みこすり半。 NNPJ

みこすり半劇場

みこすり半

みこすり半劇場(みこすりはんげきじょう)• 発行の(4コマ漫画専門雑誌)ならびに同誌掲載の漫画のタイトル。 正式名称は「岩谷テンホーのみこすり半劇場」。 以下で述べる。 2013年の誌面リニューアルで、4コマの大半を排し、及び劇画専門誌となった。 2014年4月で休刊。 「」(//) に連載中のおなじくによる同名の4コマ漫画。 最終面にで掲載されている。 には実写版ビデオ映画がから発売され、にはオリジナルアニメのDVDソフトがから発売される。 監督、の出演は、、、。 2013年の全面リニューアルまでは原則として月2回第2木曜日と第4木曜日に発売されていた(但し、地域によっては発売日が異なることがある)。 「みこすり半」とは、を意味する俗語であり、成人男性向けのお色気4コマ漫画を中心に掲載している、4コマ漫画誌としては異色の存在。 月2回刊行もこの雑誌のみだった。 お色気系ではあるが、下ネタで笑うために読まれる雑誌であって性描写により購読者の快楽を誘うことを目的とした雑誌ではないため、いわゆる「」には該当せず、書店などでも通常全年齢向けの一般雑誌の棚に置かれている。 創刊は1990年。 2010年と2013年に大幅な誌面リニューアルを行い、後者ではお色気4コマ漫画専門誌の看板を下ろし、ら1980年代~90年代に全盛期を誇った懐かしのお色気系ベテラン作家にを中心に揃えた、お色気漫画及び劇画誌となった。 同時に月刊となり、毎月10日発売となる。 かつては「巨乳ちゃん」「新人ちゃん」と増刊も抱えていた。 前者は実話投稿4コマ誌「」となった。 後者は4コマ漫画中心の「みこすり半劇場別館」となり、「」()がヒットしたが、2004年秋に休刊したが後に「主任がゆく! スペシャル」として2014年3月まで刊行していた。 元のは、日本語を習得するために読み始めたのがきっかけで、次第にツボにはまって行き、読むために辞書を引いたりしたほど。 「アメリカとかのエロセンスなんかとは違って知的だしね」と語っている。 主な内容 [ ] 成人男性向け4コマまんがとお色気実話投稿を中心に扱っており、創刊以来一貫して下ネタ・お色気4コマを専門に取り扱っている(ただし、増刊号のみお色気一切なしの競馬漫画専門誌だった)。 下ネタ・お色気作品以外にも芸能関係や4コマ、末期に主流となる実話系4コマなども一部掲載されていたが、ファミリー向け作品を極力排除した誌面づくりという点で編集方針は一貫していた。 同誌のヒットにより、以降数年間は競合他社も巻き込んで成人向け4コマ誌の創刊が相次いだが、程なくブームは下火となり、2010年代になると実話系を除いた純粋なお色気系4コマ誌を起源とする4コマ漫画誌としては唯一残る雑誌となっていた。 過去には「」をそのままタイトルにした作品(著者は)や好色一家の日常を描いた「いい気なもんだぜ」(著者は)など、過激な内容のオリジナル(フィクション)作品が大半を占めていたが、2010年代になると作者自身の体験談及び読者投稿による(実話系)4コマが約半数を占めるまでに増加しており、オリジナル作品においてもあからさまに卑猥なネタは当時よりも減少している傾向にあった。 また、現在では一部に一般向け、または色気度の少ない4コマ漫画(「主任がゆく! 」等)も掲載されるなどしており、時事ネタ企画などで作家を競作させることもある。 2010年に表紙・誌面ともリニューアルが図られ、岩谷テンホーの新連載開始・2本立て体制(傑作選と隔号で並行連載)となった。 2013年に全面リニューアルし、殆どの4コマ漫画を打ち切りもしくは同社他誌に移籍させ、1980年代~90年代に人気を誇ったエロ劇画作家(、、)らを揃え、エロ劇画誌として再出発を図った。 同時に月刊となり、毎月10日発売となる。 2014年4月号をもってほとんどの連載漫画が終了に伴いウェブコミックサイトでの配信に移行し、2014年5月号をもってメイン漫画家であるがに連載継続宣言を持って休刊した。 2013年8月現在連載されている主な作品 [ ]• みこすり半劇場()• みこすり半劇場プレイバック(岩谷テンホー、過去連載作品の再録)• (、、他・毎号3人の競作)• (、増刊にて連載されていた同作品のリメイク)• (シナリオ: 作画:、刊のに連載されていた作品の再録。 ア・ソ・コ()• 花まるエブリディ()• アンチックロマンチック(シナリオ:坂本六有 作画:八月薫) 終了した漫画 [ ]• (、-2005年1月27日号/2号)• (、-2005年3月24日号/6号)• (、-2005年5月26日号/10号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (チャールズ後藤、-2005年9月8日号/17号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (、2005年9月22日号/18号-2006年6月22日号/12号)• (、2005年9月22日号/18号-2006年10月12日号/19号)• - (外部リンク)• (川本尚夜、2006年9月22日号/18号-2006年10月26日号/20号)• (、-2006年11月9日号/21号)• (、2005年9月22日号/18号-2006年11月9日号/21号)• (ザビエル山田、-2006年12月14日号/23号)• (、-2006年12月14日号/23号)• ()、-2007年月4号?日号/9号)• (鈴木ぺんた)=隔号掲載• ()=単行本「」• (華桜小桃)• (柿内ゆきち)• (桜木さゆみ)• (新徳一人)• () 脚注 [ ].

