吉田沙保里名言。 吉田沙保里最強伝説、霊長類最強女子語録、あだ名、アルソックCM、戦勝記録、必殺タックル

吉田沙保里

吉田沙保里名言

吉田沙保里の戦績と山本聖子の関係とは?霊長類最強の名言集 吉田沙保里の戦績と山本聖子の関係とは?連勝開始と因縁の終止符 吉田沙保里は、日本が世界に誇るレスリング女子選手。 「霊長類最強女子」の異名をもつ吉田沙保里の強さは桁外れで、その連勝記録は3ケタに及んでいます。 そんな吉田沙保里の因縁ともいうべきライバルの1人に、山本聖子がいます。 山本聖子は、1980年生まれで、吉田沙保里より2歳年上のレスリング女子選手です。 父も、姉も、兄も元レスリング選手という、レスリング一家の末っ子として育ちました。 これまでに世界選手権で4回優勝している山本聖子ですが、オリンピックへの出場経験はありません。 オリンピック代表の座を目指す山本聖子の前に立ちはだかっていたのが、吉田沙保里でした。 吉田沙保里の怒濤の連勝記録は、2002年のジャパンクイーンズカップで、当時の世界王者だった山本聖子を破ったところから始まります。 2002年は、山本聖子打倒から勢いづいた吉田沙保里が、アジア大会、世界選手権、全日本選手権で優勝。 2003年も世界選手権、ワールドカップで優勝します。 そして迎えたのが、2004年のアテネ五輪レスリング女子代表選考会でした。 山本聖子は、代表選考会を兼ねたジャパンクイーンズカップの55kg級に出場し、同じ階級の吉田沙保里が、再びこれを破ります。 順当にアテネ五輪代表の座を獲得した吉田沙保里は、その後も連勝が止まらず、金メダルラッシュが続きました。 ところが2016年、リオオリンピックで、吉田沙保里の連勝記録がストップしました。 吉田沙保里に逆転勝ちし、念願の金メダルを獲得したのは、アメリカのヘレン・マルーリス。 実は、山本聖子の元教え子でした。 山本聖子を破って始まった吉田沙保里の連勝記録が、山本聖子の元教え子によって止められたのです。 メディアでも、その関係がフォーカスされ、大きな話題となりました。 吉田沙保里、霊長類最強の名言集!「負けて強くなってきた」 吉田沙保里のレスリング一筋の人生は、多くの名言も生み出しています。 ここまで打ち込んできたからこそ言えるという言葉や、吉田沙保里だからこそ、味わい深い言葉など、数ある名言の中から5つご紹介。 1つめは、「目標や夢は、早い内からあるとチャンスが広がります。 最後まで諦めない人になってください」。 3歳からレスリングを始めた吉田沙保里。 最初のうちは、自分の意志というよりも、日課として与えられた練習に過ぎませんでした。 しかし、続けているうちに、柔道の「ヤワラちゃん」こと谷亮子の金メダルを見て、「自分も金メダルが欲しい」と思ったそうです。 目標や夢の実現には、それを達成するための努力と時間が必要です。 だからこそ、後回しにしていないで、すぐに始めること。 そして、最後まで諦めないことが肝要なのだと教えてくれます。 2つめは、「私は、負けて強くなってきたんです」。 3ケタに及ぶ連勝記録などのギネス記録ばかり注目される吉田沙保里ですが、その強さの本質は、負けることにあったといいます。 とても負けず嫌いな性格だという吉田沙保里。 山本聖子を打ち破って樹立した連勝記録の前には、実は山本聖子に敗北したこともありました。 山本聖子に負けて、それをバネにしたからこその強さだったのですね。 3つめは、「勝ちたいという感情ですら邪念」という名言です。 練習でも試合でも、とにかくそこに集中することの重要性を説いています。 レスリング女子日本代表の合宿は、外国人の代表選手が音を上げて帰国してしまうほどの過酷さです。 その過酷な練習に、非常に高い集中力で臨み続けるときには、「勝ちたい」というアスリート本来の感情ですら邪魔とは驚かされます。 4つめは、人気の高い名言。 「カワイイ外国人選手と戦うときは集中力が上がりますね……ブン投げてやるって」。 日頃は「かわいい」や「きれい」以前に、「強い」が前面に出てしまう吉田沙保里ならではの言葉です。 そうした世間の目線をよく理解し、ユーモアにくるんで表現する吉田沙保里には、愛らしさはもちろんのこと、頭の良さも感じさせられます。 5つめは、怖いものは何かと聞かれた時の回答です。 曰く、「おばけとかジェットコースターとかダメです」。 あまりにもありがちな回答には、聞いていた皆が「えっ?」となることでしょう。 霊長類最強女子と呼ばれる吉田沙保里を、試合以外で倒したいならば、お化け屋敷かジェットコースターに連れていけば良いということになりそうです。 連れ込む前に張り倒されてしまいそうではありますが。 吉田沙保里のプロフィール!亡き父・栄勝への想いが熱かった! 