結婚相手 年収。 結婚相手の年収が低いときはこう考える!収入が低い男性と幸せに暮らせる解決策まとめ

年収500万円の男性を結婚相手にするとどんな生活になる?|見極めポイントも解説

結婚相手 年収

完璧な結婚生活、完璧な婚約者……でも、それってただの幻想かも? あなたは、結婚相手の希望年収を聞かれたら、いくらと答えますか? 実は、女性の多くが「1000万円以上」と答えます。 ガイドは結婚相談所を経営し、現役の婚活アドバイザーとして会員のみなさんに接し、指導をしていますから、 日々、「なぜ、1000万円以上なの?」と問いかけています。 それは、みなさん「落とし穴」や「勝手な勘違い」に気づいていないからなんですね。 年齢・学歴・年収・職業・身長など……婚活の現場では、さまざまな「見当はずれな高望み条件」(? )を目の当たりにしますが、婚活女性にとって最も重要で、最も勘違いしやすいものの一つ、「男性の年収」について取り上げます。 婚活女性たちに聞くと、こ~んなにとんでもない答えが返ってきたりします。 「夫の収入は、すべて家計に入れるのが当然ですよね?」 男性が全ての収入を家に入れてくれると思ったら大間違いです! テレビの街頭インタビューで、 「オレの毎月の小遣いは1万円。 お母ちゃん、5000円増やしてくれよー!」と、酔っぱらったおじさまサラリーマンが奥様に向かって決死の訴え……なんてシーンをいまだに観かけます。 一体、いつの時代のお話ですか? って感じです。 まず、女性のほとんどが専業主婦だった時代は、妻に家計を任せて、夫はモーレツ社員か窓際族か……なんてことがあたりまえだったかもしれませんが、そんな「昭和の家庭」とは違うんですよ。 でも、いまだに婚活女性たちは、結婚すると夫の収入はすべて自分のところに入ると思っています。 昨今は、家庭にいれるお金はそれぞれが折半ということが多くなっていますし、そもそも1000万円以上の年収の男性が、そんなことを許すなんて、まずあり得ません。 なぜなら、家計がギリギリならまだしも、1000万円も収入があれば、夫がお給料全額を家計にいれる必要がありませんし、経営者として成功しているような男性は、収入=遊びの金とも思っていませんから、妻に無駄遣いをさせるつもりはないんです。 そもそも、あればあるほど無駄遣いするような女性を妻に選ばないからです。 「やっぱり、デートは高級レストランがいいし……」 1000万を稼ぐ男性は忙しいんです!一部の美食家以外はいつも高級レストランをチェックはしませんよ なぜ、1000万円以上の男性がイイの?と聞くと返ってくるのがこんな答えです。 「だって、年収の低い男性って、おいしいレストランとか知らなそうじゃないですか(笑)。 ハッキリ言って、ほとんどの男性はそんなことに興味ない! です。 しかも年収1000万円以上のエリート男性なんてもっと興味ないですよ。 なぜって? だって、忙しいもん! 彼らは、学歴やスキルが高かったり、仕事ができるから年収が高いのであって、当然ですが、流行りモノや高級料理を食べるのが仕事ではない人がほとんどです。 年収1000万円を稼ぐ男性は、大切なクライアントとの会食に使うお店はご存知でしょうけど、日ごろからくだ巻いて友だちや彼女とダラダラ飲んだり食べたりしてる暇なんてありません。 