セデスハイ。 市販の頭痛薬【副作用が軽い】お薦め8商品

セデスハイCMの女優は誰?頭痛に邪魔させない女性がかっこいい!

セデスハイ

製品概要 [ ] (昭和14年)に塩野義商店(現・)から「 セデス"シオノ"」の名称で医療用医薬品として発売される。 しかし間もなくして突入に伴う原料不足もあり、限られた量しか生産されることなく終戦を迎える。 第二次世界大戦終了後、日本が徐々に活力を取り戻し始めた(昭和25年)に「 セデス」に品名を改め、「 セデス錠」として一般用医薬品としても発売される。 (昭和35年)から、当時の女優として知られたを宣伝キャラクターに起用。 歯痛用の包帯を頭の上で結んだ画像 と「 頭が痛い ときすぐセデス」のキャッチコピーで一般に知名度を浸透させると共に、同社の一社提供番組「」でもテレビCMが放映されるようになる。 には、を配合していた「セデス錠」に替わり、非ピリン系の「 セデスA錠」が発売された。 には、を含むの異なる医療用の「セデスG」が発売されたが、服用しつづけることによるフェナセチンによる腎障害などのがあり、で製造中止となった。 には初のシリーズ品で且つ、「セデス錠」以来となるピリン系(「セデス錠」のアミノピリンではなくを配合)の「 セデス・ハイ」が発売された。 2000年代に入るとバリエーションが増え、には若年向けにを配合した非ピリン系の「 セデス・キュア」を、には(塩酸塩水和物)を配合した非ピリン系の「 セデスV」を発売。 2009年4月から5月にかけて全製品のパッケージデザインが順次変更され、デザインが統一された。 2010年9月に「セデス・ハイ」と同一処方の顆粒タイプ「 セデス・ハイG」と外用鎮痛消炎剤「 セデスV FR」を発売。 さらに、翌月にはの視点に立ち、眠気を誘発するを無配合とした非ピリン系「 セデス・ファースト」が発売された。 2015年7月には、「新セデス錠」と「セデス・ハイ」に、の連動企画としてをモチーフとした期間限定パッケージ品を発売した(2016年1月末までの期間限定)。 どちらも小容量の10錠入りでの発売だが、通常の「新セデス錠」は最少容量が20錠入りの為、「新セデス錠」の10錠入りは今回の期間限定パッケージ品に合わせて設定されたものである。 2016年4月に日本国内におけるコンシューマーヘルスケア事業の子会社設立による分社化に伴い、シオノギヘルスケアへ移管された。 2020年に「新セデス錠」「セデス・ハイ」「セデス・ハイG」をパッケージリニューアル。 に対応したユニバーサル仕様へ一新され、医薬品のパッケージでは世界初となるアクセシブルコードを導入。 パッケージにを印刷してデボス(凹)加工を施し、などで読み取ると自動音声による読み上げ機能で用法・用量の説明等を受けることが可能で、5言語(日本語・英語・・・韓国語)に対応する。 このほか、による効能の表現や製品名・製品情報に英語表記を加えたほか、「新セデス錠」と「セデス・ハイ」は側面にあった開け口が上部が大きく開く形状に変わり、開いたフタの裏面に用法・用量が大きく記載された。 なお、「新セデス錠」と「セデス・ハイG」は同年4月より、「セデス・ハイ」は同年6月より順次切り替えとなる。 ラインナップ [ ] 現在発売されている製品は全て【指定第2類医薬品】となる。 新セデス錠 非ピリン系(・無水・を組み合わせた「ACE処方」にアリルイソプロピルアセチル尿素を配合)。 青のパッケージ。 2009年9月に大容量サイズの60錠を追加。 セデス・ハイ ピリン系(イソプロピルアンチピリン IPA とアセトアミノフェンのダブル鎮痛成分にアリルイソプロピルアセチル尿と無水カフェインを配合)。 銀のパッケージ。 2009年8月に大容量サイズの40錠を追加。 セデス・ハイG ピリン系(「セデス・ハイ」と同一の有効成分を配合した顆粒タイプ)。 金のパッケージ。 処方箋医薬品の「SG配合顆粒」と同一処方。 セデスV 非ピリン系(「新セデス錠」の処方をベースに、ジセチアミン塩酸塩水和物 ビタミンB1誘導体 を追加配合)。 白のパッケージ。 セデス・ファースト 非ピリン系(「新セデス錠」と同じ「ACE処方」にを配合、「セデス」ブランドの解熱鎮痛薬で唯一鎮静成分を配合していない)。 水色のパッケージ。 セデスキュア 非ピリン系(イブプロフェン・アリルイソプロピルアセチル尿素・無水カフェイン配合)。 ピンクのパッケージ。 当初、他の「セデス」と異なり、イラスト入りで縦長のデザインとしていたが、2009年4月のパッケージリニューアルに伴いデザインが統一。 容量は8錠と16錠を統合した新容量の10錠と既存の30錠の2容量となる。 後に10錠が製造終了となり、現在は30錠のみ。 販売終了品 [ ] セデスV FR【第2類医薬品】 本品はプラスタータイプの外用鎮痛消炎薬に属しており、が配合されている。 容量は16枚入りと32枚入りで大容量重視の構成となっていた。 VとFRの間にスペースが空いてあるのは、「セデスV」の派生製品であることと、との商標侵害を回避させる為だと思われる(製造販売元:大石膏盛堂)。 関連医薬品 [ ] 塩野義製薬が発売するの「SG配合顆粒」は、「セデスG」の成分をフェナセチンからに変えたものである。 シオノギヘルスケアが発売する一般用医薬品の「セデス・ハイG」は「SG配合顆粒」と同一処方(適応症)・同一剤形(状)の製品である。 現在、後発品はない。 CM出演者 [ ] 現在• (新セデス、セデスハイ) 過去• (セデスファースト)• 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 「歯痛用の包帯を頭の上で結んだ(女性の)画像」自体は、1950年代後半から既に新聞広告において使われていた(また、これに似た女性の画像は、同じ会社が製造販売していた感冒薬「ムルチン」の広告にもあった)。 この画像のモデルは清水を始め、1960年代の一時期にはが、末から1970年代には長きにわたりが、それぞれ務めていた。 シオノギヘルスケア株式会社. 2020年6月4日閲覧。 PDF プレスリリース , 塩野義製薬株式会社, 2015年7月8日 , 2016年4月25日閲覧。 PDF プレスリリース , シオノギヘルスケア株式会社, 2020年6月2日 , 2020年6月3日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

