地 デジ アンテナ レベル。 仕組みがわかる!地デジのアンテナレベルが安定しない原因と対処法6つ

アンテナレベルが低いってどういうこと?テレビが見れないときの解決法|生活110番ニュース

地 デジ アンテナ レベル

地デジブースターが必要となる時 地デジの受信電波が弱くなると、特定のチャンネルが受信レベルが低いため視聴できなくなったり、画面にモザイクがかかるようなノイズが発生します。 このような状態は受信電波が弱いことで引き起こされている可能性が高いため、地デジブースターを利用することで受信電波を増幅し、正常に映像を視聴できるようになります。 発信基地の電波がそもそも弱い場合などや、アンテナの方向に誤りがある場合はアンテナ設置当初からこのような状態になるため、最初に対応する必要があります。 また、近くに大型のビルが建設されたりするなど、電波を妨げる状況の変化が起きた場合もこのような問題が生じる場合があります。 ブースターの効果と注意点 ブースターは、設置することで受信した地デジなどの放送電波を増幅してくれる役割があります。 一家に複数台のテレビを視聴できるようにするためには、分配器を用いる必要がありますが、電波に関しては分配すると弱くなってしまう性質があるのです。 そのため、受信電波が弱い時や、3台以上のテレビを設置する場合にはブースターの設置が必要になります。 地デジブースターの効果 地デジブースターの効果には主に二つのものがあります。 それぞれの効果を見ていきましょう。 分配器による分配損失の補填 一つ目の効果は、分配器による分配損失の補填です。 分配器によって電波を分けると、入力した電波と比較して出力される分配された電波は、その信号の大きさが減衰してしまいます。 この損失値を分配損失といいます。 分配損失が生じることによって、電波の強度が地デジ放送を正常に表示させるために必要な値より下回る場合があり、その場合ブロックノイズやE201エラーなどが表示され、正常に地デジ放送を視聴することができなくなります。 このような場合には、地デジブースターによって電波を増幅させ、分配され減衰した後の電波であっても、必要な電波強度を維持させることが必要になります。 この分配損失を補填し正常な範囲に電波を増幅させるのが地デジブースターの一つ目の効果です。 ケーブル損失の補填 二つ目の効果はケーブル損失の補填です。 10m以上のアンテナケーブルが接続されている場合は、その範囲の中で一定の電波の損失が生じます。 一般的な値としては10mあたり3dbのケーブル損失が発生するため、長い距離のケーブルを使用している場合は、地デジブースターによって電波を増幅させ、補填する必要があります。 こちらも分配損失と同様に損失の補填となりますが、地デジブースターを設置することで、これらの損失を補填し正常に地デジ放送を受信できるようになります。 ブースターの効果の確認方法 地デジブースターの効果の確認方法としては、電波強度とは別に、総雑音指数を見る方法もあります。 総雑音指数は受信品質と相関があり、総雑音指数が改善されることで、受信強度が改善していることと同等になります。 ブースターは電波を増幅させるため、入力する電波に雑音が含まれている場合は、その雑音自体も増幅させてしまいます。 そのため、分配器やケーブルなど、雑音がより含まれる可能性のある機器や端末の前に(アンテナ側に)ブースターを設置することで、より雑音の少ない時の電波を増幅させることができます。 ブースターを設置することで電波強度が改善したにもかかわらず、それでも依然としてブロックノイズなどがテレビに表示されてしまう場合には、この総雑音指数がどうなっているのか、設置箇所に誤りがないかを確認してみることが大切になります。 地デジブースターの効果を最大限発揮する設置場所 ブースターは基本的にはアンテナに近い部分に設置することが大切です。 複数台テレビを設置するために分配器を使用する場合でも、ブースターで電波を増幅させてから分配器で電波を分けることで最大限の効果を発揮します。 ベストな設置箇所はアンテナ直下ですが、その場合は雨風にさらされるため、防水型の地デジブースターである必要があります。 分配器やケーブルよりも、地デジブースターはアンテナに近いところに設置する必要があるため、卓上型の地デジブースターなど、室内で設置できる地デジブースターよりも、屋外のアンテナ直下に設置できる地デジブースターの方が、正常に地デジ放送を視聴できる可能性がより高くなります。 地デジブースターの設置を検討している方は、可能な限り屋外対応の製品を選び、アンテナに近いところに設置するようにしましょう。 次ページ:「受信電波が強すぎる場合は、逆に視聴できなくなることも」 1• Androidでインターネットを... 403,750件のビュー• Android端末を利用している... 376,736件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,800件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,119件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 236,780件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 227,590件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,566件のビュー• Windowsを利用していると「... 217,930件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,085件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 191,566件のビュー.

