スタディ プラス アプリ。 勉強がぐんぐんはかどる!勉強アプリ「スタディプラス」を徹底解説

【公式】スタディサプリの英会話・TOEIC®TEST対策|英語のスタディサプリENGLISH

スタディ プラス アプリ

初めに、Studyplus(スタディプラス)とはどのようなアプリなのかについて説明させていただきます。 Studyplus(スタディプラス)は、東京都渋谷区に本社を置くスタディプラス株式会社が提供している学習管理SNSアプリです。 iPhoneにもAndroidスマホにも対応しています。 無料でインストールすることができ、アプリ内課金もないため、完全無料で全ての機能を利用することができます。 利用者数は累計450万人を超えており、 大学進学希望者の高校3年生の3人に1人が利用していると言われています。 GooglePlayベストアプリや日本e-Learning大賞最優秀賞などを受賞している人気のアプリです。 下記のリンクをクリックすると、Studyplus(スタディプラス)公式サイトにアクセスすることができます。 Studyplus(スタディプラス)は、勉強管理機能とSNSが一つになったアプリです。 Studyplus(スタディプラス)には、勉強管理機能が搭載されているだけでなく、勉強の記録をSNSのようにタイムラインで共有することができる機能が搭載されています。 Studyplus(スタディプラス)で勉強を記録すると、自分のフォロワー(友達)のタイムラインにその勉強の記録が表示されます。 自分の勉強記録を共有したり、友達の勉強記録を閲覧したりすることができるため、勉強のモチベーションを上げることができます。 下の動画の再生ボタンをクリックすると、Studyplus(スタディプラス)の紹介動画を視聴することができます。 Studyplus(スタディプラス)では、自分が勉強している教材をマイページに登録することができます。 そして、教材が登録できたら、その教材をどれくらい勉強したかを記録することができます。 勉強を記録する方法は、直接勉強時間を入力する方法と、ストップウォッチで時間を計測して記録する方法があります。 学校の休み時間などの スキマ時間に学習した分も記録することができるため、スキマ時間だけでどれだけ学習ができるのかを計測することができます。 下記のリンクをクリックすると、App Store、Google PlayのStudyplus(スタディプラス)インストールページにアクセスすることができます。 興味がある方は、ぜひインストールしてみてください。 Studyplus(スタディプラス)には、勉強時間を記録する機能が搭載されています。 Studyplus(スタディプラス)では、自分が勉強している教材をマイページに登録することができます。 そして、教材が登録できたら、その教材をどれくらい勉強したかを記録することができます。 勉強時間を記録する方法は、直接勉強時間を入力する方法と、ストップウォッチで時間を計測して記録する方法があります。 勉強した時間だけでなく、勉強した日にちや学習量(〇ページ~〇ページなど)、コメントも記録することができます。 また、教材の勉強時間を記録すると、自動的にグラフ化されるため、どれだけ勉強したかをマイページで一目で確認することができます。 Studyplus(スタディプラス)には、目標を設定することができる機能と、イベントカウントダウン機能が設定されています。 Studyplus(スタディプラス)では、一週間の勉強時間の目標を設定することができます。 そして、現在の勉強時間が、目標の勉強時間に対して何%達成できているかが表示されます。 さらに、自分の目標をタイムラインに投稿することができます。 また、志望校をプロフィールに表示させることもできます。 イベントカウントダウン機能とは、模試の日付や受験日を設定し、その日まであと何日かというカウントダウンが表示される機能のことです。 勉強時間の目標や受験日までの日数が明確に表示されるため、勉強の計画を立てる参考にもなります。 Studyplus(スタディプラス)アプリを利用する上でのメリット2つ目は、情報を共有することができるという点です。 勉強時間だけでなく、勉強した教材やコメントを共有することができます。 どの教材を使えばいいか分からないという方にもおすすめです。 Studyplus(スタディプラス)アプリを利用する上でのメリット3つ目は、同じ目標を持った友達ができるという点です。 Studyplus(スタディプラス)には、「コミュニティ」という他のユーザーと交流できる機能が搭載されているため、同じ目標や似た傾向をもつ他ユーザーと情報交換を行ったり、励まし合ったりすることができます。 勉強に対するモチベーションを上げることができるため、モチベーションを保つことが難しいという方におすすめです。 初めに、Studyplus(スタディプラス)アプリを利用する上でのデメリットを紹介させていただきます。 Studyplus(スタディプラス)アプリを利用する上での主なデメリットは以下の3つです。 勉強時間にとらわれてしまい、勉強の質が落ちる恐れがある• コミュニティ機能に夢中になりすぎてしまう恐れがある• 他のアプリで遊んでしまう恐れがある Studyplus(スタディプラス)アプリを利用する上でのデメリット1つ目は、勉強時間ばかり意識がいってしまい、勉強の質が落ちる恐れがあるという点です。 Studyplus(スタディプラス)では、一週間の勉強時間の目標を設定することができ、現在の勉強時間が、目標の勉強時間に対して何%達成できているかが表示されます。 そのため、目標の勉強時間に達成することばかりに意識がいってしまい、勉強の質が落ちてしまう恐れがあります。 勉強は、何時間勉強したかより、何時間集中して勉強したかが大事になってくるため、目標の勉強時間に達成することばかりにとらわれないことが大切です。 Studyplus(スタディプラス)アプリを利用する上でのデメリット2つ目は、コミュニティ機能に夢中になりすぎてしまう恐れがあるという点です。 Studyplus(スタディプラス)には、コミュニティ機能が搭載されており、他のユーザーと交流することができます。 このコミュニティ機能はメリットでもありますが、コミュニティ機能に夢中になりすぎてしまい、勉強が疎かになってしまう恐れがあるというデメリットにもなります。 Studyplus(スタディプラス)アプリを利用する上でのデメリット3つ目は、他のアプリで遊んでしまう恐れがあるという点です。 Studyplusを利用する際はスマホを開くため、ゲームや、Twitter・InstagramなどのSNSをチェックしてしまう可能性があります。 そのため、他のアプリで遊んでしまう恐れがあるという方は、勉強し終わってから学習内容を記録することをおすすめします。

