大根 下ごしらえ レンジ。 冬瓜の下ごしらえ・レンジで下処理は?皮・わたも食べれるレシピ!

おでんの大根の下ごしらえはレンジで!

大根 下ごしらえ レンジ

ぶりをチン、煮汁で大根をチン! これでぶりはしっとり、大根はしみしみ。 副菜のおすすめ「白あえの豆腐の水きり」もレンジでOKです。 大根は皮をむいて乱切りにする。 2.耐熱ボウルにAを入れて混ぜ、ぶりとしょうがを加えて、スプーンで調味料をかける。 ふんわりラップをし、電子レンジで1分加熱して、ぶりを取り出す。 4.器にぶりと大根を盛り合わせ、煮汁をかける。 ふんわりラップをし、電子レンジで2分加熱。 水にとって冷まし、水けを絞って、3cm長さに切る。 2. 豆腐はペーパータオルに包み、耐熱皿にのせる。 ラップなしで、電子レンジで1分加熱する。 3.取り出して粗熱が取れたらボウルに入れてつぶし、Aを加えて混ぜる。 使用している電子レンジに合わせて加熱時間の調整をしてください。 村上レンチン食堂の「15分で2品」定食シリーズ(全3回) 第1回 第2回 第3回 その他、「楽ちん茶わん蒸し」「大好評のやわらかとろりんプリン」など短時間で作れるレシピがたくさん! ぜひあなたのレパートリーを増やしてください。 それにごはんを足せば1食完成の定食仕立て。 村上 祥子(ムラカミ サチコ) 料理研究家。 管理栄養士。 公立大学法人福岡女子大学客員教授。 福岡女子大学で栄養指導実習講座を担当。 治療食の開発で、電子レンジに着目。 以来、研鑽を重ね、電子レンジ調理の第一人者となる。 その後も、糖尿病、生活習慣病予防改善のための栄養バランスのよい、カロリー控えめのレシピを数多く考案し出版。 また、高齢化個食社会を見据え、簡単にできる一人分レシピの開発、保育所、幼稚園、小学校の食育出前授業を行うほか、日本栄養士会主催の特別保健指導にも講師として参加する。 日本国内はもとより、ヨーロッパ、アメリカ、中国、タイ、マレーシアなどでも、年齢を問わない「食べ力 ぢから 」をつけることの提案と、実践的食育指導に情熱を注ぐ。 健康的な食材を手軽にとるためのアイディアが豊富で、「電子レンジ発酵パン」、「バナナ黒酢」、「たまねぎ氷」、「にんたまジャム」、今テレビで話題の「レモン酢」等を開発し注目を集めている。 これまでに出版した著書は340冊(745万部)。 現在、健康寿命の延伸に力を注いでいる。