吉田沙保里のプロフィール!3歳から始めたレスリングで世界制覇 吉田沙保里は、1982年10月5日、三重県に生まれました。 元レスリング選手で、その後は指導者となった父親・栄勝の指導のもと、3歳でレスリングを始めます。 三重県立久居高等学校を卒業した後は、中京女子大学(現在の至学館大学)へ。 大学卒業後も、練習拠点を同大学に置いてきました。 吉田沙保里の圧倒的な戦績は、言わずと知れたものです。 レスリング女子の個人戦では、世界大会16連覇、206連勝を飾っています。 さかのぼって2012年9月の時点で、すでに、史上最多となる世界選手権10連覇および世界大会13大会連続優勝という記録を打ち立てている吉田沙保里。 これは、「霊長類最強の男」と言われたカレリンの記録を上回るもので、そこから、吉田沙保里は、「霊長類最強女子」という異名を得ました。 これらの実績が認められ、吉田沙保里は、国民栄誉賞や紫綬褒章も受章しています。 吉田沙保里の連勝記録がストップしたのは、2016年のリオオリンピックです。 連覇ならず銀メダルとなり、吉田沙保里も対戦相手のマルーリスも、それぞれの思いでマット上に泣き崩れていた姿が印象的でした。 現在、吉田沙保里は、現役を続けながらも、レスリング女子日本代表コーチも務めています。 また、2016年11月より、母校である至学館大学の副学長にも就任しました。 吉田沙保里の亡き父・栄勝への想いが熱かった!親子で勝ち取ってきた金メダルと東京オリンピック 吉田沙保里の父・吉田栄勝は、高校時代にレスリングと出会い、専修大学に入学してからは、フリースタイル57kg級の選手として活躍しました。 大学卒業後は、ジュニア向けの道場を開き、多くの子供たちにレスリングを指導。 吉田沙保里も、その子供たちの1人でした。 2009年にレスリング女子日本代表コーチに就任した父・栄勝は、翌2010年にはアジア選手権で女子チーム監督を務めます。 吉田沙保里が出場した2012年のロンドンオリンピックにも、女子代表チームのコーチとして参加しました。 そんな矢先、吉田栄勝が急逝したのは、2014年3月11日。 クモ膜下出血でした。 知らせを受けた吉田沙保里は、東京での代表合宿参加を中止して帰省し、父・吉田栄勝の姿を見て、「ただ泣くだけの状況」だったといいます。 家族からも、日本レスリング協会からも、取材自粛要請があり、約1週間後に予定されていた大会への出場、ひいては現役続行を危ぶむ声すらありました。 しかし、蓋を開けてみれば、レスリング国別対抗団体戦女子ワールドカップで2年ぶりの圧勝。 吉田沙保里は、父・栄勝直伝の高速タックルを父の形見として戦いました。 2016年のリオオリンピックで敗れた際は、父・栄勝と約束したオリンピック4連覇を達成できず、「金メダルを取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」と号泣した吉田沙保里。 時間をおいて気を取り直した吉田沙保里は、父・栄勝に、「私をここまで育ててくれてありがとう」と感謝の言葉を贈り、2020年の東京オリンピック出場を目指して現役続行を表明しています。 吉田沙保里が時代劇に登場?!ドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」で着物姿を披露 吉田沙保里が、NHK・BSプレミアムで放送されるドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」に出演します。 代表選手のユニフォーム姿や、シングレット姿ではなく、なんと着物姿の吉田沙保里が登場します。 「幕末グルメ ブシメシ!」の原作は、土山しげるのマンガ「勤番グルメ ブシメシ!」。 料理侍・酒田伴四郎(瀬戸康史)が、高野藩藩主・松平茂照(草刈正雄)の参勤交代で江戸を訪れ、殿や同輩、町娘などの悩みを料理で解決していくという物語です。 吉田沙保里が演じるのは、江戸の人気店である鶏鍋「きじや」の常連客であり、その看板娘・お羽(草刈麻有)の幼なじみでもあるお里。 軍鶏鍋が好物で、大店の後継娘として婚活中でもあります。 時代劇初挑戦ながら、共演者の草刈正雄から演技のアドバイスをもらい、奮闘したと語りました。 ドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」は、2017年1月10日より、毎週火曜日、午後11時15分から全8回の放送です。 「演技も、タックルも、勇気を持って挑む気持ちは同じ」と言う吉田沙保里は、「ORICON STYLE クイーン・アワード 2016 好きなスポーツ選手」の女性部門で、1位を獲得するなど相変わらずの人気ぶり。 2017年の初春は、着物姿の吉田沙保里とともに、温かい季節の訪れを待ってみるのも素敵ですね。

