かぐや様。 かぐや様は告らせたい 同人版 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

『かぐや様は告らせたい』183話:白銀御行は慰めたい感想 マクロな視点で1勝1敗の恋愛頭脳戦に第三ラウンドはあるのだろうか?

かぐや様

スポンサーリンク 御行の苦悩 御行は困っていました。 かぐやと藤原のカプ論争に巻き込まれ、結論を出せないまま逃げ出していたのですw 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 御行の本心は「中立」です。 生徒会長でもある御行にとっては石上も伊井野も大切な存在であり、どちらかを贔屓することは避けたいと思っていました。 でも…頭に浮かぶのはかぐやの顔です。 御行の想像の中でのかぐやは、自分と主張の違う御行に対し「恋愛における価値観が違うようですね 私たち少し距離を置きましょう」と言い出しました。 かぐやは石つば派 あくまで想像ですが、御行にとってそれは避けたい事態! 彼氏としてはかぐや側に立つべきだろうと思いつつも、生徒会長としての中立性も捨てきれず、御行はストレスを抱えていましたw スポンサーリンク 伊井野、勘違い 御行が生徒会室に入ると、伊井野と御行の二人きりでした。 御行はこの状況をチャンスだと思いました。 伊井野が石上を好きだという前提自体、御行にとってはまだ確信が持てずにいたことです。 御行は遠回しに伊井野に探りを入れてみることにしました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 ギプスが取れた話などを織り込みつつ…「伊井野は好きな男とかいないのか?」と、問いかけます。 「居ませんよ!」 慌てて伊井野は答えますが、御行は何としても知りたいが為、更に「好きなタイプとかあるだろう!!どういう男が好きなんだ?!」と畳み掛けてしまいますw ひょっとして口説いてるのか…? 伊井野、勘違いしますw スポンサーリンク 伊井野は大切なことを知っていた! 伊井野のタイプ…自分より勉強ができる人について、御行はさすがに難しいのでは?と意見します。 御行の意見に同意しつつ、伊井野は御行をからかいました。 「私と同じくらいの成績で私の憧れる生徒会長の役職に付いてて…私のタイプって白銀先輩なのかもしれませんよ?どうします?」 御行はそんな伊井野を嗜めますが、驚きの一言が飛び出します。 「もちろん冗談です 会長とは四宮先輩が付き合ってるの気付いてますから」 伊井野が知っていることに御行もビックリです。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 「あくまでタイプはタイプ それが恋愛感情に直結するとは限らないですよ」 伊井野は、大切なことをすでに知っていました…。 スポンサーリンク 藤原でさえ…撤退! 藤原はかぐやとは対立したまま結論が出ずにいました。 ここはやはり御行に白黒つけてもらいたいと考えた藤原は生徒会室には飛び込みます。 そこで目にしたものは… 般若心経に包まれた2人の姿でしたw 「俺が例の件についてどう思っているか か…」 藤原を見た御行は遠い目をして呟きました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 「『羯帝羯帝波羅羯帝』って感じかな」 「えっ何言ってるのかわからない…」 藤原は御行の異様な雰囲気に恐怖を感じていました。 「藤原も写経…やってみないか?」 御行の隣で微笑む伊井野がちょっとかわいいです…が! 「すみません!もう会長を巻き込むのはやめますから巻き込まないでください!」 藤原は猛ダッシュで逃げて行きましたw スポンサーリンク 石上が好きなのか? 藤原が去り、般若心経も悪くない…と御行が思っていた頃…。 窓の外には石上とつばめが楽しそうに話す姿がありました。 夕陽に染まる中で、それを見つめる伊井野の瞳は暗く、切ない気持ちにさせられます。 「伊井野 石上が好きなのか?」 御行は伊井野に聞きました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 「嫌いですよ あんなヤツ」 全然タイプじゃないはずなのに、つばめとのデートの話を聞いてから…。 「鼻の奥がツンてなって苦しくなる」 「会長 私どうしたらいいんでしょう」 その理由に、伊井野はもう気付いているのでしょう。 この恋心はどこへ向かっていくのでしょうか? スポンサーリンク 『かぐや様は告らせたい』ネタバレ180-181話のまとめ 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 今回のお話では伊井野の気持ちがほぼ、わかりましたね。 好きという言葉でこそまだ認めていませんが、タイプと恋愛感情が結びつかないことは認識していますし、最後の表情は恋する女の子でした。 でも石上は多分、伊井野のこの気持ちには全く気づいていないと思われるので、知った時の反応が今からかなり楽しみです。 そして、石上が最終的に選ぶのは誰になるのか…。 恋愛においては、笑顔になる人と涙を流す人と…どうしてもそうなってしまう側面があります。 色々と複雑に気持ちが絡み合ってきた石上編、今後の展開がとても気になります。 引き続き目が離せませんね!.

