駿台模試 時間割。 【全統模試】河合塾模擬試験年間スケジュール【2020年】

駿台共通テスト模試|大学受験予備校 駿台予備学校

駿台模試 時間割

電話番号 1号館:0120-66-2418 2号館:0120-56-2418 住所 1号館:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-7 2号館:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-25-2 最寄駅 JR・京浜急行・東急東横線・みなとみらい線・相鉄線・横浜市営地下鉄 横浜駅 徒歩3分 対象 中学1〜3年生、高校1〜3年生、既卒生 指導形態 個別指導、集団指導、映像授業、ネット学習 コース 大学受験、難関大受験、医学部・薬学部受験、夏期講習、冬期講習 塾のタイプ 大手塾・予備校 受付時間 電話受付 1号館:13:30~19:00 2号館:10:00~19:00 自習室 開館時間 現在調査中のため、情報がありません。 その他 駅から徒歩5分 駐輪場 コンビニ・カフェ近く 自習室 入退館管理システム 寮 夏期・冬期講習 授業後のフォロー 定期テスト対策 チューター 独自模試 振替授業可 説明会・見学可 入塾試験 特待生制度 合格保証制度 駿台は、大規模な校舎を展開する東大・京大・医学部合格実績No. 1の駿台予備学校グループのひとつです。 コースには、現役生対象の現役フロンティアコースや、既卒生を対象としたコースがあります。 その他にも、専門分野に特化した教育事業を運営。 都内トップ校の高校生を対象とした指定校制塾「東大進学塾エミール」や、民間としては日本で最多の国際数学オリンピックメダリストを輩出している「駿台英才セミナー」などを行っています。 英語4技能に対応したバイリンガルインストラクター、駿台出身の現役大学生によるクラスリーダー、進路受験指導のプロである進路アドバイザーなど、サポート面にも力を入れていますよ。 難易度の高い全国模試でも知られている通り、駿台なら高い質とレベルの授業を受け、ハイレベルな生徒たちと切磋琢磨することが可能です。 「駿台」の正式名称は「駿台予備学校」です。 河合塾、代々木ゼミナールと並んで三大予備校と教育業界において称されており、「第一志望は、ゆずれない」をキャッチコピーとしています。 コースは、中・高生が通う「現役フロンティア」と既卒生が通う「高卒クラス」に分かれています。 授業は、人の集中力の持続平均時間といわれる50分制です。 学校の授業や部活などが終わる時間によって不公平が生まれないように座席指定制となっており、定期的に席替えを行っています。 「現役フロンティア」では、一人ひとりのサポートを重視する「担任サポートシステム」を採用。 講師、バイリンガル・インストラクター、進路アドバイザー、クラスリーダーがスクラムを組んできめ細やかな指導を行います。 「高卒クラス」は授業を行う講師に加え、受験指導を担うクラス担任・副担任、個別指導を行うティーチングアドバイザーが連携して指導にあたります。 また、保護者との連携を大切にしており、年3~4回の保護者会や定期的な三者面談を実施。 「駿台生マイページ」では、インターネット上で出席状況や模試の成績表などが共有できるようになっています。 一人の生徒に対してさまざまなプロフェッショナルがサポートしてくれる、大手ならではの強みがあります。

次の

【大学受験2021】駿台atama+共通テスト模試、オンライン無料開催

駿台模試 時間割

難しいと評判の駿台模試 という事で、 駿台模試受けてきました!当日会場について思わず投稿しちゃったんですが、2浪ともなると現役生と2歳歳離れているわけで。 周りの子がめちゃくちゃ子供に見えました笑。 到着した時はまだ入室時間前で、ホールにたくさん人がいたので10分ぐらい廊下の隅に立っていざ入室。 ふと後ろを振り返ったら列と勘違いしたのか後ろに15人ぐらい並んでました笑。 申し訳ねぇ… そんなこんなで無事に入室することが出来、1科目目の世界史が始まりました。 「半分、白い。 」(世界史) どっかで聞いたことあるようなこちらの見出しが、世界史のまとめです。 結局世界史は全然進まず当日を迎えたこともあって、中国史以降はほとんど勘。 普通に考えて低すぎる。 勉強もあまりしてないし、なるようになったなって感じです。 ただそれでも勉強したところはちゃんと覚えていて、何問か自信をもって回答することが出来たのが唯一の救いです。 やればできる!!!!! 今は英語と国語に時間を使いたいから、また予定を決めて少しづつ進めて行きます。 大問5(国語) 続いて一番得意な国語。 本番では国語で8~9割取りたいのでまだまだですが、 最低限のラインはクリアできたかな? 今回は現代文3問、古文1問を選択。 得意の現代文は正解率高め。 熟語の意味や漢字で点数を落としてるのが相変わらずもったいない。 そして選択問題もやはり間違っていても最後の2択までは絞れていました。 毎回2択までは絞れるようになってきたからそこは前向きにとらえたいものの、これからはそこで間違えないようにしないと… 見出しの「大問5」も現代文の問題何ですが、これが難しくて難しくて。 今まで解いた問題で一番難しく感じました。 時間もあまりなく、半分ぐらいの問題は一通り軽く目を通して消去法で2択ぐらいまで絞り後はなんとなく選んだんですが、帰宅して自己採点してみるとなんと! 大問5、 すべて正解でした!!! ここで50点まるまる取れたのは本当にでかい。 本番でもこれを目指していきたいと思います。 古文は文法・単語が終わってないこともあって解釈などは当然出来ず勘。 しかし、ここでも希望の光が。 文法をしっかりやったお陰で、「る」の識別問題を解くことが出来ました! これは嬉しい。 古文はやってもやっても点を取れるイメージがなかったのでこれは大きな一歩。 今後はまず古文をしっかり一通りできるようにすることが最優先に。 あれ?意外と簡単じゃね??? (英語) 最後に英語。 リスニングは入試本番で使わないのでとりあえずスルー。 問題の筆記。 アクセント発音問題は出てこないので対策もしておらず、すべて勘。 まぁこればっかりはしょうがないと割り切ってます。 そして文法、長文読解。 文法を解き始めて数問。 ボロボロ。 低すぎてびっくりしました。 今回の英語は全体的に把握できてた感じだったためなおさらショック。 センターでは半分は取れてたのに…..。 分かる所もあった半面何回もやったところを忘れていて間違えるなどまだ詰めが甘い様子。 長文読解は全体的に読めたイメージでした。 しかし、自己採点してみるとほとんど不正解。 以前に比べて単語や熟語、文法などを覚えて読めるようになったものの精読といったレベルにはまだ達せず。 大まかに言ってることはわかるけど細かいところで解釈ミスや見逃しがありました。 なにより長文を読むのに慣れてなく、毎回時間がなくなっちゃうのをどうにかしないと。 音読でなれるしかないのかなぁ。 以前よりは読めるようになっているので後は勉強時間増やしてひたすら勉強するのみ。 まとめ という事で、振り返ってきましたがやはり全体的に勉強時間が足りてないなというイメージでした。 各教科何回も勉強したところは少しづつ力になっていることが確認できたのが唯一の救いでした。 とはいえ、いくら何でも低すぎるのでもっと頑張らないと… 2週間後の河合塾の模試を受けるつもりなのでそれまでに進められるだけ進めてみます!.

