皇室 ブログ シャンプー。 皇室顔、香淳皇后の血の濃さ

続・眞子様(13)小室圭氏の暴走は、眞子さまの縁談潰し

皇室 ブログ シャンプー

GHQによる解体後の皇室は綺麗な嫁さんをもらっても産まれる親王、内親王が不細工が多いとつくづく思う時がある。 わたしの親戚筋、隣近所の三世代同居している隣近所、友人やら知り合いやら周りを見渡すと皇族方ほどの不細工が多い家族は少ないようだ。 わたしが住んでいる所は、日本三大美人といわれる「秋田美人、京美人、博多美人」ではないし日本三大ブスといわれる「仙台・水戸・名古屋」でもない、普通のところだが、昭和、平成、令和の親王、内親王と比べるとまだまだ良い方だ。 昔に比べると今の若い人達は小顔で足は長くスタイルも良くなり、イケメン俳優や女優ほどイケメン、美女ではないにしてもそれなりのイケメンもいる、女性方も可愛らしい美形が増えたと思うのだが、皇室は上皇后美智子さま、皇后雅子さま、紀子さまのお三方は特に美人で、信子さま、久子さまの若い時は普通より少し美人であった。 ところがだ、今現在美人と言えるのは佳子内親王だけ。 次が承子女王だが色白であればもっと美人だったろう。 高円宮三姉妹は両親に似て色白ではないところが残念であった。 降嫁した絢子さんはぽっちゃりして普通に可愛かった。 天皇家と秋篠宮家 二重の整形手術をしたら美人になるのは、愛子内親王と眞子内親王。 二人は色白であるから二重瞼のぱっちりした目だともっと美人になる。 更に愛子内親王は八重歯を抜く、歯科矯正をすると見違えるでしょうな。 悠仁親王はまだ13才ということもあり今後顔立ちが変わる可能性が大きい。 15才の顔と20才の顔はかなり変わるので未知数である。 男性の場合一重瞼の切れ長の目でもイケメンになる可能性が大いにあり寧ろ二重の大きい目では「濃い顔」でイケメンにならないこともあるのだ。 実際、俳優でも一重の切れ長の目のイケメンは結構いるのである。 その代わり高身長でなければならない。 低身長の一重瞼で切れ長の目では今上陛下と同じになり悲惨である。 天皇家と秋篠宮家の一重瞼の切れ長の目は香淳皇后からの遺伝で曾孫の代まで続いている。 香淳皇后の若い時の写真を見ると平安美人だが現代では通じない、なにしろ目が細すぎて切れ長なのだ。 どんなに皇后雅子さまの目がぱっちりしても愛子内親王は香淳皇后に似た天皇陛下の目をしている。 一重瞼で切れ長の目をした顔が続き皇室顔とはあの手の顔が代表のようになっている。 香淳皇后の曾孫四人の中で愛子内親王、眞子内親王、悠仁親王が香淳皇后の血を引いた皇室顔だ。 佳子内親王だけは一重瞼のようでもあるが切れ長の目から外れ丸い目をした紀子さまに似た美人である。 昭和天皇はイケメンの部類でスタイルもよい。 若い時の香淳皇后もそれなりに可愛く見えるが年齢と共にオカメ顔になっていく。 しかし品の良さでは上皇后美智子さまも香淳皇后には敵わないようである。 降嫁された鷹司 和子さん・香淳皇后・池田厚子さん・島津貴子さん。 三十五歳の若さで亡くなられた長女の東久邇成子さんの若い時の写真を見ると、佳子内親王に似た美人で生きていたらこの姉妹の中でも一番美人だったろう。 東久邇成子さんと東久邇盛厚さんと二人のお子様が写っている。 盛厚さんは身長も高く成子さんと釣り合いの取れた方でお二人の間には三男二女の五人のお子様を儲けられました。 東久邇成子さんと東久邇盛厚さんの三人の男子が男系男子で、成子さまにとって男子の孫が男系男子になります。 今回あれこれ写真を探すのに苦労しました。 皇室ブログウォッチングをしていた時には経験しなかったことを経験し、皇室のブログを書くとは大変だと思わされましたが、古い写真を沢山見られ面白かった。 天皇家の男子と三笠宮家のも載せる予定だったが写真探しに手間取ったので次回にします。 写真はgetty imagesから拝借しました。 では乱筆乱文にて失礼。

