ぐるなび 年収。 ぐるなびの年収を徹底解説!実力主義って本当?口コミも含めてご紹介

ぐるなびの評判・口コミ【転職口コミ全文公開中】

ぐるなび 年収

飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営するのが株式会社ぐるなびです。 食べログやRettyと同じくして、皆さんもお店を探す際によく利用するのではないでしょうか。 今回は、株式会社ぐるなびの平均年収や平均勤続年数を始め、会社の情報を調べてみました。 ぐるなびの年収と評価制度について質問です ぐるなびビジネス職の年収や評価制度はどんなものでしょうか?成果を出せばあがっていきそうですか? 一般的な中規模ベンチャーの給与体系といったところだと思います。 実力主義の会社なので、若手でも意見が取り入れられることは少なく無いです。 成果を出していればポジションも上にあがっていけるので... 実力主義の会社との事で、成果を出せば給与が上がるようです。 ぐるなびのサービス自体1996年に開始した老舗ベンチャーなのですが、実力主義の会社というのは面白いですね。 関連相談• ぐるなびに中途で入社した営業の方に伺います。 営業の方の年収を教えてください。 都内の大手企業で営業をしています。 転職を考えており、とあるキッカケでぐるなびへの入社を検討しています。 ここで質問なのですがぐるなびに中途で入社した営業の方に伺います。 同社で営業として働いた場合、20代の後半でそれぐらいに年収をもらえますか?教えてください。 中途入社でぐるなびに入社し、3年弱同社で働いていました。 入社したのが26歳の頃でしたでした。 当時は退職時の年収が400万円強ぐらいでしたね。 残業が多く… との事でした。 もう1つの質問も見ていきましょう。 ぐるなびは、給与が上がらないって言う噂は本当でしょうか? ぐるなびは、給与が上がらないって言う噂は本当でしょうか? 企画職ですが、どうでしょうか? ぐるなび社員です。 給料は自分の仕事の成果によって判断されます。 ですので... まだまだぐるなびも業績を伸ばしているようです。 今後のぐるなびの動向にも注目ですね。 関連相談• ぐるなびの平均年収は約600万円 ぐるなびの平均年収や平均勤続年数はどの程度なのでしょうか。 有価証券報告書のデータから見てみましょう。 2017年3月 2018年3月 2019年3月 平均年収(万円) 570 573 561 平均勤続年数 5. 2年 5. 6年 6. 1年 平均年齢 35. 4歳 35. 8歳 36. 平均年収が550万越えと、一般的なサラリーマンの平均年収が約400万よりも比較的高い水準のようです。 ぐるなびは主力事業「ぐるなび」が事業のほとんどを占めています。 ぐるなびの初任給 ぐるなびの初任給についてご紹介します。 ぐるなびの初任給は、• 学卒: 220,000円• 院了: 230,000円 との事です。 また、新卒入社後3年間は 住宅手当があるそうです。 新卒で一人暮らしをしたいとお考えの方には、大きいポイントではないでしょうか。 関連相談• ぐるなびの業績は現在も向上 業績は5年連続増収増益と順調に推移 次に業績を見てみましょう。 食べログ、Rettyと新規参入の相次ぐ飲食メディア市場ですが、いまだぐるなびの業績は伸びているのでしょうか。 こちらも有価証券報告書のデータを元に確認してみましょう。 2017年3月 2018年3月 2019年3月 売上高 36,979,024 36,226,323 32,728,553 経常利益 6,813,308 4,809,627 1,289,284 当期純利益 4,799,027 3,192,993 581,408 (単位:千円) 今後はインバウンド関連事業に注力 東南アジア諸国の発展や2020年の東京オリンピックの開催の影響もあり、ますます加熱している訪日向けサービス市場。 ぐるなびも訪日向けサービス市場への参入を計画しています。 観光に便利な情報が集まった、訪日外国人向けガイドサービス「」を2016年4月にスタートしています。 また、既存事業ぐるなびの外国語版の拡大を進めるなど、既存事業を活かしたサービスも積極的に展開しています。