次の

【京大志望者向け】京大模試で受けるべきはこの2つだけ!!<京大実戦模試と京大オープン>

駿台模試 時間割

難しいと評判の駿台模試 という事で、 駿台模試受けてきました!当日会場について思わず投稿しちゃったんですが、2浪ともなると現役生と2歳歳離れているわけで。 周りの子がめちゃくちゃ子供に見えました笑。 到着した時はまだ入室時間前で、ホールにたくさん人がいたので10分ぐらい廊下の隅に立っていざ入室。 ふと後ろを振り返ったら列と勘違いしたのか後ろに15人ぐらい並んでました笑。 申し訳ねぇ… そんなこんなで無事に入室することが出来、1科目目の世界史が始まりました。 「半分、白い。 」(世界史) どっかで聞いたことあるようなこちらの見出しが、世界史のまとめです。 結局世界史は全然進まず当日を迎えたこともあって、中国史以降はほとんど勘。 普通に考えて低すぎる。 勉強もあまりしてないし、なるようになったなって感じです。 ただそれでも勉強したところはちゃんと覚えていて、何問か自信をもって回答することが出来たのが唯一の救いです。 やればできる!!!!! 今は英語と国語に時間を使いたいから、また予定を決めて少しづつ進めて行きます。 大問5(国語) 続いて一番得意な国語。 本番では国語で8~9割取りたいのでまだまだですが、 最低限のラインはクリアできたかな? 今回は現代文3問、古文1問を選択。 得意の現代文は正解率高め。 熟語の意味や漢字で点数を落としてるのが相変わらずもったいない。 そして選択問題もやはり間違っていても最後の2択までは絞れていました。 毎回2択までは絞れるようになってきたからそこは前向きにとらえたいものの、これからはそこで間違えないようにしないと… 見出しの「大問5」も現代文の問題何ですが、これが難しくて難しくて。 今まで解いた問題で一番難しく感じました。 時間もあまりなく、半分ぐらいの問題は一通り軽く目を通して消去法で2択ぐらいまで絞り後はなんとなく選んだんですが、帰宅して自己採点してみるとなんと! 大問5、 すべて正解でした!!! ここで50点まるまる取れたのは本当にでかい。 本番でもこれを目指していきたいと思います。 古文は文法・単語が終わってないこともあって解釈などは当然出来ず勘。 しかし、ここでも希望の光が。 文法をしっかりやったお陰で、「る」の識別問題を解くことが出来ました! これは嬉しい。 古文はやってもやっても点を取れるイメージがなかったのでこれは大きな一歩。 今後はまず古文をしっかり一通りできるようにすることが最優先に。 あれ?意外と簡単じゃね??? (英語) 最後に英語。 リスニングは入試本番で使わないのでとりあえずスルー。 問題の筆記。 アクセント発音問題は出てこないので対策もしておらず、すべて勘。 まぁこればっかりはしょうがないと割り切ってます。 そして文法、長文読解。 文法を解き始めて数問。 ボロボロ。 低すぎてびっくりしました。 今回の英語は全体的に把握できてた感じだったためなおさらショック。 センターでは半分は取れてたのに…..。 分かる所もあった半面何回もやったところを忘れていて間違えるなどまだ詰めが甘い様子。 長文読解は全体的に読めたイメージでした。 しかし、自己採点してみるとほとんど不正解。 以前に比べて単語や熟語、文法などを覚えて読めるようになったものの精読といったレベルにはまだ達せず。 大まかに言ってることはわかるけど細かいところで解釈ミスや見逃しがありました。 なにより長文を読むのに慣れてなく、毎回時間がなくなっちゃうのをどうにかしないと。 音読でなれるしかないのかなぁ。 以前よりは読めるようになっているので後は勉強時間増やしてひたすら勉強するのみ。 まとめ という事で、振り返ってきましたがやはり全体的に勉強時間が足りてないなというイメージでした。 各教科何回も勉強したところは少しづつ力になっていることが確認できたのが唯一の救いでした。 とはいえ、いくら何でも低すぎるのでもっと頑張らないと… 2週間後の河合塾の模試を受けるつもりなのでそれまでに進められるだけ進めてみます!.

次の