自分 不器用 ですから。 自分、不器用ですから 9月16日の近況報告

不器用ですから、自分。

自分 不器用 ですから

要するに不器用に拍車がかかっているわけだ。 編集部A(以下、A) ぴえいるさん、そんなんじゃきっとプラモデルとか作れないですよねwww ぶ、不器用な私でも、年下に目の前でクスクス笑われると、それも「(笑)」が当たり前の昭和な私に「www」なんて笑い声を浴びせられると、私の中にいる小っちゃな私が「中高年の星になれ!」と応援してくるのである。 それに、プラモデルの精度がかなり上がっていて、接着剤をはじめ工具類も大幅に進歩している、それもあって今は「中高年にプラモデルがちょっとしたブーム」なんですよと取材で聞いたばかりだったこともあり、挑戦してみることにしたのである。 というわけで、今回はトレッサ横浜のタミヤプラモデルファクトリーにあるプラモデル制作室「アトリエ」で、プラモデル作りのプロ、長谷川マスターに教わりながら、不器用な私が40年ぶりのプラモデル作りに挑戦してみた。 そこで、初心者も安心して挑戦できるキットとして長谷川マスターがオススメしてくれたのが「ポルシェ934ターボ RSRヴァイラント」なのだ。 ぴえいる(以下、ぴ) では、早速ボディの塗装を缶スプレーで…… マスター いえ、まずは下地処理です。 こうやってサーフェイサーを吹きつけると塗料の食いつきが良くなります ぴ 何だか、本物の車と同じような工程ですね マスター その際、この専用台を使うといいですよ。 これは約10年前(2003年)から発売されているものです。 こうやってボディを載せるとサーフェイサーや塗装の缶スプレーを使いやすいですよ。 プラモデルは塗装が一番大事。 小学生の頃の私なら、先に凹に接着剤を流し込んでから、凸をはめて、結果接着剤がはみ出る、なんてことになったものだが……。 便利になったものだ。 ぴ おー! こ、この接着剤は! マスター ちょっと垂らすと、毛細管現象でスッと接続部の隙間に染み渡るんです ぴ 私の子供の頃はありませんでしたよ、こんな便利なシロモノ マスター あと、もししくじったとしても、一部分のパーツだけ買い直すことができますから。 逆に途中でやめたら、次もまた同じ失敗をします。 とにかく最後まで完成させることが大切。 そして失敗を、次のプラモデル作りに生かすようにするといいです さて、その後乾いたボディにデカールを貼ったり、窓枠部分にマスキングをして筆で塗装したりしたのだが、ボディが乾ききらないとデカールは貼れない等々、本気でプラモデルを作り込もうと思うと膨大な時間がかかるのだ。 その貼ったデカールに右のマークフィットを塗ると、デカールを柔らかくしてくれて、凹凸や曲面にも上手くなじませることができる。 これも昔はなかったよね!? 記事の都合上、無理をいって2日間/計10時間という突貫での制作となってしまった私の奮闘ぶりは残念ながら割愛させていただく。 A で、これがぴえいるさんの作品というわけですね。 キレイじゃないですか ぴ そうだろう? A いや~、さすがですね! 長谷川マスターは! ぴ え? な、何を根拠に…… A いちおう編集部員ですからね、細かい点を伺おうと長谷川さんに電話したんですよね~ ぴ すみません刑事さん、私がやりました……じゃなくって長谷川さんにやっていただきました A ロールゲージの部分でしたっけぇ? ぴえいるさんがやったのわぁ ぴ あと、アクセルとブレーキとクラッチペダルを、少々…… A 全然やってないし、見えない部分ばっかりじゃないですか! そんなわけで、制作費で落とすはずのプラモデル代は自腹となりましたとさ。

