マダム アルフレッド キャリエール。 バラのマダムアルフレッドキャリエールについて。

日陰でもよく育つつるバラ、Clロイヤルサンセット(Royal Sunset)の育て方と誘引ビフォーアフター

マダム アルフレッド キャリエール

バラの家から新苗到着!マダムアルフレッドキャリエールとフランソワージュランビルつるバラと宿根草の小さな庭づくり 楽天市場のお買い物マラソンで購入したバラの新苗が今日届きました。 お店はいつもお世話になっている『』さんです。 スポンサーリンク 新苗と言っても、ひと夏を過ぎてこの時期なので ちゃーんと一回り大きな鉢に鉢増しされているもので、 届いてから植え替えの必要がないのがすごく助かります。 で、今回購入したバラの品種は何かと言うと、 タイトルにもあるように• の2品種になります。 どちらも1,000円ポッキリの大特価で、あまりのお得さに思わずポチッと購入してしまいました。 クリック数回で購入できてしまうなんて、本当にいい時代になりましたよねー。 このマダムアルフレッドキャリエールとフランソワージュランビルは オールドローズの中でもつるが長く伸びる品種として人気がありますよね。 どちらも壁面やパーゴラなど、 大きめの構造物に誘引するのに適しているつるバラです。 我が家の壁面を覆ってくれるつるバラがほしくて、 ずっと前から目をつけていた2品種です。 6号角鉢に鉢増しされた新苗は、 こんなふうに丁寧に梱包されて届きました。 鉢には乾燥防止のためにビニールがかけられ、 株全体には擦れによる傷を予防するために薄用紙が巻かれています。 今回お送りいたしましたバラ苗の葉に付いています白い粉のようなものは、 うどん粉病などの病気ではなく、病害虫防除の薬剤散布跡です。 病気や障害ではなく健全な生育のための跡です。 今後の生育にはまったく影響がありませんのでご安心してお育てください。 また黒っぽい葉の跡は、強風による擦れや薬剤散布の副作用によるものです。 黒点病ではありませんので、こちらもご安心してお育てください。 つまり、元気な新苗なので安心してくださいということですね。 ダンボールの中には『バラの家』さんのいつものガイドと 元店長さんである木村卓功さんが作出した ロサオリエンティスの品種紹介パンフレットが入っていました。 早速、ダンボールから新苗を取り出して、 ビニールと薄葉紙を取り去ってからたっぷりと水をあげました。 向かって右がマダムアルフレッドキャリエールで 左がフランソワージュランビルになります。 当分の間はこのままの状態で育てられそうですが、 しばらくしたら落ち着ける場所にきちんと根付かせてあげたいと思います。 スポンサーリンク ブログランキング参加中です。 いつも応援ありがとうございます^^.

次の

ポールズヒマラヤンムスク&マダムアルフレッドキャリエール開花!宿根草も続々開花中

マダム アルフレッド キャリエール

春に我が家で一番早く咲き始めるバラ、マダムアルフレットキャリエールは、丈夫で美しいオールドローズです。 多少のの日陰でも機嫌よく咲いてくれるナイスなつるバラです。 オールドローズとは? 数々のオールドローズを育てる姫野バラ園さんによれば、オールドローズとは古いバラの総称で、ガリカ、ダマスク、アルバ、センティフォリアなど西洋に古くから存在するバラということです。 花弁が多くカップ咲き、豊かな香りという特徴を持っています。 現代バラのように、花の中心がきりっと巻いたかっちり感はなく、どちらかというと中心がどこにあるかわからないほどくしゅくしゅで、ふわりと咲いている可憐な印象を受けます。 マダムアルフレットキャリエールというバラ。 我が家のマダムアルフレットキャリエールは、南向きの中庭に地植えしています。 直射日光が今の時期で3時間の明るい日陰の場所です。 バラは最低4時間の日当たりが必要で、日陰では花付きも悪く病害虫も多いと言います。 でもどうでしょう、このバラ、花付きもまずまずではないでしょうか。 以前ご紹介した自作のキトサン水溶液を使用し、虫は手で捕っています。 それでも今のところゾウムシはおらず、いたのはシャクトリ虫。 アブラムシも見当たりません。 黒点病とうどんこ病もまだ出ていません。 他のバラも同じように世話をしていますが、黒点病の気配がするのが2株、またほとんどのバラは、ゾウムシとアブラムシ、シャクトリムシ、チュウレンバチなどのおなじみさん達で賑わっていますので、毎日のパトロールは必須です。 マダムアルフレットキャリエールより強いと思うのは、うちではモッコウバラと、いただきものの原種のバラといったところです。 欠点と言えば…? 花は直径10㎝ほどの大輪で、上品なティーの香りが窓から部屋へ入ってきます。 枝はトゲも少なくしなやかで誘引しやすいです。 色、形、香りと多少の日陰にも耐える強権さを兼ね添えていて、返り咲きもあります。 あえて欠点をあげるとすれば、その旺盛な成育力でしょうか。 小スペースではすぐに狭くなり、問題児になりかねません。 壁面かバーゴラなどのゆったりとした空間に地植えするなら、本領発揮で素晴らしい風景をつくってくれるでしょう。 また寒さに弱いので、北側への植栽も避けた方が良いとありました。 寒冷地では、防寒対策も必須だそうです。 オイルパステルで描いてみた.

次の

バラの家から新苗到着!マダムアルフレッドキャリエールとフランソワージュランビル

マダム アルフレッド キャリエール

美しい花が咲きました。 こういう花、大好き。 本やネットで見ていたよりも、かなり上を行く美しさで咲いてくれました。 もっと白いのかと思っていたけど、とても好きな雰囲気の花です。 蕾も30個以上あって、きっと私の庭が気に入ってくれたのだと一方的に思い込んでます。 マダム・アッド・キャリエール やや淡いピンクを帯びた白色の花はうつむき気味に咲き、長年人気のあるつるバラ。 花後すぐに花がらを処理すれば2番花とは思えないくらいに咲く。 その後は数輪で秋も少し咲く。 強く切り戻してしまうと咲かないので、つるバラのように扱う。 細い枝まで花をつける。 世界バラ連合が選ぶ「殿堂」入り品種。 【花径】7cm 【樹高】3m 【伸び幅】3m 【香り】強香 【作出国】フランス 【作出年】1875年 【作出者】Joseph Schwartz 【別名】不明 【交配】不明 後藤みどり著『』より キャリエールは壁面に誘引するバラとして、2017年1月末に半長尺苗を「バラの家」から迎えた。 ブロ友さんの勧めもあって迎えたけど、人の意見を取り入れて植えた初めてのバラだった。 大正解でした。 春になって新しく伸びた枝に少しあるくらい。 まだ中心が開いていない時。 本当に優しい色。 花径はしっかり7cmあります。 中心が少しゆるんだ状態。 横から見ると、こんな姿。 葉っぱを葉切り蜂が切ってますね。 蕾量が本当に多い。 1年目から飛ばしている印象だけど、樹勢が強いのを感じる伸びっぷり。 の良い香りがします。 このくしゅくしゅした感じの咲き方が一番好きだなぁ。 もうすぐ開く蕾。 たくさんある蕾がこれからどんどん咲いてくれることでしょう。 楽しみです。 久々に1日2本も更新しましたが、2品種同時に初開花したので、その日のうちに更新したい私は忙しかった(笑)そんなわけでキャリエールの写真の文字入れは一番気に入ったトップの写真のみとなりましたとさ。 m-garden-life.

次の