次の

製品情報

地 デジ アンテナ レベル

原因1.アンテナケーブルが抜けている テレビのアンテナレベルが突然0に なってしまった時に考えられる1つ目の原因は アンテナケーブルが抜けているということになります。 アンテナケーブルが抜けてしまっていると、 当然ですがテレビ電波をテレビが受信できなくなるため、 アンテナレベルが0になりテレビの映像が 映らなくなってしまいます。 アンテナケーブルはテレビやレコーダーに 壁のテレビコンセントから接続されている ケーブルになりますので、 アンテナレベルが0になってしまった場合は、 真っ先にアンテナケーブルが抜けていないかどうか? ということを確認してみるようにしましょう。 原因2.アンテナケーブルの軸が折れている アンテナレベルが突然0に なってしまった時に考えられる2つ目の原因は、 アンテナケーブルの軸が折れてしまった ということになります。 アンテナケーブルを見てみると、 中央に細い軸線が垂直に出ていますが、 この軸線が折れたり曲がったりしてしまうと、 テレビに電波を届けられなくなり アンテナレベルが0になってしまいます。 このように、アンテナケーブルの 軸が折れたり曲がったりしてしまっている場合は、 アンテナケーブルを新しいものに交換する必要があります。 原因3.テレビの保護機能が作動している アンテナケーブルに異常もなく、 しっかり接続できているにも関わらず、 アンテナレベルが0の時は、 何らかの原因でテレビの保護機能が作動していて、 それが原因でテレビ電波を受信できない 状態になってしまっている可能性も考えられます。 テレビの保護機能が作動してしまった場合は 次の手順でリセットを行うことで、 再びテレビ電波を受信できるようになります。 テレビの電源を切る• コンセントプラグを抜いて30秒ほど待つ• コンセントプラグを挿しテレビの電源を入れる 原因4.ブースターの電源が切れている テレビとアンテナの間にブースターが 設置されている場合は、 ブースターの電源が切れてしまっていることが原因で テレビのアンテナレベルが0になっている という可能性も考えられます。 ブースターはアンテナケーブルと 電源ケーブルの両方がつながれていないと、 作動することができません。 原因5.テレビの故障 ここまで、ご紹介した原因を探ってみても アンテナレベルが改善されないという場合は、 テレビが故障している可能性も考えられます。 テレビのチューナーにバグが発生していたり、 テレビ側のアンテナケーブル端子が壊れたりすることで、 アンテナレベルが0になっているかもしれません。 テレビが故障している可能性が疑われる場合は、 メーカーや電気店に相談し点検してもらいましょう。 原因6.アンテナの故障 また、アンテナが故障してしまっていて、 テレビ電波を受信できないことで テレビのアンテナレベルが0になっている という可能性もあります。 例えば、強風で飛ばされてきたものが アンテナに直撃して壊れてしまったり、 雪の重さでアンテナが折れてしまったり、 というように可能性としては高くありませんが、 何らかの原因でアンテナが故障してしまう ということもあります。 まとめ 今回は、テレビのアンテナレベルが0になって 突然E202が出てしまった時に考えられる原因や 対処法についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか? アンテナレベルが0になっている時は、• アンテナケーブルが抜けていないか?• アンテナケーブルの軸は折れていないか?• テレビの保護機能は作動していないか?• ブースターの電源が切れていないか?• テレビが故障していないか?• アンテナが故障していないか? ということを1つずつ確認してみるようにしてください。 もし、自分でアンテナレベルを 回復させることが難しいと感じたら、 電気屋さんに相談してみてください。

