俺ガイル 誰と付き合う。 TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」公式ホームページ|TBSテレビ

【俺ガイル】勝負に勝つのはどっち?比企谷八幡と雪ノ下の奉仕部の挑戦

俺ガイル 誰と付き合う

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 36 ID:d8NKQnPL0 戸塚「そうなんですか? 知りませんでした……」 戸塚「最近の八幡は……、なんか疲れてるみたいで、たぶん寝不足なのかと」 戸塚「あと3週間前くらいに小町ちゃんと喧嘩したみたいで、すごい落ち込んでました。 vip2ch. 06 ID:d8NKQnPL0 めぐり「あ、やっぱりそうだったんですか!」 めぐり「相手? 一色さんですよね?」 めぐり「なんだ。 先生も知らないんですか」 めぐり「一カ月にくらい前に比企谷くんが一色さんと買い物しているのを見かけたんですよ。 44 ID:d8NKQnPL0 いろは「わたしと先輩が付き合ってる? なに言ってるんですか。 わたしがあんな面倒な人と付き合うわけないじゃないですか」 いろは「違いますよ。 あれはたまたま会ったんです。 どこ行くのか聞いてみたら、ジュエリーショップに行くっていうので私もついて行っただけです。 値段が高かったから買えなかったみたいですけど」 いろは「わたしにプレゼント? ないです。 でも、誰かにプレゼントするつもりだったでしょうね。 女物ばかり見てましたから」 いろは「そりゃあ、彼女にあげるつもりだったんじゃないんですか。 81 ID:d8NKQnPL0 いろは「そういえば、先輩がこの間、女の人と歩いているのを見かけたんですよ。 あの人が彼女さんなのかな?」 いろは「いえ、わたしの知らない人でした。 二人で仲良く手繋いでましたね」 いろは「私服だったので、どこ高なのかはわかりません」 いろは「場所はマリンピアです。 95 ID:d8NKQnPL0 川崎「あー。 その噂広まってるね」 川崎「由比ヶ浜から聞いたけど?」 川崎「いいんじゃない。 私には関係ないし」 川崎「ただ、あんな人前でいちゃつくのはやめとけって思うけど。 相手が相手なんだし」 川崎「キスしてたよ。 マリンピアで」 川崎「一か月くらい前? 違うよ。 39 ID:d8NKQnPL0 小町「あのごみいちゃんに彼女がいるわけないですよー」 小町「下手したら死ぬまでできないかと」 小町「だって、あんなに捻くれてて面倒な人と付き合うなんて物好きな人がいますか? 私だって妹じゃなければ、きっとなかったと思いますもん」 小町「いいとこなんてありませんよ。 27 ID:d8NKQnPL0 小町「お兄ちゃんが一色さんとジュエリーショップに? ……なんか下見に行ったっていうやつですよね」 小町「いえ、なんの下見に行ったのかは知りません。 本当ですよ。 それは教えてくれませんでしたから」 小町「彼女へのプレゼントじゃなくて、一色さんとどこかに出かけたかっただけかもしれませんよ。 だってそうじゃないですか。 16 ID:d8NKQnPL0 三浦「へー。 あいつに彼女ができたんだ」 三浦「誰か付き合っているか? 知ってるわけないっしょ。 あーし、あいつのこと興味ないし」 三浦「あの奉仕部だっけ? あの部活で一緒の人と付き合ってるんじゃないのー?」 三浦「……結衣じゃないって。 あの性格最悪の人」 三浦「つーかさ、結衣とあいつが付き合うわけないじゃん。 どう考えても釣り合わないし」 三浦「よく絡んでるけど、同じ部活だからってだけでしょ。 そこに恋愛感情はないって」 三浦「それは、あいつも同じだと思うけど?」 三浦「見ればわかるって。 07 ID:d8NKQnPL0 結衣「ヒッキーが誰と付き合ってる相手を聞いてどうするんですか!?」 結衣「あ、その……」 結衣「……実は、付き合ってるのは私なんです」 結衣「でも、みんなに内緒にしようって二人で決めたんです」 結衣「……はい。 96 ID:d8NKQnPL0 結衣「そうですよね。 これでゆきのんとの絆が壊れるわけないですよね」 結衣「ありがとうございます! ちゃんとゆきのんに伝えようと思います!」 結衣「……えっ? この指輪ですか?」 結衣「あ、すみません……。 授業中は鞄に入れているんですけど、放課後だからつけちゃいました」 結衣「はい。 この間、ヒッキーに貰ったんです」 結衣「あっ、いろはちゃんに聞いたんですか? 酷いですよね。 私へのプレゼントをいろはちゃんと買いに行くなんて」 結衣「……違いますよ。 いろはちゃんがですよ。 58 ID:d8NKQnPL0 陽乃「へー、比企谷くんに彼女ができたんだ! 相手は誰なの? 雪乃ちゃん? 雪乃ちゃんでしょ!?」 陽乃「なんだ。 誰かわかってないんだ。 つまんないなー。 64 ID:d8NKQnPL0 陽乃「そういえば、この間、比企谷くんがマリンピアにいてさ」 陽乃「そうそう。 一カ月くらい前だよ。 48 ID:d8NKQnPL0 折本「誰? ……ああ、総武高の先生か」 折本「比企谷の彼女? あー、この間見かけたけど、知らない人だったから」 折本「先週の日曜日かな? マリンピアでいちゃいちゃしてたよ」 折本「最初にネックレスをプレゼントしてさ、女の子が感動して泣いてるんだけど、なんか文句言ってるんだよね。 その反応された時の比企谷の顔はウケたなー」 折本「でさ、狼狽えている比企谷に彼女が呆れはじめちゃってさ。 お、修羅場かなって思ったんだけど、彼女から強引にキスしたの。 そしたら比企谷、今度はびっくりした顔してんの! マジウケたよ ー」 折本「あ、一カ月くらい前にも見たな。 63 ID:d8NKQnPL0 雪乃「……すみません。 90 ID:d8NKQnPL0 雪乃「協力なんて……」 雪乃「……では、お言葉に甘えさせていただきます」 雪乃「今後、彼と半径10m以内まで近付かないでください。 もし近付いたら、あなたを社会的に抹殺します」 雪乃「当然でしょう。 彼は私の所有物なんですから。 あと、あの女を排除してください。 いいえ。 28 ID:d8NKQnPL0 以上です。 ありがとうございました。 07 ID:iBUy0lCeo しれっと流されてるけど由比ヶ浜が一番異能発揮してるよね… 乙です 最近の投稿• カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の

