極道 の 龍。 「極道の龍」~ならず者の愛を体験せよ~

「極道の龍」~ならず者の愛を体験せよ~

極道 の 龍

「」を参照 跡部組 『1』に登場したの極道組織で、京香の実家。 仁義を重んじており、組長をはじめとして昔気質の性格をした者が多い。 跡部 京三(あとべ きょうぞう) 跡部組組長で京香の父親。 組の金を持ち出した京香を追うように組員達に命令した一方で、娘に肩身の狭い思いをさせてきた事に負い目を感じていた。 タカシと京香を部下に追いつめさせるが、これは二人を試すためであり(桐生曰く「組長の描いた絵図」)、最後はタカシと京香の独り立ちを花屋と共に見守り、京香を送り出す後押しをしてくれた桐生に感謝し、花屋を通して謝礼の品を渡した。 また、サブストーリーでは子供の頃の京香から妻をほったらかしにしていた当てつけで益子焼の夫婦茶碗を送り付けられていたことが判明する。 『2』ではタカシとの生活に苦労している京香に送金をしている事が判明し、『1』では顔の下半分しか見えていなかった自身の素顔も明らかになる。 京香に「いつでも戻ってきてもいい」と進言したが、タカシに対する頑な思いを見て考えを改めた。 浅井(あさい) 声 - (『1』) 跡部組若頭。 『極』にて名前が判明する。 戦闘ではドスを使用し、『極』では主人公達に似たドス捌きで戦う。 組長の命令でデボラへ逃げ込んだタカシを追いつめたが、乱入してきた桐生に叩きのめされる。 その後、タカシの中途半端さを指摘したが、タカシの「今は半端者だが頑張って京香を絶対に幸せにする」という決意表明を見て、組長からの伝言が書かれた手紙を読み上げた。 タカシのお目付け役として神室町を訪れたが、街に不慣れなせいか捜索もままならない最中に桐生と出会い、桐生にタカシと京香の捜索を依頼して組長から預かった夫婦茶碗をタカシに渡してくれるように頼んだ。 その後、桐生から茶碗を渡してきた事と神室町を出る事を聞いた事、京香の指輪とタカシからの強いメッセージを受けて 、協力してくれた桐生に感謝し神室町を「話に聞いていたよりもよっぽど人情のある街」と評した後に去って行った。 琉道一家 『3』に登場したの極道組織。 琉球街南のアーケード付近に事務所を構え、現地を愛する義理人情に篤い超地域密着型組織のために地元の人からとても慕われている。 また、アサガオがある住宅街はこの一家が縄張りも兼ねて法的にも正式に所有している土地の上に立地しているために一家は仲介人を介して周辺住民に又貸しして賃貸料を得ている。 名嘉原 茂(なかはら しげる) 声 - 琉道一家組長 で、名嘉原興業の社長。 60歳。 刺青はと(獅子)。 義理人情に篤く、沖縄を誰よりも愛している。 土地買収の件で桐生と揉めて啖呵を切ったが、アサガオの土地買収による玉城組からの脅迫をきっかけに桐生の男気に惚れたことで和解して兄弟盃を結ぶようになる。 一年後はCIAの介入によって再び土地買収の件を迫られて拒否したために権利書を奪われた挙句にリチャードソンに銃撃されたが、手術で一命を取り留める。 その後はアサガオを破壊した玉城によって闘技場へと拉致されて闘牛に襲われそうになるが、駆けつけた咲を目にしたことで力を振り絞って闘牛を投げ飛ばした。 その後、力也を失った際には己の無力さを嘆くようになる。 島袋 力也(しまぶくろ りきや) 声 - 身長177cm、体重76kg、B型 琉道一家若頭で、沖縄と仁義を愛する熱い男。 25歳。 自身が「沖縄の魂」と称するほどにには思い入れがあり、素手の喧嘩を得意とする意味で「ステゴロのハブ」を自称し、背中にもの葉を巻いたハブの刺青が彫られている。 また、確かな喧嘩の実力やチンピラをひと睨みで追い返すほどの極道としての凄みも持つ一方で、地元の人と気さくに喋ったり太一を立ち直らせるために覆面レスラー「リッキーマスク」を演じるなど地元の人やアサガオの子供達からも慕われている。 戦闘では素早い攻撃を軸に飛び膝蹴りやハンマーパンチを織り交ぜてくる。 初めは桐生を敵視していたが、決闘に敗れた後に和解して兄貴と呼び慕うようになり、名嘉原が撃たれて以降は真相を突き止めるために桐生に付き従って神室町で行動を共にするようになる。 その後、沖縄に戻り、そこで玉城に誘拐された名嘉原を救うために桐生の後を追って闘牛場へ駆けつけたが、桐生を庇って玉城に撃たれてしまい、最後は涙する桐生の腕の中で「峯に負けないで」と言い遺して息を引き取った。 新垣 幹夫(あらがき みきお) 声 - 力也や名嘉原に憧れて極道の世界に足を踏み入れた琉道一家若衆。 髪は金髪で、少々太めの体格をしており、まだ新人なためにミスが目立つところもあって特に食費では琉道一家の家計を困らせている。 また、琉球街に実の父親がいるために地元住民からも「幹夫ちゃん」と呼ばれたりとどこか憎めないような愛嬌を持ち、またを目指していた時期があったためにアサガオに来たマメ用の犬小屋を作ったこともある。 協力闘技では戦う事が可能で、戦闘では相撲で戦う。 力也が敗れた後は彼と同様に桐生と和解し、以後は桐生のことを叔父貴と呼ぶようになる。 その後、強引に土地買収をしようとする峯と玉城組からアサガオを守ろうとしたが、玉城組の構成員が破壊しようとする犬小屋を守ろうとして重傷を負ってしまう(犬小屋も後に破壊された)。 その後のエピローグでは一命を取り留め、無事に退院した後に再び犬小屋を作る。 咲(さき) 声 - 名嘉原の養女。 12歳。 スケッチブックを用いた意思疎通を行うが、年齢に似合わぬ卓越した画力を持っている。 両親から虐待を受けた挙句に母に捨てられ、更には父が首を吊って自殺する光景を目撃した経験から心因性となるが、後に名嘉原銃撃事件の襲撃者を目撃した際は犯人の似顔絵を桐生に渡し、また実父のように慕っている名嘉原の似顔絵を玉城や実の母に誘拐されて桐生に救われた後に渡す。 その後、闘牛に襲われる名嘉原の窮地に声を発して以降は会話が出来るようになり、アサガオの子供達とも打ち解ける。 上野誠和会 『4』に登場した25年前には東城会と権力争いをしていた極道組織。 東京都下の郊外に拠点を持ち、冴島による襲撃事件から東城会と「親戚」としての関係及び神室町不可侵の盟約も同時に結ぶが、組織の小ささから月毎に「寄付」という形で東城会に上納金を支払っており、親戚団体というよりは傘下組織的な扱いをされている。 物語後半には事実上のトップである葛城の死と谷村や桐生との衝突により壊滅状態に陥る。 