毛 嚢炎 治ら ない。 【医師監修】脱毛すると毛嚢炎(毛包炎)のブツブツができる?予防策・ケアが大切

【医師監修】脱毛すると毛嚢炎(毛包炎)のブツブツができる?予防策・ケアが大切

毛 嚢炎 治ら ない

毛嚢炎の症状をチェック! まずは、本当に陰部にできているぶつぶつが毛嚢炎なのかチェックしていきましょう。 赤いぶつぶつができている 毛嚢炎は毛穴にウイルスが感染して炎症を起こしてしまう病気です。 これにより、赤いぶつぶつができてしまうのが特徴です。 悪化すると、ひとつひとつのぶつぶつが膿をもつようになり、膿疱(のうほう)というものができてしまいます。 さらに悪化すると、これらのぶつぶつは硬くなり、痛みが生じたり熱を持ったりすることになります。 かゆみがある 毛嚢炎になるとかゆみ・痛みを生じる場合もあります。 症状が進行していない場合は、赤くブツブツしたニキビのようなできものができるだけでかゆみを伴わないことも多いです。 ただこのようなブツブツを放っておくと次第にかゆみが出てきてしまいます。 しこりがある しこりのようなものを感じる場合は、比較的症状が悪化してしまっている段階であると考えられます。 赤いぶつぶつが硬くなってしこりのようなものができてしまうのです。 膿を持っていたりすると、ウイルスや細菌が感染してしまっているサインになりますので後述するような対処をしていきましょう。 毛嚢炎が陰部にできる原因 毛嚢炎はブドウ球菌や緑膿菌という菌が皮膚に感染してしまう皮膚病です。 これらの菌は普段も私たちの肌に存在している菌なのですが、ある条件下では、 毛嚢炎の症状を起こしてしまう原因の菌となってしまうのです。 その条件とは以下のようなものがあげられます。 毛穴が傷ついたとき• 運動をして汗をたくさんかいたとき• 生理のとき• 食生活の偏り それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。 毛穴が傷ついたとき 何らかの原因で毛穴に刺激が加わってしまったときやカミソリ負けをしてしまったときに毛穴に傷がついてしまいます。 その傷ついた部分から毛嚢炎の原因となる菌が入り込み感染してしまうのです。 運動して汗をたくさんかいたとき 汗をたくさんかくと、皮膚が湿った状態になります。 菌は湿度と温度が高い、高温多湿の環境で感染力が最も強くなります。 したがって、汗をかきやすい夏場に毛嚢炎になってしまう人が特に多いです。 生理のとき 汗をかいた場合と同様に、皮膚が湿った状態となります。 この環境下では、菌が繁殖しやすく 毛嚢炎を起こしやすくなってしまうのです。 食生活の偏り 食生活が偏っていても、毛嚢炎の原因となります。 野菜を全然食べないような食事を毎日繰り返していると 肌が荒れてしまう原因となります。 その結果、毛穴に傷がつきやすくなり、感染してしまうのです。 毛嚢炎の治し方 以上のような原因で発症してしまう毛嚢炎ですが、どうやって治療を行えばいいのでしょうか? 初期の段階では、 湿疹のような赤いブツブツができますが、かゆみや痛みはほとんどありません。 