次の

吉田沙保里の戦績と山本聖子の関係とは?霊長類最強の名言集

吉田沙保里名言

吉田沙保里の伝説の本「迷わない力」の霊長類最強女子語録 「迷わない力」 実はツッコミポイントはそこそこで アスリートとしての真面目な内容がほとんど。 かなり特殊な考え方が書いてあるので エンターテイメントとして楽しむのが良さそう。 一部内容を紹介します。 まずは定番のコレ。 私、本当に自分が女でよかったと思っています。 男だったらきっと、試合で何人か相手を殺してますね。 茶化したいわけではありませんが なんとなくツイッターで出回っていた こちらの文章も合わせて紹介したい気分。 ・佐々木希 「夜道で襲われて抵抗したんだけど 死んじゃったらどうしようかと思った」 ・吉田沙保里 「夜道で襲われて抵抗したんだけど 死んじゃったらどうしようかと思った」 続いても定番のコレ。 外国人のかわいい選手と戦うとき。 いるんですよ、海外にはときどき、美形で手足が長くてスタイルのいい、モデルみたいな選手が。 そういうときは燃えますね。 「よし、ブン投げてやる!」ですよ。 テンションが上がると誰でもぶん投げる。 五輪3連覇の時は思わず お祝いに来たコーチもぶん投げる。 ここからは真面目な内容もご紹介。 よく、試合後に負けはしたけれど強敵相手に善戦できて満足みたいなコメントをする人がいますが、冗談じゃありません。 勝負は勝たなければダメ。 勝つ以外はダメ。 いかに勝つためとはいえ、相手がケガをしているところを狙うのはスポーツマンシップに反するという意見にも反対です。 勝つためなら怪我を狙っても良し。 でも吉田沙保里は超正々堂々を貫いてたし 無理を怪我を狙われることも多かった様子。 私もものすごい負けず嫌いですよ。 日常生活でも負けるのはイヤ。 勝負事は絶対に勝たないと気がすまないんです。 勝つまでやめない。 吉田沙保里の伝説のあだ名、キャッチコピー 伝説的なキャッチコピーがたくさんあります。 今回は有名なものだけご紹介。 霊長類最強女子 おそらく霊長類最強と呼ばれる カレリンにならっての呼び方。 いつから呼ばれてたのかは不明。 女カレリン 元祖霊長類最強。 霊長類最強の男アレクサンドル・カレリン。 実際の経歴も吉田沙保里と同じで 個人戦の連勝記録や出場大会全て金メダルの とんでもない伝説がたくさんある選手でした。 オリンピックで1度だけ銀を取って引退を決意。 引退の理由まで吉田沙保里と同じ。 ちなみに『グラップラー刃牙』にでてくる アレクサンダー・ガーレンの元ネタ。 範馬勇次郎 ガーレンとバキ繋がりのあだ名。 こちらの表情があだ名の由来。 険しい。。 貫禄が半端ないです。 しかもこの筋力。 ボディビルダーとしても通用しそう。 絶望 2016年に中国で呼ばれてるらしいあだ名。 吉田沙保里自身は世界的に超有名なので 極一部の中国人が絶望と例えものが 歪んで日本に広まったのでしょう。 人類が吉田沙保里を倒すまで16年かかった あだ名というか名言ですね。 出どころは不明ですがこのフレーズも 当時めちゃめちゃ流行りました。 来いする乙女 新しめのネタ。 ドラゴンボールの悟空になれそう。 吉田沙保里の伝説のアルソックCM アルソックの戦隊風CM 凄いボリュームですがこれでもまだ極一部。 