上野 吉春(うえの よしはる) 声 - 上野誠和会総長。 25年前に出所直後に立ち寄ったラーメン屋にて冴島の襲撃を受けて組員18人を殺害されるも負傷はせずにこの事件を契機に東城会と和解し、また事件の際に自分の身を挺して庇ってくれた葛城を若頭に昇格させる。 その後、高齢のために組の指揮を全て葛城に任せた上で自身は病床に伏せることとなる。 葛城 勲(かつらぎ いさお) 声 - 上野誠和会若頭で、25年前の襲撃事件における数少ない生き残り。 47歳。 狡猾かつ用心深い性格で、目的のためには自ら傷を負うリスク等も含め、手段を選ばないが、その反面、味方に対しては隙を見せやすく、容易に裏をかかれてしまったり、自分が立てた計略に狂いが生じたり、自らが窮地に追いやられると、露骨に動搖を見せるなど詰めが甘く策士と呼ぶにはやや杜撰な一面もある。 冴島を助けようとしていた靖子を唆して自身の直属の殺し屋に仕立て上げたり、自身と接触した谷村を罠に嵌めるなどしていた他、自らの出世のために柴田と共謀して25年前の襲撃事件を裏で仕組んだ が、杉内と宗像の力によりその事実は隠蔽される。 その後は上野誠和会の若頭補佐である伊原が金村興業若頭である新井に殺害されたことを東城会会長である堂島大吾に訴え、和解の条件として新井の首もしくは建設中の神室町ヒルズの経営権を要求するが、手を組んでいた宗像の介入で失敗した。 その後、宗像に対して優位に立つために賽の河原で冴島と靖子を拉致し、二人の身柄と秋山から奪った1000億と引き換えに極秘ファイルを取引しようとするが、城戸に撃たれて極秘ファイルを強奪される。 しかし、万一に備え、防弾チョッキを着込んでおり、それを見抜いた冴島を隙を突いて銃撃するが、靖子が必死に庇ったことで失敗し、皮肉にも冴島を陥れた25年前の襲撃事件と類似した状況となった中で、瀕死の状態の靖子に谷村から預かった拳銃を向けられて怖気づき、命乞いをするも覚悟を決めた彼女に頭を撃ち抜かれて絶命する。 伊原 勝(いはら まさる) 声 - 上野誠和会若頭補佐。 戦闘ではを使う。 葛城の指示で三島と共に神室町内のキャバクラである「エルナード」で暴れていたところを秋山に一蹴されて逃亡し、その後は仲介に入った新井によって射殺される。 三島 豊(みしま ゆたか) 声 - 上野誠和会構成員で、伊原の弟分。 エルナードで秋山に喧嘩を吹っかけるもあっさり気絶させられ、伊原に連れられて逃亡する。 伊原の死体を発見後は上野誠和会本部へ駆け込むが、偶然にも隣室で葛城の電話を聞いてしまい、電話の内容から自らの命が危険と察知し、長い間は隠れ過ごすようになる。 その後、事件の一連を語ることを条件に身柄を確保してほしいと谷村に強く願望したが、直後に葛城と繋がっていた杉内に射殺された。 山笠組 『5』に登場した福岡の永洲街を治める組。 永洲街の北側に本部を構えており、構成員は傘下組織も含めてジャージを着用していることが多い。 斑目 忠(まだらめ ただし) 声 - 山笠組組長。 常に冷静に戦力の分析や極道が抱える現状を理解しており、プライドを捨てて盃交渉にやってきた堂島大吾を敬って受け入れようとするなど抗争ではなく対話による解決もあると考えている。 また、古い極道らしく礼儀作法を重んじ、若くも礼節を弁えている大吾の姿勢に共感を覚え、全国規模の東城会や近江連合に比べて所詮は一地方の勢力に過ぎない山笠組であることを自覚している。 東城会との盃交渉の際は青山の騙し討ちに遭って重傷を負うも一命を取り留める。 その後は病室に桐生を呼び出し、全面戦争を避けるために山笠組の解散を宣言すると同時にその書状を桐生に手渡すが、解散してもらいたくない桐生によって八幡の前で破り捨てられる。 その後、神室町から黒澤一派を追い出すために八幡組一同を引き連れて駆け付ける。 どちらも黒めのジャージを着用し、大吾のことを「まだ36(歳)」と言っていたことから彼より年上であることが伺える。 戦闘では石橋はプロレス、三原はパンチ技をメインに戦う。 オリビエのケツモチを行なっており、東城会が永洲街に来訪して店の監視のために飲んでいたが、東城会との五分盃の件で荒れていたことから注意しに来た中嶋に手を挙げた事で桐生に叩きのめされた。 八幡組 『5』に登場した組。 永洲街の中心部付近にあるビルを拠点としている。 八幡(やはた) 声 - 山笠組若頭で、直参八幡組総長。 赤ジャージを着て永洲街を闊歩し、街の風紀を守っているが、血気盛んな性格で、考えるよりも先に手が出る性質である。 また、斑目を担ぎあげることを一義に置いているために東城会のような巨大な組織に対しても強い態度を崩さず、巨漢にスキンヘッド、頭の大きい傷跡が見る者を威圧するが、義理人情に厚い一面を持つ。 戦闘ではが主体だが、パンチだけではなく蹴り技や頭突きも使用する。 青山の策略によって斑目襲撃の実行犯を桐生と誤認し、拳を交えるも敗北した。 その後、解散宣言の書状を目の前で破った桐生にまたも勝負するも再度敗北し、桐生に恩義を感じるようになる。 また、東城会に対して激しい復讐心を抱き、全面戦争も辞さない構えでいたが、桐生の男気を知って山笠組の命運を彼に託すと桐生が言葉通りたった一人で東城会を倒すのを見届け、その実力に驚愕した。 その後は神室町から黒澤一派を追い出すために八幡組を連れて駆け付け、黒澤の野望を阻止する。 北方組 『5』『ONLINE』に登場した組で、札幌の月見野で「」を中心とした地元のお祭りを仕切るの元締め。 一方で、裏では非合法である裏カジノの経営も行っている。 北方 大蔵(きたかた たいぞう) 声 - 北方組組長。 地域密着型の極道として知られており、それ故にみかじめを一切取らない。 堂島大吾の代理で札幌を訪れた真島吾朗から五分盃を交わしたいとの話を受けるが、その会談の最中に起こった真島吾朗死亡事件の容疑者として冴島から疑われる。 その後は冴島に真実を語る前に馬場に狙撃されて意識不明の重体に陥るが一命を取り留め、終盤では黒澤一派を追い出すために、渡瀬の招集を受けて北方組一同を率いて神室町に駆けつける。 『ONLINE』では、イカ焼きの屋台の主人をしており、無一文の郷田に店番をさせる一方で、月見野進出を狙う八和田組の動きを牽制する。 その後、郷田に用心棒を依頼するが、街に嫌がらせをする組員に対して、郷田が半殺しにしたことで、進出のきっかけを与えてしまう。 翌日、総出で攻めてきた八和田組に対し、数で劣るも郷田の参戦で返り討ちにした。 