米津 玄 師 でしょ ましょ。 米津玄師 でしょましょ マジ考察「カオス」

でしょましょの歌詞

米津 玄 師 でしょ ましょ

この週は年末年始で大きな新譜がなかったこともあり、全作品の売り上げが1万枚どころか7,000枚を下回るという珍しい事態に。 その結果、米津玄師の関連作がトップ10に3つ浮上している。 Foorin「パプリカ」 今回ランクインしたのは3位の『パプリカ』に続き、5位の『馬と鹿』(3,111枚)と8位の『Lemon』(2,316枚)の3曲。 週間ランキングはその週の発売作品が圧倒的に有利なのにも関わらず、2018年に発売した作品を2曲もチャート入りさせ、ロングヒットを見せている。 年末に放送された『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)では米津による作詞・作曲・プロデュースの「パプリカ」、菅田将暉「まちがいさがし」、嵐「カイト」が披露されたため、その効果もあったのだろう。 なかでも「パプリカ」は彼のメロディセンスが光る一曲だ。 「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」として作られたこの曲は、2018年の8月〜9月の『みんなのうた』(NHK総合)として使用されると日本中の子供たちの間で大ブレイク。 ミドルテンポのダンサブルなリズムに口ずさみ易い日本語詞を乗せることで誰でも歌えて踊れるポップソングとして人気を博した。 小中学生5人組のFoorinによる歌唱やダンスは解放的で底抜けに明るいが、楽曲に潜むどこか物寂しいコード感は、逆に心に深く染み渡るようだ。 この曲が子供だけでない幅広い人びとの琴線に触れるのは、そうした二面性を持ち合わせているからだろう。

次の

米津玄師が手がける楽曲は、なぜいずれもロングヒット? 関連シングル3作がトップ10入り

米津 玄 師 でしょ ましょ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 米津玄師、氷川きよし、「いきものがかり」など、その一挙手一投足が注目されてしまう人気アーティストたち。 旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった〝邦楽アーティスト〟にまつわる記事をご紹介します(5/31配信まで集計)。 イケメン過ぎる最新写真に「誰か分からない」 9位 KinKi Kidsは知っていた? 槇原敬之21年ぶり逮捕の前から周到な動き… 10位 『Mステ』で放送事故!? ママと幼児が大熱狂! 米津玄師「Lemon」動画に志村けんさんへの追悼文が… 1位に選ばれたのは、ネットをざわつかせた演歌歌手・氷川きよしの〝発言〟。 氷川は『週刊新潮』2019年12月19日号に掲載された記事で、記者の直撃取材に自らの思いを隠すところなく語りました。 ここ最近のミステリアスで妖艶な姿への〝変貌〟については、「デビューして20年たったことが大きい」と言い、ビジュアルの変化を褒められることについては、「キレイと言われるのはうれしいけど、逆にブスって言われるのはつらい。 また、「みんなが求める『氷川きよし』に徹してきたけど、40歳を過ぎて、人としてもっと表現の幅を広げたいという気持ち」「男らしく生きてほしいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……」と告白したのです。 これに対してネット上では、「きよ姐ついに公式に解禁なの!? 」や「ふわっとカミングアウトしてきたね」、「そうなる前に自分を出せたのはよかった」など応援の声があふれました。 続いて2位に選ばれたのは、米津玄師の『Lemon』動画が大荒れ。 2020年3月29日、タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなりました。 老若男女に愛された志村さんの死にたくさんの悲しみの声があがりましたが、その思いを〝とある場所〟に書き込む人が続出し、ネット上で物議を醸したのです。 志村さんへの追悼文が寄せられたのは、YouTubeに投稿されている米津玄師のミュージックビデオ「Lemon」のコメント欄。 「Lemon」は、大好きだった祖父の死を乗り越え、その体験をもとに米津が作った曲なのだとか。 そのため、多くの米津ファンは、今回の志村さんの訃報を聞いて、ふと「Lemon」を想起したようです。 とはいえ、「Lemon」のYouTube動画に志村さんへの追悼文を書き込むのは、明らかに場違い。 ネット上では、「なんでそうなるんや」や「正義マンの無自覚荒らしヒデー」、「えぇ…関係ないやんけ…」などといった苦言が相次ぎました。 今後、どんな邦楽アーティストがどんな話題を振りまいてくれるのでしょうか?.

