本塁打 ランキング。 歴代最高記録 本塁打 【通算記録】

本塁打

本塁打 ランキング

日本プロ野球での主な記録 [ ] 職業野球が始まった、でのがのから打ったのが初の満塁本塁打だった。 にプロ野球通算10万号本塁打が記録されたが、そのうち満塁本塁打は1リーグ時代82本、1097本、1108本の合計2287本。 通算最多満塁本塁打 - 20本: (2005年2本、07年1本、08年2本、09年2本、10年3本、11年1本、14年1本、15年4本、19年4本)• シーズン最多満塁本塁打 - 5本:(1950年)• 連続試合満塁本塁打 - 2試合連続• (1953年4月28日・29日)• (1957年10月11日・12日)• (1993年8月21日・22日)• (2003年6月23日・25日)• (2005年4月6日・8日)• (2006年10月9日・10日)• (2013年5月2日・3日)• (2018年7月11日・17日)• 最年長満塁本塁打 - 43歳6ヶ月、(1994年5月4日)• 最年少満塁本塁打 - 18歳1ヶ月、(1956年4月11日)• プロ野球通算1000本目の満塁本塁打 - (1984年7月4日)• プロ野球通算2000本目の満塁本塁打 - (2009年6月8日)• 1イニング2満塁本塁打• 代打逆転サヨナラ満塁本塁打• 藤村富美男(1956年6月24日)• (1971年5月20日)• (1984年6月11日)• (1988年6月18日)• (2011年10月22日)• ランニング満塁本塁打• (1947年7月3日)• (1950年4月11日)• (1974年8月28日)• (1977年5月14日)• (1989年7月1日)• (1997年4月15日)• 小久保裕紀(1999年8月20日)• 投手の満塁本塁打• (1941年8月2日)• (1946年6月2日)• (1946年8月31日)• (1949年4月26日)• (1950年4月21日)• (1950年9月28日)• (1951年8月15日)• (1952年6月14日)• 米田哲也(1956年4月11日)• (1957年10月21日)• (1971年5月30日、1972年6月9日)• (1972年9月22日)• (1975年6月26日)• (1981年6月25日)• (1984年5月13日)• (1999年5月21日、1999年8月13日)• (2018年9月16日) MLBでの主な記録 [ ] のは、1881年9月10日に(MLB)で初めて満塁本塁打を打った選手であると信じられている。 1871年9月5日にのボストン・レッドストッキングス(現在の)に所属するが打っているが 、全米プロ野球選手協会はMLBであると認識されていない。 1987年、ドン・マッティングリーはシーズン6本の記録を樹立した。 は、2013年9月20日にそれまでのの23本の記録を抜き、MLBの歴史上最多の24本目の満塁本塁打を放った。 は、1987年に1シーズンで6本の記録を持っている。 は2006年にマッティングリーの記録に並んだ。 また2009年には、は、1955年にが記録した1シーズン5本の記録に並んだ。 1881年のコナーズの最初のものを含め、いくつかの満塁本塁打は1点差のであった。 野球ファンの中には、これを「究極の満塁ホームラン」 "ultimate grand slam" と呼ぶ者がいる。 は、1点差のサヨナラランニング本塁打を打った唯一の選手である。 これは、1956年7月25日に、外野が広いことで知られるで行われた試合で、がを9-8で破った。 2005年のシーズンでは5017本の本塁打のうち、2. 2006年6月13日から14日にかけて、はとの連続した2試合で満塁本塁打を放った。 そのうち6月13日のものは、による延長12回のとなった。 2006年6月23日から25日にかけて、はとの連続した3試合で満塁本塁打を放った。 は第1試合で、生涯唯一の満塁本塁打を放った。 翌日も生涯唯一の満塁本塁打で続き、第3戦では9回裏ツーアウトからが同点に追いつく満塁本塁打を放った(この試合8回裏には、井口はスリーランも打っている)。 ホワイトソックスは、1993年にが達成して以来のチームとなった。 一方、2007年のは、4月13日と14日に、4月16日にタイガースと3試合連続で満塁本塁打を浴びた。 また2006年には、のトラビス・ハフナーは、前に5本の満塁本塁打を放った(6本目は8月13日に打った)。 