ハッキリ言って、ランチは吉牛やラーメン屋。 夜はファミレスやコンビニ弁当なんて人、多いですよ。 「ダサい男は無理! お金持ちならおしゃれでしょ?」 お金持ち=オシャレ? それ、幻想かもしれませんよ。 勝手にエリート男性のイメージを作り上げている人に多いのがこのパターン。 お金持ちの男性は、当然、スーツもブランドで特別オーダーしたものでしょ?……なんて思っているのかしら? それ、年収1000万円っていうか、芸能人かスポーツ選手みたいなセレブリティと勘違いしていません!? もちろん、ごく一部のベンチャー企業の社長が自分が企業の顔になってバリバリのイケてるファッションで決めてメディアに取り上げられたりするのは事実ですが、 ハッキリ言って、男性のおしゃれ度は年収には比例していません。 年収が低くてもおしゃれ好きな男性はいますし、おしゃれに興味がない高収入男性もいます! ……というか、ほとんどのエリートの1000万円越え男性は、仕事も忙しいので、ファッションの最新トレンドなんて興味がない人のほうが多いです。 仕事として必要なビジネスマナーこそ気にしますが、女性みたいに「ショッピングを楽しみた~い!」ワケではないのです。 「お金持ちは女性のエスコートにも慣れてるはず!」 高収入男性とのデートは当然高級レストラン……? 極め付け、かつ、すべてが集約された一言がこれ! なぜか、高収入男性が当然のように自分をエスコートしてくれると思っている人が多すぎます。 年収1000万円以上の男性は、見た目に関係なく、婚活市場ではハッキリ言って、引く手あまたです。 婚活中だとしても、妻としてふさわしい女性を選んでいる立場です。 当然、モテようと必死で努力しているわけではありませんから、おしゃれもしなけば、あなたを高級レストランにもいきません。 それどころか「こんなに稼いでいるのだから、俺の価値は年収だ!」と思っている男性は多いのです。 そんな彼らをメロメロにホレさせ、おしゃれに教育し直し、自分の収入を投げ打って結婚生活に捧げさせ、優しくエスコートするように導けるなら自信があるなら、どうぞ頑張って努力してくださいね。 「ラクしたいから、お金持ちがいい」なんてムシがよすぎ! 男性の気持ちになって考えてみて いかがでしたか? 最近の20代の女性は、結婚して専業主婦を希望する方が目立ちます。 そして専業主婦になるためには、相手の年収が高くなくてならない。 だから、年収1000万円だ、という思想に陥っていることがあります。 でも、それは大きな間違い。 今の男性は、家の中でただただ自分を待っているだけの妻を望んでいません。 自分らしく、きらきら輝いていてほしいのです。 子どもや夫を大切にし、家庭を守る専業主婦を否定するわけではありません。 でも、なんでもかんでも夫の年収に頼りっきりで、結婚したら人生のゴールだと思い込んでいるような女性に魅力を感じるでしょうか? とくに年収の高い男性ほど、パートナーである女性に「人生の成長を止めてほしくない」と思うはずです。 「結婚相手の年収を目当てにして頼る」女性ではなく、「ふたりで一緒に生きていこうとする」女性を目指してみませんか?.

