消毒 液 の 作り方。 消毒液の作り方、ドアノブなどの消毒は「アルコールより熱水や塩素系漂白剤」厚労省【新型コロナウイルス】

手指用携帯消毒液の作り方|小さいボトルで持ち歩けます

消毒 液 の 作り方

無水エタノールとは?本当に「アルコール消毒液」が作れるの? 消毒用エタノールなど、アルコール消毒液が品薄になってしまいました。 感染が広がる中、消毒液がないと不安になってしまいますよね。 でも大丈夫!無水エタノールで手作りすることができます。 無水エタノールは希釈すれば「アルコール消毒液」になる 無水エタノールは、エチルアルコールと呼ばれる アルコールの一種。 5vol%と濃度が高く、「水拭きできない電子機器」や「電化製品」の洗浄などに使われています。 刺激が強いため、皮膚につけてはいけない。 すぐ蒸発するので、殺菌効果もない。 しかし「 70〜80%に薄める」と、なんと消毒用エタノールに大変身! 「 アルコール消毒液」として使うことができます。 <参考:「> 手指用・アルコール消毒液の作り方-「材料」 消毒液を作る材料は、この2つです。 消毒液の材料• 無水エタノール: 約1500円• 精製水: 約100円 (各500ml) 無水エタノールと精製水を合わせても、1600円ほどで買うことができます。 (エタノールの値段は店舗やメーカーによって変わります) 無水エタノールや精製水はどこに売っている? 両方とも、ドラッグストアや薬局で購入できます。 ネットショップにもあります。 ただし、「ミネラルなど不純物」が混ざっているため、精製水より長持ちしにくい。 早めに使いきるようにしましょう。 そのため無水エタノール80mlに精製水20mlを加えても、100mlに満たない。 「精製水を少しだけ多めに入れ全体量を100mlに調整する」と丁度いい濃度になるようです。 (参考:) 消毒液を入れる「スプレーボトルやプッシュ式容器」について 手作り消毒液を入れる容器は「 高濃度のエタノール(アルコール)対応」の商品を使用します。 パッケージを確認しよう 表に「アルコール可」となっていても、裏に「高濃度は不可」と小さく書かれている物もあるので気を付けて。 よく確認して使いましょう。 専用ボトルが無いときの入れ物 【主な注意事項】• 火のそばで使わない。 目や口などの 粘膜につけない。 フタをしっかり閉め、直射日光の当たらない涼しい場所に保管する• 誤飲しないようラベルを貼ったりなど配慮する。 もし目や粘膜に触れたら 「 大量の水で洗い流す」こと。 もし飲み込んでしまったら 「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 もし皮膚に異常を感じたら 「 使用を中止」。 医師や薬剤師などに相談すること。 <消毒用エタノールの使い方> また、無水エタノールの容器には「消毒液」として使う場合の注意事項が書いてありません。 下方にパッケージの写真を載せますので、手作りする際にはお目通しくださいね。 買ってはいけないメタノール!買い間違えに注意 あと、買い間違えにもご注意ください。 無水エタノールと同じ陳列棚には、「 メタノール」というよく似た名前の商品もあります。 この 「メタノール(燃料用アルコール)」は有毒。 人体につけると危険なので、間違えて買わないようにしましょう。