7月16日、のとは、戦で11得点を奪った6回に満塁本塁打を放ち、MLBとしては8度目、ナショナルリーグとしては4度目の1イニング2満塁本塁打を記録した。 MLB初打席で満塁本塁打を放った選手は、これまでに4人いる。 1898年の、2005年の、2006年の、2010年のである。 クーズマノフ、ナバ、ダグリビーは、初球であった。 また、ハーミダは代打であった。 アトランタ・ブレーブスのは、1966年の戦で、1試合に2度の満塁本塁打を放った。 これは、投手としては唯一の記録である。 のは、2008年6月23日の戦でエースのから、1973年に制が施行されて以降、で投手として初めて満塁本塁打を放った。 フェルナンド・タティスは、1イニングに2本の満塁本塁打を放った唯一の選手である。 1イニングに2本の満塁本塁打を放った唯一の選手は、ので、1999年4月23日にで、のから、3イニング目に打った。 1試合に2本の満塁本塁打も、クロニンガーに続いてナショナルリーグで2度目であった。 朴は、1イニングに2本の満塁本塁打を打たれた2人目の大リーガーとなった。 1人目はので、1890年8月16日にとに打たれた。 同じ打者から打たれたのは、朴が初めてである。 タティースは、これが初めての満塁本塁打であった。 ボストン・レッドソックスのは、2003年7月29日の戦で、史上唯一、1試合に左右両打席での満塁本塁打を放った。 ニューヨーク・メッツのは1999年5月20日の戦で、史上唯一、の両試合で満塁本塁打を放った。 2011年8月25日の戦で、ニューヨーク・ヤンキースは史上初めて1試合に3本の満塁本塁打を記録した。 、、の3人で、3本とも異なるイニングに記録された。 7-1のビハインドから、2本目の満塁本塁打で逆転し、最終的には22-9で勝利した。 ワールドシリーズでの満塁本塁打一覧 [ ] 年 試合 打者 球場 投手 イニング スコア 10月10日、第5試合 , , 1回 8-1, 勝 10月2日、第2試合 , , 3回 18-4, 勝 10月9日、第5試合 , , 3回 13-1, 勝 10月4日、第5試合 , , 3回 11-7, 勝 10月5日、第2試合 , , 2回 13-8, 負 10月10日、第7試合 , , 7回 9-0, 勝 10月8日、第3試合 , , 1回 10-0, 勝 10月8日、第4試合 , , 7回 7-3, 勝 10月11日、第4試合 , , 6回 4-3, 勝 10月14日、第6試合 , , 8回 8-3, 勝 10月9日、第6試合 , , 3回 13-1, 勝 10月13日、第3試合 , , 6回 9-3, 勝 10月17日、第1試合 , , 4回 10-1, 勝 10月24日、第6試合 , , 6回 11-5, 勝 10月15日、第1試合 , , 2回 5-4, 負 10月22日、第5試合 , , 5回 7-2, 勝 10月17日、第1試合 , , 7回 9-6, 勝 10月23日、第2試合 , , 7回 7-6, 勝 オールスターゲームでの満塁本塁打一覧 [ ] 年 打者 日付・場所 投手 イニング スコア 1983年 , 7月6日, , 3回 13-3, 勝 通算満塁本塁打数 [ ] トラビス・ハフナーは、2006年にマッティングリーの記録に並んだ。 6 2006 a 6 1987 a 5 1955 n 5 1961 a 5 1968 a 5 2009 n 5 2006 a 4 1997 a 4 1953 a 4 2011 a 4 1945 n 4 1934 a 4 2000 a 4 1950 n 4 1948 a 4 1949 n 4 2000 a 4 2001 n 4 1998 n 4 2008 a 4 1951 a 4 1919 a 4 1911 n 4 1938 a a - アメリカンリーグ n - ナショナルリーグ マイナーリーグでの主な記録 [ ] では、チームによる1試合3本の満塁本塁打が達成されている。 1991年5月16日にAAA級がを相手に決めた。 デイブ・コクレーン、チャック・ジャクソン、の3人で、試合も22-7で大勝した。 出典 [ ]• Ryczek, William J. 1992. Blackguards and Red Stockings; A History of Baseball's National Association 1871—1875. Wallingford, Connecticut: Colebrook Press. Orem, Preston D. 1961. Baseball 1845—1881 From the Newspaper Accounts. Altadena, California: Self-published. nikkansports. com. 2020年1月16日閲覧。 