【俺ガイル】比企谷八幡の面白い・かっこいい名言・ツッコミまとめ!恋愛や最終回・結末では誰と付き合う?(3期のネタバレ注意)

俺ガイル 誰と付き合う

【俺ガイル】八幡は三角関係 八幡に想いを寄せているのは二大ヒロイン「雪ノ下雪乃」と「由比ヶ浜結衣」です。 三人は「奉仕部」という部活で生徒たちの小さな相談を受けそれを三人で解決する活動をしていきます。 その活動をすることで顧問の独断と偏見により勝敗を決めます。 その勝者が他の二人に対してなんでもお願いができるという内容です。 その活動をしていくうちに三人の距離が縮まっていき、それぞれが恋をしていることに気が付きます。 基本的にボッチ生活をしてきた主人公「八幡」。 きつい性格で人を遠ざけてきた「雪乃」。 グループに混ざってはいるが言いたいことが言えないでいた「由比ヶ浜」。 三人には心から一緒にいられる「友達」が始めてできたのです。 【俺ガイル】八幡は雪ノ下雪乃を選んだ 由比ヶ浜の猛烈なアピールがありながらも最終的には八幡は雪乃を選びました。 由比ヶ浜と雪乃のどちらが好きかという点においてはあまり変わらないのではないかと思います。 三人でいられる未来を考えると雪乃と付き合って由比ヶ浜に近くにいてもらうという図が一番考えられます。 つまり、八幡は一番欲張った選択をしたのかもしれません。 ですが三人の願いを叶えることができる選択としてはそれがベストであると判断したのではないでしょうか。 付き合うとして「由比ヶ浜結衣」さんを選んだ最大の理由は、「他人の行動に対して常に気にかけるところ」があるからです。 これは、1期後半くらいから顕著にみられており、他の雪ノ下さんや一色いろはさんとかよりも「感情的に複雑な思いを比企谷にあてている」ところが最高です。 ほかの皆さんは共感してくださるかわかりませんが、2期になってから急にドロッとした話になって重いなぁって思います。 あと、加えるとすれば、声がかわいいことと、顔がタイプだということです。 3期がもう少ししたら始まるということなので最終章として展開が楽しみです。 因みに、戸塚彩加くんと比企谷との絡みは3期でも続けてほしいです。 匿名 何というか、しっぽりとしているから。 由比ヶ浜派の方々の意見で多かったのは、やはり「明るい性格が好き」という意見でしたね! 楽しそうな雰囲気や、気を使ってくれるところが魅力的ですね、由比ヶ浜は。 【俺ガイル】私は雪乃と付き合う派! 個人的な意見としては雪ノ下雪乃派です。 ツンデレほど人の魅力が感じられることはないと思っています。 人をけなせるということはそれだけ知識があり、自分の考えを主張でき、物事を見比べる基準を持っているということだと思います。 その反面、人に褒められたり慣れていない恋愛のことなどで困ったときの恥ずかしそうな表情を垣間見た時にはテンションが上がります。 その点雪ノ下雪乃は完璧な理想像です。 問題があるとすれば御家柄です。 雪ノ下家は親戚の挨拶周りというイベントがあります。 貴族のような習わしをこなせるようにならないといけません。 それは雪乃に協力してもらって慣れていくしかないですね。 陽乃と親族になるという障害もありました。 この人の口癖といえば「つまんないな」と心の底から言ってくることです。 これを毎回解消しなければならないメンタルを鍛えなければなりませんね。 【俺ガイル】雪乃も由比ヶ浜も選ばない派の意見もありました! 「俺ガイル」では、基本的に雪乃か由比ヶ浜かの選択となることが多いですが、2人を選ばない興味深い意見も頂きました! 面白かったので、こちらに載せさせて頂きます。 匿名 いろはす1択です。 とにかくあざとい。 あざとすぎて一般男子なら即オチすること間違いなし。 仮に自分に対してではなく、葉山に向けられた可愛らしさや、あざとさであっても仕草一つ一つが可愛らしいので不覚にも誤解してしまう。 また本音を語らずに可愛らしくはぐらかしたり、思わせぶりな話し方をしたりするので、自分のことが好きなのかとワクワクしてしまう。 特に10. 5巻で一色と昼飯をかけて卓球をし、自分が勝利したのにもかかわらず、一色がずるい発言をして昼飯のおごりを回避したことをいさめた後の行動は、男性の理性を飛ばすこと間違いなしだろう。 「こんなことするの、先輩にだけですよ。 」と耳元で囁くなんて行為は大事件になるのではないか。 笑 おそらく小悪魔という属性で一色の右に出る者はいないであろう。 まとめ 1人の雪乃派としては、八幡が雪乃と結ばれて大変喜ばしいことです。 ですが、由比ヶ浜エンド、いろはエンド、先生エンドなどのスピンオフ作品として別のエンド作品も描いていただけるとさらにうれしく思います。

次の

【俺ガイル】2期から3期までのあらすじ・伏線とその考察をまとめてみた!

