歌う ま 住職。 ミラクル! ロシア美女がただのおやっさんと結婚!?:モヤモヤさまぁ~ず2 |テレ東プラス

歌う僧侶 奈良・光明寺住職 三浦明利 : ようこそsyouju

歌う ま 住職

「般若心経」を歌う動画がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で広まり、世界で注目される僧侶が愛媛県今治市にいる。 臨済宗「海禅寺」副住職の薬師寺寛邦さん(40)。 9~10月には、市民デモの続く香港を含む中国や台湾など計8都市を巡るライブツアーを行い、若者を中心に熱気に包まれた。 やっぱり音楽が好き 海禅寺に生まれた薬師寺さん。 「どうして跡を継がなければいけないのか」との迷いがあったという大学在学中、ボーカルスクールに通い、出会った仲間3人で「キッサコ」というグループを結成。 平成19(2007)年にヤマハからメジャーデビューした。 キッサコは禅や茶道の言葉「喫茶去」から取ったといい、「お茶でもどうぞという意味です」。 音楽活動でなかなか結果が出ない中、「自分は僧侶になりたくないという逃げから始まった音楽活動だった。 だから伝えたいものがなかったのだ」と自らを見つめ直した。 改めて禅の本を読み、自分の心と向き合った結果、30歳を前に天龍寺(京都)での修行を決意。 このとき結婚していたが2年間、寺に籠もって厳しい修行に打ち込んだ。 「自分の心がちょっとだけ分かった。 やっぱり音楽が好き。 メッセージを伝えたい。 生きていく上で大事な事柄を伝えよう」 実家の海禅寺で副住職を務めながら、昨年からミュージシャンの「薬師寺寛邦 キッサコ」としてソロ活動をするようになった。

次の

ロックを歌う和尚さん

歌う ま 住職

今朝のTVで美人で本格的なミュージシャン三浦明利を紹介していた。 「美人すぎる尼さん」などとしてテレビなどにも登場している奈良県の光明寺住職、三浦明利(あかり)(28)が今夏、CDデビューした。 もともとはガールズバンドで活動していたものの、家業の寺を継ぐため断念したという異色の経歴の持ち主。 探してみると、歌うお坊さんは結構いる。 もうすぐお盆。 猛暑の浮世をひととき忘れ、その歌声に耳を傾けるのも、いいかも…。 (早川由紀美) 三浦がバンド活動を始めたのは高校生のとき。 大学時代、ギターとボーカルを担当していたガールズバンドMogaHoopは、CD店・新星堂の全国オーディションCHANCE!でグランプリを獲得。 ジャズをベースにファンクやラテンなどの要素も取り入れた本格派の音楽は「技術が高く、斬新」などと評価された。 「かっこいいものを作って驚かせてやろうという気持ちが強かった。 音を複雑にすることで安心していた」。 インディーズ(独立系)でCDを出すなど音楽活動が軌道に乗りかけていたときに、父が寺を離れることになり、跡を継いだ。 七月に発売されたデビューシングルは「ありがとう」「花束レクイエム」の二曲を収録。 生ギターの音色を生かした、語りかけるような作品だ。 ファンキーモンキーベイビーズのDJケミカルも寺が実家のお坊さんだ。 若手僧侶らで作るインターネット寺院「彼岸寺」の代表、青江覚峰さんは「言葉が通じないところ、文字の読めない人に音楽で信仰を伝えるという手法がとられたため、宗教と音楽のかかわりは深い。 親鸞聖人は当時まだ都会化されていない関東で、農民を教化するために音楽を用いたとされています」と説明する。 byスポニチ.

次の

[B! 音楽] 朝日新聞デジタル:お経で鍛えた歌唱力 「歌う住職」メジャーデビュー

歌う ま 住職

「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京系)のウェブ限定動画をで配信中! 2月3日(日)に公開された第76弾では、「モヤさまアワードin大分」がいよいよスタート! 「モヤさまアワード」は、その年の"最強の素人"を決める祭典でしたが、2015年以降は中断されていました。 しかし、前回よりめでたく復活! 開催していなかった過去3年分の素人MVPを一気に決めちゃいます。 今回のアワードには、「潮騒の宿 晴海」から奥田美羽さんがゲスト出演。 素人たちのVTRを見ずに大竹一樹と三村マサカズの話だけを聞き、奥田さんが"一番観たくなった人をMVPに選出する"というルールのもと進めていきます。 生まれも育ちも大分県だという奥田さんに、大分の良さを聞いてみると「温泉が有名でおいしいものがたくさんあります」とのこと。 「それ以外は?」と大竹が突っ込むと「見つかりません」と奥田さん。 大分の良さは「温泉」と「おいしいもの」の2つに集中しているようです。 ということで、「モヤさまアワードin大分」がスタート! まずは、福田典子アナウンサーが参入することになった激動の2016年から。 最初にノミネートされた人物は「根津のラッキーパンチのおやっさん」。 しかし、月日が流れていることもあり、三村と大竹の2人はあまりピンと来ていない様子。 根津で出会ったおやっさんは、「ものすごい美人の奥さんがいるんです」と三村たちを家へ招待。 実際にお邪魔してみると、想像をはるかに超えた美人なロシア人奥様がいました。 2人の出会いは、奥様が半年間だけ日本に滞在していたときにおやっさんが声をかけたのがきっかけ。 パーフェクトすぎる美貌の奥様に「おやっさんの何がよかったんですか?」と失礼を承知で聞いてみると「ロシア文学と猫が好きな人だったから」とひとこと。 数多いるロシア文学と猫好きの中からラッキーをつかみ取ったおやっさんが、うらやましくて仕方ありません。 という「根津のラッキーパンチなおやっさん」の話を奥田さんに説明しようとするさまぁ~ずですが、「ラッキー」という言葉でしか説明できません。 「結局ラッキーパンチなんですよ(笑)」と謎の説明で終わってしまった根津のおやっさん... はたして奥田さんには、このキャラクターがどこまで伝わっているのでしょうか!? ノミネート2人目は、「八王子のあまのじゃく男さん」。 ランチで八王子の洋食屋さんに入ったときのこと。 「ここ、洋食屋さんですよね」と言ったところ「違います」と店主。 奥様があわてて「洋食屋です」とすかさずフォローします。 「僕のことはあまのじゃく男と呼んで」という店主でしたが、出てきた料理は絶品! 「おいしいですね」と言うと、「普通です。 他がマズいだけ」とすかさず否定されてしまいます。 狩野恵里アナが「このキャベツロール、柔らかいですね」とコメントすると、「柔らかくないとキャベツロールって言わない」と即否定。 右と言えば左と言う(笑)、あまのじゃく男さんがエントリーしました。 エントリー3人目は、ハワイ・ハレイワの歌う住職さんです。 さまぁ~ずも「この人は覚えている!」と言った彼は、浄土宗のお寺にいたノリが軽すぎる住職。 厳粛な雰囲気のお寺でお経を唱えてもらうも、「こんなんでよろしいですか?」とさっそくノリの軽さを見せます。 そして、趣味がウクレレという住職にハワイの絶景をバックに演奏してもらうことになったのですが、ノリノリで奏で始めた音楽は、まさかの「LOVE2000」。 ハワイアンっぽい別の曲をオーダーすると、大塚愛の「さくらんぼ」を熱唱し始めました。 もはやウクレレである必要がありません。 「ボケたガーリーな住職」が3人目にエントリー。 次回、残り2つのエントリーを発表! 2016年の「モヤさまアワード」MVPが決定します。 どうぞお楽しみに! 動画全編は、でご覧いただけます。

次の