アポロ 11 号。 【特集】アポロ11号月着陸50周年(2019年7月21日)

アポロ計画陰謀論

アポロ 11 号

着陸地点は「静かの海」。 月着陸船イーグル号から降りてで初めて月面を踏みしめたのが、船長です。 「人間の小さな一歩だが、にとって大いなる飛躍だ」と船長は無線機を通じて、テレビ中継で見守る世界中の人々に語りかけました。 また、アメリカとソ連の宇宙計画で命を失った5人の 、、ロジャー・チャフィー、ウラジミール・コマロフ、 のための記念碑が、月面に置かれました。 記念碑には「から来たがここに初めて足跡をしるす。 西暦1969年7月。 すべてののため、われわれは平和のうちに来た」と刻まれています。 船長との2人は、21時間36分のあいだ月面にとどまり、21kgの月の石をに持ち帰りました。 宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの? アポロ宇宙船は司令船と機械船から構成されています。 司令船は円錐形をした居住カプセルで、全長3. 23m、底辺の直径3. 91m、重量5. 56tです。 円筒形の機械船は司令船に酸素や電力を供給したり、推進の役割をする部分です。 全長7. 37m、直径3. 91m、重量23. 2tです。 また、月着陸船は全長7m、重量15. 1tです。 はどんな形をして、どのような性能を持っているの? Vは3段式で、宇宙船をふくめた全長が111m、重量2941tです。 第1段に推力694tのエンジンが5基、第2段に推力93tのエンジンが5基、第3段に推力93tのエンジンが1基ついています。 打ち上げや飛行の順序はどうなっているの? Vの第1段と第2段の推力で、第3段とアポロ宇宙船を軌道に乗せ、第3段の推力で月に向かいます。 第3段を離れた宇宙船が第3段に収めてある月着陸船とドッキングして、第3段と着陸船を切り離します。 月の周回軌道に乗ってから月着陸船で月面に降り立ちます。 に帰るとき、着陸船は再び宇宙船とドッキングして、飛行士が宇宙船に乗り移ったあとで切り離されます。 大気圏再突入は司令船だけで行われます。 宇宙飛行の目的は? 人間を月に送ることです。 宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの? 史上初の月面着陸に成功しました。

次の

映画『アポロ11 完全版』公式サイト

アポロ 11 号

【7月12日 AFP】アポロ11号()による月面着陸がうそだと考えている人は、世界中に数多く存在している。 彼らは、1969年7月に米航空宇宙局()が配信した画像が、実際には米ハリウッドのスタジオで撮影されたものだと信じているのだ。 また、月面着陸はなかったとしてアポロ11号のミッションそのものを疑い、それが「ねつ造」であったと実証を試みるウェブサイトも星の数ほどある。 こうした懐疑派の中には、NASAにはそのような途方もない計画を成功させる技術的ノウハウはなかったと言う人や、宇宙飛行士だったら宇宙線で焼かれて死んでいるはずなので、月面に着陸していたとしてもそれは人間ではなかったと主張する人もいる。 その他、月面着陸には宇宙人が関与しており、宇宙飛行士らが発見した月の文明と共に隠ぺいされたという意見もある。 だがほぼすべての陰謀説で「怪しい点」が指摘されるのは、地球に送信された画質の悪い写真やビデオ映像だ。 陰謀論者たちは、映像の中の影に不自然な点があることや一部の写真に星が写っていないことを指摘しているが、こうした説は科学者らによって何度も反証されている。 2009年には無人月探査機「ルナー・リコネサンス・オービター()」が月面に残された歴代のアポロ宇宙船の残骸を撮影している。 それでも、こうした説がなくなる兆しは今のところ見られないのだ。 1969年、「静かの海」にアポロ11号の着陸船が降り立った時、テレビに映る映像を疑ってかかった米国人は20人に1人もいなかった。 米調査会社ギャラップ()のデータによると、世紀が変わる頃でもこのイベントに疑いを持っていたのは米人口の約6%にとどまっていたとされる。 一方、冷戦時代の敵国ロシアでは同時期、国民の半数以上が米国を最初に月に到達した国と認めることを拒んでいたという。

次の

【メディアポ】テレビで生中継された重大事件簿「アポロ11号月面着陸」

アポロ 11 号

スポンサードリンク アポロ11号の月面着陸の疑惑 アポロ11号の月面着陸の疑惑…。 それは アポロ11号の月面着陸は 大 ウソ だったんちゃうか疑惑。 なんやて!? じゃあ一体なんでそんな疑惑がでてきたのか。 当時、アメリカとソ連(今のロシア)はまだ 冷戦状態。 アメリカはソ連の宇宙科学技術に遅れをとるまいと焦っておったそうな。 そして 「有人月面着陸計画」という神の一手をひらめいたのだ!! ピコーン!! だがしかし、あまりの技術差と安全性への疑問(過去のアポロ事故とか)から、 セット撮影による偽装疑惑が浮上してしまった。 <出典:> つまりソ連に負けたくなさすぎて、つい魔が差したということだろうか。 子供か! とツッコミたい所やけど当時の時代を考えるとありえなくもない・・・のか? そもそも なんでアメリカがそこまでソ連に負けたくなかったのか。 それは、 核弾頭ミサイルの開発と関係があると。 <出典:> 弾道ミサイルは、打ち上げられた後いったん宇宙へ出て、目標付近で大気圏に突入する。 その流れは有人宇宙飛行船の飛行プロセスと同じ。 さらに言えば、ロケットはもともと核弾頭を乗っけることを前提にしてて、 核弾頭収納スペースに人工衛星とか宇宙船を乗せただけのこと。 つまり、 宇宙開発を制する者が世界を制する時代だったのである。 スポンサードリンク アポロ11号の月面着陸、数々の疑惑写真 ここからはアポロ11号の疑惑の写真をいくつか見ていこう。 大気のない月面で触ってもないのに国旗がなびくのか? 宇宙では太陽風が吹くらしいけど、国旗をなびかせるような性質のものではない。 だが、宇宙飛行士の姿は影になっていない。 むしろ 手前に光源があると思えるくらい鮮明に映っている。 もしかしたら、 月じゃなくて地球でセットを作りフラッシュ撮影をしたんじゃないのか? と。 NASAは否定しているが・・・。 画像で見ると常に手前なのだが、一部の写真では映像の影になっている。 後で映像に手をくわえたとしか…。 表面はかなりデコボコである。 しかしアポロ11号が撮影した月面はけっこうキレイで、平面が多い。 つまり、月面を再現しただけちゃうんかと。 着陸地点の地質の差であるとNASAは発表している…。 などなどいろんな ザワザワする疑惑があって、 月面に着陸したのはウソだ、詐称だ!!と。 「詐称はよくないよ。 」 中には 「実はアポロ11号じゃなくて13号だった」とか 「月には本当に行ったけど、公開した情報はウソで本当の情報をNASAは隠してる」とか 調べるとキリがない。 アームストロング船長の 「この1歩は小さな1歩だが、人類にとっては大きな1歩である。 」 って名言は、真実だったのか、それともウソで塗り固められたものだったのか!? 信じるか信じないかは、アナタ次第です!! あい、以上っす。 つまるところ、 真実は、NASAのみぞ知る である。

次の