次の

電子レンジで簡単・時短の「下ごしらえ」と「蒸し料理」

大根 下ごしらえ レンジ

大根にはあく抜きが必要? 食材によっては、調理する際に「あく抜き」 という作業が必要です。 主にあく抜きが必要な食材は ・たけのこ ・れんこん ・さつまいも ・ごぼう ・ほうれん草 などなど、根菜が多いですが、あく抜きをすることで、 ・色が変わるのを防ぐ ・えぐみ、渋みをなくす ・香りを良くする など様々な効果があるといえます。 じゃがいもは水につけておくことで、 黒く褐色するのを防ぐこともできます。 さて、大根はあく抜きが必要なのか… となると、特にあく抜きという工程は必要ないのですが、 あく抜き=下ごしらえ をしてあげることで、大根特有の苦味を軽減させることができますし、 また、煮物にする場合、 味も染み込みやすくなります。 大根を適当な大きさに切り、 包丁で皮を剥いたあと、 面取りをします。 一般的な煮物で使う場合は、 輪切りで3cm程度の厚みが良いかと思います。 3・続いて、大根を茹でていきます! 大根は、 水から 茹でるようにします。 鍋にたっぷりの水と大根をいれて、 さらに米をいれます。 お米の量は、水の量の1%程度 大さじ1杯程度 でOKです。 4・鍋に米と大根をいれたら、 強火で火にかけ、沸騰させます。 大根の量や水の量にもよりますが、 3~5分程度で沸騰します。 5・水が沸騰したら、火を弱火にし、 さらに大根が柔らかくなるまで、 煮ていきます。 6・茹で時間は 15~20分 程度です。 竹串・つまようじ等、細いものを刺して すーっと通ればOKです。 7・茹でた大根は、そのまま蛇口に持っていき、 水で冷まします。 これで大根の下処理の完成です! 今回は、お米自体を使用しましたが、 米のとぎ汁を使用しても大丈夫だそうです。 あとは含め煮にするなど、 お好みでどうぞ。 大根をお米と一緒に茹でることで、 大根が 白く仕上がります し、 臭みや苦味 等も 消すことができます。 1・まずは、大根を好みの大きさに切ります。 そして水で茹でるときと同じように、 皮をむいたあと、面取りを行い、 そして十字に隠し包丁をいれておきます。 2・大根を耐熱皿にいれて、 大根にかぶるくらいのお水をいれます。 3・このままでも下茹では可能ですが、 ここで米をいれます。 4・米を振りかけたあと、 ラップをぴっちりかけて、そのまま電子レンジ 500wで10分 で加熱します。 5・10分加熱すると、かなり熱くなっているので 取り出す際は注意するようにします。 取り出してみて、 竹串やつまようじなどがスーッと通ればOkです。 量が多い場合は、10分では足りない可能性もあるので、 その場合は加熱する時間を増やしてください。 後は洗って鍋にいれて、 他の具材と一緒に煮物にも使えます。 おでんの下ごしらえはどうする? おでんの時の下ごしらえも基本的に、 上記のような下ごしらえでOKです。 おでんの場合、下ごしらえすることで、 味も染み込みやすくなるので、 下ごしらえしてからだしで一緒に煮ると 美味しくいただけます。 1・まずは、大根を3~4cm程度の厚めに輪切りにし、 皮むき後、面取りを行います。 おでんでも、皮は厚めにむきます。 煮物などと同様、隠し包丁をいれておきます。 2・続いて、鍋に水と大根、さらにお米をいれて、 沸騰後15~20分程度 弱火で竹串が通るくらいまで煮込みます。 3・さらに水で20分ほどさらします。 時間があるときは、 水にさらすと、さらに大根の苦味や臭みが 取り除けるので、 より美味しいおでんになります。 大根の下処理が完成したら、 あとは、水に昆布・鰹節をいれて火にかけ だしをとります。 さらに、醤油、みりん等をいれ、 そのあと具材をいれて煮込むだけです。 おでんの場合、さつま揚げ、つみれなどの 練り製品は食べる直前にいれるようにします^^ 下処理済み!の大根も便利です^^.