次の

みこすり半の意味とは?みこすり半で射精してしまう早漏の治療法!

みこすり半

みこすり半劇場(みこすりはんげきじょう)• 発行の(4コマ漫画専門雑誌)ならびに同誌掲載の漫画のタイトル。 正式名称は「岩谷テンホーのみこすり半劇場」。 以下で述べる。 2013年の誌面リニューアルで、4コマの大半を排し、及び劇画専門誌となった。 2014年4月で休刊。 「」(//) に連載中のおなじくによる同名の4コマ漫画。 最終面にで掲載されている。 には実写版ビデオ映画がから発売され、にはオリジナルアニメのDVDソフトがから発売される。 監督、の出演は、、、。 2013年の全面リニューアルまでは原則として月2回第2木曜日と第4木曜日に発売されていた(但し、地域によっては発売日が異なることがある)。 「みこすり半」とは、を意味する俗語であり、成人男性向けのお色気4コマ漫画を中心に掲載している、4コマ漫画誌としては異色の存在。 月2回刊行もこの雑誌のみだった。 お色気系ではあるが、下ネタで笑うために読まれる雑誌であって性描写により購読者の快楽を誘うことを目的とした雑誌ではないため、いわゆる「」には該当せず、書店などでも通常全年齢向けの一般雑誌の棚に置かれている。 創刊は1990年。 2010年と2013年に大幅な誌面リニューアルを行い、後者ではお色気4コマ漫画専門誌の看板を下ろし、ら1980年代~90年代に全盛期を誇った懐かしのお色気系ベテラン作家にを中心に揃えた、お色気漫画及び劇画誌となった。 同時に月刊となり、毎月10日発売となる。 かつては「巨乳ちゃん」「新人ちゃん」と増刊も抱えていた。 前者は実話投稿4コマ誌「」となった。 後者は4コマ漫画中心の「みこすり半劇場別館」となり、「」()がヒットしたが、2004年秋に休刊したが後に「主任がゆく! スペシャル」として2014年3月まで刊行していた。 元のは、日本語を習得するために読み始めたのがきっかけで、次第にツボにはまって行き、読むために辞書を引いたりしたほど。 「アメリカとかのエロセンスなんかとは違って知的だしね」と語っている。 主な内容 [ ] 成人男性向け4コマまんがとお色気実話投稿を中心に扱っており、創刊以来一貫して下ネタ・お色気4コマを専門に取り扱っている(ただし、増刊号のみお色気一切なしの競馬漫画専門誌だった)。 下ネタ・お色気作品以外にも芸能関係や4コマ、末期に主流となる実話系4コマなども一部掲載されていたが、ファミリー向け作品を極力排除した誌面づくりという点で編集方針は一貫していた。 同誌のヒットにより、以降数年間は競合他社も巻き込んで成人向け4コマ誌の創刊が相次いだが、程なくブームは下火となり、2010年代になると実話系を除いた純粋なお色気系4コマ誌を起源とする4コマ漫画誌としては唯一残る雑誌となっていた。 過去には「」をそのままタイトルにした作品(著者は)や好色一家の日常を描いた「いい気なもんだぜ」(著者は)など、過激な内容のオリジナル(フィクション)作品が大半を占めていたが、2010年代になると作者自身の体験談及び読者投稿による(実話系)4コマが約半数を占めるまでに増加しており、オリジナル作品においてもあからさまに卑猥なネタは当時よりも減少している傾向にあった。 また、現在では一部に一般向け、または色気度の少ない4コマ漫画(「主任がゆく! 」等)も掲載されるなどしており、時事ネタ企画などで作家を競作させることもある。 2010年に表紙・誌面ともリニューアルが図られ、岩谷テンホーの新連載開始・2本立て体制(傑作選と隔号で並行連載)となった。 2013年に全面リニューアルし、殆どの4コマ漫画を打ち切りもしくは同社他誌に移籍させ、1980年代~90年代に人気を誇ったエロ劇画作家(、、)らを揃え、エロ劇画誌として再出発を図った。 同時に月刊となり、毎月10日発売となる。 2014年4月号をもってほとんどの連載漫画が終了に伴いウェブコミックサイトでの配信に移行し、2014年5月号をもってメイン漫画家であるがに連載継続宣言を持って休刊した。 2013年8月現在連載されている主な作品 [ ]• みこすり半劇場()• みこすり半劇場プレイバック(岩谷テンホー、過去連載作品の再録)• (、、他・毎号3人の競作)• (、増刊にて連載されていた同作品のリメイク)• (シナリオ: 作画:、刊のに連載されていた作品の再録。 ア・ソ・コ()• 花まるエブリディ()• アンチックロマンチック(シナリオ:坂本六有 作画:八月薫) 終了した漫画 [ ]• (、-2005年1月27日号/2号)• (、-2005年3月24日号/6号)• (、-2005年5月26日号/10号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (チャールズ後藤、-2005年9月8日号/17号)• (、-2005年9月8日号/17号)• (、2005年9月22日号/18号-2006年6月22日号/12号)• (、2005年9月22日号/18号-2006年10月12日号/19号)• - (外部リンク)• (川本尚夜、2006年9月22日号/18号-2006年10月26日号/20号)• (、-2006年11月9日号/21号)• (、2005年9月22日号/18号-2006年11月9日号/21号)• (ザビエル山田、-2006年12月14日号/23号)• (、-2006年12月14日号/23号)• ()、-2007年月4号?日号/9号)• (鈴木ぺんた)=隔号掲載• ()=単行本「」• (華桜小桃)• (柿内ゆきち)• (桜木さゆみ)• (新徳一人)• () 脚注 [ ].

