それでも愛を誓いますか 45。 それでも愛を誓いますか?47、48、49話【15話】最新話のネタバレ。

それでも愛を誓いますか?最新話15話(47~49)ネタバレ!真山くんはもう一人の男性…

それでも愛を誓いますか 45

『それでも愛を誓いますか?』 前話 14 話のあらすじは・・・ さおりからの接触を知った純が最初に助けを求めたのは真山でした。 しかし何でもないと誤魔化す純。 純はそれから武頼を無視して暮らします。 さおりに脅されまた会うことにした武頼。 武頼はさおりに、純は真山に抱きしめられてしまいます。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 抱きしめられた二人 真山に抱きしめられて純はどうしようと悩んでいました。 心臓の音が二つ重なります。 電気が復旧すると真山は慌てて離れます。 真山は純のラインを教えて下さいと頼みます。 もっと話を聞きたいという真山にわかったと連絡先を交換する純。 部屋を出た真山は何してんだと座り込みます。 残された純は真山が真っ先に浮かんだなんて言えない、私は結婚しているから、黙るだけなんて私はなんてずるいのだろうと思います。 さおりに抱きしめられた武頼はもう離れろと言いますが、さおりはあっさり離れるとまた連絡してねと帰ってしまいます。 押して引いて、すべてはさおりの作戦でした。 武頼はまた会ってしまった、すまない、純と後悔します。 罪悪感に耐える純 その後、純が家に帰ると先に武頼が帰っていました。 何か食べるものがあるかとまるで喧嘩などしていないような会話をする二人。 秘密のせいで優しくなれてしまう。 純は罪悪感に押しつぶされそうになります。 武頼もこんな気持ちなのだろうかと思う純。 でももういい、お互い笑えない毎日はもうしんどいよと純は納得します。 真山の顔を思い出し、赤くなる純は、本当にどうしようと自分の変化に戸惑っていました。 渉外担当の課長は当たりが強く、みな黙って耐えていました。 気をぬくと社会から振り落とされてしまいそうだと純は仕事をこなします。 年の近い三好はみんな耐えるべきと思ってやっていると純に教えます。 真山を意識する純 純はスカウトの広告を見て、自分が契約社員になれたのは年のせいではないかと思います。 さおりは公務員、武頼は所長に就任、悔しさを感じる純。 立場や年齢で足元を見られたくないと仕事を頑張ります。 同僚から飴をもらった純は男の人は素直じゃないと思いますが、真山の顔を思い出すと真山は素直だと胸がときめきます。 武頼は新しい現場に異動することが決まりました。 忙しくしていた方がましだと思う武頼。 真山は純になんてメッセージを送ったらいいか悩んでいました。 藤谷はそんな真山を見かねてまた三人で飲みに行こうと誘ってくれます。 元気出して下さいという真山からのメールを見て純は台所で座り込んでしまいます。 真山くんはもう男の人だと意識してしまう純。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

それでも愛を誓いますか?・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

それでも愛を誓いますか 45

【それでも愛を誓いますか?】という漫画を広告で知りました。 45話では、サオリに会ったのか?と問い詰められた武頼は何も 返す言葉が見つかりませんでした。 しかし、そんな時サオリから脅すような内容が 届き、自分達夫婦にもう構わないでくれと言うために 呼び出された公園で、武頼はまたサオリと2人きりで会ってしまったのです・・・! 【それでも愛を誓いますか?】46話のネタバレを紹介します! それでも愛を誓いますか?【46話】ネタバレ! 会議室で純が中途採用者向け入社ガイダンスをパソコンで受けていました。 コンコン 部屋をノックされた純が 「今終わったのですぐ片付けます・・・」 そう言ってドアを開けると、そこに立っていたのは真山でした。 「お疲れ様です」 純がどうしたの?と聞くと 「会議室予約見て、純須さんしかいなかったから・・・ 仕事で俺を推薦してくれたお礼をすぐ言いたくて」 と真山が答えました。 それを聞いた純は 「・・・そっか。 どういたしまして」 と浮かない表情をするので、 「・・・疲れてるんですか?寝不足ですか?クマやばいですよ」 と心配になってそう言いました。 すると純は 「別に・・・大丈夫だから」 と答えて真山の方をちっとも見ないので、 しびれを切らした真山は会議室に一緒に純と入り、こう言いました。 「・・・弱音吐いたらダメな縛りでもあるんですか? 痛々しい 頑張りすぎ。 あ・・・すみませ・・・」 言い過ぎたと真山は思い、すぐに謝りました。 すると純はこう話しました。 「頑張らないといけない時なの。 私35だし。 またひとつ歳をとったら就職できるか分からない。 社会で価値がある「純須さん」は私じゃない。 」 ーー 「純さん!!」-- 真山がそう大きな声を出すと同時に、会議室の電気が消えました。 「停電?!」 純が驚いてそう言うと、 「ぽいです。 カードキー反応しないし」 と言いました。 目の前の明かりを見るとこのビルだけ停電しているようでした。 「・・・ごめんねイライラして」 純がそう言って謝ると 「・・・価値だらけですよ。 仕事を認めてくれて めちゃくちゃ嬉しかったです。 」 真山はそう言うと、まっすぐな目で純を見つめて近づいてきました。 「あ の・・・・」 純がダメだと思い、近づいてくる真山を引き離しましたが その力を抑え込んで、真山は純に抱きつきました。 「あの日 本当はなんで連絡くれたんですか?」 ーーー 都会で見える景色の9割が無数の境界線。 あちら側と こちら側 いま この手を繋ぎとめているものは何だろう 夫婦の愛だろうか? それとも冷静な理性と倫理観なのだろうか・・・・---- >> それでも愛を誓いますか?【46話】感想 うーん・・・本当に考えさせられる場面ですね。 夫婦の愛なのか、理性と倫理観なのか・・・ 夫婦とはこうでないといけないという呪縛に縛られてるだけなのか、 本当に心の底では愛しているのか お互い山場を迎えたそんな感じです。 子供がいない・・・確かに2人をつなぎ留める何かが今はない気がします。 でも、そんな一緒に居る理由になりそうなものがなくても 純と武頼は本当に心から一緒に居たいと今は言える状態なのか と言われれば、そうでもない気もします・・・ まとめ 「それでも愛を誓いますか」46話のネタバレ感想を紹介しました! なんだか深く考えさせられる話でしたね。 次回武頼と純は揃ってお互いに向かってくる人に、 「妻が」「夫が」「大事だ!」そう言えるのか見ものです・・・!.