実は郷田の父と知り合いで、破門状が届いていたことを郷田に伝え、郷田と同時期に来たと思われる不審者の情報と共に落ち着くまで月見野に留まるよう促すが断られている。 陽銘連合会 『6』に登場した東城会や近江連合に次いでNo. 3の座に位置する広島の名門の極道組織。 巌見造船を始めとする巌見グループをとしており、広島一帯を支配する程の力を持ち合わせている。 また、他のどの組織からも中立を貫いており、近江連合とも過去に何度か抗争をしている。 世界的規模の造船会社を一代で築き上げた程の辣腕を誇り、100歳近い高齢を感じさせない威厳も放っている。 また、実権は息子である恒雄に委ねているが、その存在感はいまだ健在で、国の政治にも影響力を持つとされている。 大道寺稔から課せられた「尾道の秘密」を守るために陽銘連合会という組織を旗揚げし、更にはその秘密を子分である広瀬徹に打ち明けた上で直属の刺客として秘密を守るための口封じを命じるようになる。 その後、桐生と対面した際には恒雄への牽制を目的に東城会と五分の盃を交わすために桐生に見届け人になるように頼むも断られる。 その後は尾道の秘密が隠された現場に姿を現し、直後に秘密を知った桐生及び南雲達の始末を広瀬に命じ、それを拒否されたために広瀬を殺害するが、自身も尾道の秘密を桐生らに暴かれたために大道寺から見限られた上に彼から殺害の依頼を受けた恒雄の裏切りに遭い、最後は恒雄と通じていた小清水によって銃殺された。 小清水組 小清水 寛治(こしみず かんじ) 声 - 『6』に登場した陽銘連合会若頭で、直系小清水組組長。 会長に代わって現在の陽銘連合会の実質を握っているとされており、陽銘連合会の後継者と目されている。 また、若頭まで昇りつめるだけの頭脳と度量を持っているが、根本は武闘派であるために強者との死闘を渇望している。 戦闘では主にドスを使用し、ドスによる鋭い攻撃や腰だめにドスを構えての突進といった攻撃の他、最終決戦では防御を崩す程の重い打撃を武器に素手でも戦う。 菅井や巌見恒雄と裏で繋がっているために彼らに従って動いており、恒雄の命を受けて会長である来栖猛(巌見兵三)の殺害も行うが、次第に使われることに嫌気が差すようになり、二人の命で捕らえた笠原清美を射殺しようとした際には彼女の為に自らの命を投げ打った染谷の行動に同情し、敢えて空砲で彼女を助け、清美が殺されたと誤認された後は彼女を密かに匿う。 その後、最後の戦いではその真実を明かす事なく大勢の手下と共に桐生や南雲を相手に戦うも敗北する。 事件後は清美を解放し、更には恒雄の逮捕で不在となった陽銘連合会の会長に就任する。 舛添組 舛添 耕治(ますぞえ こうじ) 声 - 『6』に登場した陽銘連合会直系舛添組組長だが、実は祭汪会の構成員である。 極道然とした厳めしい容姿と粗暴な振る舞いをしており、カタギだけでなく部下からも恐れられている。 戦闘では中国武術らしき技を駆使する他、必ず部下を連れて対峙し、部下を巻き込んでの攻撃や倒れた部下に発破を掛けて起こすことで戦線復帰させるといった戦法を取る。 達川と同様に黒孩子だった時に祭汪会に救われており、構成員となった後はロウの密命を受けて彼の息子である宇佐美勇太を幼少の頃から監視し続け、彼が陽銘連合会に所属した時には自身も達川と共に監視のために陽銘連合会に入るが、後に澤村遥が勇太の子供を妊娠したことを知るとロウの命を受けて出産を阻止するために達川と共に遥に対して「子供を墜ろすよう」に迫る。 その後は広瀬によって遥が匿われてしまったために取り逃がしてしまい、後に遥がハルトを出産したことを知ると遥を取り逃がしてしまった事もあってそれをロウに報告することも出来ず、結局は隠し通そうとしたが、ロウのもう一人の息子であるジミー・ロウが殺されたことをきっかけに祭汪会が勇太の身辺を探るようになってしまい、それによって「いつか事実を知られるのではないか」と焦るようになる。 その後はいざこざの末に己の身分を桐生達に明かし、以降は祭汪会の構成員として行動するが、後に遥の件もあって裏切ろうとした達川が祭汪会に全てを露見された後で粛清された様をエドから直接聞かされ、それにより「いつかは自分も達川の二の舞になるかもしれない」と怖気づき、広瀬に対して「会長に自分を匿ってもらえるように口利きする」という条件で桐生達に全てを明かす。 その後、ジングォン派の構成員が襲撃してきたことでその場から逃げ出すが、襲撃前に桐生らの前で全てを明かしたことで用済みとなり、最後は海岸まで逃げたところで広瀬によって射殺された。 広瀬一家 『6』に登場したが仕切る舛添組系の末端である四次組織。 尾道仁涯町の寂れたスナック街を縄張りとしている構成人数5人ほどの弱小組織だが、組織内の規律のようなものは一切なく組員達はいずれも家族のように接し合っており、信頼関係は厚い。 南雲 剛(なぐも つよし) 声 - 広瀬一家若頭。 良くも悪くも感情豊かな義理人情に篤い性格で、ヤクザでありながら、惚れた弱みで笠原清美からみかじめを取らないなど実利よりも情を優先しがちな面がある。 また、清美を助けに行く際に正体がバレないように被った覆面をうっかり脱いで正体を晒してしまったり、神室町を訪れた時には桐生達の目を盗んでこっそりに行くなどの粗忽な部分が目立つため一家の若衆から極道としてはあまり尊敬こそされていないが、根底では彼らのことを大切に思っており、その憎めない人柄も相まって友人としては慕われている。 若頭という肩書きに恥じぬ強さも秘めており、東城会やジングォン派、祭汪会といった名だたる極道やマフィアの構成員を複数人以上同時に相手にして軽く叩きのめしたりと確かな喧嘩の実力も持っている。 戦闘では右の拳骨を高く掲げた構えを取り、大振りながらも勢いを乗せた打撃、とりわけ頭突きを得意としており、ドロップキックやフライングクロスチョップといったプロレス技も繰り出す。 当初は広島を訪れた桐生を恋敵であると決めつけて一方的に目の敵にし、街中や草野球の試合 などの事ある毎に突っかかっていたが、清美の店からみかじめを取らない一件で舛添から責め立てられた際に連れ去られて暴行を受けていたところを桐生に救われ、その際にどれだけ痛めつけられようともシノギよりも清美を守るという信念を曲げなかった姿を見た桐生から、その侠気を認められ、自身も考えを改めて桐生を兄貴と呼び慕うようになる。 その後は遥の事故の真相を追うために桐生と行動を共にし、桐生の片腕としてジングォン派や祭汪会、小清水や菅井といった強敵を相手に奮闘し、終盤には桐生からも「兄弟」として認められる。 