俺ガイル 誰と付き合う

下記クリックで好きな項目へ移動• 俺ガイル12巻のネタバレ! 12巻は11巻の終わりのシーンから続いていて、 由比ヶ浜の心情の描写から始まります。 「悲しいだけの本物なんてほしくない」と思う由比ヶ浜。 水族館で3人はこの一年を振り返ります。 本質から遠回りするように、 しかし比企谷が言葉を振り絞り雪の下に「お前の話聞いていいか?」 と雪の下に問い、 雪の下はざっくりですが、 母と姉と自分の関係について二人に打ち明け、 姉は家業を継ぐため厳しく育てられ、 自分は自由だったことから、 自分はどう振舞えばいいのかわからなくっていたことを二人に打ち明けます。 しかしそれもやめてこれからは自分の意志で決めることにして、 その様を二人には最後まで見届けてほしいと依頼をします。 そしてその後3人は水族館から近い雪の下の住んでいるタワワンに行き、 雪の下陽乃に会います。 陽乃は雪ノ下の考えを聞き、 そしてこれからは実家で生活することも伝えます。 由比ヶ浜は引越しの手伝い、 比企谷はそのタイミングで家に帰宅しますが、 帰る途中にいつものように陽乃にちょっかいを出されます。 そして陽乃は比企谷に対しいつものように雪の下に対して意味深な発言をし、 比企谷は一杭刺された状態で家に帰ることになります。 スポンサーリンク ここの最後にも由比ヶ浜の心情の描写があり、 雪ノ下に比企谷のことについて聞きたくても、 聞いてしまったら全部が終わってしまう。 でも自分の気持ちを言っても今の3人の関係が終わってしまうという切なさが書かれていました。 その後は小町の受験についての話に入り、 川崎の弟も小町と同じ総武高を受験していることから、 小町の試験が終わるを待っている比企谷とばったり会い、 カフェで一緒に待つことになり、 川崎ファミリーファンの方にはいい描写が多かったです。 この話では小町が刻々と兄離れして自立していくところも見られ、 それを喜ばなくてはいけないのに涙する比企谷がまた面白いです。 受験も終わり後は結果発表を待つだけというところで、 また奉仕部に依頼が来ます。 一色いろはからです。 卒業生の謝恩会でプロムという、 男子はタキシード、女性はドレスといったような格好で、 ダンスをする舞踏会を今年からしてみたいので協力を求められます。 いつもなら3人で協力するのですが、 雪ノ下は自分の力だけでしてみたいと2人に言い、 2人は雪ノ下を信頼し、 雪ノ下に任せます。 謝恩会でのプロムの企画は順調に進み、 あとは当日会場設営など完成していればよいほど、 企画は進行していました。 しかし雪ノ下の母が突然陽乃を連れて学校に訪れます。 ようやくプロムの企画は大詰めというところで、 雪ノ下の母からプロムの中止を要求されます。 それもプロムの企画自体をあまりよく思わなかった保護者が雪ノ下の母に、 学校に言ってもらえないかと頼み、 立場上学校に来なくてはいけなくなったのです。 当然、雪ノ下や、一色は、 これに食い下がり、 何とかプロム中止を阻止しようと雪ノ下母と口論しますが、 一色が雪ノ下母にクリティカルな言い分を言っても無駄で、 比企谷がバトンタッチされます。 しかし比企谷はこのまま口論続けたらむしろ状況は悪くなることを察し、 学校の意志を聞きます。 (ここでは平塚先生に) 平塚先生はいきなり中止というのは反対という意思を告げ、 保護者にご理解していただくためにも継続協議をすべきと言い、 この場でプロムが中止になることは避けられました。 時間稼ぎに成功し、 その間に雪ノ下が解決すると言います。 