セデスによる薬物乱用頭痛

セデスハイ

サイズ: 40錠 セット数: 1 商品紹介 頭痛・歯の痛みに ピリン系解熱鎮痛薬 セデス・ハイは、鎮痛作用の強いイソプロピルアンチピリンをはじめ4種類の成分を 配合することにより、強い痛みにもすぐれた鎮痛効果をあらわします。 小型の服用し やすい錠剤で速く効きしかも効果が持続します。 次の人は服用しないでください 1 本剤または本剤の成分によりアレルギー症状をおこしたことがある人 2 本剤または他の解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用してぜんそくをおこしたことがある人 2. 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください 他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬、乗物酔い薬 3. 服用後、乗物または機械類の運転操作をしないでください 眠気などがあらわれることがあります 4. 服用前後は飲酒しないでください 5. 次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください 1 医師または歯科医師の治療を受けている人 2 妊婦または妊娠していると思われる人 3 高齢者 4 薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人 5 次の診断を受けた人 心臓病、腎臓病、肝臓病、胃・十二指腸潰瘍 2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を 中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください 関係部位・・・症状 皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ 消化器・・・吐き気・嘔吐、食欲不振 精神神経系・・・めまい その他・・・過度の体温低下 まれに下記の重篤な症状がおこることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 症状の名称・・・症状 ショック アナフィラキシー ・・・服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、 声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあ らわれる。 皮膚粘膜眼症候群 スティーブンス・ジョンソン症候群 、 中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿疱症・・・高熱、目の充血、目やに、 唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小 さなブツブツ 小膿疱 が出る、全身がだるい、食欲がないなどが持続したり、 急激に悪化する。 肝機能障害・・・発熱、かゆみ、発疹、黄疸 皮膚や白目が黄色くなる 、褐色尿、 全身のだるさ、食欲不振などがあらわれる。 腎障害・・・発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛 節々が痛む 、下痢などがあらわれる。 間質性肺炎・・・階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息 苦しくなる、空せき、発熱などがみられ、これらが急にあらわれたり、持続し たりする。 ぜんそく・・・息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しいなどが あらわれる。 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増 強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登 録販売者にご相談ください 眠気 4. また、おのみになる間隔は4時間以上おいてください。 成分・・・含量・・・はたらき イソプロピルアンチピリン IPA ・・・75mg ・・・熱を下げ、痛みをやわらげる アセトアミノフェン・・・125mg ・・・熱を下げ、痛みをやわらげる アリルイソプロピルアセチル尿素・・・30mg ・・・痛みをおさえるはたらきを助ける 無水カフェイン・・・25mg ・・・痛みをおさえるはたらきを助けるほか、頭痛をやわらげる 添加物として カルメロースカルシウム、クロスカルメロースナトリウム、ポビドン、 ステアリン酸マグネシウム、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、 ヒドロキシプロピルセルロースを含有しています。 2 小児の手の届かない所に保管してください。 3 PTPシートから出して他の容器に入れ替えないでください。 誤用の原因になったり、品質が変化します 4 使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。 フリーダイヤル0120-149-931 電話番号をよくお確かめのうえ、おかけください。 jp 原材料・成分 [成分・分量 ] 1錠中 イソプロピルアンチピリン :75mg アセトアミノフェン :125mg アリルイソプロピルアセチル尿素 :30mg 無水カフェイン :40mg 添加物として カルメロースカルシウム,クロスカルメロースナトリウム,ポビドン,ステアリン酸マグネシウム,結晶セルロース,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロースを含有しています 使用方法 「用法・用量」 15才以上 1回:2錠 1日3回を限度とし、なるべく空腹時をさけて服用してください。 服用間隔は4時間以上おいてください。 用法用量を守って正しくご使用下さい。 ご注意(免責)>必ずお読みください ご使用の際は、お薬の説明書をよくお読みのうえご使用下さい。 購入後のお問い合わせの際は、購入した店舗へお問い合わせ下さい。