事件終結後は広瀬一家の建て直しに奔走する一方で、清美の元夫の染谷から清美と娘のヒロミを託されたことで尾道仁涯町にヒロミを迎え入れて二人を守っていくことを誓う。 宇佐美 勇太(うさみ ゆうた) 声 - 広瀬一家若衆。 当初の桐生やハン・ジュンギ、ビッグ・ロウといった敵視した人間には向こう見ずに突っかかっていくなど、少々血の気が多く、無鉄砲な性格であるが、一方では桐生とのいざこざから野球の試合に遅れそうになった南雲を咎めようとしたり、過去には広島を訪れた遥を守るために彼女に付け狙うルポライターを撃退したりと真面目さや優しさも持ち合わせている。 幼馴染の達川に誘われるまま何となくヤクザになり、遥や桐生と出会うまでは夢も持てず広瀬一家のみがまともな居場所だった。 戦闘ではバックハンドブローや回し蹴りなど、回転の勢いを利用した強力なラッシュを繰り出し、桐生のラッシュを振り払う程の威力を持つ。 桐生が広島を訪れた時には南雲に付き合わされる形で度々対峙していたが、いざこざを経て南雲と同様に彼を兄貴と呼ぶようになる。 遥の事故の真相を追う桐生と行動を共にするが、後に自身がビッグ・ロウの息子(同時にジミー・ロウの弟)でハルトが自身と遥との間にできた子であること、自身の血筋が原因でハルトが狙われていることが判明し、遥やハルトを守るために祭汪会の本部に火を放ってビッグ・ロウを道連れに死のうとしたところを助けに入った桐生に親子共々助けられる。 その後、父親と和解には至らなかったが、自身を取り巻く環境の全てを受け入れ、桐生や広瀬一家の仲間と共にハルトを巡る事件に終止符を打ち、事件後は沖縄に渡ってアサガオで遥やハルトと共に暮らす。 松永 孝明(まつなが たかあき) 声 - 広瀬一家若衆で、勇太や直人の兄貴分。 見た目の厳つさに似合わず、勇太がハルトの父親である事が発覚した際に場の空気を読まずに不謹慎な失言をして南雲に殴られる等のマイペースな性格だが、極道として筋を通す信念と男気を持っており、弟分達からは慕われている。 また、店に戦艦大和の模型を飾る程の模型や船が好きだったりブス専という一面を持つが、それが災いしてシノギとして店長を任されている「モレノ」というスナックでは従業員は順子という不細工な女性一人のみで、客足はあまり良くない。 戦闘では背筋を伸ばしたガードの低い構えから肘打ちや膝蹴りを中心とした近い間合いでの攻撃を仕掛けてくる。 当初は桐生を目の敵にし、南雲が彼を兄貴と呼び慕うようになっても尚も桐生を認められずにいたが、小清水に捕まった際に助けられ、更には桐生の素性を初めて知ったことで彼を兄貴として認めるようになる。 その後、南雲や勇太、田頭と同様に桐生と行動を共にし、時には共闘したりと彼に協力し続け、最終決戦にも参戦する。 田頭 直人(たがしら なおと) 声 - 広瀬一家若衆。 若頭の南雲よりシノギに真摯な松永を慕っており、天然ボケ気味な松永を支えるために頻繁に行動を共にしている。 また、一家の構成員としては唯一ネットやSNSに通じており、博識かつ気の回る性格をしている。 戦闘では柔道のように襟を守る構えを取り、大振りなパンチや足払い、巴投げといった技を用いる。 桐生と協力関係を築いてからはその博識ぶりをいかんなく発揮してナビゲーターのような活躍をしたり、桐生と行動を共にするようにもなって度々共闘する。 横浜星龍会 『7』に登場する東城会にも近江連合にも属することなく、横浜・伊勢佐木異人町に存在する唯一の極道組織。 同じく異人町を拠点とする中国マフィア・、韓国マフィア・と共に「異人三」と呼ばれている組織の一つでもある。 戦後間もない頃、異人町の闇市の仕切りがきっかけで初代星龍会が誕生し、異人三の中でも一番の古参組織となる。 星野 龍平(ほしの りゅうへい) 声 - 横浜星龍会会長。 義理人情やメンツを重視しており、昔気質の任侠道をひたすらに貫いている。 初代星龍会幹部だった頃に次期組長に座るだろうという先代からの命により偽札運搬の失態を犯した荒川真澄の父親であるを射殺したが、一人息子だった荒川真澄のその後を気に掛けた。 その後、機を見ては横浜で父の仇を調査していた荒川についに突き止められ、平安樓で会食に招待されたことで覚悟を決めて暗殺の経緯と偽札ビジネスについて洗いざらい荒川に話したが、荒川は自身を殺す事なく立ち去ったことで命拾いし、荒川に対しての恩義を示すため1984年に裏面が刷られていない特注の偽札に「恩威並行を忘れず」と記して荒川組を立ち上げたばかりの荒川の元に届けた。 当初は春日達に対して余り良くは思ってはいなかったが、春日が持っていた偽札と春日の育ての親がだと知ると、春日が「荒川真澄の身内の人間」であってよほどの事態が起きているという荒川からのメッセージだと悟り、春日が異人町に来た事と出会った事は偶然ではなく必然だとも語った。 その後、横浜中華街・平安樓本店での異人三トップとの会合で春日達に対して「横浜流氓の刺客より先にナンバを捕まえろ」と進言したり、青木の計画を阻止しようと春日に神奈川2区からの衆議院議員選挙立候補を促したり、荒川真澄殺害の報復を考える春日に対して武器や構成員の派遣を進言するなどその後の春日達に助言や手助けをするようになったが、春日達のそれまでの行動に憤りを覚えた青木の命令で星龍会本部に近江連合構成員らと共に襲撃に乗り込んできたに射殺された。 高部 守(たかべ まもる) 声 - 横浜星龍会本家若頭。 眼鏡でオールバックの髪型に黒い革製手袋(嘗て戸塚に指を詰めさせられたため)をしており、一見冷静な雰囲気を漂わせるが、戸塚の不正による「陽だまりの城」閉鎖時に菜乃葉の父の次の入居先が見つかるまで無料で入居させる判断をしたり、横浜流氓参謀・馬淵の陰謀により星龍会構成員が銃殺されたことに怒り震えて敵討ちのために会長の了解も取らずに独断で星龍会構成員らと共にトラックで横浜流氓アジトへ向かうなど生真面目で熱い一面も持っており、故に星龍会内部の反発沈静化の際に春日からは「あの人が星野会長の側にいれば安心だ」と一目置かれている。 また、介護施設「陽だまりの城」総支配人を務めており、戸塚とは兄弟分という関係にある。 横浜流氓アジトに乗り込んだ際に馬淵の罠に嵌まり、抗争を起こそうとしているのを止めに入った春日達と戦う事になるも敗れ、馬淵の証拠を持ってくるよう言い寄られた横浜流氓総帥である趙の判断で預かりの身となる。 