次の

皇室ブログ・でれでれ草

皇室 ブログ シャンプー

小室圭氏の暴走は、眞子さまの縁談潰し、自分が婚約者だというマーキング? 拙ブログへお越しいただきありがとうございます。 1995792 はあい日本人のみんな。 ボロを襤褸と表記するって、変換に頼り過ぎ てて日本人ならやらないよね。 あいつらは、秋篠宮家が大人気だから、眞子様婚約騒動起こしるんだよ。 全くのデタラメでも、破談と 言い切ったらまるで眞子様が傷物になったようにディスるんだろうさ ナルズも偽物やってるから解るけど、今回の騒動は全てがやらせさ。 中朝とミッチーズの仕掛けた馬鹿芝居さ。 眞子様おとしめだよ。 以上 コメント欄より 昨日から怒涛の更新、ありがとうございます。 そして、先のコメント2つも取り上げて下さいまして、重ねてお礼申し上げます。 それにしても、何を見ても、解せぬ状況ですね。 真実はどこにあるんでしょう? もしも本当に眞子さまがお心を決めたのならば、全力でお慶び申し上げたいのですが。。。 法律業界の方からのコメントに深くうなづきました。 そーなのよ、まだ就学中のバイトの身でしょ? どう考えても、弁護士資格を取りきちんと就職し安定収入を得るのが先じゃないですか? そこをすっ飛ばして結婚とか、、、 私たちの見てきた秋篠宮家の皆さまの行動とは、あまりにそぐわないんですよね。 マスコミが小室氏の家族などの情報を掴んでいないはずがないと思うのに、そこは一向に出てこないし、、、 どこかに、出自など探るのはいやらしい、との書き込みもあったけど、 アンパンマンじゃあるまいし、愛と勇気だけで何とかなるほど、世の中甘くないでしょうが! 生前退位 女性宮家問題 皇嗣呼称問題 こんな渦中にご婚約? 来年は秋から佳子さまが留学予定 なのに降嫁? やっぱり解せぬ。 氏の会見の日も大安をえらばなかったという指摘もあります。 あくまで直観ですが、一度も社会で働いたことがない人のように見えます。 ・整え過ぎた眉毛、おまけに鼻も整形、、 ・あの狭い混雑している会見場で13回お辞儀した=お辞儀の練習はしたのでしょうが、実際にお辞儀したことない人なのかも ・事務所がいつあくのかを知らないで出勤しているところをみると、コネで入社したけど、遅刻欠席を繰り返し、結局短期間でいかなくなった口かな、とか勘ぐってしまいます。 バイトで働いているそうですが、きちんと勤務しているんでしょうか。 コメント欄より 小室氏に対して、 まず銀行に就職して母子家庭にも関わらず銀行を退職し、大学院に行き、法律事務所でバイトする道を選んだことに、違和感を感じました。 まず、赤メガの総合職は東大、一橋がほとんどで 慶應などは下っ端扱い。 ICUで丸の内支店勤務は異例なことではないでしょうか。 彼は、おじい様が元銀行員でそれなりの役職だったのか、なんらかのコネがあったのでしょう。 そしてコネ入行だったため、あまり執着することなく、また回りの優秀さについていけずに退職した。 あるいは、総合職ではなく一般職での入行だったのかもしれません。 銀行は離職率が高いですが、ほとんどの人間は生きる糧を得るために公務員やコンサルなどに必死に転職していきます。 海の王子になったり、アナウンススクールに通ったり、硬い仕事が続かなかったり、本来、タレントになりたい子だったのかなと思ったりしました。 コメント欄より 眞子様の身長ってどれくらいなんでしょう?小室氏は168cmとやらだそうですね。 まぁ、ニューズ画像を見ても身長の低い男性と見えますよね。 電車の写真、眞子様の姿勢が上半身がななめになっているようですけど、どうなんでしょ。 眞子様って身長が低い方でもなさそうですけどね・・・。 佳子さま眞子様も紀子さまと変わらないので、162センチ前後じゃないでしょうか。 小室氏の168センチはないと思います。 実際は高くても165センチくらいじゃないかと。 コメント欄より お疲れ様です。 精力的に更新してくださって、本当に皇室の行く末を案じるお気持ちが伝わります。 最初に抱いた小さな疑念がどんどん膨らみ、今は絶望的な気分です。 母子家庭で質素な暮らし…のはずが、インター、ICU、銀行を辞め大学院入学、実質のフリーター生活…なんだかわけがわかりませんね。 眞子さまが留学中にはわざわざ会いに行かれているそうで、収入に似つかわしくない行動に辟易します。 資金源はどちらなのでしょうか。 考えると気分が悪いです。 なんの確証もない幻想だったのかもしれませんが、眞子さまは然るべきお相手とご結婚なさり、悠仁さまを支えてくださるはず…そう思っていた自分が甘かった。 思い返せば一時期、秋篠宮殿下のお顔がたいそうお疲れの様子だった頃がありました。 眞子さまの結婚問題で、ご心労が募っていたのかもしれません。 お相手のお母さまも近所にごみ捨てにでも行くような無防備な姿で出ていらっしゃいました。 髪がぼさぼさでそこに年齢を感じます。 息子が会見を開くかもしれないその朝にマスコミ前に出て来る姿にしては、なんだか無頓着すぎますね。 