グッバイ君の。 Official髭男dism

Official髭男dism

グッバイ君の

今回は、Beatles(ビートルズ)の• Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ) の歌詞を和訳したいと思います。 中学生でも簡単に和訳することができる英文ですが• 内容は深い と感じるものがあります。 作詞作曲者であるポール・マッカートニが The answer to everything is simple. 全ての答えはシンプルなものさ。 これは、全と無についての曲なんだ…人はすべからく黒をもつなら白をもつ。 それは、人生の素晴らしい点なんだ。 とことを参考に、歌詞と向かい合うのがおすすめです。 デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として• ジョン・レノン(リズムギター)• ポール・マッカートニー(ベース)• ジョージ・ハリソン(リードギター)• リンゴ・スター(ドラムス) という4人で活動を行った。 オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。 リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、がある。 全213曲中144曲(全体の約68%)は「」共同クレジット曲。 共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。 Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)という曲 Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)は、、1967年11月に発表された16枚目のシングル曲である。 レノン=マッカートニー名義の作品だが、主にポール・マッカートニーが作った曲でリード・ボーカルも彼が担当している。 エンディングの演奏は、メンバーのアドリブである。 片方が止まれば、片方は動き出す。 「こんにちは」と言えば、「さようなら」と去っていく。 これらの対立表現から、ふたりが同じ空間に長くいられない磁石のNとSのような存在だと示唆している。 つまり、彼らは点として決して交わることがない。 「なぜ」に対して「わからない」と答えれば、そこで会話は終わるというディスコミュニケーションが簡潔に描かれる。 合間に挟まれる「Oh no」という表現から、これは彼自身が望んだ状態ではないとわかる。 ポイントはこのような相反する相手に対して、彼が繰り返す言葉が• Hello であるという点だ。 つまり彼は、 自分とは全く異なる対象を好意的に歓迎する言葉を何度も 繰り返してる。 この曲が描くのは• 決して分かり合えない人間 の別れと解釈できるが「Hello」を繰り返す彼は、まだ二人の関係を諦めていない。 自分とは全く異なるパーソナリティをもつ相手を必要としている。 さらに言えば、世の中の• あらゆる対立概念 が反発しあいながら、交わることも理解し合うこともできない様を描きながら、それらの相互的な• 対話の試み を描いてるといえる。 正反対の存在が反発しあいながら、互いを必要としてバランスをとっている様が描かれていると解釈できる。 和訳した感想 ということで今回はBeatles(ビートルズ)の• Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ) の歌詞を和訳しました。 とてもシンプルな歌詞ですが非常に深いと感じますし、ビートルズの曲の中で好きな1曲です。 There are Geminian influences here I think: the twins. You say goodbye, I say hello. You say stop, I say go. I was advocating the more positive side of the duality, and I still do to this day. 思うに、僕の星座の影響があるんだよ、つまり双子さ。 まさに双対性の曲で、僕はより前向きな方を主張してる。 君はグッバイと言い、僕はハローと言う。 君は止まれと言い、僕は進めと言う。 僕は、よりポジティヴな方を主張してたんだ、そして今も変わらないよ と語っています。 これはポール・マッカートニーが作詞した、多くの曲に見られる特徴だなと感じます。 代表曲「」という曲も同じです。 「昨日」という誰もが単純にネガティブ(後ろ向き)な表現に落としがちな言葉を• 昨日=悩みとは無縁• 今日=悩みが日常化 という対立に据えたうえで「I believe in yesterday(僕は昨日を信じるさ)」と繰り返します。 つまり、不幸の陰りを漂わせる今日という日々を流されるままに継続したくないという抵抗です。 悩みのなかった幸福に満ちていた「昨日」を僕は信じる。 そういった日々を、僕は連れ戻せるはずなんだ、と自ら言い聞かせるように唱えています。 他にも「」という曲では、明らかに終わりが見えてる男女を描いています。 それでも男側は馬鹿みたいに最後には We can work it out 俺たちはうまくいく We can work it out ふたりはうまくやれるさ と呪文のように唱えています。 ポール・マッカートニーの書く曲は、楽観的に見えるようで実は• 負の側面 に気づいています。 背中合わせになってる陰の要素を知ってるうえで、それでも自ら主体的に• より光に満ちた方を主張する んです。 人間ってポジティブなものよりネガティブなものに惹かれるものですし、その方が簡単なんです。 (それか無理やりネガティブを排除する) でも、そうしない。 負を排除しようとせず、ただ受け入れて立場として正を主張する。 この選択的な姿勢に、力強さのようなものを感じます。 一般的に、ポール・マッカートニーよりジョン・レノンの歌詞の方が、難解で深遠だと感じる人が多数でしょう。 でも簡単なことを難しく語るより、難しいことを簡単に語ることの方が圧倒的に難しい。 私は、この曲を聴くたびに思います。 誰にでも当てはまる普遍性をもった曲。 言語的なセンスというより、俯瞰的な視座という着想・視点の問題かもしれません。 ポール・マッカートニーの曲を聴くと、悩んでも常に光の方を選ぶ人でありたい、と思います。 どんなに辛い時でも楽観性を忘れず 物事の両面をみる視野の広さを保ち 負に引き寄せられない強さを、自分の心に育てながら生きたいと思わずにはいられません。