その後は馬淵のクーデターにより解放されたが、星龍会内部でも反発が起きたため、沈静化に奮闘した。 その後、星野会長殺害のため本部に乗り込んできた沢城や近江連合構成員らの襲撃に遭い、撃たれて重傷を負うが、殺害されそうになる星野を気遣って春日達に託した。 また、それ以降も春日達に情報をもたらしたり、助言したりと春日達を支えるようになった。 龍戸睦会 戸塚 大和(とつか やまと) 声 - 横浜星龍会直系龍戸睦会会長で、介護施設「陽だまりの城」の理事長。 裏では星野や高部に無断でエクセレントコースに入居している老人達の家族に、難しい手術だと触れ込み高額な手術費を騙し取った挙げ句、最上階のエクセレントルームで薬 を投与して安楽死させた上に死亡届は出さずに年金や医療保険を騙し取る形で不正受給ビジネスを行っており、また「難病で苦しんでいる為、助けるために難しい手術が必要」と「安楽死を了承」させるかのような物言いをして騙していた(こちらは菜乃葉に謝罪と返金した際にその事実を聞くまで春日達も高部も知らなかった)。 乙姫ランド店員である菜乃葉の裏引き疑惑を探っていた春日らにより不正ビジネスを知られ、それを暴露されたことで星野と高部にも知られてしまう。 その後は「世界が受けない仕事を請け負っており、家族や本人が安楽死を望んでるのなら、それも止む得ないこと」と嘯いて言い放ったが、結局は本部に乗り込まれた失態など含めて星野や高部の怒りを買い、高部に「二度と敷居を跨げないよう」と絶縁を示唆され、躾と称して連れて行かれた。 その後、春日達に復讐しようと探していた際に出入りしているスナック街での目撃情報を頼りに浜子に言い寄っていた所で遭遇し、仲間らと共に春日達を襲撃したが、まとめて返り討ちにされた。 PS4版では、谷村の一部台詞に修正が必要になったが、PS3版で谷村を演じていた成宮が芸能界を引退していることもありボイスの再収録が行えず、新たなキャストに変更されている。 また、外見も成宮に寄せてはいるが、オリジナルのものに変更されている。 また、MIAが「MBI」に変わっていたり(『極』で日本版と統一される)、ニューセレナのママが『3』と『4』では「マリコ」と名前が付けられていたりと日本版と異なる点がいくつか見られる。 左胸に彫られた刺青は月下美人で 、一夜でも一目でも構わないから桐生に会いたいという意味が込められている。 タカシへの茶碗は「京香を大事にしてほしい」という組長からのメッセージ、組長への指輪は「ちゃんと落ち着いたら二人でそれを返してもらいに父のところへ伺う」つまりは一人前の夫婦になったら二人で改めて挨拶に伺うというメッセージが込められている。 冴島が使用した銃はゴムスタン弾で、実際は誰一人殺害していなかったが、冴島が去った後に気絶した18人を射殺した。 葛城によると新井に射殺されたその日に就任したとされており、実態としては上野誠和会が東城会に因縁をけしかけるための特進、あるいは方便である。 小清水に射殺される前には観念して目を瞑るような姿が見られており、最初から覚悟していた事が窺われる。 また、殺された後は公には拳銃自殺として公表された。 勇太、松永と共に草野球チーム『仁涯サンダーズ』に所属していたが、試合相手の『瀬戸内ウォーリアーズ』に助っ人で呼ばれた桐生に試合中に喧嘩をふっかけた事で乱闘騒ぎとなった後、出禁処分となった。 海外などで安楽死に使用される塩化カリウム。 蛇華の立て直しのために本部から神室町へ送り込まれたが、後に本部から見捨てられる形で忘れ去られ、帰国することもできずその日暮らしを強いられており、自分達より後から現れた祭汪会からは相手にすらされていない事の悔しさから祭汪会への攻撃を始めた。 ただし、劇中で前記の制裁を行ったのは、その部下がスターダストを尋ねてきた桐生達を無碍に追い返すという無礼を働いた為であり、勇太の一件に関しても、桐生の制止を振り切って半ば喧嘩腰で挑んでくるなど、勇太の方にも非がなかったわけではない。 なお、ハン自身はこの業態を「下品」と評し、快くは思っていない。 本人の「真拳派の最期の花火」という発言や、スポーツマンシップを掲げる彼が、相手の足を踏んで動きを封じたり、や、といった反則技を繰り出すことからもその本気度が伺える。 その死は東城会の手によるものとされ、当初は予定調和であった東城会と祭汪会の抗争を激化する口実に使われた。 詳細は、を参照。 言われた際、嬉しそうな顔をした。 結局、キムの父親は然程待遇が変わる事もなく、体を壊していたにも関わらず、酒に溺れ続けた末に命を落とした。 ハン(キム)曰く、「本物のハン・ジュンギ」は話し方やファッションセンスなど品行方正であり、自分の及ぶところではないと語っている。 「はぐれジングォン派」の一派であったコミジュルは息を潜めつつも、ジングォン派本体の神室町での動向を遠巻きながら見守っており、事態を把握し察したソンヒの命により、コミジュルのメンバーに偽警察官を装わせ、ハン(キム)らを救出に向かわせた。 『6』にて、尾道仁涯町にある巌見造船資材置き場にて桐生と戦い敗れた際、真相を話してる最中に狙撃されたが、後に狙撃したのが広瀬徹だと知る。 その後、襲ってきた残党達はハン(キム)の想いを知って和解し、全員コミジュルに合流する事となった。 スナック街の浜子の店ではなく、サバイバー2階アジト• 知っている中国語は、「ニーハオ」と「シェイシェイ」のみ• 参加したチームは、神室町の暴走族「神室腐餌似苦巣(フェニックス)」、関東でも有力な実力を持つ「関東ギャングスターズ」、外国人集団の「スラムドッグス」、互いをナンバーで呼び合う「黒悪夢」、プロの殺し屋集団「パープルキラーズ」の5チーム。 神室腐餌似苦巣以外のチームはリーダー敗退後も残党として桐生を狙ってくる。 なお、彼らの店にいたNo. 1達はそれぞれ働いていた店がサンシャインに敗れた後に全員サンシャインに移籍している。 月山の店のブラックリストの客に対して「拷問部屋に連れてこい」と言い放つなどかなりエグいことをしているようで、自身の店でもツケを払わない客に対して、手下を使って勤務先に出向いて脅しを掛けたり、妻や子を人質に取ったりして半ば強引に回収するなどしている。 幼少期にグランドで働いていた母親が店の売り上げを盗んだ犯人に仕立て上げられて解雇になり、これが原因で再就職先も見つからず、最後は自分に保険金をかけて自殺してしまった事でグランドへの復讐心が芽生えた。 