最強吉田沙保里の戦勝記録伝説 勝利数と勝率が圧倒的。 公式戦勝率が95%以上! 301勝14敗で連勝記録は206連勝! 吉田沙保里が世界大会で獲得したメダルは20枚です その内訳 金20枚 銀0枚 銅0枚 リオ以前は金メダルしかとったことがないほど。 オリンピック 金 2004 アテネ 55kg級 金 2008 北京 55kg級 金 2012 ロンドン 55kg級 銀 2016 リオデジャネイロ 53kg級 レスリング世界選手権 金 2002 テヘラン 55kg級 金 2003 ニューヨーク 55kg級 金 2005 ブダペスト 55kg級 金 2006 広州 55kg級 金 2007 バクー 55kg級 金 2008 東京 55kg級 金 2009 ヘルニング 55kg級 金 2010 モスクワ 55kg級 金 2011 イスタンブール 55kg級 金 2012 ストラスコナカントリー 55kg級 金 2013 ブダペスト 55kg級 金 2014 タシュケント 53kg級 金 2015 ラスベガス 53kg級 アジア大会 金 2002 プサン 55kg級 金 2006 ドーハ 55kg級 金 2010 広州 55kg級 金 2014 仁川 55kg級 レスリングアジア選手権 金 2004 東京 55kg級 金 2005 武漢 55kg級 金 2006 アルマトイ 55kg級 金 2007 ビシュケク 55kg級 金 2008 済州 55kg級 ユニバーシアード 金 2005 イズミル 55kg級 新しい試合は53㎏級に。 これはルール変更で55㎏級が無くなったから。 日本が強すぎるのでルール変更されたそうですが 実は吉田沙保里の本来の体重は 53㎏だったことが発覚して 世界が青ざめたそうです。 勝ちすぎて世界ランキング1位の期間が829週。 吉田沙保里が世界ランキング829週1位って聞いてよくわからなかったから調べたらNARUTO連載前から連載終了後までずっと1位らしい 長期連載だった人気アニメの ナルトよりも連載期間長い! 計算してみたら15年以上っぽい。。 メダルやランク以外にも エピソードが盛りだくさん。 吉田沙保里といえば階級が増えて55kg級が廃止されて減量苦でスタミナ落ちるやろって周りが期待したのに 「ベスト体重は53kgだからごはん食べなくていいから楽。 」 って言って全世界が戦慄した話好き。 吉田沙保里対策の新ルールで 吉田沙保里が強くなるという世界的悪夢。 吉田沙保里の強さの秘密を探ろうと外国人選手が合同練習を申し出てみたものの、練習があまりにハードすぎて帰国したって話ほんと好き どこかの国の強化選手が逃げ出した伝説。 ドラゴンボールの悟空の修行みたい。。 中学時代には左腕を骨折した状態で大会に出場し優勝したことがある。 腕1本でもだれも勝てない。 吉田沙保里がいるから階級を変えた伊調馨が189連勝してるの意味わかんなすぎでしょ 吉田沙保里を含めなければ 世界一強かったことが判明。 