次の

グッバイ (小田和正の曲)

グッバイ君の

解説 [ ] 系列ドラマ『』の主題歌。 前作「」から約1年9か月ぶりのシングルとなったこの作品は、旧がアリオラジャパンに移管されてから初のシングルでもある。 また、前作に続いてのテレビドラマ主題歌であるが、TBSのドラマ主題歌を手がけるのは「」(1997年、『』)、「」(2004年、『』)以来3作目で、の主題歌は初めてである。 この作品で通算10作目 の連続テレビドラマ主題歌となった。 この作品には()、()がコーラスに参加している。 また、小田のソロ楽曲では初めて、主要配信サイトにて配信リリースされた。 収録曲 [ ]• グッバイ [4:46] 作詞・作曲・編曲:小田和正• グッバイ(カラオケヴァージョン) 作曲・編曲:小田和正 参加ミュージシャン [ ]• HIDEKI MOCHIZUKI: 脚注 [ ].

次の

Official髭男dism

グッバイ君の

さて、今日は髭男dismが先日MVを公開した新曲「Pretender」について、その歌詞の意味を徹底解釈していきたいと思います。 皆さんもリリース前からMVを聴き込んで、是非覚えてカラオケで歌っちゃってください^^ それでは、その歌詞の意味を一緒に見ていきましょう! 1. 楽曲について 今回紹介する 楽曲「Pretender」は、2019年5月15日にリリースされる、髭男dismの2nd Singleです。 映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌にも抜擢されています。 髭男dismは同じく『コンフィデンスマンJP』のドラマ版の主題歌を2018年に「ノーダウト」で務めていますが、まさに「ノーダウト」が出世曲となって、徐々にを広げてきました。 その「ノーダウト」の場合は、演じる天才詐欺師が主人公、という「コンフィデンスマンJP」のストーリーに合わせて「嘘」をテーマとした楽曲になっていました。 その意味でも、「Pretender」が今回の映画を踏まえてどのような楽曲に仕上がっているのかが、非常に楽しみなところです。 MVの撮影地は台湾・だそうですが、ギラギラと光るネオンの世界観は映画を意識したものでしょう。 ミュージックビデオは全編にわたり台湾で撮影されており、台湾の夜景をバックに背負った彼らの演奏シーンや、台湾の現地モデル、俳優のキャストによるドラマシーンも収められている。 また、今回の『コンフィデンスマンJP』は副題が "ロマンス編"。 楽曲の中にも「ロマンス」のフレーズが登場します。 その意味でも、映画も合わせて見るとより楽しめるかもしれません。 歌詞について それでは、「Pretender」の歌詞を見ていきましょう。 君との恋愛は、始まる前に自分が思っていた通り、ひとり芝居だった。 距離感はずっと近いけれど、二人が本気になることはなく、結局は他人事のように真剣になれなかったのでしょう。 【2】1番Bメロ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 「ごめんね」という二人の間のコミュニケーションにも、感情や熱はなくて、あまりにドライです。 そんな状態がいつしか日常になってしまっているのでしょう。 慣れれば特に何を思うことはないのかもしれませんが、は、「ロマンス」という感情は成立しないのだと、ふとした瞬間に気づかされるのです。 【3】1番C メロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから まるで芝居のように、自分自身のキャター設定や二人の関係を選べたら、この「ロマンス」にはまだ可能性があったのかもしれません。 ただ、実際は 君と僕とでは「」が違っていて、あらゆるものが決して交わることがありません。 性格も価値観も違ったら、と「たら」「れば」を繰り返すこと自体が、無駄なのは自分も一番理解しています。 【4】1番サビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 どんなに工夫したところで、 僕も君との関係が続かないことは分かっているのでしょう。 だから、自分から君に「グッバイ」を告げます。 運命の人かもしれないと思い、必死にそうなろうとして、でもなれなかったから、この判断は「辛いけど否めない」ものでしょう。 ただ、 思い入れもあるからこそ、分かっていてもきっぱり離れることもできない。 