『6』での教団の案内人(声 - )曰く「教祖以外の者が発言してはならない単語」であり、うっかり発言してしまった桐生に対し驚愕と怒りを露わにした。 実際は女性に薬を入れたお酒を飲ませて幻覚を見ている状態にした上で、金を払った男性とのカップルを成立させるという悪質なものであり、結局は参加者を騙しているだけに過ぎない。 桐生に手口を暴露された際にも「仮にきっかけが嘘だとして何が悪い」と屁理屈をこねるなどして開き直っている。 必殺技として、現実においての現在の棚橋の(FH)であるではなく、かつてのFHであったスリング・ブレイドが採用されているが、これはハイフライフローがトップロープからの飛び技であることからゲームとして再現し難かったことによるものと思われる。 本人曰く「」とのことである。 複数のカラーギャング達の通称で、『1』に登場したブラッディアイやブルーZといったチーム、『6』に登場したテンコジなどが所属していた。 ゲーム内での技の演出は、掴んだ相手にグーパンチを仕掛けて怯ませてからでフォールするものになっている。 その死は組織の正当性を示すために利用され、表向きは偽札を暴くためコミジュルのアジトに火を放った末の死亡として殉死扱いにされた。 『2』ではオリジナルで描かれた外見のキャラクターであったが、『極2』では寺島本人の顔をキャプチャーした外見に変更されている。 100億円はそのほとんどが爆風によって周囲の空に舞い散り、ミレニアムタワー付近にいた人達(秋山駿もその一人)のクリスマスプレゼントと化した。 亜細亜街の火事を起こした上で大吾を嵌めたのも自身にとって都合の良い人材にすげ替えるためで、更には用済みとしてジミーを始末する。 かなが所属するグループ新鋭店「広島スイートゴッド」、AIKAが所属する「大阪ヘブンズゴッド」、しょう子が所属する「神室町ゴッドクイーン」、悠亜が所属する「錦栄町プラチナムゴッド」の4店舗。 いずれも各リーグの頂点に立ち、フィーバーヒートの効果も異なるものとなっている。 また、各店舗のNo. 1はリーグチャンピオンシップ敗北後にフォーシャインに移籍する。 サンシャインで黒服として働いていた際に、その熱心な仕事ぶりから次期店長候補と目される程に厚い信頼を受けて店の経営も任されるようになっていたが、友人の借金による連帯保証人となったことから多額負債を抱える事となり、返済の為に様々な悪事に手を染めていた中で、キャバクラ買収を持ちかけられる。 その後、サンシャインの買収を成功させた暁には自分の会社を設立させてくれるという誘いに乗り、名義を自分の名前に変える事で乗っ取りに成功し、結果的にユキや陽田を裏切り、彼らを追放した後に神崎グループを立ち上げた。 桐生はこの本を手渡された直後に技を覚えるということもあり、いわゆる師匠的な立ち位置のキャラクターにもなっている。 龍が如くシリーズの製作スタッフであるの大学時代の親友で政治家のがモデルとなっている。 ただし、『極2』では店の景品で取得する形になっている。 見栄えを良くするためにカツラを装着しており、対戦中にカツラが外れると脇目もふらずに拾いに行く。 家業と財産の相続について両親と揉めた事で殺害し莫大な遺産を手に入れた後、裏の世界で動きやすくするために表向きに死んだことにした。 ジムにいた有能な選手は引き抜かれ、借金もローン会社をマフィアが乗っ取った事でマフィアが債権者となった。 実際のRIZAPの統括トレーナーである幕田純がモデルとなっている。 この様子はカメラマンの柳井により撮られ、後ににて感動的な実話として掲載された。 この子犬に石をぶつけるシーンや「運が悪かったんだよ」の台詞は印象深かったためか、続編や外伝作品でも何度かアレンジされて登場している。 刺青のデザインまでも丁寧に似せる精巧さから、由美本人に間違えた錦山組に拉致されて度重なる拷問により死亡した。 選択肢次第では桐生の金を奪う事に成功したが、後に街を歩いていたところを桐生に見つかり、犯罪を白状すると共にバーの居場所を教えた。 真犯人は喫茶アルプスの現店長である木下マサルの妻で元従業員の木下裕子(声 - )。 事件当時の旧姓は斎藤で、織田と結婚を考えるまでに付き合っていたが、退職後に訪れた日に織田と宇佐見の浮気現場を目撃し、浮気現場を見られたのにもかかわらず一方的に別れ話を持ち出したことに激昂して殺害した。 殺害動機を白状した後は事件の担当刑事であった前田淳二によって緊急逮捕された。 その見た目に違わぬ大食家で、好物は韓国焼肉料理店「韓来」の特選牛カルビ弁当である。 また、その見た目からは想像できない程の美声の持ち主で、カラオケ(持ち歌は「Rain Drops」)ではその実力を遺憾なく発揮する。 パワーと反射神経に優れた覆面レスラーのナオキとカートを弾き飛ばす前頭の濱の海、直線勝負が得意な事から「ハマのスピードスター」の異名を持つディーラーのアイ(声 - )、加速力に優れたベテランドライバーのマツコ、データ収集力と分析力に優れたエリート商社マンのスグル、バイク仕込みのコーナリングを得意とする元暴走族のアキラ(声 - )、現レーサー達の中では最強の実力を持つ極道のジンの七人。 後のポケサー仲間になるミカに片想いしているヒデキ(17年後も片想いのままである)がミカを取られるのを恐れて避けていたというのが真相であるが、そのミカが桐生に惚れてしまい、これを境に桐生はヒデキを始めとした様々なレーサーから勝負を挑まれる事になる。 伊集院晴彦と城之内桜子の二人。 双方ともに面接では嘘の志望動機を述べて完璧な就活生を演じ、合格通知を知らされた際に支払われる会社の交通費を巻き上げていた。 桐生との面接で嘘を見抜かれた際には逆上したり開き直るなど横柄な態度をとったがために桐生に一喝されて逃げ出したが、それでも反省せずに桐生に対して恨み言を吐いていた。 詳細はを参照。 PS4版では荒木を始めとする『』の7人のモデル達は、当時の雑誌編集部がなくなったことによる権利関係の問題で使用できず、代わりに新たなキャストが登場する形になった。 聡史が自分ではなく明菜が跡継ぎに任命された事に対して納得できず、無理矢理に龍司の刺青の下絵を奪い五代目を名乗ろうとした一件で、最後は桐生に叩きのめされて失敗に終わった。 この件に関しては「1年がかりでアイドルを育てる」という契約だったが、朴は「半年で育てろ」と荻田自身に無理強いし、さらに契約内容をちゃんと読んでなかったため違約金が取れなくなった。 