次の

鈴木ちなみ結婚相手の顔画像や名前は?職業や年収が気になる!

結婚相手 年収

篠原ともえさんの簡単プロフィール まずは篠原ともえさんのプロフィールから簡単に紹介していきますね。 自分を嫌っている人には、それを上回る「好き好きオーラ」を出すことですね。 生年月日は 1979年3月29日で現在40歳です。 出身地は 東京都青梅市ですね。 所属事務所は、古舘伊知郎さんやヨネスケさんらが設立した 「古舘プロジェクト」に所属しています。 篠原ともえさんは1995年に電気グルーヴの石野卓球さんプロデュースにより歌手としてデビューされます。 1996年にはレギュラー出演していた『LOVE LOVE あいしてる』という番組内で、ゲストの楽屋襲撃コーナー 「篠原ともえのプリプリプリティ!! 」というコーナーを持つと、その人懐こいハイテンションなキャラクターで人気を得ていき、数々のバラエティ番組に出演されるようになりました。 歌手としてだけでなく、女優やタレントとしても活躍し、1990年代後半には原色を基本とした個性的なファッションと強烈なキャラクターで世間に「シノラー」ブームを巻き起こしました。 また音楽プロデューサーやデザイナーとしても活動しており、現在も多彩な才能で活躍されています。 篠原ともえさんと同じく平成で大活躍された華原朋美さんについては『』の記事で詳しく紹介しているのでぜひ見てみてください。 スポンサーリンク 篠原ともえさんの結婚相手は誰? スポーツ報知により、篠原ともえさんが結婚されていたことが発覚しました! 篠原ともえ、結婚していた…3歳下アートディレクターと平成のうちに婚姻届提出 — スポーツ報知 SportsHochi 記事の内容はこんな感じですね。 女優・歌手で、ファッションデザイナーとしても活躍する 篠原ともえ(40)が、大手広告代理店に所属する37歳のアートディレクターの男性と結婚していたことが3日、関係者への取材で分かった。 90年代後半に「 シノラー」ブームを巻き起こし、現在はアートの業界で活躍する篠原が、プライベートで最高の伴侶に巡り合っていた。 関係者によると、2人は今年1月末に婚姻届を提出。 現在はヨーロッパに新婚旅行に出掛けているという。 令和婚が話題になっているここ最近ですが、実は平成のうちに結婚されていたんですね。 しかも 1月末に婚姻届を提出していたということで、結婚されて既に3ヶ月以上経過していたんですね。 そして結婚相手は 「3歳年下の大手広告代理店に所属する37歳のアートディレクターの男性」です! 名前などが公表されていないところからすると、一般人のくくりになるのでしょうか? でも『一般人』とは言われていないので、業界人というくくりですかね。 あの篠原ともえさんの結婚相手ということで、一体どんな男性なのかとても気になっちゃいますね。 2019 年に結婚された芸能人のまとめページを作成していますので、 以下のリンクから気になる記事がありましたら、ぜひ見ていってください。 スポーツ報知による旦那さんの情報はこんな感じですね。 お相手の男性は、大手広告代理店に勤務しており、名だたる広告の賞を多数受賞している売れっ子アートディレクター。 クライアントからの信頼も厚く、大手企業とのコラボレーションも多数手掛けている。 昨年9月、篠原のアートワークの原画展の監修を男性が務めたことをきっかけに意気投合。 ともにアートへの情熱を持ち合わせており、仕事への思いを共有することで、次第に人生のパートナーとして意識していくようになったとみられる。 昨年9月に篠原ともえさんのアートワークの原画展で監修を務めた男性ということだったので調査してみたところ、 池澤 樹 いけざわ いつき さんという人物を発見しました! 顔画像はこんな感じですね。 豊かな感性を生かし、常に新しい表現にチャレンジしているアートディレクター池澤樹さん。 どのように活躍の場を広げてきたのでしょうか。 年齢も37歳と情報にピッタリマッチしているので、おそらく池澤樹さんが篠原ともえさんの旦那さんなのではないでしょうか。 そしてアートディレクターということで年収をしらべてみたところ、30代のアートディレクターの平均年収は推定で 約567. 6万円とされていました。 池澤樹さんはかなり実績の持ち主なので、もしかしたら もっともらっている可能性が高いですね! 篠原ともえさんの元カレについては『』の記事で詳しく紹介しているのでぜひ見てみてください。 スポンサーリンク 世間の反応 篠原ともえさんの結婚報道をうけ、世間の反応はこんな感じですね。 華原朋美さんが妊娠し、篠原ともえさんは入籍。 もちろん驚きの声とともに 祝福の声が多数挙がっていました。 また結婚だけでなく40歳という年齢に驚かれていた方も多かったですね。 私も久しぶりに篠原ともえさんをテレビで見た時に、歳を重ねているはずなのに一段と綺麗になっていて驚きましたね。 スポンサーリンク まとめ 篠原ともえさんが、1月末に婚姻届を提出されていたことが発覚しました! 結婚相手はアートディレクターということで報じられていましたが、 おそらく池澤樹さんなんじゃないかとおもわれます。 いまはヨーロッパに新婚旅行中ということなので、今後正式に発表があるのではないでしょうか。 篠原ともえさんのことなので、 かなりの幸せオーラ全開で報告してくれるんじゃないかなと思います。 どんな風に旦那様を紹介してくれるのか、発表が楽しみですね! 篠原ともえさんの元カレについては『』の記事で詳しく紹介しているのでぜひ見てみてください。 篠原ともえさんと同じく平成で大活躍された華原朋美さんについては『』の記事で詳しく紹介しているのでぜひ見てみてください。