次の

かぐや様 / 星宮あき さんのイラスト

かぐや様

スポンサーリンク 御行の苦悩 御行は困っていました。 かぐやと藤原のカプ論争に巻き込まれ、結論を出せないまま逃げ出していたのですw 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 御行の本心は「中立」です。 生徒会長でもある御行にとっては石上も伊井野も大切な存在であり、どちらかを贔屓することは避けたいと思っていました。 でも…頭に浮かぶのはかぐやの顔です。 御行の想像の中でのかぐやは、自分と主張の違う御行に対し「恋愛における価値観が違うようですね 私たち少し距離を置きましょう」と言い出しました。 かぐやは石つば派 あくまで想像ですが、御行にとってそれは避けたい事態! 彼氏としてはかぐや側に立つべきだろうと思いつつも、生徒会長としての中立性も捨てきれず、御行はストレスを抱えていましたw スポンサーリンク 伊井野、勘違い 御行が生徒会室に入ると、伊井野と御行の二人きりでした。 御行はこの状況をチャンスだと思いました。 伊井野が石上を好きだという前提自体、御行にとってはまだ確信が持てずにいたことです。 御行は遠回しに伊井野に探りを入れてみることにしました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 ギプスが取れた話などを織り込みつつ…「伊井野は好きな男とかいないのか?」と、問いかけます。 「居ませんよ!」 慌てて伊井野は答えますが、御行は何としても知りたいが為、更に「好きなタイプとかあるだろう!!どういう男が好きなんだ?!」と畳み掛けてしまいますw ひょっとして口説いてるのか…? 伊井野、勘違いしますw スポンサーリンク 伊井野は大切なことを知っていた! 伊井野のタイプ…自分より勉強ができる人について、御行はさすがに難しいのでは?と意見します。 御行の意見に同意しつつ、伊井野は御行をからかいました。 「私と同じくらいの成績で私の憧れる生徒会長の役職に付いてて…私のタイプって白銀先輩なのかもしれませんよ?どうします?」 御行はそんな伊井野を嗜めますが、驚きの一言が飛び出します。 「もちろん冗談です 会長とは四宮先輩が付き合ってるの気付いてますから」 伊井野が知っていることに御行もビックリです。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 「あくまでタイプはタイプ それが恋愛感情に直結するとは限らないですよ」 伊井野は、大切なことをすでに知っていました…。 スポンサーリンク 藤原でさえ…撤退! 藤原はかぐやとは対立したまま結論が出ずにいました。 ここはやはり御行に白黒つけてもらいたいと考えた藤原は生徒会室には飛び込みます。 そこで目にしたものは… 般若心経に包まれた2人の姿でしたw 「俺が例の件についてどう思っているか か…」 藤原を見た御行は遠い目をして呟きました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 「『羯帝羯帝波羅羯帝』って感じかな」 「えっ何言ってるのかわからない…」 藤原は御行の異様な雰囲気に恐怖を感じていました。 「藤原も写経…やってみないか?」 御行の隣で微笑む伊井野がちょっとかわいいです…が! 「すみません!もう会長を巻き込むのはやめますから巻き込まないでください!」 藤原は猛ダッシュで逃げて行きましたw スポンサーリンク 石上が好きなのか? 藤原が去り、般若心経も悪くない…と御行が思っていた頃…。 窓の外には石上とつばめが楽しそうに話す姿がありました。 夕陽に染まる中で、それを見つめる伊井野の瞳は暗く、切ない気持ちにさせられます。 「伊井野 石上が好きなのか?」 御行は伊井野に聞きました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 「嫌いですよ あんなヤツ」 全然タイプじゃないはずなのに、つばめとのデートの話を聞いてから…。 「鼻の奥がツンてなって苦しくなる」 「会長 私どうしたらいいんでしょう」 その理由に、伊井野はもう気付いているのでしょう。 この恋心はどこへ向かっていくのでしょうか? スポンサーリンク 『かぐや様は告らせたい』ネタバレ180-181話のまとめ 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 今回のお話では伊井野の気持ちがほぼ、わかりましたね。 好きという言葉でこそまだ認めていませんが、タイプと恋愛感情が結びつかないことは認識していますし、最後の表情は恋する女の子でした。 でも石上は多分、伊井野のこの気持ちには全く気づいていないと思われるので、知った時の反応が今からかなり楽しみです。 そして、石上が最終的に選ぶのは誰になるのか…。 恋愛においては、笑顔になる人と涙を流す人と…どうしてもそうなってしまう側面があります。 色々と複雑に気持ちが絡み合ってきた石上編、今後の展開がとても気になります。 引き続き目が離せませんね!.