その余りの卑劣さ故に、秋山がエミの兄に対し「君の妹がさっきから胸糞悪い」と面と向かって吐き捨てる程に不快感を表している。 他のバイトの女性も同様にマコト(李)に協力しており、仮に彼女達の身に危険が及んでもマコト(李)がすぐに助けに来る事になっている。 ただし、いずれの女性も李がマコトを名乗っている事から李をマコトと認識している。 この依頼以外にも、自身に対して敬語を使って会話したり、「陽田さん」と敬称で呼ばれていることから、少なからず神崎からの信頼度もあったことが伺える。 金を貢いでると思ったり(実際は一人暮らしの際の借金の返済)、すぐに女を乗り換える男と認識したり(実際は再婚の相談)と色々あったが後に誤解も解け、娘を心配してくれる姿勢から真島達も父から信頼されるようになる。 『極2』にも登場し、娘に再婚した事を報告するが、相手の女性が結婚詐欺師だったために財産を持ち逃げされてしまった。 桐谷本人は神崎のフォーシャインの倍の給料を支払うという裏工作によって神崎グループに引き抜かれてしまった。 盗まれた下着は祖母の物で、囮用の新品のクマさんパンツをベンチに置いて犯人を誘き寄せる作戦を使い、犯人が自身にセクハラ行為をしてフォーシャインを入店禁止になった客であることが判明するが、反省する気のない態度から桐生に叩きのめされた。 その後に真相を知った際は青ざめて逃げだした。 商店街の組合長に就任した大阪出身の男が、ヤクザと結託して帳簿を改ざんして作った裏金で商店街を潰そうとしている事を知り、警察に告訴するために組合長の裏帳簿を盗んだが、それが原因で幹夫の素性がばれて家族に危害が及ぶと考えたため。 四天王には自身以外に、気性の荒さと強引な運転で車のみならず相手も廃車同然にしてしまうクラッシュ梶原や冷静な判断力と分析力で勝利をもぎ取ってきたクール吉見、チームの古株で熟練した技を持つNo. 2のジェントル中村(声 - )がおり、チームの中でも群を抜いた実力を持つ。 他球団のスカウトがドラフト終了後にも拘わらず裏金を使ってワイバーンズの入団の話を蹴るように唆したため、金に目がくらんで指示に従ってしまった。 七代目近江連合会長の黒澤翼の出身母体である組。 直参組織なのかどうかは不明である。 品田はコンサート中止のためにイベント会社に支払う違約金3億円を求めて秋山の店を訪れており、これが二人が出会うきっかけとなる。 尾道近海を脅かしている赤い目をしたホオジロザメ。 何人もの漁師の命を奪っており、犠牲者の中には天野の父親もいるため天野にとっては父親の仇でもある。 他の海域には巨大イカ「帝王イカ」や、世界一美味いタコと言われる巨大タコ「デリシャス・オクトパス」が生息している。 瀬戸内の名産品であるの顔に尾道仁涯町の名物であるの帽子、漁師町であることを伝える魚のポシェットに漁師の長靴、そして苗字であり尾道を模した「ONO」のプリントが入ったトレーナーといった尾道仁涯町の象徴を詰め込んだような容姿をしている。 暴言や大声で総会を荒らす粗暴な性格から「株主総会の壊し屋」と呼ばれる中野渡、税理士の資格を持ち企業の利益やデータから弱みを握る事を得意とする才木、元新聞記者でブラック企業の摘発を得意とする一面から「ブラック企業キラー」の異名を持つ三連星のリーダー格の美園玲子の三人組の総称。 神室雪月花は以降のシリーズからカラオケや店内BGMなどさまざまな形で登場する。 なお、カラオケで表記される作曲者は実際の作曲者であるとなっている。 実態は、長らく付き添っていたマネージャーがプロデューサーに性行為を強請られていたところを彼女を守るために立ち向かったのだが、その真実はプロデューサーによって「映画の出演料で揉めた事で起こした暴力事件」として揉み消されてしまった。 その後、マネージャーは芸能界を引退したため、真実を話すと彼女が世間に晒されてしまうために恐れて黙秘を貫いた。 店内から赤ん坊の泣き声が聞こえ、店内で出産があったのかと勘違いして駆け込んだのだが、実際には幼児プレイ中の権田原達の泣き声であった。 元プロレスラーのバイオレンス飛田、ちゃんこ屋の店員で力士見習いの岩熊、極道から足を洗いたがっている難波修一、エイジアに入り浸っている武器オタクの平野の4人。 松山と共に実際のの社員がモデルとなっている。 その動きは桐生によって技に昇華されたが、桐生の4人に対して自身は6人に行っていることからも実力の高さが伺える。 リストラをする以外に黒字転換の見込みがない会社を黒字にする、つまりはリストラに踏み切る。 ニセ秋山を懲らしめるために花が考案した作戦で、取引相手や刺客は花やエリーゼの従業員による演技だった。 江頭は「生物最強を目指すため」、佐藤は「桐生が気に食わないから」、川橋は「遊ぶ金欲しさ」、大江は「育毛剤を手に入れるため」といずれも自分勝手なものばかりであり、後に桐生や真島と和解するような素振りをみせるが結局は敵対する流れになってしまう。 ゾンビが徘徊する神室町を舞台にボディーガードに守られながら踊るというもので、ゾンビ役のエキストラにも自身を本気で襲うように通達しているために、自身のボディーガード役に相応しい人物を探していた。 故人である事を示すためか春日以外の人間には自身の姿が見えず声も聞こえないため、周りからは春日の独り言だと思われている。 「セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜」2018年8月28日放送分より• ファミ通. com 2018年10月23日. 2018年10月23日閲覧。 アニメイトタイムズ 2020年5月16日. 2020年7月5日閲覧。 「龍が如く3 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2009年3月30日発売• 「神室町 RADIO STATION」など龍が如く公式サイトのコンテンツより。 堀井螺旋 2013年6月26日. 2015年12月22日閲覧。 ファミ通. com 2017年4月29日. 2017年5月15日閲覧。 「セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜」2018年5月29日放送分より• ゲーム内でも状態異常の一つ「泥酔」になりにくいという特徴を持つ。 電撃オンライン 2010年3月25日. 2015年12月22日閲覧。

次の

極道の龍は面白い?プレイしてみた評価・感想・レビュー!