2007年4月2日閲覧。 [ ]• 2018年9月30日閲覧。 Charlton, James. BaseballLibrary. com. 2007年10月29日閲覧。 com. 2002年5月18日. 2002年7月30日閲覧。 Stone, Larry 2008年6月24日. The Seattle Times. 2008年12月30日閲覧。 Caldwell, Dave 2011年8月25日. The New York Times. and Mouat, Mike 2011年8月25日. Reuters. and Slusser, Susan 2011年8月25日. San Francisco Chronicle Hearst. 2011年8月25日閲覧。 Parker, Rob 2011年8月25日. ESPN ESPN Internet Ventures. 2011年8月25日閲覧。 Baseball Almanac. 2013年9月21日閲覧。 Baseball Almanac. 2018年7月4日閲覧。 野球の英語A to Z:佐山和夫が語るアメリカ野球用語.

次の

歴代ホームラン記録ランキング!最多本塁打や世界記録は何本?【プロ野球】

本塁打 ランキング

史上3度目の1日3発のサヨナラ弾 プロ野球の有観客試合が始まった7月10日、史上3度目となる1日で3発のサヨナラ本塁打が飛び出した。 まず、ナゴヤドームで中日のダヤン・ビシエドが延長10回裏、広島・フランスアの4球目をとらえ、左中間スタンドへ2試合連発となる7号ソロ。 続いて京セラドームで、オリックスのアデルリン・ロドリゲスが9回裏、日本ハム・秋吉亮の4球目を弾丸ライナーでレフトスタンドへ運ぶ4号3ラン。 最後にPayPayドームで、ソフトバンクの柳田悠岐が延長10回裏、楽天・シャギワの4球目をフルスイングして左中間スタンドに放り込む7号ソロ。 1日に3本のサヨナラ本塁打は、ヤクルト・山田哲人、DeNA・筒香嘉智、ロッテ・田村龍弘がマークした昨年9月4日以来3度目。 ようやく球場を訪れることができたファンを喜ばせるのに十分なサヨナラ劇だった。 これまで最も多くのサヨナラ本塁打を放った打者は誰だろうか。 ベスト10は表の通り。 1位は12本を放った清原和博。 通算本塁打数で上回る王貞治や野村克也をも凌ぐのは、天性の勝負強さと強運の持ち主ということか。 11本で2位の野村克也と8本で4位の王貞治に挟まれ、3位にランキングされているのが中村紀洋。 通算404本塁打のうち10本がサヨナラアーチと、清原に負けない勝負強さを誇っている。 王と並んで4位タイに若松勉が入っているのは意外だ。 小柄な巧打者タイプで通算本塁打も220本とベスト10で最も少ないが、8本ものサヨナラアーチをかけている。 7本で6位タイに豊田泰光、長嶋茂雄、藤井康雄、井口資仁、阿部慎之助が並んだ。 1959年6月25日の天覧試合、長嶋が現役時代最大のライバルだった阪神・村山実から後楽園球場のレフトスタンドに放り込んだ一発は今も語り継がれている。 満塁本塁打は中村剛也がダントツの20発 では、満塁本塁打はどのようなランキングになっているだろうか。 通算20本でダントツトップは西武の中村剛也。 世界の王をはるかに上回っており、まだまだ数字を伸ばす可能性も十分だ。 王に次ぐ3位タイには中村紀洋と並んでオリックスの藤井康雄が入っている。 代打での満塁本塁打は史上1位の4本と無類の勝負強さが持ち味だった。 13本の5位タイには駒田徳広、江藤智、小久保裕紀、井口資仁の4人が並んだ。 「満塁男」と呼ばれた駒田徳広は、桜井商時代に満塁で敬遠された逸話を持ち、巨人時代の1983年4月10日の大洋戦ではプロ初打席満塁本塁打という衝撃デビューを飾った。 9位タイには12本の野村克也と江藤慎一が並んでいる。 ホームランは野球の華。 打球の描く放物線が美しいからこそ、長距離打者は「アーチスト」と呼ばれるのだ。 新型コロナで楽しむ機会が少ないからこそ、劇的なホームランでファンを楽しませてほしい。 《関連記事》 ・通算20発!他の追随を許さない「満塁男」西武・中村剛也 ・プロ野球タイトルホルダーの出身高校ランキング【投手編】 ・プロ野球の最多暴投ランキング「荒れ球投手」は減ってきた?.