しかし事態が事態なので比企谷も手伝おうとします。 これに陽乃がつっかかてきます。 「まだお兄ちゃんするの?」 と、 そして比企谷、由比ヶ浜、雪ノ下3人の関係はまるで、 陽乃がここまでい言ったところで雪ノ下に遮られ、 3人の関係について陽乃は言い損ね、 雪ノ下は2人に助けを求めずに、 一色とプロム中止の対策を考えることにしました。 比企谷はこの日の帰宅時にまた陽乃に捕まってしまいます。 そして帰り道の道中に、 陽乃が3人の関係についての問題を比企谷に出し、 比企谷ははぐらしながら何度か答え、 中には「三角関係?」という答えもあり、 陽乃はこの三角関係発言で爆笑して、 答えを比企谷に教えます。 三人の関係は 共依存であると、 そして立て続けに、 「信頼なんかじゃない」 「あの子に頼られるのは気持ちがいいでしょ?」 そして雪ノ下が自立しようと努力している今、 もうその共依存も終わり、雪ノ下は大人になると比企谷に言います。 そして帰り道の陽乃と別れ際に比企谷は陽乃に、 雪ノ下は何を諦めて大人になるのか? と聞き、陽乃はこう答えます。 「私と同じくらい、たくさんの何かだよ」 後日、 比企谷はいつも通り学校に登校すると、 由比ヶ浜からプロムが中止になってしまったことを聞き、 平塚先生に即電話します。 何とか中止を取り下げてもらおうとしても、 平塚先生も比企谷と由比ヶ浜が雪ノ下に任せた時、 その場に居合わせていたので、 「手伝うのか?」 と少し威圧的になってしまいます。 それも雪ノ下がなるべく自分だけの力で解決したいからという意思を汲んでのことでしょう。 そしてプロムが中止になったことを比企谷に伝えないでほしいと言われたことも、 比企谷に伝え、 それでもお前が手伝う 理由があるのか? と平塚先生は比企谷に問います。 比企谷は部活の仲間だからとかそういった理由を言いますが、 平塚先生は反応しません。 そして、比企谷は、 「 いつか、助けるって約束したから」 と雪ノ下を助ける理由を言います。 これには平塚先生も納得して、 比企谷は雪ノ下を助けるために平塚先生のところに行きます。 由比ヶ浜は比企谷が行くなら「なんとかなっちゃいそう」と、 雪ノ下を手伝うとことに対して肯定してくれると同時に、 涙を流します。 そして安心したら涙が出たと嘘をつき、 比企谷を平塚先生のところに向かわせ、 その場では涙がやんでやり過ごします。 比企谷が向かうの確認すると自分は泣いている姿を見られないようにすぐに隠れて、 ここで12巻は終わります。 最後に由比ヶ浜の心情が描写され、 ここもかなり切ない内容でした。 比企谷が好きで、行ってほしくない気持ちと、 雪ノ下を助けてほしいという気持ち、 今回の巻を見ると由比ヶ浜を応援したくなりますね。 スポンサーリンク 12巻の感想 まず由比ヶ浜についてですが、 今回の巻ではところどころ彼女の心情が描写されていて、 彼女の比企谷が好きだけど、 その気持ちを伝えてしまったら今3人の関係ではいられなくなる。 だから本物いらないと、 雪ノ下に比企谷のことをどう思うか聞いてしまったら、 自分の気持ちを雪ノ下に言ってしまったら、 比企谷と付き合うことが出来るかもしれないけど、 それはずるいことだ。 と悩み続ける彼女、 最後に比企谷がヒーローのように雪ノ下を助けに行く姿を見て、 止めたいけど、 止められず、 涙を流してしまい。 後で涙が止まらなけらばいいと思った。 そんなずるいことを考える自分に対しての葛藤など、 を見ているとかなり切なくなりましたね。 