お墓 ランキング。 船橋市の墓地・霊園人気ランキングTOP10!お墓の費用・資料請求

埼玉県で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求|終活ねっとのお墓探し

お墓 ランキング

それでは、 白山市で人気の墓地・霊園をランキング形式で確認していきましょう。 ここでは人気の墓地・霊園について、どうして人気があるのか、どういった区画があるのか、費用はどのくらい必要なのか、宗教・宗派による制約はないか、墓地・霊園の環境・雰囲気はどのような感じか、アクセスは良いか、などをご紹介しています。 また、白山市でお墓を建てるためにかかる費用の相場は210万円〜280万円ほどになっていますが、この相場と比べてそれぞれの墓地・霊園で必要になる費用はのどのくらいかについても解説しています。 「終活ねっと」では、 ランキングで紹介されているすべての霊園の資料請求を無料で行うことができます。 資料請求をしたい方はこちらをご覧ください。 最後に、 白山市のお墓・霊園事情を見ていきます。 白山市でお墓を建てるために必要な費用がどれくらいであるか、そして実際にどういった墓地・霊園を選ぶのがおすすめなのか解説します。 お墓を建てるのにかかる費用の相場 白山市でお墓を建立するためには 総額どれくらいの費用がかかるのでしょうか? お墓を建てる際にかかる費用の相場は、全国で145万円〜205万円ほどになっています。 では白山市の場合はどうなのでしょうか。 白山市でのお墓の購入にかかる費用の相場は、諸費用を含めて120〜175万円ほどになっています。 全国平均と比べると、お墓の値段が多少安くなっていることがわかります。 お墓を建てる時にかかる費用には、永代使用料・墓石代・管理費があります。 以下で白山市では、それぞれどういったものなのか、相場はどのくらいなのか、について確認していきましょう。 永代使用料 永代使用料とは、墓所を使用する際にかかる土地の使用料のことです。 地価の安い白山市では、地価に影響される永代使用料も高くなります。 白山市の永代使用料の相場は、20〜25万円ほどになっています。 墓石代 墓石代とは、石材にかかる費用(石材費)とお墓の工事にかかる費用(工事費)を合わせた総額のことです。 墓石代は、白山市のように物価がある程度安い地域では、他地域に比べて安くなることもあります。 白山市の墓石代の相場は、100〜150万円ほどになっています。 管理費 管理費とは、墓地・霊園に墓所を管理・整備してもらうために定期的に支払う費用のことです。 管理費は、基本1年に1回墓地・霊園に支払う費用になります。 ですが、中には毎月支払いが必要な墓地・霊園もあるので注意が必要です。 また、お墓を建てようとしている墓地・霊園が、公営であるか民営であるかなどによっても必要となる管理費に差が生じます。 白山市の管理費の相場は、.

次の

【2019年最新版】大手石材店の売上ランキングと選び方のコツ

お墓 ランキング

墓石の色は石種によって大きく変化します。 見かけのイメージも墓石の色により、大きく変化するので、慎重に選びましょう。 石材店にデザインのイメージ等もしっかりと伝え、最も要望にあったカタログ等をしっかりと確認して色選びを進めます。 実際に霊園に足を運んで実物を見てみてもいいでしょう。 黒や赤は縁起が悪いなどといった風潮は昔の話です。 現在では最もイメージにあった、自由な色選びをすることがスタンダードになってきています。 イメージが良い色の石種でも、予算が高かったり、耐久性に優れていなかったりする事があります。 石自体の特徴もふまえた色選びが重要です。 墓石店にしっかりと相談をしましょう。 人気の色ランキング• 灰色系(グレー) 最もスタンダードな灰色系は全国的にも一般的な色です。 石種に関しても最も多いラインナップが存在します。 白色系(ホワイト) 関東で好まれている色であり、縁起の良い色として古くから好まれている色です。 高級感も出しやすい事からも根強い人気があります。 黒色系(ブラック) 昔は黒は縁起の悪い色とされていましたが、あくまでも迷信や縁起などの感覚の問題であり、現在では人気の色の一つです。 赤色系(レッド) 昔は血をイメージさせる事から避けられた事もありましたが、現在では、迷信や縁起を気にしない風潮が高まり、よく選ばれる一般的な色になりました。 青色系(グリーン・ブルー) 関西でよく好まれている色であり、デザイン墓石等にもよく使われる色です。

次の

【2019年最新版】大手石材店の売上ランキングと選び方のコツ

お墓 ランキング

墓石価格ランキングについて ランキングは価格のみを基準として掲載していますが、実際に建墓するとなると品質もやはり気になるところ。 安い墓石は品質も悪いのでは?という疑問をよく耳にしますが、答えは石種により違いがあります。 一般的に墓石の品質は「硬さ」と「水の吸いにくさ」で決まると言われています。 硬くて水を吸わない石はそれだけ劣化しにくいためです。 一方で、墓石の価格は石の人気や流通量にも左右されます。 そのため、品質が良くて安価な石種や、反対に高価でも品質の良くない石種などもあります。 上記の白御影石、654、桜小目石、北大青、アーバングレーはいずれも流通量が豊富なため、品質に対して価格が割安な石種だと言えます。 墓石本舗は全国の石材店から墓石の価格の情報を一手に集めて、集計をしています。 ですので、安心して購入頂ける石材をご紹介できるのです。 この他にも墓石本舗は全300種類のお墓の石材の種類を扱っています。 このランキングに掲載されている石種はもちろん、どんな石種でも最適価格でご提供できます。 是非ご相談ください。

次の