次の

ゆきち先生

みこすり半

辞書には『ひどい早漏の例えのこと』とあります。 具体的にはセックスの時に女性が満足しないうちに男性が射精してしまうことを言います。 先述した「三擦り半」という当て字は、セックスの際に3回半体を動かすだけで(=3回半出し入れする、すなわち性器を3回半擦ること)だけで射精してしまうほど早いという例えです。 男性であれば、自分のテクニックがどれくらいなのかというのは気になるところだと思います。 「みこすり半」になるかの基準の境としては具体的に何回体を動かすまでとか、何分間持続出来なかったらといった定義はありません。 しかし暗黙の了解でだいたい挿入してからの時間で、みこすり半かどうかか判断されます。 男性を侮辱する内容として「射精ができない」という正反対の問題もあり、この2つはセットで男性にとって大きな悩みとなります。 厳しい意見ですが、やはりパートナーがみこすり半だと「満足できない」「自分勝手な感じがする」と相手に批判的な意見をもつ女性が多いようです。 相手もコントロールできないことであることは女性側も承知ですが、それなら一旦抜いたりペースを落としたりと、何か「イカない」ような努力も見せてほしいところです。 「満足できない」不満がたまると、夫婦であればセックスレスの生活になってしまうこともあり、カップルの間柄でも相手が自分を性欲を満たすためだけの存在と思っているのではと疑心暗鬼になることもあります。 男性側も辛いですが、セックスはやはり二人で作り上げていくものなので、女性の想いや感情も離れていってしまう可能性があります。

次の