次の

歴代 高校通算本塁打ランキング!! 誰が数えてる?? 練習試合や紅白戦は??

本塁打 ランキング

定義 [ ]• 打者が打った正規の打球が、 かあるいは「野手以外のもの」に触れることなく(これを「インフライトの状態」という)、両翼のファウルラインとフェンスの交差地点の間(交差地点上を含む)を通過してプレイングフィールドの外へ出た場合。 または、ファウルラインがフェンスと交差する地点から垂直に伸びる、もしくはポールのフェアゾーン側に伸びている長さ数十センチメートルの金網に当たった場合。 「プレイングフィールドの外へ出る」とは、に入ること、更にはスタンドを越して球場外へ出ること(場外本塁打)を意味する。 プレイングフィールドの外にある壁(バックスクリーンなど)に当たって跳ね返り再びフィールドに戻った場合も含まれる。 「インフライトの状態」でプレイングフィールドの外へ出るとは、野手のグラブなどをかすめてフィールド外に出る場合のみならず、本来ならフィールド外に出ないような飛球が野手のグラブや頭などに当たり跳ね返ったためにスタンドに入った場合も含む。 が明らかに上記1になるであろうと判断した打球に対して、野手が、グローブや帽子などを本来身につけるべき場所から外して投げつけ、現実に打球の進路を変えた場合。 ただし、投げつけても、打球に当たらなければそのまま競技続行である。 上記1、2の場合はとなり、審判員は右手を頭上で回すジェスチャーとともに「ホームラン」を宣告し、打者を含めた全てのには本塁までのが与えられる。 走者は本塁まで正規の走塁を行い、その数がとなる。 1点ならソロ、2点なら2ラン、3点なら3ラン、4点なら満塁あるいはグランドスラムと呼ぶ。 打者走者が正規に本塁まで走塁し得点が認められたとき、打者に本塁打が記録される。 「インフライトの状態」とは、打者が打った打球がまだ地面かあるいは「野手以外のもの」に触れていない状態をいうので、一度野手に触れた後、地面に落ちることなくスタンドに入った場合も、「インフライトの状態でプレイングフィールドの外へ出た」ことになる。 すなわち、フェア地域で野手に触れた打球で、まだ地面に落ちていないものが上記の定義1、2に該当する場合は本塁打であり、審判員によって「ホームラン」が宣告される。 ただし、一度野手が触れた打球は、その時点でフェアかファウルかが確定する。 したがって、野手がファウルグラウンドで打球に触れ、インフライトの状態のままフェアゾーン側のスタンドに入った場合は、ファウルボールである。 一方、野手がフェアグラウンドで打球に触れ、インフライトの状態のままファウルゾーン側のスタンドに入った場合は、ボールデッドになり、審判員によって二塁打(エンタイトルツーベース)が宣告される。 野手がフェンスの上に登りジャンプして捕球を試みることなども許されている。 フェンスに登った野手が、本塁打になりそうな打球をプレイングフィールド内で捕球した場合は、捕球したままプレイングフィールド内に残ればアウト、打球に触れたが、ボールがグラウンドに落ちた場合はボールインプレイとなる。 また、捕球した選手ごとスタンドへ入ってしまった場合、審判員が正規の捕球とみなさなければ本塁打、正規の捕球の後にスタンドに入ったと判定した場合は、打者はアウトになり、ボールデッドとなって、無死もしくは一死の場合は塁上の走者に1個の安全進塁権(テイクワンベース)が与えられる (1979年に2. 15「キャッチ」【原注】 が書き加えられたが、アウトになるルール自体が改正されたわけではない)。 と同等の行為であるが、ボールデッド状態の為この場合は走者がアウトになる事は無い。 なお、フェンスに登るなどしている野手は危険を承知でプレイしているものとみなされ、仮に観衆の妨害を受けたとしても、審判員によって妨害が宣告されることはない。 