今回の小室氏の顔出しの意味を考えると 眞子さまの縁談潰し、自分が婚約者だというマーキングにしか見えません。 こんな低俗な男の子でいいのでしょうか。 眞子さまには早く目を覚ましていただきたいものです。 紀子さまのご心労を思うと辛いです。 これに加えて、小学校高学年まではバイオリン、そのほか趣味やレジャー、ああいう子は服装や持ち物にもこだわるでしょう。 母子家庭でケーキ屋勤務の母の稼ぎでまかなうのは難しいのではと思いますが、、。 ・生活レベルは普通の家庭 ・学費は潤沢にある ・メガバンクに就職できるところをみると、コネを持っていそう ・父親と家系の情報がでてこない 不思議ですね。 氏が資産のある男性の庶子なら納得がいきますが。 コメント欄より えー?なにこの新聞社。 意図的なミスリードですよね? ふた昔前ならせいぜい 眞子さまにご縁談 とか お相手候補 程度ではないですか?ホンマ酷いなマスゴミめ。 とある妄想が現実化したらいいのにと思います。 どうにも気持ちが収まらなくて拙へたれブログにも呟いてしまいました。 これが、まったくの誤報なら、ただでさえ購買者が減っている新聞社の倒産への一撃になる事故です。 コメント欄より 映画、テレビ、小説での話。 誰の事かは別にして、よくある話として 母と子の母子家庭で父親が幼い頃に亡く なっている、母親は再婚したかもしれな いが、現在は独身。 母親の両親もしくは片親と同居という場 合、子供の養育に掛ける金銭的余裕があ れば、亡くなった父親の話は作り物、母 は愛人で子はその間に生まれた子。 子を認知するしないにかかわらず、子が 生まれた時にそれ相応の財産を与え、毎 月の養育費を渡している。 そういう話は、よくあります。 有名弁護士事務所の顧問先の方が父親だ ったり、事務所の偉い先生と友人だった り、良く在る小説、ドラマの筋書きだと 本当にありふれていますね。 特定の方のお話ではございません、悪し からず。 ご家庭は普通のレベル、でも学費は潤沢にある、となると、財力のある方の庶子の可能性があると思いました。 川嶋家の場合は、お父様が学習院教授、家系には市長がいて、学習院院長がいて、と家系も同時に公開されるか拡散されますが、小室氏の場合は隠しているとしか思えませんね。 一切出てきません。 ただ、「爽やかなイケメン、海の王子」だけです。 知人が、「こいつはホストか売れないタレントだろう」といってましたが、海の王子になったり、アナウンススクールに行っているところをみると、本来はタレント志望の子だったのかもしれませんね。 コメント欄より でれでれ草様、初めまして。 コメントさせていただきます。 小室氏についての周囲の反応はこの2つに分かれます。 「母子家庭で大変苦労なさったようだから、そんな苦労人なところに眞子さまは惹かれたのかもしれない」 「宮内庁が身辺を確認しているから大丈夫でしょう。 インターナショナルスクールに通うくらいだからとても裕福な家柄の方なのでしょう」 どっち?と思いました。 でも、共通しているのは彼が好青年であるというものです。 私、マスコミが異様に持ち上げているものは信用出来ないんです。 選ばれた方だから悪く言えない、とでも思っているのでしょうか。 もしも、マスコミの言う好青年な小室氏というのが嘘っぱちなら騙されたってことになりますよね。 本当にそうなら、私は眞子内親王殿下のお幸せを心よりお祈りするのみですが、今のところは正式な決定ではないんですよね。 不安に感じているのは私だけかと思ったら、そうではないのだと分かりました。 管理人には、あわよくば皇室と縁組をして、小和田家みたいに、皇室にたかる気まんまんなのではと思ってしまいました。 コメント欄より Hiromiさま 眞子さまの件… 眞子さまのお幸せと皇祖神・神々のご意向が反映した結果となりますよう、切にお祈りしております。 スレチで大変申し訳ございません。 春の園遊会で13年ぶりの和服姿のマタ子卑について 「ご自分が皇后陛下になられる日も いよいよ近づいてまいりましたから 決意をされて和服をお召しになった 云々」などとのたまう皇室ジャーナリスト!! 1才頃のミテコと家族、館林での小学校運動会、ピアスを付けて大学に通う姿、お見合い写真、生後数日〜幼児のナルズ、佐伯晋もわざわざ出演+コメント… 個人的には大変興味深く楽しく拝見いたしました。 番組は徹頭徹尾、ミテコ卑への賛美の言葉が とんでもないレベルで果てしなく散りばめられていて… 軽くめまいと吐き気がしました。 本人は注目されてヨカッタとデザイナーをねぎらう。 こんな国母なんか要らないです。 秋篠宮殿下の即位を心待ちにしております。 北朝鮮の金一族賛美に通じる気持ち悪さです。 視点をかえると、美智子(たち)は不安なんでしょうね。 いつ影武者がばれるか、いつ自分たちが敵国工作員であることがばれるか、いつ今までの横領や工作活動が問われて逮捕され吊るされるか、、、。 生涯かわらないはずの耳や、身長が違うのはナゼ?? 複数いるのはナゼ?.