初期段階でも 軽度な膿やしこりのようなものができてしまう場合もあります。 もし顔などの目立つ場所にできていないようなら、 自宅のケアで自然治癒させることも可能です。 このケア方法については後で詳しく紹介します! しかし、重度化していくと膿やしこりのようなものが悪化していきます。 これにともなって、かゆみや痛みも出てきますので、こうなった場合は皮膚科に受診して治療しましょう。 毛嚢炎の原因となる菌を退治する抗生物質を処方してもらえるはずです。 それでは、自宅での毛嚢炎の治し方について紹介していきます! こまめにシャワーを浴びる 毛嚢炎になってしまうのは、衛生状態が悪く、高温多湿な環境があるからです。 したがって、こまめにシャワーを浴びることにより清潔を保ちつつ、高温多湿の環境をリフレッシュすることができます。 特に、夏場はこまめにシャワーを浴びることが大切です。 1日に何回も浴びることは難しいと思いますので、朝と夜の計2回は浴びたいですね!寝ている間は特に蒸れるので、朝のシャワーも大切です。 下着を交換する 下着を1日に1、2回交換するのも効果的です。 衛生面を保つことができ、 皮膚が長時間湿った状態でいるのも防ぐことができます。 また、通気性のよい下着を身に着けるようにしましょう。 これだけで、皮膚の表面の湿気が変わります! 健康的な食生活を心がける 日頃から健康的な食生活をおくることも大切です。 バランスの偏った食事ばかりしていると免疫力が低下してしまい、毛嚢炎が発生しやすくなってしまいます。 お肉中心の食生活になってしまっていないでしょうか。 肉類は脂質が多く含まれており、毛穴に脂がたまってニキビや毛嚢炎ができやすくなってしまうのです。 また、ビタミンなどを摂取していないと、 肌は荒れやすくなり、傷つきやすくなってしまいます。 特に ビタミンCの摂取が一番大切です。 ビタミンCは柑橘系の果物や緑黄色野菜に多く含まれています。 ストレスや疲れをためないようにする ストレスや疲れがたまると、体の免疫力が落ちてしまいます。 菌に対する抵抗力がついていれば、 それだけ感染しにくくなります。 ストレスをためないために、睡眠をしっかりとるなどして十分な休養をとるようにしましょう。 毛嚢炎に効く治療薬 最後に、毛嚢炎に効果的な治療薬を紹介したいと思います。 ゲンタシン軟膏 ゲンタシン軟膏は陰部にできた毛嚢炎に特に、効果的です。 刺激や副作用が比較的少ない治療薬なので、 陰部に使用しても問題ありません。 ゲンタシン軟膏については以下で詳しく説明しているので、ぜひご覧ください! 参考: リンデロンvg軟膏 リンデロンというステロイド薬も有効です。 リンデロンvg軟膏の効能や副作用については 以下で詳しくお伝えしています! 参考: まとめ 毛嚢炎ができる原因や治し方についてお伝えしました。 デリケートゾーンに発疹が出て、かゆみや痛みがでたら すぐに治したいですよね。 最初のころは自宅でケアすることで治ることもありますが、悪化してきたら病院へ行くようにしましょう。

