辛いもの 下痢。 【激辛対策】激辛からお腹を守る方法を色々実践してみた

辛いモノを食べると下痢するんです・・

辛いもの 下痢

辛い物を食べるとなぜ下痢になるのか 辛い食べ物を食べると、下痢や腹痛を引き起こしますが、原因は一つでは無い事をご存知でしょうか? もしかすると今悩まされている下痢は、辛い物が原因では無いかもしれませんよ。 香辛料の多くは、身体に良い効果をもたらします。 香辛料がもたらす体への影響には• 消化促進効果• 整腸効果• 腸のぜん動運動活性化• 発汗作用 などがあります。 胃腸の働きを良くする効果が目立ちますが、過剰に辛い物を食べると 胃腸の働きが「良くなりすぎて」下痢になる、という訳です。 辛い物の食べ過ぎは胃腸を傷つける トウガラシなどに含まれるカプサイシンという成分を見聞きしたことがあると思います。 そもそも、私たち人間は「辛味」という味覚は持ち合わせていません。 一般に言う辛味とは、カプサイシンなどが持つ強い刺激を「痛覚で痛み」として感じる事を指しています。 話を元に戻しましょう。 刺激物であるカプサイシンの過剰摂取は、胃や腸の粘膜を傷つける場合があります。 胃腸が傷ついてしまうと、機能が低下して下痢や腹痛を引き起こします。 前述した通り、香辛料には胃腸を活性化させる働きがあります。 傷ついて弱った胃腸に、「もっと働け」と命じる訳ですから、胃腸にとって辛い物の食べ過ぎはWパンチで負担がかかる事になる訳ですね。 辛い物を食べた時の水分摂取量 皆さんは辛い物を食べるとき、普段の食事よりも多量の水分を飲むのでは無いでしょうか? 辛さが強ければ強いほど、少しでも和らげようと水を飲むと水分の摂り過ぎが原因で下痢になる事があります。 つまり、辛い物をそこまで大量に食べた訳でも無いのに下痢や腹痛を起こしている方は、 【水分の過剰摂取】が原因かもしれないのです。 実は、 辛い物を食べた時に水を飲むのは逆効果。 カプサイシンなどの刺激成分は、脂溶性物質。 つまり、水には溶けない性質の成分です。 辛い!と感じて水を飲むと、辛い成分が口の中で広がるだけで、もっと水を飲みたいと感じてしまい、水分の摂り過ぎに繋がります。 辛さを和らげたい場合は、牛乳や少量のアルコールを飲む方が効果的です。 但し、牛乳もアルコールも下痢や腹痛を引き起こす原因になりかねませんので、飲む場合は量を加減して飲みましょうね。 辛い物による下痢はいつまで続くのか 辛い物による下痢で苦しんでいると、「一体いつまで続くのか」と不安になりますよね。 残念ながら、明確にいつまで続くと断言する事は出来ません。 強いて言うならば、 「胃腸の機能が正常に戻るまで」続くと言えます。 苦しんでいる最中、胃腸が回復するまで続くと聞いては「泣きっ面に蜂」状態ですが、少しでも胃腸の回復を早めるために出来る治し方や対処法を紹介しますので、参考にしてなるべく早く胃腸の回復を図りましょう。 辛い物による下痢の治し方や対処法 辛い物による下痢や腹痛の治し方とは、いかに「胃腸の機能を正常に戻すか」と言い換えることができます。 辛い物が原因で下痢や腹痛を引き起こしている場合、胃腸が傷ついていて機能が低下している可能性が高いからです。 辛い物による下痢や腹痛・治し方と対処法一覧 民間療法や対処療法など、様々な観点から辛い物を食べ過ぎた際の下痢や腹痛に効果的な方法を紹介します。 市販薬を服用する 辛いものを食べたると 刺激で胃酸が大量に出る一方で、胃の動きは弱まるので、胃酸過多となり胃粘膜が荒れてしまい胃が痛むこともあります。 によると、辛いものを食べた場合は大体これにあたるようなので胃酸を元からコントロールすガスター10などがオススメです。 引用元:Amazon ガスター10以外で購入する場合は、辛いものを食べたので胃酸過多で胃痛が起きるとネットで見たのですが、どの胃薬が良いでしょうか?と聞くのも良いです。 胃薬には3種類あり、• 胃酸が出すぎて粘膜を傷めている• 胃粘膜が弱って胃酸に耐えられない• 胃の動きが激しすぎて差し込むような痛みが出る 引用元: 辛いものでの胃痛は2番目にあたることが基本ですが、間違ったものを選ばないように、必ず聞いてみてください。 水分の取りすぎによる単なる下痢の場合は、正露丸などの通常の腹痛に効く薬で問題ないでしょう。 seirogan. html 安静にしてお腹を温める 辛い物を食べ過ぎて腹痛や下痢に悩んでいる時は、お腹を温める事を意識しましょう。 photo-ac. 腹巻やホッカイロなどでお腹を温めて静かに横になって回復を待ちましょう。 温めることで胃腸に血液がよく流れるようになり、回復が早くなるとも言われています。 お腹にやさしい飲み物・食べ物を摂る お腹を温めるだけでなく、身体を中から温める飲み物や食べ物を摂るのも良いでしょう。 温かく、身体を温める効果のある飲み物としておすすめは• ハーブティー• ルイボスティー• ホットミルク などがあります。 いずれの場合も 飲む時は必ずHOTで飲みましょう。 ハーブの香りには鎮静効果があり、副交感神経を刺激してくれます。 整腸作用を重視するなら、コリアンダーなどがおすすめです。 ルイボスティーも、ノンカフェインなのでおすすめ。 ホットミルクを飲む際は、飲み過ぎは逆効果となるため少量を少しずつ飲む様にしましょう。 辛い物による下痢や腹痛時におすすめの食べ物は、定番ですがやはり「お粥」など胃腸に優しい食べ物が良いでしょう。 下痢や腹痛がひどいと、食欲が沸かず大変ですが「水分補給」は意識して行いましょう。 特に、下痢の時は排便時に健康時に比べて失う水分量が多くなり、水分補給を怠ると脱水症状の原因となります。 上記で紹介した温かい飲み物を中心に、こまめに水分補給をしながら胃腸が回復するのを待ちましょう。 辛い物による下痢・まとめ 辛い物が好きな人に、「食べるな」とは言えません。 しかし、辛い物を食べるとすぐにお腹を壊す人は、食べる量を控えた方が良いでしょう。 どうしても食べたくて仕方がない方は、辛い物を食べる時に少し工夫をしてみてはいかがでしょうか?• 乳製品(牛乳やヨーグルト、チーズ)を一緒に食べる• 整腸作用のあるハーブティーなどを飲む•