次の

「結婚相手の希望年収は1000万以上」の落とし穴 [植草美幸の恋愛コラム] All About

結婚相手 年収

あなたの本当の年収は高い?低い?潜在年収力を診断 平均年収. jpでは、実際にあなたが貰っている現在の年収、そして本来もらうべき年収と呼ばれる潜在的な年収「年収力」をAIにデータを蓄積して計測しています。 是非あなたの潜在的な年収力をチェックし、新しい未来を探してみましょう。 年収300万円は住宅ローン組める 住宅ローンを例に出しますが、以前は最低年収400万円までの人が住宅ローンを組むことができました。 では2018年現在ではどうなっているのか?年収300万円の人まで住宅ローンを組むことができます。 時代背景に合わせて、住宅ローンも一段階下がっているのです。 それほど年収300万円以下の人は多くなっています。 年収300万円以下の人は今後も増えると考えられるので、戦中ではありませんが贅沢は難しいでしょう。 借入ができる住宅ローンの額は1353~2200万円程度となっています。 相手に全依存すると失敗する可能性が高い 年収300万円代の人との結婚は難しいと考える人は、なぜ難しいと考えてしまうのでしょうか?確かに年収が増えれば、それだけ生活も豊かになると考えます。 しかしそれは大きな間違いです。 年収は増えれば増えるほど税金が大きくなります。 累進課税という税制ですが、所得の多い人から税金を取って公平に分配という建前の元で高収入になればなるほど税金として持って行かれてしまうのです。 収入面のことを相手に押し付けることは、相手のストレスになります。 筆者は離婚歴がありますが、ストレスの原因の1つが収入について言われることでした。 収入は急には増えません。 相手に頼るのは大きな間違いです。 年収300万円だと共働き夫婦が多い 年収300万円の人が増えているということは、女性も男性も収入面で結婚を躊躇してしまう人たちも増えているということです。 だからこそこの記事を読まれて、結婚していけると考えてほしいと願っています。 年収によって割合が異なりますが、共働きをしている人たちが多いのは事実です。 共働きをすることによって年収300万円にプラスしていけます。 個人の年収ということではなく、世帯年収を増やしていくことを考えましょう。 出産・幼児期には育児休暇を取ることから収入は下がってしまうかもしれませんが、計画的にライフプランを考えて行くと上手くやりくりしていけます。 また結婚適齢期の20代後半~30代前半の男性の平均年収は、300万円~400万円のレンジといわれています。 そのため40代になったとき50代になったとき将来年収が上がるので年収300万でもやっていけるのが普通です。 年収300万円代の割合がが一番多い 全体の4割を占めているということは、多数派を占めてきているということです。 今後も増えてくることが予想されますので、不安を感じていたとしてももらえる収入は決まっていますので決まっている収入の範囲内で生活しなければなりません。 これから考えていかなければならないことは、会社に頼るのはやめようということです。 会社は従業員を働かせることによって利益を出します。 従業員は会社に所属することによって、社会的に守られています。 ここで考えて欲しいのは、自分を守る・家族を守ることを会社に頼ることはそれだけ依存度が高いということです。 例えば会社が払う給料が安い、だから生活も苦しい。 給料が上がれば生活していける、この考えでは一生会社に頼った人生をたどることになります。 生活を切り詰めてでも、資産を作りましょう。 会社に頼ることは、宗教にすがっていることと同じです。 年収300万円の結婚生活 年収300万円で生活していくということを考えていきます。 限られた年収、収入の中からやりくりして生活していくと考えると、息が詰まりそうになりますが生活していくことは楽なことではありません。 結婚生活に女性は夢を見ます。 不自由のない、幸せな生活ができると考えている女性は多いのです。 夢を壊す真似はしたくありませんが、結婚していくということは実際に二人で生活して家庭を持つとになります。 楽しいことも苦しいこともありますが、それを乗り越えて夫婦の絆は深まると筆者は信じていますが信じることと現実は違うのです。 だからこそ、現実に結婚した場合どのような生活になるかシュミレーションする必要があります。 手取り 初めに手取りから見ていきます。 手取りは、年収300万円だと250万円~くらいです。 