次の

毛嚢炎が繰り返すのはなぜ?繰り返す原因と対処・予防方法を解説

毛 嚢炎 治ら ない

小さいニキビみたいなモノが大量にできてしまった!ビックリして調べたら、毛嚢炎という症状かも?どうしたら良い?という方に、このページはおススメです。 実際に毛嚢炎に悩む人は多くいますし、クセになり繰り返す方もいるので、対策をしっかり勉強しましょう。 このページでは、毛嚢炎の症状や改善方法をご紹介します。 1.毛嚢炎(もうのうえん)とは ニキビの様な赤いブツっとした炎症 毛嚢炎は、汗をかきやすい部分に多くできます。 多くは小さく赤いブツブツができた状態で、 中央に膿を持っていて一見、ニキビのようなものです。 軽度の場合はかゆみや痛みはほとんどありませんし、自然治癒をする事が多いです。 ですが、 ひどい場合だと発熱や痛みを伴うことがあります。 そのときは自然治癒を待たずにお医者さんに行くことをオススメし ます。 毛嚢炎の原因|ブドウ球菌の感染 毛嚢炎は毛包 毛穴の中 に傷がつき、ブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気です。 ブドウ球菌とは、お肌の上にいる常在菌です。 この菌がいる事は普通ですが、毛穴の中が傷ついた時に、その傷に入り込むことによって、毛嚢炎の症状を起こします。 長時間湿った状態が続くと、毛穴にブドウ球菌が入りやすくなり感染します。 汗をかきやすい時期、特に夏に症状が出やすいです。 毛穴の上に突起状を起こします。 赤いブツブツができます。 中央部分にニキビのように白い膿が見える状態になることがありま す。 軽度の場合、かゆみや痛みはありませんが重度の場合、 発熱や痛みがあります。 炎症が悪化して化膿してしまうことがあります。 2.毛嚢炎ができる原因・きっかけ 1.ムダ毛処理やヒゲ剃りによるもの 毛嚢炎が発生する原因は、 主にカミソリや毛抜きなどでムダ毛を処理した時などにできます。 カミソリを使った深剃り、 逆剃りや毛抜きなどによって毛穴内部が傷つき、 そこからブドウ球菌などが侵入することで発生します。 また レーザーや光脱毛、ワックス脱毛などを行った時も、出来る場合があります。 2.ステロイド剤の使用によるもの アトピーの方はブドウ球菌が普通肌の方よりも多い状態ですので、 ステロイド剤を使っていたりするとかかりやすい傾向にあります。 またアトピーが痒くて皮膚をかくと、その部分が傷ついてしまい、ブドウ球菌が入る原因となってしまいます。 3.ストレスによるもの ストレスで免疫が弱くなったりすると、皮膚が傷つきやすくなります。 また、 イライラして皮膚をかいてストレス発散をしてしまと、 皮膚が傷つき毛嚢炎発症の原因にもつながります。 4.食生活の原因 バランスの悪い食事や、甘いものばかり食べていたりすると、肌が荒れやすくなります。 そうすると皮膚は 炎症を起こし、痒くなります。 その際に掻いてしまうと、毛穴に傷がつき、毛嚢炎の原因となります。 また、肌を傷つけると出る浸出液や皮脂は、ブドウ球菌の餌となるので、更に気を付けなければなりません。 3.毛嚢炎の治療法 薬を服用する 毛嚢炎が、沢山できてしまった場合は、 化膿止めの薬を服用する必要があります。 2~3日継続して服用し、症状の改善を行います。 化膿止めのお薬は市販品にもありますが、自己判断が難しいでしょう。 心配な場合は、皮膚科のお医者さんに相談し、適切な処置をして貰いましょう。 4.毛嚢炎を作らないための対策法 1.カミソリよりも電気シェーバー ムダ毛処理に使う器具は、カミソリよりも電気シェーバーがオススメ です。 電気シェーバーの方が、 直接肌に触れないため肌に傷が出来にくく、 毛嚢炎になる可能性が低いです。 電気シェーバーでも、 刃が剃りづらくなると無理に押し付けたりして肌を傷つけてしまう ため刃は定期的に取り替えましょう。 2.寝具をの清潔に保つ 寝具類を不潔にしていることは、いいことではありません。 長時間湿った状態が続くと、ブドウ球菌が活動しやすくなってしまいます。 可能であれば天日干しなどを欠かさず行うことで回避することは可 能です。 また、 布団カバーなど洗濯できるものはこまめに洗うようにしましょう。 3.