次の

これは勉強がはかどる!studyplus(スタディプラス)というアプリの使い方を徹底解説!

スタディ プラス アプリ

同じ目標を持った勉強仲間と励まし合いながら楽しく勉強を続けることができます! 【こんな人にオススメ】 ・勉強のやる気が出ない方 ・勉強を習慣化したい!モチベーションをあげたい!とおもっているかたと思っている方 ・勉強時間や勉強量を可視化して管理したい方 ・勉強仲間と一緒に勉強をしたい方 ・独学の学習効率をあげたいと思っている方 ・同じ目標の仲間がどんな教材をどのくらいやっているか知りたい方 ・大学受験を控えている高校生 ・定期テストで成績アップを目指す学生 ・TOEICや資格試験を目指す大学生・社会人 【利用ユーザーの声】 ・勉強のモチベーションが上がりました!2,3年愛用しています。 今日から一緒に記録をはじめて、習慣化してみませんか? 【注意事項】 ・本サービスは、満12歳以上からご利用いただけます。 ・本サービスの利用規約をご確認いただき、同意いただいた上でご利用ください。 studyplus. studyplus. アプリ自体はあまりにも素晴らしいですが、コミュニティ グループ 機能だけに致命的な欠陥があるので、その点では全くおススメできません。 以下私の経験ですが、以前スタディプラスをやめようと思って退会しました。 繋がる方もなかなかできず、コミュニティも自分1人だけになってしまったからです。 退会後数年が経ち友人にまた誘われてアカウントを作り直して始めたのですが、その時コミュニティに偶々自分が結成したものを見つけてしまいました。 数年前に退会した自分の名前が表示されており、コミュニティも残存してしまっています。 自分だけがメンバーで、加入はコミュニティのリーダーの承認制だったので、自由に加入できない機能で当時チームを作りました。 自分一人だけのコミュニティを解散させてから退会しないと、コミュニティ上に自分のアカウントが残ってしまうシステムです。 当時設定した承認制も残ってしまっているせいで、誰も入れないのに検索結果に表示されて、以前退会した自分の名前も表示されている状態になってしまっています。 せめて承認制だけでも外れれば、入室された方が自由に使ってくれてその限りでは嬉しいのですが…… 退会しても自分のアカウントが、自分一人だけのコミュニティごと消えないせいで、気味が悪いです。 誰かのコミュニティに加入し、最終的にリーダーになり、メンバーが全員いなくなって、自分が退会する際も同様です。 まさかコミュニティ上に退会した自分のアカウントが残ったり、自分一人だけのコミュニティ自体が消えないとは誰も思いません。 リアルに基づいて学校名やクラブ名、ニッチな同好会 ニッチなせいで却って目立つ 用のコミュニティを作ってしまうと、後悔し兼ねません。 コミュニティと、コミュニティを作ったアカウントが分離しているせいで、アカウントを削除しても自分の名前とコミュニティが実質残ります。 コミュニティ作りならば「みんちゃれ」というアプリの方が、チームメンバー数に制限はありますが解散システムがしっかりしているので、そちらの方がおススメです。 サポートに問い合わせましたが、「削除した自分のアカウントに対して、利用規約違反の通報が来れば削除される」という内容でしたが、あまりにもそれは突飛過ぎると思っています。 自分のアカウントであることを結局証明できないので、誰も入れないコミュニティが検索結果に表示され、アカウントを消したはずの自分の名前だけがコミュニティリーダーとして残り続けてしまっています。 直近数回のアップデートにより、アプリを開いてからのストップウォッチの反応がどんどん遅くなってしまっています。 