伊調馨の来歴読んでたら、「学生時代は吉田沙保里がライバルで苦戦していたが、階級を移してからは無敵となり、吉田とともに世界で数々の連勝記録を打ち立てた」とあって、なぜ天は時代の傑物を同時代に送りだしてしまったのかという感じで北斗の拳のような感想を抱いている しかもその2人がどちらも日本という奇跡。 伊調馨さんが四連覇を達成したところで吉田沙保里の伝説を載せます ・伊調馨は吉田に勝てず階級上げて五輪金メダル四連覇 ・小原日登美は吉田に勝てず階級を下げて五輪初出場金メダル ・吉田沙保里が世界の選手と戦って獲得したメダルは20枚。 この他の階級も53キロ級から 押し出されるようにシフトした選手が。 その大元となったのが吉田沙保里と考えると 当時の日本人選手は苦労したんですね。 吉田沙保里の最強必殺タックル伝説 強さの秘密は必殺のタックル。 メダル候補以外の選手はこれで秒殺でした。 タックルの種類はノーモーションタックル。 一切の前動作なしでやたらと早いのが有名。 タックルをビデオで研究した人によるとこんな感じ。 1Fずつ見てみたけど掴むまでに5F=発生5F。 しかもガード不可=移動投げ。 クラークのマウントタックルが10F。 つまり吉田沙保里はクラークの上位互換…? ヒットしたフレームを除くと4F。 何フレームに分割したのか分かりませんが テレビの試合を録画したものなら30Fでしょう。 1Fが0. 2秒なので4Fは0. 0秒ではすでに掴まれているので 1秒未満で対処出来なければアウトという事。 もう1人検証している人がいました。 吉田沙保里のタックル、どうやら「発生24フレームでモーションが同じなのに中段と下段の2択を迫られる始動10割可能技」と聞いてAC北斗でも戦えそうなスペックしてる どうやら技を出してから 途中で軌道を変えられるようです。 タックルは攻めも守りもかなり種類が豊富。 無動作高速低空で軌道変更可能なら もう対処不可能としか言いようがないかと。 格ゲーなら完全にチート技。 しかも本人はスピードもパワーも トップクラスでタックル無しでも強い。 無敵すぎるタックルは当然マークされます。 吉田沙保里選手 「他の選手たちは私のタックルを研究して対策をしている」 取材者 「やはり対策されますよね」 吉田沙保里選手 「だから全員タックルで倒しました」 だから全員タックルで倒す。 もはや別ゲー。 これは本当に無敵だったわけではなくて 対策した相手を倒すための 改良版タックルを開発して勝っています。 対戦相手はタックル対策に 膨大な時間を割いてきたでしょうから 心まで折られたのではないでしょうか。 吉田沙保里最強伝説についてのまとめ 以上いかがでしたでしょうか? 本日の内容をまとめてみると このような感じです。 吉田沙保里の伝説の本「迷わない力」の霊長類最強女子語録 強すぎ女子にしか許されない 至高の名言が多数 吉田沙保里の伝説のあだ名、キャッチコピー いっぱいあるけど 「来い」する乙女がお気に入り 吉田沙保里の伝説のアルソックCM 戦隊風CMのスパイダーマンは必見 最強吉田沙保里の戦勝記録伝説 記録やエピソードが多すぎて 紹介しきれない感じ 吉田沙保里の最強必殺タックル伝説 対策してきた相手も タックルで倒す無敵っぷり 本日の内容をまとめてみると このような感じでした。 少しでも皆さんの話題作りの お役に立てたらうれしいです。