こまめにシャワーを浴びる 汗をかいたままにしていると、肌にもよくありませんし、 毛穴にブドウ球菌が入りやすくなり毛嚢炎が出来やすくなります。 汗をかいたら、洗顔やシャワーを浴びて清潔にし、感染を防ぎましょう。 4.シャンプーはしっかり流す 頭皮にシャンプーやリンスなどが残ってしまうと、 頭皮の毛穴が詰まってしまったり、肌荒れの原因となり、 そこから菌が繁殖してしまう可能性があります。 頭皮やおでこの毛嚢炎が気になる場合は、シャンプーをしっかりと流すように心がけましょう。 5.バランスの良い食生活 毛嚢炎の予防には体の中から改善することも重要です。 高脂肪の食事は、 皮脂がたくさん分泌されてしまう可能性があります。 そうすると、肌が荒れてしまいます。 肌荒れを起こすとお肌が痒くなったり、ブドウ球菌の餌である皮脂や浸出液を出してしまいます。 脂っこい食事は なるべく避け、 野菜中心の食生活に変えるなどの改善を心がけましょう。 6.ストレスを溜めないようにする ストレスが溜まっているとホルモンバランスが崩れてしまい、 お肌が荒れたりしてしまいます。 その結果、毛嚢炎の原因にも繋がってしまいます。 運動や入浴、 睡眠などで気持ちを和らげてストレスをなるべく溜めないようにす ることも大切です。 5.毛嚢炎を防ぐ方法 正しい洗顔 毛嚢炎を防ぐ方法としては、 まず正しい洗顔を行い肌を清潔に保つことが重要です。 ここでは、正しい洗顔方法をご紹介します。 洗顔の前に手を洗い清潔にしておく。 生え際までしっかりと洗えるように、髪の毛が長い人は、 ゴムやピンなどでまとめて洗顔の邪魔にならないようにする。 ぬるま湯で、肌の表面についている汚れを洗い落す。 石鹸や洗顔フォームをフワフワに泡立たせて、 泡で顔全体を洗う。 このとき手でゴシゴシと洗わないように気をつける。 泡が残らないように、生え際までしっかりと洗い流す。 正しいシェービング方法(カミソリの場合)• シェービングをすると肌が削れてしまうため、 ワセリンを塗り肌の保護をします。 ワセリンは肌を守りながら、 綺麗に剃る事ができるのでオススメです。 レンジで1分ほど温めた蒸しタオルは顔全体にあて、 毛を柔らかくします。 シェービングフォームかジェルを塗り処理していきます。 シェービングフォームかジェルを塗らずにシェービングすると、肌が 傷つき毛嚢炎の原因になるので注意しましょう。 シェービング後は肌が傷ついている可能性があるので、 処理後は再度ワセリンを塗り、傷ついた肌を保護します。 泡がしっかりと落としきれていないと、 汚れの原因になってしまいます。 そうすると痒くなったりして、毛嚢炎の原因にも繋がるので念入りに洗 い流しましょう。 ひっかき傷を作らないようにする。 傷ができるとそこから細菌が入り込んで毛嚢炎ができてしまうので 注意しましょう。 普段から、汗をかいたらシャワーを浴びたり、 こまめに下着を替えたり、 正しい洗顔を心がけることで毛嚢炎の予防はできます。 毛嚢炎は習慣になってしまうと治りづらいので、しっかりと予防し清潔な肌 を守りましょう。 ひどいようなら、 まず皮膚科を受診しドクターに相談することをオススメします。 2018年4月24日• 2018年4月6日• 2018年4月2日• 2018年4月2日• 2018年3月30日• 2018年3月30日• 2018年3月8日• 2018年2月24日• 2018年1月29日• 2017年12月25日• 2017年11月9日• 2017年11月8日• 2016年12月6日• 2016年7月16日• 2016年5月20日• 2015年6月17日• 2015年5月22日• 2015年4月9日• 2015年3月19日• 2015年3月6日• 2015年2月20日• 2015年1月20日• 2014年12月26日• 2014年11月21日• 2014年11月14日• 2014年11月7日• 2014年10月27日• 2014年10月24日• 2014年10月16日• 2014年10月14日• 2014年10月10日• 2014年10月6日• 2014年10月1日• 2014年9月27日• 2014年9月24日• 2014年9月19日• 2014年9月16日• 2014年9月12日• 2014年9月10日• 2014年9月8日.