ただし、観衆がフェンスを超えてプレイングフィールド側に手を出して野手を妨害したり打球に触れたりした場合は、審判員によって妨害が宣告され、ボールデッドとなる。 審判員は、妨害がなければ競技はどのような状態になったかを判断して、ボールデッド後の処置をとる。 打球が外野フェンスの頂上に当たった場合はその時点でフェアとなるが、はねた打球がスタンドに入ったとき、それを本塁打と判定するかどうかについてはグラウンドによって事情が異なる。 一般には、本塁打と判定するための境界線がフェンスの頂上に設定されているため、打球がその後スタンドに入るかポールに触れた場合は本塁打、プレイングフィールドに落下または野手が処理した場合はインプレーとなるが、例えばフェンス上に設置されている手すりなどがある場合の扱いは各野球場で定められており、この場合はその定められた境界線をフェンスの頂上に準ずるものとして扱う。 のフェア地域の天井や懸垂物などにボールが当たったり挟まったりした場合、その場所によって本塁打と認定するなど各球場ごとにが定められている。 詳しくはの項を参照のこと。 においては、2009年に試験導入、2010年より本塁打の判定に限りを完全導入した。 ビデオ判定適用第1号は3月27日ので行われた対でホームランを打ったである。 中堅フェンスの上部付近で跳ね返り、フェンス上部に当たって跳ね返ったとみてインプレーとし、「二塁打」になった。 だが、直後に審判団が審判室でビデオを確認した結果、「フェンスを越えており本塁打」と判定を覆した。 「ビデオでは打球が(ネット上部で)消えており、本塁打と判断した」と説明された。 ランニングホームラン [ ] 打者が打った打球のうち、一度でも地面に落ちたフェアボールを守備側がを伴うことなく処理する間に、が本塁まで進塁すると「ランニングホームラン」 (走本)となる。 この場合はであり、審判員の「ホームラン」の宣告はない。 記録上は上記1、2と同じく本塁打として記録される。 アベック本塁打 [ ] アベック本塁打(アベック弾、アベックホームラン、アベックホーマー、アベックアーチ、アベック砲)とは、同じ球団の2人の選手が同じ試合で放った本塁打をいう。 試合毎に回数で数える。 1つの試合の中で一方又は双方の選手が複数の本塁打を放って達成した場合も(放った本塁打数に合わせて増えることはなく)1回と数える。 2人の強打者が同時期に同球団に所属していなければあまり発生しない。 下記のように、特に有名なものは特別な呼称が付けられる場合がある。 との ()による106回、との ()による86回、と()の70回、との ()による62回が有名である。 本塁打数に関する記録 [ ]• 記録は2019年シーズン終了時 シーズン記録 [ ] 個人 [ ] 順位 選手名 所属球団 本塁打 記録年 出場試合 備考 1 60 2013年 130 セ・リーグ記録、日本記録 2 55 1964年 140 2001年 パ・リーグ記録(タイ) 2002年 128 5 54 1985年 126 6 52 1963年 150 1985年 130 8 51 1950年 王貞治 読売ジャイアンツ 1973年 T. ローズ 大阪近鉄バファローズ 2003年 138• 記録は2019年シーズン終了時 チーム [ ] 順位 球団名 本塁打 記録年 備考 1 259 2004年 セ・リーグ記録 2 239 1980年 パ・リーグ記録 3 読売ジャイアンツ 226 2010年 4 219 1980年 1985年 6 近鉄バファローズ 212 7 大阪近鉄バファローズ 211 2001年 8 205 1978年 読売ジャイアンツ 2003年 10 204 1980年 個人1試合最多本塁打 [ ] 選手名 所属球団 本塁打 記録日 対戦相手 球場 4 