次の

自分、不器用ですから。プラモデルなんて40年ぶりですから…:旬ネタ|日刊カーセンサー

自分 不器用 ですから

自分でも分からないけど、意に反してそうなってしまう…。 そんな独特の行動や思考パターンに悩んでいる人もいるかもしれません。 ここでは、そんな不器用な人に共通する特徴や悩みを紹介します。 人に頼まれると 断れずに引き受けてしまう… 不器用な人って、頼まれると断れない傾向が。 自分にはできない、やりたくない、と分かっていても相手のことを想うがゆえにはっきりとした意思表示ができないこともあるようです。 深く考えすぎて、前に進まない その優しい性格にも表れている通り、慎重になりすぎて思い切った行動に出ることができず、決定すべきタイミングを逃してしまったり。 頭の片隅で「そこまで考える必要はないのかな」と思っていても、心の奥から湧き上がってくる不安にかられてしまうことも。 言葉で表現することが苦手かも… 不器用な人って、自分の気持ちや状況などをあるがままに分かりやすく相手に伝えることに難を感じていることだってあります。 色々な言葉を選んで考えているうちに、自分でもよく分からなくなってしまい、相手の顔色をうかがって心に無意識に蓋をしてしまうことが。 臨機応変な対応が難しい… めまぐるしく変化する状況や環境に適応することが苦手な人も多いようです。 相手の雰囲気やその場の空気を読みすぎて、臨機応変に対応できないことが。 一度決めるとその方針を貫けるのが強みですが、ちょっとした微調整ができずに途中で立ち止まらざるを得ない結果にも。 自分が出した結論に納得がいかなかったり 不器用な人は、一度出した結論に関して「本当にそれでよかったのか」と思いをめぐらしては頭の中でぐるぐると考えてしまう傾向が。 どのような結論も完全に満足できるものはなく、「隣の芝が青い」とも思えてくるので、自分自身でも不思議に感じてしまうようです。 仮に、これまでに考えていたものとは違う結論に至ったとしても、いつも同じ思考を重ねては心の中に不満や不安が渦巻いてしまう…そんなタイプとも言えるのかも。 作業効率が上がらず 悩んでしまうことも 手先を使う作業でも、スムーズにできる方法を自分のものとして会得できるまでに時間をかけすぎてしまう癖が。 そのため物事が迅速に進まないこともあるようです。 気を遣いすぎて萎縮してしまう? 不器用な人は、周囲に迷惑をかけまいとして慎重すぎるほどに気を遣ってしまうことも。 「また自分にはできないかもしれない」「いつも人より時間がかかるから」と思い、そうならないようにと思えば思うほど萎縮して思うように行動できなくなってしまったりもするようです。 優柔不断な傾向も否めない… 小さいことでも瞬時に決断するって難しい…。 そんなふうに思ったことは? たとえば、レストランでメニューを選ぶ時に隅から隅まで検討しなければ気が済まないこともあるものです。 もっと気楽に要領よく生きていけたらいいのにな、と悩むこともしばしばありますが、不器用なりに良い点を生かして人生を楽しめるように心持ちを変えていけたらステキですよね。