次の

セデスハイの効き目が出る時間をガチ検証【吐き気がするレベルの頭痛】

セデスハイ

サイズ: 40錠 セット数: 1 商品紹介 頭痛・歯の痛みに ピリン系解熱鎮痛薬 セデス・ハイは、鎮痛作用の強いイソプロピルアンチピリンをはじめ4種類の成分を 配合することにより、強い痛みにもすぐれた鎮痛効果をあらわします。 小型の服用し やすい錠剤で速く効きしかも効果が持続します。 次の人は服用しないでください 1 本剤または本剤の成分によりアレルギー症状をおこしたことがある人 2 本剤または他の解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用してぜんそくをおこしたことがある人 2. 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください 他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬、乗物酔い薬 3. 服用後、乗物または機械類の運転操作をしないでください 眠気などがあらわれることがあります 4. 服用前後は飲酒しないでください 5. 次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください 1 医師または歯科医師の治療を受けている人 2 妊婦または妊娠していると思われる人 3 高齢者 4 薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人 5 次の診断を受けた人 心臓病、腎臓病、肝臓病、胃・十二指腸潰瘍 2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を 中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください 関係部位・・・症状 皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ 消化器・・・吐き気・嘔吐、食欲不振 精神神経系・・・めまい その他・・・過度の体温低下 まれに下記の重篤な症状がおこることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 症状の名称・・・症状 ショック アナフィラキシー ・・・服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、 声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあ らわれる。 皮膚粘膜眼症候群 スティーブンス・ジョンソン症候群 、 中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿疱症・・・高熱、目の充血、目やに、 唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小 さなブツブツ 小膿疱 が出る、全身がだるい、食欲がないなどが持続したり、 急激に悪化する。 肝機能障害・・・発熱、かゆみ、発疹、黄疸 皮膚や白目が黄色くなる 、褐色尿、 全身のだるさ、食欲不振などがあらわれる。 腎障害・・・発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛 節々が痛む 、下痢などがあらわれる。 間質性肺炎・・・階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息 苦しくなる、空せき、発熱などがみられ、これらが急にあらわれたり、持続し たりする。 ぜんそく・・・息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しいなどが あらわれる。 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増 強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登 録販売者にご相談ください 眠気 4. また、おのみになる間隔は4時間以上おいてください。 成分・・・含量・・・はたらき イソプロピルアンチピリン IPA ・・・75mg ・・・熱を下げ、痛みをやわらげる アセトアミノフェン・・・125mg ・・・熱を下げ、痛みをやわらげる アリルイソプロピルアセチル尿素・・・30mg ・・・痛みをおさえるはたらきを助ける 無水カフェイン・・・25mg ・・・痛みをおさえるはたらきを助けるほか、頭痛をやわらげる 添加物として カルメロースカルシウム、クロスカルメロースナトリウム、ポビドン、 ステアリン酸マグネシウム、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、 ヒドロキシプロピルセルロースを含有しています。 2 小児の手の届かない所に保管してください。 3 PTPシートから出して他の容器に入れ替えないでください。 誤用の原因になったり、品質が変化します 4 使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。 フリーダイヤル0120-149-931 電話番号をよくお確かめのうえ、おかけください。 jp 原材料・成分 [成分・分量 ] 1錠中 イソプロピルアンチピリン :75mg アセトアミノフェン :125mg アリルイソプロピルアセチル尿素 :30mg 無水カフェイン :40mg 添加物として カルメロースカルシウム,クロスカルメロースナトリウム,ポビドン,ステアリン酸マグネシウム,結晶セルロース,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロースを含有しています 使用方法 「用法・用量」 15才以上 1回:2錠 1日3回を限度とし、なるべく空腹時をさけて服用してください。 服用間隔は4時間以上おいてください。 用法用量を守って正しくご使用下さい。 ご注意(免責)>必ずお読みください ご使用の際は、お薬の説明書をよくお読みのうえご使用下さい。 購入後のお問い合わせの際は、購入した店舗へお問い合わせ下さい。

次の