1951年8月1日 1964年5月3日 阪神タイガース 1980年4月20日 日本ハムファイターズ 1997年6月21日 2003年6月28日 年齢別シーズン最多本塁打数 [ ] 年齢 所属 選手名 本数 年 17歳 国鉄スワローズ 1本 1950年 18歳 西鉄ライオンズ 27本 1953年 19歳 東京ヤクルトスワローズ 36本 2019年 20歳 西鉄ライオンズ 36本 1953年 21歳 31本 1954年 西武ライオンズ 1988年 国鉄スワローズ 1955年 22歳 読売ジャイアンツ 38本 1962年 1996年 23歳 王貞治 40本 1963年 西武ライオンズ 1985年 24歳 読売ジャイアンツ 王貞治 55本 1964年 25歳 埼玉西武ライオンズ 46本 2008年 26歳 読売ジャイアンツ 王貞治 48本 1966年 埼玉西武ライオンズ 中村剛也 2009年 27歳 読売ジャイアンツ 王貞治 47本 1967年 埼玉西武ライオンズ 2018年 28歳 南海ホークス 52本 1963年 29歳 東京ヤクルトスワローズ 60本 2013年 30歳 西武ライオンズ 49本 2001年 31歳 55本 2002年 32歳 ロッテオリオンズ 52本 1985年 33歳 大阪近鉄バファローズ 55本 2001年 34歳 読売ジャイアンツ 王貞治 49本 1974年 35歳 大阪近鉄バファローズ T. ローズ 51本 2003年 36歳 読売ジャイアンツ 王貞治 49本 1976年 2010年 37歳 王貞治 50本 1977年 38歳 39本 1978年 ロッテオリオンズ 1971年 1950年 39歳 43本 2007年 40歳 南海ホークス 44本 1988年 41歳 東北楽天ゴールデンイーグルス 山崎武司 39本 2009年 42歳 オリックス・ブレーブス 門田博光 31本 1990年 43歳 読売ジャイアンツ 落合博満 21本 1996年 44歳 福岡ダイエーホークス 門田博光 7本 1992年 45歳 西武ライオンズ 野村克也 4本 1980年• 上記表の年齢はそのシーズンが開催される年に達する満年齢である。 豊田泰光、村上宗隆、町田行彦、岩本義行、門田博光は早生まれであり、アルトマンも日本の学齢に合わせると早生まれとなる。 最年長本塁打の記録はの45歳5か月である。 その他の記録 [ ] 個人 [ ] 記録 選手名 所属球団 記録年月日 備考 連続シーズン本塁打 27年 1989年 - 2015年 連続試合本塁打 7試合 王貞治 読売ジャイアンツ 1972年9月11日 - 9月20日 R. バース 阪神タイガース 1986年6月18日 - 6月26日 連続イニング本塁打 3イニング 1953年9月6日 読売ジャイアンツ 1956年8月4日 広島東洋カープ 1965年5月11日 田淵幸一 阪神タイガース 1976年8月25日 ヤクルトスワローズ 1978年5月6日 読売ジャイアンツ 1985年7月12日 清原和博 2001年6月9日 連続打席本塁打 4打席 大洋ホエールズ 1956年5月6日 ダブルヘッダー2試合で達成 王貞治 読売ジャイアンツ 1964年5月3日 阪急ブレーブス 1967年6月4日 - 6月6日 ロッテオリオンズ 1971年7月3日 - 7月4日 近鉄バファローズ 1974年4月29日 - 5月1日 大洋ホエールズ 1976年6月1日 - 6月2日 中日ドラゴンズ 1977年6月12日 - 6月14日 12日のダブルヘッダー第一試合からの3試合で達成 T. ソレイタ 日本ハムファイターズ 1980年9月4日 - 9月5日 中日ドラゴンズ 1981年9月20日 - 9月21日 R. バース 阪神タイガース 1986年5月31日 - 6月1日 広島東洋カープ 1990年5月10日 - 5月12日 1995年8月8日 - 8月9日 N. ウィルソン 日本ハムファイターズ 1997年6月21日 月間最多本塁打 18本 W. フリオ・フランコの年齢は公称であり、資料によっては上記の年齢と西暦が一致しない場合があり。 