アプリを開いてすぐにストップウォッチを止めてしまうと前回に開いた時からの時間が計測されません。 改善方法等あればご教示頂ければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 (2017年12月18日追記) ストップウォッチ機能について、迅速なご対応ありがとうございました。 ストップウォッチの反応のために時間が計測されないことがなくなりました。 ただ、一度ストップウォッチを止めてアプリをバックグラウンドにした後にアプリに戻ると時間計測をしていなかったことになってしまうことが、これまで2度ありました。 もし可能であればこちらもご対応頂ければ幸いです。 よろしくお願い致します。 (2020年2月24日追記) もうここ数年間、ずっと使わせてもらっています。 いつもありがとうございます。 要望なのですが、教材検索でキーワードから検索する際に、これまではその教材が一番上に出てきていたのですが、最近キーワードにはあまり関係のなさそうな教材ばかりが出てきて見つけられず、独自教材として登録しなければならないようになりました。 何かしらの事情があるのかとは思いますが、可能であれば以前の状態に戻してもらえると助かります。 今後ともよろしくお願いいたします。 デベロッパの回答 、 この度は、ストップウォッチをご利用中、不具合が起きているとのこと、ご不便をおかけしており申し訳ございません。 現在、他のお客様からもストップウォッチおよびタイマー機能についてのご報告を頂戴しており、担当部署にて調査を進めております。 しかしながら、原因の追究および改善までにはお時間を要することが想定されており、引き続きご不便をおかけしますことお詫び申し上げます。 誠に申し訳ございません。 改善でき次第リリースいたしますので、その際はアップデートをおこなっていただきますようお願い申し上げます。 1つは学習の記録を行ったあと、毎回ホームのタイムラインに戻されるのが煩わしいです。 入力の手間が省けるように教科ごとに一日の終わりに記録していますが、毎回入力するごとにホームに戻り、また教材一覧画面に戻らなければいけないというのがかなりストレスになります。 またテスト前や入試前の限られた時間で記録を行っているため、1回1回飛ばされると時間も無駄になっているように感じてしまいます。 続けて記録ができるように 続けて記録をする、しない、という設定ができるように して頂けると大変使いやすくなるように思います。 2つ目ですが、フォロー機能についてです。 前までは多くの人をフォローして繋がろうと思っていましたが、最近はノイズになると思ってフォローを外したり、フォロバを外したり ブロックしたり しています。 主にブロックをする時に、100人近くフォロワーがいると、1人ずつプロフィールに飛んでブロックしなければいけないので大変時間がかかってしまいます。 一括リフォロー、ブロックの導入、 もしくは、チェックボックス式でフォロワーを選択してフォロー解除、ブロックなど もしくは、フォロー一覧で人を右からスワイプすることで削除 フォロー解除、ブロック などが出来たら楽なのに、と感じています。 使用させて頂いてることに感謝の念を抱いておりますが、もっと使いやすく、ユーザーが増えるようにこのような意見を書かせて頂きました。 検討頂ければ幸いです、よろしくお願いします。 デベロッパの回答 、 いつもご利用いただき、また貴重なご意見をいただき誠にありがとうございます。 勉強記録登録後も続けて記録する機能および一括フォロー・ブロック機能については、この度のご意見を参考に検討をさせていただきます。 また、何かご意見などございましたら是非お知らせください!引き続きよろしくお願いいたします。