次の

製品情報

地 デジ アンテナ レベル

現在、天気が悪いと映りがよくない場合があります。 そこで、地デジアンテナを2本にしてそれらをアンテナ混合器で合わせれば、受信レベルが上がらないかなと思っているのですが、どうでしょうか? 素直にブースターを使えと言われるかと思いますが、節電の御時世ですので、できるだけ電力を消費せずに受信レベルを上げてみようという実験をしたいと思います。 2本のUHFアンテナは同じ製品に揃えて、そして向ける方角ですが、それも同じ地デジの送信塔に向けます。 数dBしか違わないという場合も。 >素直にブースターを使えと言われるかと思いますが、節電の御時世ですので、できるだけ電力を消費せずに受信レベルを上げてみようという実験をしたいと思います。 2本上げるのはアナログ時代には難視聴地域で有効な場合もありましたが。 それでもブースターが先ですかね。 2本上げてぐっと良くなるようでしたらみんなやるわけでして。 わずかに良くなったぐらいでは、天候での不安は拭えません。 また、ブースターの仕様を見ていただければわかりますが、消費電力は物凄く低いです。 マスプロのはUHFブースターであれば1. 7Wだったかな。 夜、ほんの少し寝るのを早くした方がずっと節電になるレベルです。 現在は天候の悪い時に映りが悪いとの事ですので、ブースター取り付けだけで解決しそうな気がします。 どんなアンテナがついているのかわかりませんが、そう変なものはついていないと思うんですよね。 素子数をどんどん増やしてってもたいした効果が得られないって事もあるわけで。 コレ交換してダメだったから次はコレでとちょこちょこやっていくと、逆にお金がかかる場合があります。 時間と。 書込番号:15342143 5点 皆さんたくさんの解答ありがとうございます。 しかしやってみるだけの価値はありそうですね。 採算を無視した興味本位的な考えでやってますので、とりあえず好奇心を満足させられる事を第一にしてみたいと思います。 キャパシタさんこんにちは、 ケーブルは太さ1cmぐらいあるような太い同軸です。 ケーブルの接続はF栓です。 それとまずは、室内で簡単に実験をしてからと思ってますので、30素子みたいな大きく扱い難いのはこの実験で効果を見てからになります。 黒蜜飴玉さん、 >アンテナをただ混合するだけでは逆に混合時のロスが多くて悪くなるだけの可能性があります。 なるほど。 とりあえずそういう可能性もあると心に留めておきます。 >片側にアッテネーターを入れるなど対策をする必要がありますが問題ないでしょうか? これがつまり複数のアンテナにする場合に、受信レベルに差がありすぎると受信できなくなるという事ですね? その対策も兼ねて、UHFアンテナは同じ製品に揃えて、そして向ける方角も同じ地デジの送信塔という事にしてみようと思ってます。 ポテトグラタンさん、 >利得的にはあまり期待できないですよ。 数dBしか違わないという場合も。 なるほど。 少しでも効果があれば満足です。 実際テレビの視聴的にはあと少しのレベルがあれば十分そうです。 とりあえず好奇心だけでも満足させられれば十分かなと思っているところもありますので。 >また、ブースターの仕様を見ていただければわかりますが、消費電力は物凄く低いです。 そうですね・・・ 空調機器などと比べるとはるかにひくいですね。 しかしうちでは1Wを削減する為にかなりの出費をしています 笑 はっきり言って、その1Wの削減をする為に払った代償を取り戻すことができるのか?という疑問がいつもありますが、趣味でやっているんだと思ってください(笑 >現在は天候の悪い時に映りが悪いとの事ですので、ブースター取り付けだけで解決しそうな気がします。 もちろんそれで十分解決します。 ちなみに現在一番高性能(ノイズも少なくもっとも利得・ゲイン・dBを上げられる)なブースターってどの製品でしょうか? アンテナは卓上用〜30素子まで、そしてフィルムアンテナまで色々あります 笑 まずは所有している小さなアンテナの同製品を購入して実験をしてみようと思ってます。 >コレ交換してダメだったから次はコレでとちょこちょこやっていくと、逆にお金がかかる場合があります。 時間と。 既にいろいろかかってます 笑 書込番号:15342989 1点 やりたい事は、アンテナをスタックしたいと言う事に成るかと思いますが、 その場合、ケーブルの長さや、アンテナの間隔などに気を使う必要が有ります。 デジタル放送受信までの経過 - 地デジのサービスエリア圏外での受信 アンテナをスタックするより、先ずは、なるべく素子数の多い パラスタックアンテナへの交換をお薦めします。 UHFアンテナは高さの調整も重要です。 今のアンテナの高さが合ってるか確認した方が良いでしょう。 スカイツリーからの受信地域の場合、送信場所移行の時期にも注意が必要です。 スカイツリー:電波障害、想定以上…機能移転大幅遅れ 来年1月の移行には遅れが出そうですが、 移行した場合、弱電界地域では受信状況が改善されるので、 アンテナの改善が無駄になる可能性が有ります。 やまの仙人さん Funiculi Funiculaさん もっぱらリスナーさん yahho-iさん ケイン@さん TWINBIRD H. 264さん ノンフィルターさん まさちゃん98さん フリーウェイさん どうもです。 しかし心は既にスタックにw 強い好奇心に勝てませんw それで混合器がどうもUHF&UHFを明確に謳ってないと駄目な様なので、あれから探してみましたが、結局あまり良さそうなのが無かったですね。 ということで、同じように地デジの受信を改善しようと思っている人の為にまとめると、今のところ混合器は以下の2種類が有力そうです。 ApexRadio SPL-2 9,400円程度 挿入損失:0. 25dBtyp. マスプロ MXHUD-P 2,770円程度 通過帯域損失(dB 以下):4. 5 上記の2製品です。 ここで思ったのですが、両製品の説明にはそれぞれ「挿入損失」とか「通過帯域損失」という表記があるのですが、これはそれだけの電波の損失があるということでよろしいでしょうか? つまりこれらの数字は小さい方が良いんでしょうね? そうなると、値段は高いのですがApexRadio SPL-2がかなり優秀ということになりますね。 書込番号:15353259 3点 新たに 麻呂犬さん mibo2さん アドバイスをありがとうございます。 しかし言い換えれば、地デジの電波はレベルがさがるどころか上がる場合もありますとなるので、とりあえずレベルが上がる方を期待して楽しい実験をして見ます(笑 今は実験用のアンテナの選択と、アンテナ同士を接続する為の方法と器材を探しています。 書込番号:15378918 0点.

次の