被本塁打 [ ] 被本塁打とは、がに打たれた本塁打のことを言う。 「 被弾」と呼ばれる事もある。 この率が低いほど本塁打を打たれにくい投手となる。 この被本塁打率の平均はにおいては1. 0ほどである。 但し、本拠地球場の本塁打によって変動しやすい。 NPB被本塁打記録 [ ] 通算記録 順位 選手名 被本塁打 被本塁打率 投球回 1 560 1. 10 4600. 1 2 490 1. 14 3865 3 412 0. 91 4086 4 380 1. 10 3113 5 379 0. 62 5526. 2 6 374 1. 00 3360. 2 7 370 0. 65 5130 8 365 0. 67 4899 9 362 0. 98 3336. 2 10 359 1. 37 2357. 記録は2018年シーズン終了時 シーズン記録 順位 選手名 所属球団 記録年 被本塁打 被本塁打率 投球回 備考 1 1977年 48 1. 91 226 セ・リーグ記録 2 1971年 42 1. 41 268 パ・リーグ記録(タイ) 広島東洋カープ 1977年 1. 33 284. 2 1980年 1. 84 205. 2 パ・リーグ記録(タイ) 1985年 1. 70 222. 1 6 近鉄バファローズ 1968年 41 1. 03 359 1980年 1. 75 211. 1 1986年 1. 88 195. 1 9 1976年 40 1. 38 260. 1 10 1950年 39 0. 89 395. 2 鈴木啓示 近鉄バファローズ 1971年 1. 20 291. 1 横浜大洋ホエールズ 1984年 1. 27 276. 2 1986年 1. 66 211. 記録は2018年シーズン終了時 1試合記録 選手名 所属球団 被本塁打 記録日 対戦相手 8 1949年4月26日 脚注 [ ] []• 05 a 5• アシストホームランとも呼ばれ、元のがの、元のがの放った打球を本塁打にしてしまっている。 は、 ()の放った打球が頭に当たり、これがフェンス外側へ飛んで、結果本塁打にしてしまったことがある。 その他、やも本塁打をアシストしてしまったことがある。 1960年8月9日のボストン・レッドソックス対クリーブランド・インディアンスの試合では、レッドソックス外野手の ()が、エンタイトル二塁打になるはずだったボールを偶然スタンドに蹴り込んでしまい、間の悪いアシストホームラン、しかも決勝打にしてしまうハプニングが起きている• 公認野球規則 本規則における用語の定義 25『フェアボール』 e , 32『ファウルボール』 d• 公認野球規則 5. 06 b 4 F• 公認野球規則 5. 06 c 3• 当時のもので現在は本規則における用語の定義 15『キャッチ』【原注】に記載されている。 公認野球規則 6. 01 e• 2014年度からはフェンス際の打球と適用範囲が広がっている。 : inside-the-park home run または inside-the-park homer。 も参照のこと。 - NPB. jp 日本野球機構 (シーズン中は毎日更新)• - NPB. jp 日本野球機構• - Baseball-Reference. com• - NPB. jp 日本野球機構• - NPB. jp 日本野球機構 関連項目 [ ]• - 「6ラン」は打球がバウンダリーと呼ばれる境界をノーバウンドで超えた場合に6点が与えられるもので、本塁打と性質が類似する。

次の