次の

知らないと怖い毛嚢炎|毛嚢炎の4原因と6つの対策方法

毛 嚢炎 治ら ない

小さいニキビみたいなモノが大量にできてしまった!ビックリして調べたら、毛嚢炎という症状かも?どうしたら良い?という方に、このページはおススメです。 実際に毛嚢炎に悩む人は多くいますし、クセになり繰り返す方もいるので、対策をしっかり勉強しましょう。 このページでは、毛嚢炎の症状や改善方法をご紹介します。 1.毛嚢炎(もうのうえん)とは ニキビの様な赤いブツっとした炎症 毛嚢炎は、汗をかきやすい部分に多くできます。 多くは小さく赤いブツブツができた状態で、 中央に膿を持っていて一見、ニキビのようなものです。 軽度の場合はかゆみや痛みはほとんどありませんし、自然治癒をする事が多いです。 ですが、 ひどい場合だと発熱や痛みを伴うことがあります。 そのときは自然治癒を待たずにお医者さんに行くことをオススメし ます。 毛嚢炎の原因|ブドウ球菌の感染 毛嚢炎は毛包 毛穴の中 に傷がつき、ブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気です。 ブドウ球菌とは、お肌の上にいる常在菌です。 この菌がいる事は普通ですが、毛穴の中が傷ついた時に、その傷に入り込むことによって、毛嚢炎の症状を起こします。 長時間湿った状態が続くと、毛穴にブドウ球菌が入りやすくなり感染します。 汗をかきやすい時期、特に夏に症状が出やすいです。 毛穴の上に突起状を起こします。 赤いブツブツができます。 中央部分にニキビのように白い膿が見える状態になることがありま す。 軽度の場合、かゆみや痛みはありませんが重度の場合、 発熱や痛みがあります。 炎症が悪化して化膿してしまうことがあります。 2.毛嚢炎ができる原因・きっかけ 1.ムダ毛処理やヒゲ剃りによるもの 毛嚢炎が発生する原因は、 主にカミソリや毛抜きなどでムダ毛を処理した時などにできます。 カミソリを使った深剃り、 逆剃りや毛抜きなどによって毛穴内部が傷つき、 そこからブドウ球菌などが侵入することで発生します。 また レーザーや光脱毛、ワックス脱毛などを行った時も、出来る場合があります。 2.ステロイド剤の使用によるもの アトピーの方はブドウ球菌が普通肌の方よりも多い状態ですので、 ステロイド剤を使っていたりするとかかりやすい傾向にあります。 またアトピーが痒くて皮膚をかくと、その部分が傷ついてしまい、ブドウ球菌が入る原因となってしまいます。 3.ストレスによるもの ストレスで免疫が弱くなったりすると、皮膚が傷つきやすくなります。 また、 イライラして皮膚をかいてストレス発散をしてしまと、 皮膚が傷つき毛嚢炎発症の原因にもつながります。 4.食生活の原因 バランスの悪い食事や、甘いものばかり食べていたりすると、肌が荒れやすくなります。 そうすると皮膚は 炎症を起こし、痒くなります。 その際に掻いてしまうと、毛穴に傷がつき、毛嚢炎の原因となります。 また、肌を傷つけると出る浸出液や皮脂は、ブドウ球菌の餌となるので、更に気を付けなければなりません。 3.毛嚢炎の治療法 薬を服用する 毛嚢炎が、沢山できてしまった場合は、 化膿止めの薬を服用する必要があります。 2~3日継続して服用し、症状の改善を行います。 化膿止めのお薬は市販品にもありますが、自己判断が難しいでしょう。 心配な場合は、皮膚科のお医者さんに相談し、適切な処置をして貰いましょう。 4.毛嚢炎を作らないための対策法 1.カミソリよりも電気シェーバー ムダ毛処理に使う器具は、カミソリよりも電気シェーバーがオススメ です。 電気シェーバーの方が、 直接肌に触れないため肌に傷が出来にくく、 毛嚢炎になる可能性が低いです。 電気シェーバーでも、 刃が剃りづらくなると無理に押し付けたりして肌を傷つけてしまう ため刃は定期的に取り替えましょう。 2.寝具をの清潔に保つ 寝具類を不潔にしていることは、いいことではありません。 長時間湿った状態が続くと、ブドウ球菌が活動しやすくなってしまいます。 可能であれば天日干しなどを欠かさず行うことで回避することは可 能です。 また、 布団カバーなど洗濯できるものはこまめに洗うようにしましょう。 3.