次の

辛いものを食べて下痢が起こるのはなぜだろう?対策と対処法

辛いもの 下痢

分かっているけどやめられない辛いもの大好き! つらい……でも食べたい! 分かっているんです、辛いものを食べると下痢気味になることくらい!最初から(笑) あなただって私だって経験から知ってます! 辛いものが特に好きじゃない人にしたら、分かっててなんで?ってことですよ(笑) でも下痢になるって知ってても、みょう~~~に食べたくなるんです! これは辛いもの好きの宿命ですね。 でもあきらめちゃいけません。 ちゃんと 下痢の対処法はあるんです。 ついつい辛いものを食べ過ぎて下痢になった時の対処法、 一気にご紹介です。 辛いもの食べちゃった~!スッキリ簡単に下痢を止めるにはこの対処法 お腹いた~~下痢気味だ!ってあなた よく考えたら昨日、唐辛子たっぷり激辛ラーメン食べた辛いもの大大大好きなあなた。 自業自得……いやいや(笑) 早速この対処法であなたの下痢を止めちゃいますよ。 とにかく横になってお腹を温める! 暑くてもちょっと我慢してください!下痢の時に お腹は絶対冷やしちゃだめ! まずは横になり、お腹を温めてください。 何故なら お腹が冷えていると、腸の活動が活発になりやすいからです。 しっかり温めてゆっくりと休んでくださいね。 暖かい牛乳を少量飲む ホットミルクを作り、少しずつ飲みましょう。 でもたくさん飲みすぎると逆効果で下痢を促進する場合があるので コップ一杯までの少量を! 少しずつ適度に摂取してくださいね。 冷たい牛乳は下痢を悪化させる可能性があるためNGですよ~。 暖かいノンカフェイン飲料を飲む 下痢の時は カフェインは禁物。 交感神経が優位になって 腸の運動が活発になってしまい、ますます下痢がひどくなることも。 ホットのカモミールティーなどをゆっくりと飲んでください。 お粥を食べる 辛いものを食べて 下痢になった時の食事はお粥が最適。 胃腸に優しく、体も温まります。 また お野菜だけの薄味ポトフなども胃腸に優しく、下痢の時の食事にもってこい。 下痢の時は脱水注意!水分は十分に摂取 下痢になった時は、 充分に水分を摂ること必須。 水分を摂らないと、体が 脱水症状を起こしてしまいかねません。 水道水はさけて、 白湯とスポーツドリンクなどを。 白湯は体内吸収が良いので、脱水症状を避けるのにおすすめ。 ぬるめのものをゆっくりと飲んでみて。 また下痢の時は体内から 水分とともに必要な電解質も失われてしまいます。 スポーツドリンクはそれらを補ってくれますよ。 でも 冷たいものはダメ!!お腹が冷えてしまいます。 常温のものを少しずつ摂るようにしてくださいね。 いやあ、辛いものがいくら好きでも、下痢になると対処法に忙しい! しかしなんで辛いものを食べると下痢になるんだろうって思いますよね。 困ったことだ~~。 ではでは、対処法の次には、辛いもので下痢になる原因も見ていくことにしましょう! なんで辛いものを食べると下痢になるの? さて、少しお腹の調子はおさまりましたか……!? 何度も書きますが、 お腹を冷やさないように、胃腸に優しいものを食べてくださいね~。 そして辛いものを食べて下痢になるその原因とは……一体? カプサイシンの作用 一度に多量の唐辛子などを食べると、辛み成分の カプサイシンが胃腸を傷つけてしまいます。 傷つけられた胃腸は水分をうまく吸収できなくなり、食べ物の消化吸収能力が弱まって、下痢になると考えられています。 なんとやっぱり カプサイシン摂り過ぎのせいか~~~! 交感神経が優位になる 辛いものを食べると、体の 交感神経が優位になりやすくなります。 交感神経が優位になると、 胃腸の動きが活発化。 そこでさらに下痢になりやすくなると言われています。 