次の

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜

かぐや様

178話:井伊野ミコは聞き出せない ミコちんの闇ぇ… 修学旅行中は仲良く話してる姿があったのに、デート後には昭和の喧嘩をしてるじゃありませんか!一体何があったかといえば、どっちがバカだアホだと小学生レベルのことが原因でした。 ならばどっちが頭が良いか「しりとりカードゲーム」で決着を付けよう!そんな強引な流れで(褒めてます)はじまったのが今回の話です。 『デート』 なんで背景真っ黒なんですかねぇ…(すっとぼけ)。 まるでつばめ先輩とのデートを聞き出したいみたいじゃないですか(聞き出したいのです)。 それにしても、ミコちんのの無の表情が怖い。 これまで随所に闇っぷりを見せてきましたけど、今回の件は特大のドス黒いものが出ております。 そこからも次々とカードを出していきます。 言動で読むしかないけどさ。 これじゃまるで、石上とつばめ先輩がデートして心が痛かったと主張しているかのよう(な気がする)。 闇色に染まるという、なんだかとてもめんどくさい女に見える。 「チョロいミコちん」から 「重いミコちん」に変貌を遂げているというか。 「フラッとなミコちん」から 「イラっとなミコちん」になってるというか。 怖い…。 恥じらいのあるミコちん 出せませんそんなの! 恥じらうミコちゃん可愛い! いやはやそれにしてもね。 本当に藤原さんはちんちんが大好きなんですねぇ(しみじみと)。 このワードにかけては右に出るものがいない。 かぐや様に続いてミコちんもちんちんでいじめる女です。 <関連記事> もうこの時点で本日の勝敗は「藤原の勝利」ち ゃんち ゃんですよ! まあ、実際は 藤原さんのひとり負けみたいなものでしたけどね。 心の中では「藤原」と呼び捨てにしてる石上や、「うんこ」「ちんこ」は問題ないのに、「ま」から始まるものはミコちん同様に言えない倫理観を持ってる(?)藤原さんなど見どころ満載のしりとりカードゲームでした。 おそらく、ラストは「ま」だったのではと思ってしまう。 んで、やっぱり今回のキモはミコちんの乙女心でしょう。 ミコちんの複雑な乙女心 …やだ、石上バカだもん 私、謝らない… 頑なに石上が「バカ」であることを謝らず訂正したくないミコちんであった。 なぜバカ呼ばわりしたのかといえば、つばめ先輩とのデートがどうだったのか聞いたからなり。 この辺は現時点だと無限の解釈ができますね。 「どうだったの?」は単純に興味本位として聞いたと見ることもできるし、実は石上に恋してて内心ソワソワモードで聞いたと見ることもできる。 一方の石上は石上で、つばめ先輩とのデートがうまくいかなかったようにも見える。 まだ詳細が不明なんで何ともですが、ミコちんは石上に世話されてメス顔していたので、かなりの確率病気にかかってるはず。 「恋の病」である。 もちろん本人はまだ自覚症状がない。 <関連記事> ただ、もうトリガーは引かれてるよね。 コミック70話 このシリーズ「修学旅行編」と「終わる秘密編」と銘打ってはじまったわけで。 後者については、石上の中学時代の事件の潔白が晴れるというのは絶対にミスリード。 終わる秘密は、影でミコちんを勇気づけてたステラの人が石上だってバレることと思われ。 すでに、骨折してたミコちんのノートを取ってあげてる「仕込み」もあるので、筆跡をみて「お前だったのか石上…」になるのは時間の問題でしょう。 既に気づいてる可能性すらある。 含みがあるミコちん …何よバカ… ミコちんが「バカ」と言ったのは売り言葉に買い言葉というよりも、 複雑怪奇なメスモノローグが多分に含まれている(ようにも見える)。 これ無限の解釈ができますよね。 ヒロインの心情を全部見せるのが近年のラブコメの主流ですし(ニセコイ後と人はそれを呼ぶ)、そういう描かれ方すると読者もヒロインを応援して読むものです。 この漫画だとかぐや様がまさにコレだけど、ミコちんは心の声ゼロですからね。 ミコちんのようなケースは何重にも深読みも外し読みも可能なり。 今回のバカに至るやり取りはどういうことだってばよ!となるって。 ミコ「私には関係ない話なんだ…?」 石上「そうだろ。 人の恋愛にいちいち首を突っ込むと痛い目見る」 ミコ「…」「何よバカ…」 めちゃくちゃ意味深だ…。 この「関係ない」は生徒会メンバーとして関心があって当たり前が、本当に額面通りの言葉かといえばノーでしょう(少なくとも自分はそう思う)。 むしろバカと言ってしまったのは、「人の恋愛」と部外者扱いされた部分なのではと思ったり思わなかったり。 「私には関係ない」ではなく石上に陥落ちてたら、それはもう当事者以外の何者でもないからね。 「人の恋愛」ではなく「自分の恋愛」になってしまう。 もちろん、まだミコちんは自覚症状が無いでしょう…。 自覚症状無いのに、なぜかカチンときてしまったと。 そうも読める。 これはもう自覚症状なしで、 新型コイウイルスに感染している可能性が高い。 わいはつばめ先輩とのデートそのものを教えてくれなかった事よりも、 「人の恋愛に~」と部外者扱いされたことで「バカ」と言ったようにしか見えんかったでござる。 だって当事者だもん。 無自覚に恋してるから。 知らんけど。

次の