髪に触れると、君の感覚がよみがえり、「痛い」と「甘い」の相反する思いが胸を締め付けます。 これだけの苦しい思いを抱えるなんて、僕にとって君はどのような存在なのか。 答えは自分の中にもないし、(もっとじっくり考えれば出るかもしれないけれど)「分かりたくも」ありません。 この「ロマンス」が成立しなくても、目の前の君が「綺麗」であるということだけが事実なのが、なんとも悲しいです。 【5】2番Bメロ 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ さて、そんな風に悩み苦しむ僕にとって、「誰かが偉そうに語る愛の論理」は、遠くにうすぼんやりと見える程度で、何も具体的にイメージできないような、「知らない街の夜景」程度のものにしか思えません。 【6】2番Cメロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ 改めて、二人の「」を選ぶことができたらどんなに良かったでしょう。 ただ、自分の気持ちに任せて、「好きだ」と後先考えず「無責任に」言えたら良いけれど、そう願っても叶わないとわかっているから、虚しい気持ちが募るばかりです。 【7】2番サビ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 今手を繋いでいても、この「ロマンス」に終わりは見えている。 取り繕って引き延ばしても、この先の未来には君はいないことが分かっていて、その事実を想像すると苦しくて、思わず泣けてしまうのでしょう。 【8】ラスサビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 最終サビは1番サビの繰り返しとなり、最後のフレーズに入ります。 恋が始まり終わるまでの一連が「ロマンス」というものであれば、なんだかんだ「悪くない」 と思える。 永遠や約束というような、聞き心地のいい結末は待っていないけれど、この「ロマンス」がどうなったとしても君が「とても綺麗だ」ということだけは、やはり確かなこととして残っているのでしょう。 ピアノを入れるとより曲全体がルで、自然な印象になると思うのですが、 今回「Pretender」はピアノに加えて、電気的なの音を多めに取り入れています。 その中でも 最も印象的なのは、間奏部分かもしれません。 通常ギターソロが入るようなポイントですが、今回はがその役割を担っています。 これって 髭男ではあまり聴かない、新しい音ですよね。 リリースするたびに、髭男の良さはブラさないながらも、必ず何か新しさを加えてくるのは本当にさすがだと思います。 人によって、どんな音なのかの印象が違いそうなのも面白いですね。 たとえば、サビの中にある 「それじゃ僕にとって君は何?」というフレーズ。 「君にとって僕は何?」であれば理解しやすいですが、"僕"目線の曲の中でこのフレーズを考えると少し不思議な気もしてきます。 「僕にとっての君」は、最初は「想いを寄せる人」であり、やがて「彼女」になり、これから先別れてしまったら「何でもないただの他人」になる。 それが普通の解釈ですが、ひょっとしたらもうずいぶん前に関係性が壊れている以上、すでにずっと前から 「僕にとっての君」はただの「彼女のような人/彼女のように思いたい人」だったのかもしれません。 僕も薄ぼんやりとそう気づいていて、よくよく考えると否が応でもその結末に辿り着いてしまう。 だから「分かりたくもない」と思ってしまうのだとしたら、曲の内容により深みが出るなーなんて思ったりしてます(笑) そういえば、タイトルの「Pretender」も、「ノーダウト」の時ほどは直接的に曲中で言及がありませんね。 pretendは英語で、「~のふりをする」なので、 pretenderは「ふりをする人」。 もしかすると、当然 君も、僕でさえも、お互いの「運命のヒト」の「ふりをしていた人」なのかもしれません。 最後に さて、いかがでしたでしょうか。 私はさすが髭男だなぁと、あっという間に大好きな一曲になってしまいました。 4月30日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号にて、「『Pretender』ができるまで」というインタビューが掲載されるそうです!こちらも合わせて読んでみると、より楽曲を楽しめるかもしれません。 GWを控え、も増えてきますね!気候もいいので、是非皆さん楽しい音楽ライフを過ごしてくださいね!^^ それでは。 trasheep.

次の