次の

‎「Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に」をApp Storeで

スタディ プラス アプリ

この記事の内容• スタディサプリTOEICとスタディプラスの自動連携はできない 残念ながら、スタディサプリTOEICをスタディプラスに自動連携することはできません。 ただし、 2つのアプリを手動で連携させ、勉強時間をスタディプラスに登録することは可能です。 自動連携と手動連携の違いを表にまとめたので参考にしてください。 アプリ同士の連携 学習時間の記録 自動連携 自動で連携される 自動で記録される 手動連携 スタディプラスに 自分でアプリを追加 スタディプラスに 自分で入力 スタディサプリTOEICとスタディプラスを手動連携する手順 2つのアプリを手動連携し、学習時間を入力する手順を解説します。 アプリ内 「記録する」のタブから、 「新しい教材を登録」をクリックします。 検索窓で 「スタディサプリ」などのキーワードを入力します。 タブを 「アプリ」に切り替えると、TOEICコースが見つけるはずです。 教材をクリックすると、記録入力用の画面が表示されます。 必要事項を入力し、画面右上の 「記録する」をクリックします。 ホームに戻ると、手動入力した学習記録が表示されているのが確認できるかと思います。 これで手動連携〜入力は完了です。 とても簡単ですよね。 合わせて読みたい• スタディプラスに自動記録できるのは日常英会話コースだけ スタディサプリENGLISHの他のアプリも調査してみたところ、自動連携ができるのは「日常英会話コース」だけでした。 他のコースでは、アプリをスタディプラスに手動連携し、学習内容を手動入力する必要があります。 コース 連携・記録 TOEIC対策ベーシック 手動 新日常英会話コース 手動 日常英会話コース 自動 ビジネス英語コース 手動 日常英会話コースとスタディプラスを連携する方法 日常英会話コースはスタディプラスと自動連携することができます。 スタディプラスとの連携の許可を求めるポップアップが表示されるので、これを許可するだけです。 とても簡単ですね。 日常英会話コースの学習内容がスタディプラスに自動記録されます。 スタディサプリTOEICアプリ内の学習記録を使うのも便利 「スタディプラスに手動で入力するのは面倒」という方は、スタディサプリTOEIC内の学習記録機能を使うことをオススメします。 以下のような機能が利用できます。 過去の学習記録の参照• トータルの学習時間記録• 内容後の学習時間の記録• サプリ以外の教材の登録• 学習メモの登録 私はこれだけでも学習記録としては満足なので、この機能を使って継続を確認するようにしています。 アプリは毎月アップデートされるので追加を期待 スタディサプリENGLISHシリーズのアプリは毎月アップデートされています。 アップデートにより、新コンテンツや新機能が追加されたりバグの改善が行われます。 今後のアップデートでスタディサプリTOEICとスタディプラスの自動連携機能が実装される可能性もあります。 さらなる改善を期待しましょう。 この記事のまとめ この記事の内容をまとめると次の通りです。

次の