極道 の 龍

4 ミツからの連絡を待つ。 外へ出るとイベント。 異人町に戻るにはタクシーで タクシーを使うと、 伊勢佐木異人町へ戻ることが可能。 蒼天堀に行った直後でも戻れるので、やり忘れたことがあれば異人町へ戻って準備しなおしましょう。 敵の平均レベルが上昇 蒼天堀では、出現する敵の平均レベルが上昇。 最低でも30台後半レベルの敵が出現します。 ここまでレベル上げをせずに進めた場合は、パーティの平均レベルが30台前半の場合が多いので、 街中でのバトルでも負けてしまう可能性があります。 バトルが厳しいと感じた場合は、一旦異人町で レベルを上げるのも一つの手。 もしくは、蒼天堀で解放されるを利用するのもいいでしょう。 やりこみ攻略 会社経営• ジョブ・装備・パーティ• レア素材の入手方法• サブ要素• 初心者おすすめ• ボス攻略• ミニゲーム プレイスポット• ゲームセンター• カジノ• キャバクラ• データベース• キャラクター• ゲームガイド• 掲示板• サイト編集に困ったら• 外部リンク•

次の

極道の龍は面白い?プレイしてみた評価・感想・レビュー!

極道 の 龍

極道の龍のストーリー 病院のベットで目を覚ました双龍会の幹部である主人公。 目覚めると同時に『具合はどうだ?』と美しい女性・古見アリが声を掛けてきます。 ここで名前を覚えているか聞かれるので、自分の好きな名前を入力することができます。 アリと話していく内に自分はある人物に裏切られたことを思い出します。 突然ナイフで刺されてしまい、バイクで逃げ出しますが上手く運転できず事故に…助けてくれたのが助手の古見アリでした。 裏切った男は土持治夫 ツチモチハルオ であり、敵対する常闇会 とこよみかい に属していることが分かります。 裏切り者の部下を追い、復讐を果たすとともに潜む陰謀へと立ち向かっていきます。 なぜ自分の命が狙われたのか?黒幕は一体誰なのか? ノスタルジーでシックな音楽と美麗なイラストが魅力です。 物語の続きはぜひ自分の手で確かめてみてくださいね。 極道の龍の遊び方やゲームの流れ 極道の龍は金や資源を回収しながら舎弟を増やし、組織を大きくしながら敵対組織と戦っていくシミュレーションゲームです。 この他にも美女とのデートを楽しむコミニケーションツールのようなシステムが存在しています。 まずはカンタンに最低限の操作だけ覚えておきましょう。 事務所・資源の内容を理解しよう 画面上部に表示されているのは今持っている自分の資源です。 営業の項目をタップするとお金が拝金されるほか、武器納品をタップすると弾薬が手に入りますよ。 募集の項目では兵士の数が増えます。 行える回数には一定の時間制限がありますので、忘れずに回収を行っておきたいですね。 舎弟の強化を行う 舎弟は強化することでレベルアップさせることが可能です。 舎弟の代表的なステータス値は『武力・営業・知力・人脈』の4種類。 レベルが上がればステータス値が上昇するようになっています。 ドンドン強くしたいですね。 なお、強化には一定の資金が必要になりますよ。 縄張り争い(ストーリー)を進めて強くなろう ホーム画面には『縄張り争い』の項目があり、進めることで新たな出会いやストーリーを楽しむことができます。 戦闘は組員が自動的に戦うオート形式になっており、サクサク進められるのが良いですね。 『俺はそう簡単にはやられないよ』と語る主人公が中々クールでカッコいいです。 美女との出会いもあるのですが、ボイス付きなところが良い感じです。 『ちゃんとしたお礼をしなきゃ…』と呟くグラマーな女性。 どんなお礼をしてもらえるかはゲーム内で直接確かめてみてくださいね。 愛人とデートすることで赤ちゃんが誕生 デートすると一定の確率で赤ちゃんが生まれます。 赤ちゃんには名前を付けることが可能でステータス値も存在しています。 色んな美女と子作りできるっていうのが魅力的。 愛人にはスキルが存在しており、愛人スキルが開放されると舎弟たちのステータスも上がるようになっていますよ。 相手の魅力が高ければ高いほど友好度がもらえるほか、消費することで愛人スキルのレベルを上げることが可能です。 強くなるためには美女たちを自分の虜にしなければなりません。 ちょっと変わったシステムが面白いですね。 愛人の情報やステータスは『愛人詳細』から見ることができます。 ぜひあなたのテクニックで美女たちを口説いてみてください。 ここまでを簡単にまとめると• 資源の回収を忘れない• 舎弟を強化する• 縄張り争いを進めていく• 美女とデートや子作り 序盤は取り敢えず4つのサイクルを繰り返していけば大丈夫です。 極道の龍はリセマラする必要なし 極道の龍はチュートリアルでガチャを回すことがないため、リセマラを行う必要がありません。 育成系のシミュレーションなので早めにプレイするほうが有利になります。 リセマラをする必要がないのは嬉しいポイントですね。 後は序盤攻略だけ押さえて遊んじゃいましょう。 極道の龍の初心者向けおすすめ序盤攻略 ミッションが終わったら必ず報酬をゲット 画面の左下にある『ミッション項目』をタップすると消化可能なミッションが表示されます。 指示に従ってミッションを終えた後は、タップすることで報酬を回収できます。 縄張り争いと併用して進めていくと効率が良いので、ストーリーを進めながら消化してみてください。 事件が発生していたら消化する 自宅にいる舎弟に『事件』の表示されています。 この事件を消化することでも様々な報酬が手に入ります。 一度消化すると再度事件が起きるまで一定の時間が必要です。 事件簿アイテムを持っていれば、すぐに事件回数を増加させることも可能ですよ。 サインインボーナスを忘れずに受け取ろう 街の画面を右側にスクロールさせると『サインイン』という建物があります。 ここをタップするとサインインする度にもらえる豪華な報酬を受け取ることができます。 ちょっと分かりにくいのが難点ですが、色んなアイテムがもらえるので忘れずに受け取っておいてください。 動画の視聴で報酬をゲット 街の画面の右下にある『動画視聴』をタップ。 動画を視聴することでゲーム内の資源を手に入れることができます。 特に序盤は資源が不足しているので、抵抗が無ければ動画を見て報酬を手に入れておくと良いですね。 5回までの回数制限がありますが、資源が欲しい方は全部見ちゃいましょう。 子供の属性はプレイヤーを強化する 愛人との間に生まれた子供の属性はプレイヤーに影響を与えます。 子供のレベルを上げることで属性値が上がるので、忘れないようにチェックしておきたいですね。 同時に育成できる子供の数に制限はありますが、コツコツ育成を行っておけば損はないですよ。

次の