傷ついてるのに動きが活発なんて、辛いものですっかり 下痢仕様になってるいるじゃないですか、胃腸!! じゃあそもそも、辛いものを食べる時に何か対処法を考えておけば、下痢になりにくいのでは? 次は辛いものを食べる時の一工夫で、下痢に対処する方法ですよ。 最初に工夫!一緒に食べると下痢抑制に効果的なものとは さて、出来れば辛いものを食べても下痢を抑えたいというあなたへ。 一緒に食べると下痢抑制に効果的!なものをご紹介しますね。 乳製品 ヨーグルトや牛乳などに含まれる たんぱく質が、カプサイシンの胃腸への刺激をやわらげてくれるため。 でも乳製品は便通をよくする作用もあるので、摂り過ぎには要注意。 タンニンを含む飲み物 コーヒー、ワイン、渋い緑茶など、 タンニンを含む飲み物は整腸作用があり、辛いものと一緒に食べると下痢の抑制に効果的。 例えば カレーと赤ワインなんて少しオシャレな組み合わせですね~。 これは一緒に食べちゃダメ! では一緒に摂ったらダメなのは… アルコールと脂分! 先ほどの赤ワインは少量なら大丈夫…だけど、 カプサイシンが油に溶ける性質をもつため、脂肪やアルコールと一緒に摂取すると 胃腸をさらに傷つける危険が! いやあ、辛いものにビール!は最高の組み合わせ。 ですが、飲み過ぎに注意して、 お酒にするなら赤ワインにしたり、お茶や乳製品を一緒に摂るなどしてください! 最後にご紹介するのは、辛いものを食べた時の下痢以外の身体への影響について。 知らないと後からちょっと困ったことになってしまうことも! 辛いもので引き起こす下痢以外の体の影響は? さて、辛いものを食べると、下痢の他に体へどんな影響があるんでしょうか? 食欲増進 適度な辛さは食欲増進を助けます! そう、辛いものが美味しいのは多くの人が感じているところ。 やっぱり食欲が増進して、 つい食べ過ぎちゃうから下痢にもなりやすいのかも。 香辛料の量にはしっかりと対処と注意が必要ですね。 体が熱くなる・発汗 カプサイシンン作用で 体が熱くなり、発汗しやすくなります。 以前野菜のお鍋に一味を入れて、汗が止まらなくなりました!そんなに量を入れていないのに、入れない時よりずっと体がホカホカです。 寒い時などは、少量の辛いものは良さそうですね! ダイエットには効果がない? 俗に辛いものや香辛料には脂肪を燃焼する・ダイエット効果があると言われていますが、それを証明するデータはないんだそうです! え~~なんだか残念! 味覚麻痺 辛いものを食べ過ぎると、舌への刺激を受けすぎて 味覚がどんどんマヒしていくことがあります。 結果、必要以上に辛くしないと味をあまり感じなくなってしまうことも! こうなってしまうと、料理を味わうなんてできない……。 やっぱりいくら美味しくても、好きでも、辛いものは 食べ過ぎてはいけませんね。 いつでも美味しく食事を味わいたいですものね。 しかも下痢にもなりやすい!!気をつけましょうね~~~。 「辛いもので下痢になった!この対処法でスッキリ簡単に下痢を克服!」まとめ さて、今回の記事「辛いもので下痢になった!この対処法でスッキリ簡単に下痢を克服!」はいかがでしたか? 辛いもの……特に唐辛子の辛さって本当に病みつきになります。 でもその度にお腹が痛くなって下痢になってしまったら大変。 今回ご紹介した対処法を試してみて、あまりにひどいようでしたらちゃんと病院へ行ってお医者さんに診てもらってください! 何より下痢の時は無理せず、体を休ませてあげることが大切。 決して無理をなさらないように! これからも大好きな辛いものと上手に付き合っていきたいですね。 では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