この金額は税金や社会保険料などが引かれたものですから、当然総支給より低くなります。 月に換算するとボーナスなしで20万円前後です。 ボーナス有りだった場合は、当然月の手取りは低くなります。 ここで考えて欲しいのは、共働きをしていなかった場合はこの給料で生活することになりますので当然生活は苦しいでしょう。 共働きなら、生活もゆとりが生まれます。 共働きをおすすめしている理由はここにあるということを考えてください。 家賃 年収が300万円で、上記のように手取りも限られている中家賃は当然抑えなければならない項目です。 衣食住は人が生活していく上で最低限必要ですが、バランスがとても重要となってきます。 例えば家賃を抑えて、服や食費にお金を使っていてはアンバランスな生活と言えます。 仕事では尖った才能は光りますが、生活で尖った項目は有害以外何者でもありません。 生活費 得られる収入と住む場所があり、後は生活していく上での生活費を考えていく必要があるでしょう。 ここで必須となるのが、家計簿です。 お金をどのように使ったのか把握することで、無用な支出を抑えることができます。 収入が限られているのに支出を考えなければ、いつまで経っても苦しい生活をしていかなければなりません。 子どもが生まれれば養育費・教育費がかかります。 何か病気になったなら入院費がかかってくる、どのタイミングで支出があるかわかりませんので普段からこまめに節約しましょう。 節約することで結婚はできる そもそもですが、収入を目安に結婚相手を選んでその後結婚生活を送っていくと考えると、何か虚しさがあります。 自由恋愛であり、誰とでも結婚はできるのです。 好きな相手と結婚するのが一番自然であって、年収を理由に結婚しないというのは結婚の目的をわかっていません。 人はなぜ結婚するのか?それは相手と一生を共にしたいと考えるからです。 育ってきた環境も違いますから、一緒に住むとなるとストレスが溜まります。 でも相手が好きだからこそ一緒にいられるのであって、対して好きでもない相手ならすぐに離婚することになるでしょう。 理想と現実が結婚にはコインのように表裏一体となっていますが、年収で選ぶと不幸な結果になる可能性が高いということを覚えておきましょう。 削れる部分は削る 限られた年収で生活していくとなると、繰り返しになりますが削れる部分は削っていかなければ生活を維持していくことは困難です。 例えば、固定でかかってくる支出は住宅費・水道光熱費・食費などですが、食費は節約していけます。 贅沢を控えれば削れるのでシュミレーションしていきましょう。 夫婦共働きで世帯収入が500万円と考えると、手取りは大体400万円前後になります。 月の収入は30万円と考えると、以下のような生活をシュミレーションできます。  住宅費10万円  水道光熱費2万円  食費6万円 ここまでで18万円の支出となっているので、残りは12万円です。 ここからどのようにやりくりしていくかで、十分に生活していけることが分かります。 相手をお金で選ぶことの虚しさ 結婚は他人との生活になりますので、当然相手の嫌な部分を見ることになります。 好きな相手ならば、妥協もできますがお金で選んでいた場合妥協できないでしょう。 むしろ嫌な部分だけが目についてきます。 結婚するということは、相手とその後も一緒に過ごしていくことですからそこも考えなければなりません。 お金で人生は買えないのです。 好きになった相手との結婚 好きになった相手と一緒にいたいと思えば、当然維持する方法を考えていきます。 年収が300万円であったとしても、一緒にいたいと思えば結婚することは間違っていません。 確かにお金はとても大切な要因です。 しかし人生のパートナーを収入だけで決めては、その後の生活は満ち足りたものではないでしょう。 人生を共にしたい相手だからこそ結婚する、これは人だけが持っているものです。 他の動物は強弱で相手を選びます。 人には恋愛という感情があり、相手が好きなら一緒にいることができるのです。 好きだからこそ一緒にいたいと思えるので、結婚相手選びとは考えずに恋愛の結果から結婚という自然な流れに身を任せましょう。 年収300万円の人との結婚まとめ 結婚を年収で考えても失敗する可能性が高いと分かってもらえたでしょうか?年収が低いなら、低いなりに生活はできます。 会社に頼らずに資産を増やせば、収入は増やすことが可能です。 相手とどれだけ一緒にいたいかが、結婚というものでしょう。 お金は増やすことができますが、相手を買うことはできません。 選択肢を間違えないで欲しいです。 こちらも読みたい:.

次の