてもよい」場合のメールがあれば教えていただければと思います。 添削をよろしくお願いいたします。 (件名) ご連絡いただきありがとうございます。 お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。 会社説明会の際にはよろしくお願い致します。 お世話になっております。 今回は就活の基礎であるメールのマナーについて教えて頂ければと思います。 よろしくお願いします。 私は現在就職活動をしている就活生です。 このところ合同企業説明会に参加することが多くなり、それと同時に説明をして頂いた企業の方から「ご参加頂きありがとうございます。 内容としては「お越し頂きありがとうございます~」という、ただ「説明会に来たこと」についてのメールや、それにプラスしてエントリー前であっ... A ベストアンサー >件名を「メールを確認致しました」 >内容は「ご連絡いただきありがとうございます。 > 今後ともよろしくお願い致します。 」 >というような感じで書くだけでいいのでしょうか?受け取ったということを >言うだけで十分でしょうか? 受け取ったと言うことだけで充分です。 受け取ったよ、という内容が先の文です。 お間違えなく >私の予想では自動的にメールが発信されるようなメールには返信が必要ないと思いますが 必要ですよ。 ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかではあることですよ ね。 「だったら、そう言って下さいよ。 」って言えませ んよね。 また、本当に15日中で提出がいいとしても終業 間際に提出してたらだめですよね。 もう一つ、ちょっと違うけど、 「15日までに相手銀行口座にお金を振り込んで ください。 」と言われたら、15日のうちなら 何時に振り込んでもいいのではないですよね。 当然相手口座に15日中に入金されていなくては ならないですよね。 質問とは関係ないですけど。 「書類」という言葉から勝手に仕事の事と考えました から。 14日に欲しいと言わないアンタが悪い、ではね。 確かに質問者は正しい。 でもネ。 人生、先手先手。 「15日と言われましたが早めにお持ちいたしました。 」 な~んてね。 ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかで... A ベストアンサー 大手企業の子会社に勤務しております。 子会社にするメリットは 1. 子会社にすることで、経営判断が速やかにできる。 とくに、決裁に要する時間が短縮できる。 子会社の社員にすることで、給与が抑えられる。 子会社の社員の給与は、親会社の社員の6~7割程度 ですから、給与総額を抑えられますね。 新規事業の場合は、事業部で行うより,子会社にした 方が、親会社のリスクが軽減できる。 子会社にした場合 は、事業に失敗した場合。 出資金(資本金)と貸付金だ け負担すれば、すみますから。 今,会社の業績は、グループ全体で見ますから(連結決算) 子会社にしても、売上は減らないので、今後、子会社化、 分社化は進展するでしょう。 Q 私は現在、就職活動中の大学3年生です。 昨日と今日、エントリーシートを郵送したのですが、添え状というものが頭になく、入れずに送ってしまいました。 後で添え状を入れた方がいいことを知り、インターネットで調べたら「必ず入れましょう」と書いてあるサイトが多く見つかり、青ざめています。 もう遅いかもしれませんが、今から封書でエントリーシートを送った旨(説明会のお礼も兼ねて)を送ろうと考えているのですが、このようなことはしていいのでしょうか?その場合、どのような記述で送るといいのでしょうか? 聞いてばかりでとても申し訳ないのですが、自分で考えていることが正しいか自分では分からないので、質問させていただきました。 添え状がなかったばっかりに悪い結果になってしまったらと思うと、心配で仕方がありません。 乱文ですみませんが、何でも構いませんので、アドバイスいただけたらと思います。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 添え状など、全く関係ないと思います。 たとえば大企業を例にとって、何万というエントリーシートが送られてくるのを、3人の新卒採用担当者でさばかなくてはならないことを想像してみてください。 エントリーシートの合否を決めるのは、当然人事の人たちではありませんね。 おそらく、社員に100部くらい渡して「あさってまでに30部前後にしてください。 」と言っているのでしょう。 人材開発部のようなところに頼んでいるのだとしてもそうでしょう。 もし私が新卒採用担当の人事なら、添え状は中身を見ないで「添え状BOX」しまいます。 封筒からエントリーシートを出して、それをまとめて名簿にする作業中に、添え状のあるなし欄を作ってチェックする等という作業は、非常に面倒です。 「添え状BOX」は使うことなく、採用活動が終了した頃に思い出して捨てるでしょう。 かつて、添え状等というものがなかった時代、一人だけお礼の手紙が入っていて感じがよかったから受かった人もいたかもしれません。 今ではもう全く関係なくなっていると思います。 また、そのかつて添え状によって受かった人は、そのようなことを思いつくことができるくらい、空気の読める人だったのかもしれませんし、本当にお礼をできるすばらしい人だったのだと思います。 いずれにせよ、添え状があるから通るとか、ないから落ちるとか、点数にしているとか、絶対ないと思いますよ。 就活、がんばってください。 添え状など、全く関係ないと思います。 たとえば大企業を例にとって、何万というエントリーシートが送られてくるのを、3人の新卒採用担当者でさばかなくてはならないことを想像してみてください。 エントリーシートの合否を決めるのは、当然人事の人たちではありませんね。 おそらく、社員に100部くらい渡して「あさってまでに30部前後にしてください。 」と言っているのでしょう。 人材開発部のようなところに頼んでいるのだとしてもそうでしょう。 もし私が新卒採用担当の人事なら、添え状は中身を見ないで「...