次の

下痢の原因・辛い刺激物

辛いもの 下痢

辛い食べ物って美味しいですよね。 飲食店やコンビニなどでも「激辛」「辛くて美味しい」など、辛さを売りにした料理もたくさんあります。 でも、唐辛子がたくさん使われた料理など「辛いもの」を食べた後、すぐに腹痛に襲われトイレに駆け込むということ経験したことがある方も多いのではないでしょうか。 かなりお腹が痛くなり、痛みが治まったと思ってもまた激痛がやってくる …。 痛みは 1時間位すると落ち着いて来ますが、体調によっては腹痛と下痢が長時間続くこともあります。 辛いもの(カプサイシン)を食べると腹痛を起こしたり下痢になってしまうけれど、それでもやっぱり辛いものが好き!食べたい!という方もたくさんいますよね。 そこでここでは、 「辛いもので下痢になる原因」「辛いものを食べる時の下痢の予防」「腹痛や下痢が起きてしまった時の対処方法」などをまとめてみました。 食欲増進• 発汗や血行の促進• 疲労回復 などの効果があると言われてきました。 カプサイシンの辛みが舌や胃腸を刺激するため、食欲が増すということを知っている方も多いですよね。 さらに、カプサイシンは交感神経を刺激する働きも持っているため、エネルギーの代謝も促すため太りにくいともいわれています。 食べた後に体が温まり汗を大量にかきますよね。 これも唐辛子が保つ「カプサイシン」の辛味成分によるものになっています。 では、なぜ唐辛子に含まれる「カプサイシン」で下痢を引き起こしてしまうのでしょうか。 そのためカプサイシンを大量に摂取すると、消化されない食物が多く大腸に運ばれ、大腸で消化不良を起こし、下痢という症状が現れます。 また、胃が弱っている時などは、辛いものによって胃が刺激され腹痛となり、下痢になるという場合もあります。 「鷹の爪」として乾燥させた唐辛子を料理に使うことはありますが、一度に大量に使用することはほとんどないですよね。 つまり、日本人は遺伝的にカプサイシンを消化しづらい肉体を持っているためとも考えられます。 中国人や韓国人の中で、唐辛子を食べて下痢がヒドイという話を聞いたことがあまりありません。 中国や韓国は、麻坊豆腐やキムチなどに代表されるように、昔から唐辛子を摂取する文化が根づいています、そのため胃や腸がカプサイシンへ適応しやすいのかもしれません。 つまり、 カプサイシンへの慣れ、耐性の問題とも言えるかもしれません。 辛いもので下痢になることを予防するには? 辛いもので下痢になるのはイヤだけれども、辛いものが好きという方は意外とたくさんいます。 体調不良で胃が弱っている時は、唐辛子に限らず多少の刺激のあるたべものでも下痢を起こしやすくなっています。 お腹の調子が悪い時などは潔く辛いものは避け、体調が良くなってから食べるようにしましょう。 理由は、牛乳やヨーグルトなどの乳製品には、カゼインというタンパク質が含まれており、その物質がカプサイシンからの刺激を中和してくれる可能性があるためです。 辛いもので腹痛になった時の対処法は? 下痢を起こしたしまった場合は、食べ物は取らず、ゆっくりすることが一番良いです。 また、下痢の時は多くの水分を排出する場合が多いので、脱水症状を起こしやすくなっています。 水分補給はこまめに行うようにしましょう。 経口補水液やスポーツドリンクなどは、体液に近いバランスで作られ、失われた水分をスムーズに吸収しやすくなっています。 【注意点】冷たい水は、胃や腸を刺激するため飲まないようにしましょう。 【注意点】緑茶など利尿作用のある飲み物は更に水分が失われてしまうので避けるようにします。 まとめ 唐辛子などの辛いものを食べて下痢になる一番の原因は、唐辛子を大量に食べる習慣が昔から日本にはなかったという食文化が大きいような気がしています。 最近は、唐辛子を使った食べ物も昔に比べて多くなり、特に韓国料理などは大人気ですよね。 唐辛子も食べすぎなければ下痢にならない人も多いようなので、食べ過ぎには注意し、また乳製品と一緒に食べるなどの工夫をして、好きな辛いものを食べて下さいね!.

次の