次の

秩父宮妃殿下のネックレスから、思うこと。 : 風に色をつかせるとき

皇室 ブログ シャンプー

ひょっとして、皇太子妃雅子さまが受け継がれたのだとしたら、 秩父宮妃殿下のセットの第二ティアラも雅子さまのお手元に? それとも衣裳ストーカーの雅子さまだけに、 これも似たようなデザインのものを作られたのでしょうか。 そして。 秩父宮妃殿下のティアラと言えば、話題の第一ティアラ。 この秩父宮妃殿下のティアラを何故か美智子皇后が召されていらっしゃったのです。 美智子皇后が格下の宮家のティアラを召されている、その画像がこちら。 美智子皇后は、香淳皇后からティアラを二つ引き継がれています。 皇后第一ティアラ日本で初のティアラ 1885年(明治18年)納品 星飾りは着脱可能 ドイツ・ベルリンの御用金工師 レオンハード&フィーゲルにより製作 皇后第二ティアラ菊モチーフ 1917年(大正6年)製作 さて。 華子さまも久子さまも二つお持ちです。 筆頭宮家であるにもかかわらず、 紀子さまがお持ちのティアラは一つ。 秩父宮妃殿下は、同じ会津の血が流れている紀子さまを たいそう可愛がっていらっしゃっていたし、 まだご存命のうちから結核総裁も譲られています。 秩父宮妃殿下の第一ティアラは、 紀子さまが受け継がれたら、と思うのですが・・・。 それから。 今上陛下が東宮時代には、新婚当初に東宮御所を新築され、 即位されてすぐに御所も新築されてお住まいになっていらっしゃいますし、 もちろん、皇太子さんも東宮御所を新築されています。 対して、秋篠宮家のお住まいは、新婚当初から築ン十年の古くて狭い職員住宅。 これはちょっとと思われた秩父宮妃殿下は、 秩父宮邸を秋篠宮家にと遺言され、お譲りされたのでした。 佳子さまがお生まれになってからもあの狭い職員住宅だったのですから、 やっぱり、かなりおかしいと思います。 歴代皇后陛下が受け継いでいらっしゃった、 素晴らしい三連のダイヤモンドのネックレス。 こちらも、美智子皇后が付けて身に付けていらっしゃったことはない、と言われています。 今のところ、確認出来るものは一連のお写真のみで、三連のお写真はありません。 両陛下が私的経費である内廷費から支出し、 私物扱いとなっている紀宮さまのティアラの一部に使われたのではないか、 という噂まで出ているほどです。 こちらが紀宮さまのティアラ。 何よりも格と位を重んじる皇室で、 皇后陛下が格下である宮家のティアラを身に付けられる日が来るとは 思いもよらず。 皇室の伝統は平成と共に消えて行っている・・・とゾッとしたものでした。 冠婚葬祭でその家が分かると言われていますが、 まさか、それが皇室のそれも内定皇族に対して当てはまるようになるとは。。。 皇室の方々に対してこうして疑われるようになったことに、 いかに今の皇室が危ういかということを表していると思います。 さて、真偽のほどはいかに。

次の