次の

米津玄師 でしょましょ マジ考察「カオス」

米津 玄 師 でしょ ましょ

米津玄師• J-Pop• provided courtesy of iTunes 曲調・歌い方もなんとも陰気な感じで、やるせない雰囲気を感じますね。 この記事ではその歌詞について、じっくりと考察していきたいと思います。 一人きり、見よう見まねで培ってきたあたしの 生き方、それなりでしょ?といった具合に。 異常な世界で凡に生きるのがとても難しい 令月にして風和らぎ まあまあ踊りましょ るるらったったったった でしょましょ 作詞 米津玄師 異常で平凡には生きられない令和の時代。 まあまあ踊りましょ。 もっともこれもちょっと皮肉めいた表現で、現在の世界を「異常な世界」と謳っているので「令月にして風和らぎ」なんて平穏なもんじゃないんですよね。 事件とか事故とかネットの騒動とか、何かと騒がしい今日この頃。 そんなおかしな時代でも、まあまあ自分なりのダンスを踊っていましょうや、と呑気な感じで歌われています。 獣道 ボロ車でゴーゴーゴー ねえどうしよ? ここどこでしょ? ハンドルを手放してもういっちょ アクセルを踏み込もう でしょましょ 作詞 米津玄師 迷い込んだ獣道。 いい加減な具合で突き進みましょ。 獣道というのは野生の動物が通ってできた山中の道のことで、道と呼べるほど整備されたものではありません。 草木は生い茂っているし、舗装なんてされていない、無秩序な山道。 不穏でおかしな令和の世の中の比喩でしょうね。 そんな山道に足を踏み入れてしまったわけだけれども、まあハンドルなんか握らず進んでしまおうや、と、ここでも悠長で気だるげ。 例え世間が廃れていて、自分の居場所が分からなくなろうとも、自分の生き方を曲げずに進んじゃえばそれでいいんじゃない?といった感じ。 非常にやるせないことばかりで全部嫌になっちゃうな 今日はいい日だ死んじゃう前に なあなあで行きましょ るるらったった でしょましょ 作詞 米津玄師 死んじゃう前に、てきとうに妥協して行きましょ。 るるらったった。 どこまでもいい加減で、諦念に溢れた歌詞ですね。 やるせない世の中だけれども、憂鬱なまま死んでしまうのは惨めったらしいし、今日はいい日だったことだから、いい加減に折り合いつけてやっていきましょうや、と。 一貫してネガティブな歌詞ではあるものの、やるせない時代に飲まれることなく自分なりに進みましょ、と一応前向き。 米津玄師さんなりのこの時代との向き合い方が歌われているかのような、そんな印象を受けますね。 まとめ この異常な世界で死んじゃう前に、まあまあ踊りましょ。 なんとも物憂げな楽曲です。 馬と鹿発売に合わせてyoutubeで公開されたラジオ動画で、米津玄師さんはこの曲に関連して「正義心だとか義憤っていうものの皮を被って自らの後ろ暗い欲求を正当化しようとする大きな流れを見た時に、俺はこれに加担したくないと思った」と語っています。 相次ぐ交通事故に、テロ紛いの放火事件。 それに対してネット上では、正義の名の下に卑劣な罵詈雑言が飛び交う、異常な令和の時代。 そんな流れとは距離を置いて、まあまあ自分なりのダンスを踊りましょうや。 どこまでも気怠げで退廃的な、いかにも米津さんらしいデカダンスです。 おすすめ記事はこちら ご意見・ご感想はお気軽にコメントください。 zz-1.

次の