次の

株式会社JTBメディアリテーリング|JTBグループ企業一覧|JTBのビジネスを知る|2021年度新卒者向け求人情報|求人情報|JTBグループサイト

製販一体 英語

2014. 23 起業家支援に命を懸ける会計士の梅川です。 私たち税務・会計事務所業界では、今、 製販分離が一つのキーワードになっています。 会計事務所は典型的なサービス業なのに、 製造と販売を分離するとはどういうことか。 私も初めはピンときませんでした。 しかし、「製販分離」 を徹底実践している事務所さんのお話を聞いてようやく納得がいき ました。 多くの会計事務所にとって、会計ソフトへの入力、試算表、 決算書の作成、税務申告書の作成は、 実はコモディティ商品でしかありません。 誰が、 どこで行おうとアウトプットは基本的に同じでなければなりません。 同じ資料を渡された、 作成する人によって利益の金額や税金の金額が違ってきたらそちら こそおかしなことです。 さらに言えば、処理する量や複雑さが同じであれば、 最終的には価格も平準化していくはずです。 あらゆるソフトやパソコンが低価格化、高度化した結果、 会計事務所の「商品」である決算書や税務申告書は、 職人さんのような専門家が作る特別なものではありません。 簿記3級程度の方でも、 半年くらい実務を研修を行えば十分に戦力化します。 そういう意味では、会計事務所は、決算書、 税務申告書を作成する「製造業」であるといえます。 その考えに立つと、 いかに高品質な製品を安価でタイムリーに顧客に提供できるかが一 つの鍵です。 製造途中でのチェックと、 税理士が最終的なチェックを行うのであれば、後は、 作業の分業化、標準化、安い人件費の利用が重要です。 お客様にもある程度の協力をしていただければ、 価格は劇的に低減していくでしょう。 しかしこれは他の多くの業界が、 ここ数年から数十年で経験してきたことです。 その中で、競争、淘汰が行われ、 最終的には安くて良い商品を素早く提供する企業が生き残ってきた わけです。 同じ波が会計業界にも本格的に押し寄せてきたのだなというのが実 感です。 次に問われるのが「販売」です。 多くの経営者が会計系事務所に期待するのは、 決算書の作成と税務申告書の作成だけではありません。 大きなくくりでいえばコンサル事業。 身近なところでは、節税であったり税務調査対応、対策。 事業承継に関するアドバイス。 資金繰り改善、税務体質改善のためのアドバイス。 銀行対策。 相続対策も現実的な問題です。 これらは専門的な知識や経験がものをいう分野です。 会計事務所のエキスパート職員は、「商品」 の製造はバックヤードである工場に任せて、持てる能力をすべて「 販売」に向けなければ、今後生き残りは難しくなりそうです。 今日も読んでいただきありがとうございました。

次の