こまめにシャワーを浴びる 汗をかいたままにしていると、肌にもよくありませんし、 毛穴にブドウ球菌が入りやすくなり毛嚢炎が出来やすくなります。 汗をかいたら、洗顔やシャワーを浴びて清潔にし、感染を防ぎましょう。 4.シャンプーはしっかり流す 頭皮にシャンプーやリンスなどが残ってしまうと、 頭皮の毛穴が詰まってしまったり、肌荒れの原因となり、 そこから菌が繁殖してしまう可能性があります。 頭皮やおでこの毛嚢炎が気になる場合は、シャンプーをしっかりと流すように心がけましょう。 5.バランスの良い食生活 毛嚢炎の予防には体の中から改善することも重要です。 高脂肪の食事は、 皮脂がたくさん分泌されてしまう可能性があります。 そうすると、肌が荒れてしまいます。 肌荒れを起こすとお肌が痒くなったり、ブドウ球菌の餌である皮脂や浸出液を出してしまいます。 脂っこい食事は なるべく避け、 野菜中心の食生活に変えるなどの改善を心がけましょう。 6.ストレスを溜めないようにする ストレスが溜まっているとホルモンバランスが崩れてしまい、 お肌が荒れたりしてしまいます。 その結果、毛嚢炎の原因にも繋がってしまいます。 運動や入浴、 睡眠などで気持ちを和らげてストレスをなるべく溜めないようにす ることも大切です。 5.毛嚢炎を防ぐ方法 正しい洗顔 毛嚢炎を防ぐ方法としては、 まず正しい洗顔を行い肌を清潔に保つことが重要です。 ここでは、正しい洗顔方法をご紹介します。 洗顔の前に手を洗い清潔にしておく。 生え際までしっかりと洗えるように、髪の毛が長い人は、 ゴムやピンなどでまとめて洗顔の邪魔にならないようにする。 ぬるま湯で、肌の表面についている汚れを洗い落す。 石鹸や洗顔フォームをフワフワに泡立たせて、 泡で顔全体を洗う。 このとき手でゴシゴシと洗わないように気をつける。 泡が残らないように、生え際までしっかりと洗い流す。 正しいシェービング方法(カミソリの場合)• シェービングをすると肌が削れてしまうため、 ワセリンを塗り肌の保護をします。 ワセリンは肌を守りながら、 綺麗に剃る事ができるのでオススメです。 レンジで1分ほど温めた蒸しタオルは顔全体にあて、 毛を柔らかくします。 シェービングフォームかジェルを塗り処理していきます。 シェービングフォームかジェルを塗らずにシェービングすると、肌が 傷つき毛嚢炎の原因になるので注意しましょう。 シェービング後は肌が傷ついている可能性があるので、 処理後は再度ワセリンを塗り、傷ついた肌を保護します。 泡がしっかりと落としきれていないと、 汚れの原因になってしまいます。 そうすると痒くなったりして、毛嚢炎の原因にも繋がるので念入りに洗 い流しましょう。 ひっかき傷を作らないようにする。 傷ができるとそこから細菌が入り込んで毛嚢炎ができてしまうので 注意しましょう。 普段から、汗をかいたらシャワーを浴びたり、 こまめに下着を替えたり、 正しい洗顔を心がけることで毛嚢炎の予防はできます。 毛嚢炎は習慣になってしまうと治りづらいので、しっかりと予防し清潔な肌 を守りましょう。 ひどいようなら、 まず皮膚科を受診しドクターに相談することをオススメします。 2018年4月24日• 2018年4月6日• 2018年4月2日• 2018年4月2日• 2018年3月30日• 2018年3月30日• 2018年3月8日• 2018年2月24日• 2018年1月29日• 2017年12月25日• 2017年11月9日• 2017年11月8日• 2016年12月6日• 2016年7月16日• 2016年5月20日• 2015年6月17日• 2015年5月22日• 2015年4月9日• 2015年3月19日• 2015年3月6日• 2015年2月20日• 2015年1月20日• 2014年12月26日• 2014年11月21日• 2014年11月14日• 2014年11月7日• 2014年10月27日• 2014年10月24日• 2014年10月16日• 2014年10月14日• 2014年10月10日• 2014年10月6日• 2014年10月1日• 2014年9月27日• 2014年9月24日• 2014年9月19日• 2014年9月16日• 2014年9月12日• 2014年9月10日• 2014年9月8日.

次の