比企谷は今回の巻では、 小町の受験を通して、 小町が兄離れすることを実感します。 あたりまですが、 妹の小町もいつかは大人になります。 その話の後に雪ノ下の自立の話を持ってくることも深い意味を感じましたね。 比企谷は由比ヶ浜の気持ちには気づいていると思います。 しかし比企谷の自意識が由比ヶ浜が好きなのは助けられたからであって、 もし彼女の気持ちにこたえたら、 ヒーローではなくなってしまう。 困っているの人を助けるのがヒーローであって、 由比ヶ浜だったから助けたのではないと、 だから由比ヶ浜はヒーローじゃなくていいからそばにいてほしいと思ったのではないのかと、 個人的に思いました。 平塚先生が離任することを聞き、 電話でそれについて言及して、 平塚先生が比企谷に謝るシーンも切なかったですね。 最後の「いつか助けるって約束したから」 はめちゃくちゃかっこよかったのと同時に、 由比ヶ浜の気持ちを思うとやはり切なくなりますね。 スポンサーリンク 雪ノ下に関しては、 姉と母に認められるように頑張ってほしいですね。 ただ姉と母が強敵というか、 癖が強すぎて、 これからさらに苦労すると思いました。 しかし比企谷がまた解決してくれるでしょう。 最終章ということもあり、 だんだん終わりが見えてくる内容のものでした。 平塚先生が離任することで奉仕部も続くかわかりません。 今回の卒業式編が終わったら、 3年生の描写は少なく、 すぐに比企谷たちが卒業するところまで行くと思います。 誰エンドで終わるのかかなり盛り上がっていましたが、 比企谷は誰も選ばないかもしれませんね。 しかし今回のプロムのイラストや、 由比ヶ浜の感じから、 誰か選ぶなら由比ヶ浜エンドで終わるのではないかと個人的に思いました。 皆さんは誰エンドで終わると思いましたか? それとも誰も選ばないで終わると思いますか? それでは最後までご覧いただきありがとうございました。 病院から アニメ1期が終わりもう1年以上経ち、 2期が待望されるリゼロですが、 今ラノベの方でかな 6つの学園に所属する少年少女たちが、 優勝すると好きな望みを叶えてもらえるというバトルエンター 11巻の発売日から2年以上が経ち、 ようやく最新刊12巻が発売されました。 2年も経ちま Reゼロから始める異世界生活は去年の2016年の春から2クールで放送され、 アニメ終了後リゼロ 6つの学園に所属する少年少女たちが、 優勝すると好きな望みを叶えてもらえるというバトルエンター トラックに轢かれたと思いショックで亡くなってしまったカズマが、 異世界に女神アクアを連れて転生 詳しい事は後々必ず書きますけど 僕由比ヶ浜エンドだと思います。 正確に言えば由比ヶ浜エンドか誰とも付き合わないエンドのどちらか。 まぁ八幡が恋愛感情を抱いているのは由比ヶ浜に対してだと12巻で個人的には確信できました。 管理人さんにお願いがあります。 各まとめサイト、やこちらのブログさんのような個人ブログに対して 異常な結衣アンチが沸いています。 他のまとめサイトや個人ブログでもその結衣アンチの荒らしが沸きました。 こちらの、ブログにももしかしたら沸くかもしれません。 もし、結衣アンチの荒らしが沸きましたら、 そのコメントの削除と荒らしが書き込めないように規制をしてほしいのであります。 よろしくお願いします。 荒らしの文に関しては一目でわかると思いますが、 もしこのブログにもその荒らしが来ましたら、 荒らしの書いた文に関してはこちらの方から指摘しますので。

次の