次の

自分でできる簡単ヘアアレンジ|不器用さんも問題なし!くるりんぱやポニーテールなど超簡単アレンジ集

自分 不器用 ですから

自分、不器用ですから 本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 ある時はコンサル目線にて企業経営について。 またある時は、あなたがあなたの人生の経営をしているということに気付いていただくための人生経営について。 そして、時々与太話。 何とも迷走している当ブログ。 このようなネットの僻地にお越しくださいましてありがとうございます。 そして本日は~。 明日は日曜日。 ということで、息抜きの近況報告の日となります。 経営学やらノウハウやらとは一切関係なく、私が近況に有ったことや思ったことを述べるだけです。 なので、他の記事よりも私の人となりやオフの顔が出ることでしょう。 まぁ、聞いてやるか。 と、心の広い方はこの先をお読み進めくださいね。 ちなみに当ブログは毎夜21時には更新完了致します。 私にもそのように思っていた時期がありました。 いや、不可能ですけどね。 私はどちらかと言えば、口が回る方ですし。 手先以外はそこそこ器用と分類されるでしょうし。 あぁ、いきなりタイトル詐欺を暴露してしまいましたが、まぁいいか。 不可能と思えばこそ、そうはなれないと思うからこそ、憧れ尊敬する。 このような想いであるのでしょうね。 よって、だから、言ってみたかったのですよ。 自分、不器用ですから。 自分、不器用ですから。 自分、不器用ですから。 ヨシ!、ひとまず満足しました。 お付き合いをいただきありがとうございます。 最近の近況報告 最近の週末の近況報告は、ブログのことであったり目標のことであったりが多かったですね。 これらに私の個人的情報が入っていなかったとは思いません。 こんなことを考えているのですよーという、その一端はお伝えできていたと思います。 しかし、それらはあくまでも話すべき情報があっての連絡事項のようなものです。 よって、今回はそのような情報を含むこと無く。 全く無計画にただ徒然と文字を打ち込みましょう。 ひどい駄文となること請け合いでしょうが、いつもの記事よりは私という人物が浮き出てくることでしょう。 私に興味を持ってくださる方がいるなどと、おこがましい考えを持っているわけではありません。 ただ、いつも偉そうな文章を垂れ流しているやつはドイツだ!と気になる方はお読み進め下さいませ。 また未熟に話しておるな、愛い奴よ。 このように思うて頂けましたら光栄にござる。 私という人間 そうそう、不器用と言えば。 あぁ、その前にこの記事を書いている本日は日曜日です。 日曜日といえば、私が1週間の記事をまとめ書きする日ですね。 その上で、不器用です。 そう、自分、不器用なのです。 何が不器用かといいますと。 私は記事を書く時間を、できるだけ短縮したかったのです。 そして、その短縮化には概ね成功いたしました。 昔は1日に2~3記事がようやくといったところでしたが、現在では1日に7記事ほどを書くことができます。 しかし、満足をしては人の成長は止まります。 よって、今度はより時間を有効活用するために。 何かをしながら記事を書くことに挑戦している次第です。 例えば、講演の音源を聞きながら記事を書くといったことですね。 挫折にまみれた人生です しかしまぁ、これができない。 どうにもできない。 経営の記事を書いているのに、音源が経済を語ればその記事は経済記事となり。 音源が政治を語れば、その記事も政治色の強いものとなる。 これに成功したのならば画期的な時間効率化が見込めるためにあきらめたくないのですよね。 もう少し、努力してみたいと思います。 自分、思ったより器用でもないのかもしれません。 ちなみに、音を聞きながら書いた記事は5つほど有るのですが、もうひどいものです。 私は書いたものをボツにしない主義でして、その5つもいつか分散してしれっと投稿したいと思います。 (実はもう混ぜ込んで投稿していたりします^^) なぜ、ボツにしない主義かといいますと。 そのボツも含めて自らであると思うのですよ。 そりゃ、私もいい格好をしたいので、傑作ばかりを投稿できたらどれほど良いことかと思います。 ですが、未熟は未熟なりに世に出す。 そしてしっかりと叩かれて成長の糧としたい。 つまりは、とても貪欲と言うことですね。 挫折という泥の中でこそ花咲かそう また、ボツにできないというプレッシャーを必要としているフシもあります。 一期一会の一発勝負。 記事に限らず、人生とはそのようなものです。 その一発が自らの全てであり、評価であるということです。 その本番という練習を、1日1記事。 週に7回の経験ができるのです。 自分にとってこれほどオイシイ状況はありません。 死屍累々と積み重なった失敗と、日々の核実験の結果が私の文章や仕事、ひいては生き方の経験値となっていきます。 未だこの程度の文章力ではありますが、いずれ、徐々に、緩やかな拡大としたいものです。 ともあれ、私の近況報告としては大真面目に、手と目と耳と脳。 これらを使い分けることができないものかと試行錯誤しています。 こんなふざけたやつが書いた記事を読んで頂けるのですからとても有難いことです。 まだまだ、この世も捨てたものじゃないですね。 さいごに さて、私は自らの脳力開発に戻ります。 内容の劣化を伴うことのない、ながら記事の作成ができるようになると良いのですが、これは難しそうです。 男女間では脳梁の太さが違う。 よって、男にはそもそも同時並列作業は不向きであり、不利である。 という理論展開により言い訳武装をしようと考えていたのですが、最近になり男女の脳に性差はないという研究結果も出ています。 言い訳武装も無様に解除され、とうとう後もない背水の陣。 何とかせにゃアカンけれども、言い訳を考えた時点で覚悟も知れる。 最後までお読みくださいましてありがとうございます。 次回はきっと、もっと面白い話ができることでしょう。 あなたは人生を経営しています。 そのために必要な経営学がここにはあります。

次の