次の

大根のあく抜き方法!下処理・下ごしらえはレンジでも?おでんでは?|健康♡料理♡美容♡恋愛

大根 下ごしらえ レンジ

メリット1 早い・簡単!調理時間の短縮に! 豆腐の水切りや乾物の戻しは、電子レンジを使えば簡単かつとても早く行うことができます。 それ以外の下ごしらえも電子レンジで行えば、調理時間全体を短縮することができます! メリット2 野菜はゆでるよりビタミンキープ 野菜に多く含まれているビタミンBやCは水に溶けやすい性質があるので、鍋で野菜をゆでると減少してしまいます。 ゆでるかわりに電子レンジを使って蒸すと、短時間で急速に加熱ができ、栄養素を損ないにくくなります。 例えば、ビタミンCが多いブロッコリーの場合、鍋でゆでた時よりも1. 5倍の量のビタミンCが残ります。 メリット3 火を使わずに安全・あと片付けも楽ちん 火を使わないので、安全に調理ができます。 電子レンジで行えば、鍋などの調理器具も使わず、あと片付けも楽ちんです。 電子レンジでの下ごしらえに便利!厚手の「クッキングペーパー活用術」 水気を拭いたり油を吸い取ったりするだけに使っていてはもったいない。 厚手のクッキングペーパーは、電子レンジでの「下ごしらえ」にも大活躍です! POINT 野菜の下ごしらえのポイント 野菜を切る場合は、熱が均一に通るように形や大きさをそろえて切ります。 野菜は水洗いしたら軽く水気を切るだけで、ぬれたままの状態にします。 野菜の量や大きさによって、「ラップまたは水でぬらして軽く絞った厚手のクッキングペーパーで直接包む」「耐熱皿を使い、水でぬらして軽く絞った厚手のクッキングペーパーではさむ」あるいは「耐熱皿に並べて上からラップをかける」などの方法で加熱します。 ラップのかわりに水でぬらした厚手のクッキングペーパーを使うと、「食品の中の水分」と「クッキングペーパーに含んだ水分」からの蒸気でおいしく蒸すことができます。 また加熱中に出た余分な水分もクッキングペーパーが吸収します。 加熱時間の目安は、下記の表を参考にしてください。 詳しい作り方は、をご覧ください。 電子レンジで「肉の下ごしらえ」 ~「鶏肉」の蒸し方~ 電子レンジを使って肉も簡単に蒸すことができます。 特に鶏肉は、厚みがあり火を通すのに時間がかかりますが、電子レンジを使えば、早くしっとり蒸しあがります。 厚手のクッキングペーパーを使うと、余分な水分や油分を吸いとりながら鶏肉をおいしく蒸すことができます。 まず、フォークなどを用いて、鶏の皮に数箇所穴をあけ、ぬらして軽く絞った厚手のクッキングペーパーを耐熱皿の上に敷きます。 この時、皮の破裂を防ぐため、皮を下にして入れましょう。 ここで酒をふると臭みが消えます。 (鶏肉200gあたり酒大さじ1/2) 上からもう1枚ぬらしたクッキングペーパーをかけて、加熱します。 中までしっかり加熱できているか確認しましょう。 <加熱時間の目安> 200gで5分30秒(500W)、または4分(600W) 電子レンジで「魚の下ごしらえ」 ~クッキングシートを使った「切り身の魚」の蒸し方~ 面倒と思われがちの魚料理も、電子レンジを使えば毎日でも食べたくなるおいしい1品が簡単にできます。 魚料理のレパートリーも増やせます! この時、クッキングシートを使うのが、おすすめ。 「クッキングシート」には、液体の汁は通さないのに蒸気を良く通すという性質があるため、肉や魚、野菜を包んで、電子レンジで蒸す料理に適しています。 食材がくっつかないので油を使う必要もなく、とってもヘルシーです。 クッキングシートの上に切り身魚をのせ、塩少々と1切れあたり大さじ1/2の酒をかけ、クッキングシートの両端をねじって包み、耐熱皿にのせて電子レンジで加熱します。 <加熱の目安> 1切れ(80g)で2分(500W)、または1分40秒(600W) 乾燥ヒジキ・切り干し大根を戻す 耐熱ボウルに、乾燥ヒジキ(10g)と水(1カップ)を入れてざっと混ぜます。 隙間をあけふんわりラップをかけて加熱し、そのまま5分おきます。 ザルにあけて水洗いしたあと、水気をきちんと切りましょう。 切り干し大根の戻し方も同様で、切り干し大根10gにつき水1カップです。 <加熱時間の目安> 乾燥ヒジキ10gに水1カップで3分40秒(500W)、または3分(600W) 果汁をしぼりやすく レモンやオレンジを皮がついたまま加熱するとやわらかくなり、果汁がしぼりやすくなります。 <加熱時間の目安> 1個で30~40秒(500W)、または25~30秒(600W) 湿気た焼き海苔をパリパリに 耐熱皿に焼き海苔1枚をのせ、そのまま加熱します。 加熱直後は少しやわらかいですが、しばらくおくとパリパリとした食感になります。 <加熱時間の目安> 1枚で、12~24秒(500W)、または10~20秒(600W) カリカリベーコンを作る 耐熱皿に厚手のクッキングペーパーを敷き、ベーコンを1枚ずつ並べます。 その上にクッキングペーパーをかけて加熱します。 クッキングペーパーが余分なベーコンの油分を吸収し、カリカリベーコンができます。 サラダ、冷奴やスープのトッピングとしてのせておいしく食べられます。 <加熱時間の目安> ベーコン5枚(70g)で約2分30秒(500W)、または約2分10秒(600W).

次の