次の

吉田沙保里の名言・言葉

吉田沙保里名言

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年10月5日)は、日本のレスリング選手 三重県津市(旧一志郡一志町)に三人兄妹の末っ子として生まれる。 父親は元レスリング選手の吉田栄勝、母・幸代(ゆきよ)はテニスの元国体選手、兄2人もレスリング経験者で特に次兄は国際大会出場経験もある。 一志町立一志中学校、三重県立久居高等学校、中京女子大学(現:至学館大学)卒業。 綜合警備保障所属。 卒業後も中京女子大学を練習拠点としている。 紫綬褒章(2008年、2012年)。 アテネ五輪での金メダル獲得により三重県県民栄誉賞・津市市民栄誉賞、北京五輪での金メダル獲得により三重県県民特別栄誉賞・津市市民特別栄誉賞を受賞し、ロンドン五輪での金メダル獲得により三重県は三重県県民特別栄誉賞(2回目)を授与するとともに津市は市内に建設する総合スポーツ施設の名称にその名前を冠することを決定した。 2016年には綜合警備保障を退社してフリーになった。 マネジメントについてはTAGインターナショナルと契約を結んでいる。 吉田沙保里の名言• 4年間また強くなれた• うちは父の言うことは絶対だった• オリンピックというのが夢から目標に近付いたという感じですかね• カワイイ外国人選手と戦う時は集中力が上がりますね。 『こいつ、何でこんなにカワイイんだ』って。 すぐに倒したくなります。 燃えてきますね。 『ブン投げてやる』って• センスがあるのと、運動神経がいいのと、そういうのが重なると週2回でも集中してできる人は、やっぱり勝つと思います• どんな組み合わせになってもいいと覚悟を決めていました• プレッシャーは勝ちたければ勝ちたいほど強く持つもの• メールやブログのコメントを観て、負けてはいけないんだと思って頑張れた• レスリングのことしか考えていなかったです• 悔しくて寝れないくらいじゃないとね• 金メダルの数は忘れました。 結婚したい~• 五輪前に負けてよかった• 好きな食べ物は?…焼き肉です• 私は女に生まれて良かった。 男に生まれてきたらきっと試合で人を殺してる。 私は勝ち続けることで成長したんじゃなく、負けて強くなってきたんです• 自分で考えながらできますけど、やっぱり高校生くらいだと「やれ。 やれ」と言われてやっている人もいますし、自分の意志をしっかり言える子もいますし、それはいろいろですね• 自分の弱いところを強化して、鍛えられるところは鍛えて、オリンピックを迎えたいというのはありますね• 自分を信じて戦った• 勝ちたいという感情ですら邪念• 勝った瞬間、1月の敗戦や色々なことが思い出されて、涙が出てきました• 勝負の世界で大事なのはハングリー精神• 小さいときはもうレスリングをやらされているという感じでした。 帰ってきたらご飯を食べて、「はい、練習」という感じだったので、自分でやりたいと思うよりも、やらないといけない、そういう日常の生活になっているという感じだったので、本当にやめたいとも思いましたし、遊びたいとも思ったし…けど、遊べないという感じですね• 小さい時の思いと今の思いは全然違います。 自分でやらなくてはいけない。 レスリングはやらされているのではなくて、自分からやっているという感じです• 常に全力でやる!集中して一生懸命やる!• 大事なことは、表彰台の一番上に立つことだけ。 谷亮子選手が金メダルを取られたのをみて『私も欲しい』とお父さんに言ったら、『金メダルはスーパーやコンビニで買えるものではない、目指して勝ち得るものだ』と言われて目指し続けた• 鍛えるポイントはまだまだありますよ• 目標、夢は口にした方がいい• 目標や夢は、早い内からあるとチャンスが広がります。 最後まで諦めない人になってください• 目標を決めたらわき目もふらず、進んでいく• 練習のときは、やっぱりやる気があるときとないときが本当にあるので。 やる気がないというか、ちょっと気分が乗らないときや疲れているときとかは、あまりガーッとやらないようにしたりとか、考えながらやります• 練習場に何をしに来たのか!を自分に問いかけながら練習に取り組む.

次の