次の

消毒液の作り方!キッチンハイターでめっちゃ簡単に自作できました

消毒 液 の 作り方

手作り消毒液|材料 材料は2つです。 いずれも薬局・ドラッグストアで入手できます。 無水エタノール• 水(コンビニで購入できるような「いろはす」などのミネラルウォーター) 価格は、無水エタノールは500mlで1000円前後で薬局で販売されています。 水は、水道水は使用せず、ペットボトルで販売されているような水を使います。 無水エタノールと消毒用エタノールの違い 無水エタノールと消毒用エタノールとの違いは、アルコール濃度の違いがあるだけです。 無水エタノールが、掃除用と表記されている場合がありますが、これは、水分をほぼ含まず純度の高く、揮発性が高いため、水分が使えない電気製品等の掃除に使われてきたためです。 消毒用エタノールの場合は、水分が含まれているため、その分皮膚などにとどまり殺菌作用を長く発揮するため、消毒用として用いられています。 アルコール濃度が高い、無水エタノールが消毒に不向きなのは、その場にとどまることなく殺菌効果を発揮する前に蒸発してしまうからです。 そのため 無水エタノールを薄めると消毒用エタノールになります。 (参考:) 手作り消毒液|容器 容器はダイソーやセリアなど100均で販売されている、化粧水の容器でスプレータイプのものがオススメです。 手の除菌・殺菌はもちろん、掃除などにも利用でき便利です。 掃除のシーンでは、とくに油汚れ、カビ防止に効果を発揮します。 手作り消毒液|注意事項 手作り消毒液を作るにあたり注意事項があります。 無水エタノールは火気厳禁 無水エタノールはアルコール濃度が高いため引火しやすいため、火気厳禁です。 火の近くで無水エタノールを扱ったり、火のそばに無水エタノールを保管するのは大変危険です。 無水エタノールは蒸発しやすい 無水エタノールは揮発性が高く、空気に触れると蒸発が進みます。 そのため、無水エタノールの使用後はなるべく早く蓋をしっかりしめて直射日光が当たらない涼しい場所に保管する必要があります。 素手で高濃度のアルコールに触れると、刺激が強く肌の乾燥が進みやすくなるため、無水エタノールを素手で触ることは避ける必要があります。 そのため既にアルコールアレルギーである方は使用できません。 以上、無水エタノールでつくる消毒液の作り方についてお伝えいたしました。

次の

手指用携帯消毒液の作り方|小さいボトルで持ち歩けます

消毒 液 の 作り方

物は漂白剤で除菌できる(手には使えない) 誰もがアルコールベースの消毒液を買いだめすることに気を取られすぎて、同じような効果があるのに、価格ははるかに安い漂白剤の存在を完全に忘れています。 元飲食業界の人間としては、何かの表面を消毒するのに、比較的濃度が低くても効果がある漂白剤を使っていました。 漂白剤は、濃度がとても高いので、消毒をするくらいであればボトル1本も必要ありません。 家にある漂白剤がボトルに半分しか残っていなくても十分です。 除菌前にしっかりと掃除を 家を漂白剤で拭きまくる前に知っておいて欲しい、大事なことが1つあります。 漂白剤は、食べかすや髪の毛のようなということです。 これ自体はそこまで大きな問題ではありません。 漂白剤で消毒をする前に、カウンターなど拭きたい場所を掃除すればいいということです。 最初に普通に掃除をして、すべてを拭き上げ、パンくずやコーヒーの粉などが残っていないかきちんと確認をしてから、漂白剤で消毒をすれば完璧です。 漂白剤を使った消毒液の作り方・使い方 米疾病対策センターが推奨する、家の中のあらゆる表面を消毒する汎用性のある消毒液にするは、。 (ここまでたくさんの量が必要ない場合は、小さじ4杯と1リットルの水を混ぜてください。 ) ゴム手袋を装着し、家の中の浸透しにくい表面を漂白剤を薄めてつくった消毒剤で スプレーするか 拭き上げ、 自然乾燥させます。 それだけです。 大理石、磁器、陶器、塗装していない木材などは、漂白剤を長期間使うと傷む可能性があります。 家の中にそのような材質のものがある場合は気をつけてください。 できるだけ少量の漂白剤を使い、余ったものはすぐに吹き上げるか、石けんとお湯だけで手入れするようにしましょう。 いろんなものに使える便利な消毒液 ウィルスが集まるのは家の中の表面だけではありません。 家の外に持って行くあらゆるものにも、この消毒剤は使えます。 子どもがどこにでも おもちゃを持って行きたいと言うものや、子どもが口に入れる可能性があるものにも、この消毒剤を使うのをおすすめします。 子どものおもちゃ(プラスチックで電気を使わないもの)は、漂白剤の消毒剤に約30分浸しましょう。 残念ながら、漂白剤は刺激が強すぎるので、ですが、画面を拭くのにはおすすめしません。 それ以外では、あなた自身の手も漂白剤では消毒できませんが、それは石けんと水でしっかりと洗ってください。 あわせて読みたい.

次の