次の

それでも愛を誓いますかネタバレ 45話!武頼に謝りたいからと会いながら抱きつく沙織

それでも愛を誓いますか 45

その意志を受け継ぐ一人の少女が、宮廷という名の戦場を駆け巡る。 それは、中宗の病気の真の原因を突き止めることです・・。 チャンドクとチョンホはとある菜園にいましたが、そこへチャングムと内侍府の長官がやってきます。 この菜園には中宗と同じ病気を患う患者が集められており、チャングムはここで治療を行うことになりました。 つまり、中宗の病気を治すための実験が行われるということです・・。 もし中宗が本当に傷寒症であれば、ここで上手くいった治療法が中宗にも通用するはずです。 はたしてその結果は・・。 一方、宮中ではネイウォンとスラッカンの部署争いが激しさを増していました。 お互いに責任のなすりあいを行い、どちらも譲歩する構えを見せません。 そんなとき、イクピルとウンベクも中宗の脈診を行ってはどうかとチョンホが提案します。 ユンスはチェ一族との対立を長引かせたくないと考えてましたが、ヨリはクミョンを陥れるための工作を続けています。 こうしてチェ一族への追求がパンスルにまで及び、パンスルの屋敷は捜索を受けることに!ヨリはその様子を確認したあと、それを報告するためとある家を訪れます・・。 ウンビは以前王殿に仕えていましたが、そのときの貴重な経験をチャングムに伝えます。 チャングムはそれを聞いてある行動を起こしますが...。 チャングムの誓い-第45話 菜園での治療を続けた結果、チャングムはついに中宗の病気の原因を突き止めます。 その病名は分かりませんが、とにかく菜園にいた患者たちの症状は改善されたのです。 中宗の症状も菜園の患者たちと同じであるなら、ここで試した方法を中宗の治療に生かせば必ず治るはずです。 そのころ、イクピルとウンベクも病気の真相に気づき始めていました。 また、ユンスも宝を探すように医学書を読んでいましたが、ついに彼女も真相に辿り着きます。 そして宮中に戻ったチャングムは、后に真実を報告するのでした。 時同じくしてユンスも后のもとを訪れますが、ユンスも病名を報告します。 しかし、ユンスが報告した病名は、チャングムが告げたものとは違うものでした! 一方、オギョモたちは后に対して不満を抱いています。 その理由は、彼女が何事も独断で話を進めていたからです・・。 宮中には守られてきたしきたりというものがある、それを無視するなど后とはいえ許されることではない。 オギョモらはこうした難癖をつけながら、后の動きを牽制しようとします。 やがてオギョモとユンスに主導権が戻ることになり、これをきっかけに后は勢力を失います...。 感想 チャングムが今まで経験した試練の中では、 今回のものが一番ハードルが高いかもしれませんね。 なんといってもチャングムはこれから、 中宗の病気の原因を突き止めなければならないのです。 これは后に命じられたことなので、チャングムの好奇心などではありません。 しかも中宗は王様なので、王様の命に関わる仕事をするというのは、 国家を左右する鍵を自分が握っていることにもなります。 まさに、これまでになかったチャングムの最大の試練です・・。 中宗はおそらく傷寒症だと思われるのですが、 それをはっきりさせるための実験が行われるんですね。 つまり、一つの菜園の中に傷寒症の患者だけを集めて、その治療を行い、 上手く行った治療を中宗に施して治れば、中宗が傷寒症だったことが分かるという・・。 ちょっとややこしい道のりですが、王様を治すためにやるしかありません。 結局、病名は分からなかったのですが、菜園の中の患者の治療を続けるなかで、 ついにチャングムは王様の病気の原因を突き止めるんです。 なせばなる・・とはありふれた言葉ですが、ほんとチャングムはすごいですね。 ここまで来たらもう、王様の主治医になってしまえばいいのに・・と...。

次の