次の

ぐるなびへの転職を成功させるコツ!社員の口コミ・年収事情も紹介

ぐるなび 年収

30代 男性 ・営業・正社員 仕事のやりがい、面白み 営業という仕事の特性上、受注をとってこないといけないプレッシャーはどの会社でもあると思います。 当然ぐるなびでもそういった点はありましたが、飲食業界の取引先が多いことから、飲食の企業様は横のつながりも強くあることが身をもってわかってきたときに、担当企業の社長から紹介をもらうように動くようにしたところ、受注金額は安定し、紹介先、紹介元のどちらの社長様からも喜んでいただくことが出来ました。 その結果、さらにご紹介をいただける流れが出来ていき、新規開拓の飛び込み営業もしていましたがそれが出来ないくらいに引きあいをいただけたことで、会社からも評価をいただきました。 その理由は、20代前半でいただける基本給の1. 3倍くらいは給与としていただける為、同年代と比べると基本給に関しての… ワークライフバランス ワークライフバランスに関しては、お客様の急なお願いがない限り土日、祝日はしっかり休めるので、休日出勤が少ないことを考えれば比較的満足度は高いと感じています。 残業に関して… 福利厚生 私の福利厚生に関する満足度ですが、満足できる環境だと考えています。 閑散期の給与としては平均的だとは思うのですが、繁忙期や、長く勤めている人はその分難しい仕事や量の多さがあるのに特に給与が上がるわけ… ワークライフバランス 閑散期と繁忙期の差が大きかったです。 閑散期にはあまりやることもなく、入社したてのころは出来る仕事を探すのに戸惑うような感じでした。 月末などの繁忙期では、残業が多く毎日2… 福利厚生 会社の社内環境は整っていたと思います。 ただ、ビルによっては女性が多いにも関わらず、トイレの個室が1フロアで3つしかなかったりと不便な点もありました。 配属される部署にもよるとは思うのですが、休みは取りやすく休んでも何か文句を言われることはなかったです。 一度12時くらいまで残業したことがあったのですが、10時〜12時の間の深夜手当も給与についていました。 また、月4… 不満な点:業績が悪いところ 年々業績が下がってきており、このままだと将来的には潰れてしまうと思います。 大企業だから安定していると思って転職しましたが、全然そんなことはありませんでした。 月45時間以上の残業を禁止しており、残業代も出るため、ホワイトな会社だったと思います。 夜遅くまで残っている人も一部いましたが、大体は8時くらいには退勤していました。 当然ぐるなびでもそういった点はありましたが、飲食業界の取引先が多いことから… 不満な点:ワークライフバランス 営業職ということで仕事をとってくると、書類の作成・提出は基本的にすべて営業が行うという会社でしたのでなかなか仕事が追いつかない状況がありました。

次の

ぐるなびへ転職する方法!中途採用の難易度&面接対策をご紹介

ぐるなび 年収

ぐるなびの事業内容 飲食店販促サービス事業 飲食店の情報を飲食店情報検索サイト「ぐるなび」に掲載し、PCやスマートフォンを通じてユーザーに提供しています。 ぐるなびに加盟することで、飲食店は新規集客・リピーターの獲得などを支援する各種機能を利用することができます。 ぐるなび以外にも、ウエディング、デリバリー、通信販売など、飲食店の事業多角化による売上拡大の支援や、飲食店業務のICT化といったサービスも実施しています。 そのほか、無料セミナーを行う「ぐるなび大学」や、飲食店向け月刊情報誌「ぐるなび通信」による加盟飲食店の支援も手掛けています。 飲食店販促サービス事業は、2017年3月期の売上高の93. プロモーション事業 プロモーション事業では、食材生産者や食品メーカーに対して、商品開発・販売促進支援サービスを手掛けています。 具体的には、Webサイトやイベントを通した加盟飲食店・消費者への食材紹介サービス、加盟飲食店の料理人による食材・商品の品評、およびフィードバックサービス等を提供しています。 加えて、加盟飲食店・消費者を対象とした食に関するトレンド調査や、自治体に対する地域経済活性化に関するプロモーションなど、食に関連する産業に対し、様々なプロモーションサービスを提供しています。 その他関連事業 その他の関連事業として、次のようなサービス・Webサイトを運営しています。 オンラインで食品の販売を行う仮想店舗街「ぐるなび食市場」• 宅配・出前サイト「ぐるなびデリバリー」• 結婚式情報サイト「ぐるなびウエディング」• ご当地情報サイト「ぐるたび」• 東京おでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」• 訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO」 など これらの事業では、主に出店業者・情報発信業者からの加盟料、および販売手数料を収入源としています。 飲食店情報サイト「ぐるなび」では、全国の飲食店の情報を検索・閲覧、店舗へのオンライン予約などを行うことができます。 多言語対応をしており、英語、中国語、韓国語、タイ語、マレー語、インドネシア語で利用することができます。 飲食店販促サービス事業の基幹サービスで、ぐるなびの収益の約9割が有料加盟店からの広告料・手数料収入となっています。 2017年3月現在の総掲載店舗数は約55万件、そのうち有料加盟店舗数は60,886店です。 月間ユーザー数は5,700万人ほどとなっています。 飲食店・食関連企業向けには、「ぐるなびfor飲食店」や「ぐるなびforメンバー」といったサービスを展開しています。 ぐるなびが持つ外食に関するデータや消費者とのネットワークを活かし、飲食店・企業の販売促進やプロモーション活動を支援しています。 ぐるなびでは2018年3月期を、翌2019年3月期以降の成長、および中期経営計画の達成に向けた土台づくりの年と位置付け、次の2点を強化するとしています。 商品開発力の強化 これまでは飲食店の販促に関するニーズの把握が中心であり、それを踏まえた商品開発を行ってきました。 今後は体制を刷新したうえで、飲食店経営に関する様々な領域の情報を収集するとしています。 具体的には次のような取り組みを進める予定です。 収集する情報を、これまでの販促領域から飲食店経営のすべての領域に拡大• 収集された情報を集約・整理・分析し、営業および企画開発をつなぐ機能を担う新組織を設立• kakaku. com」や、レストラン検索・予約サイト「食べログ」といったWebメディア事業、その他関連事業を手掛ける会社です。 食べログは、2005年3月に開設されたレストラン検索・予約サイトです。 他のユーザーのおすすめや、様々な検索条件、記事コンテンツなどから、ニーズや嗜好に合わせて飲食店を探すことができます。 また、24時間いつでもインターネットで飲食店の予約が可能です。 2017年9月現在の月間総ページビューは19億2,917万PV、月間利用者数は約1億450万人です。 掲載されている飲食店の数は85万件以上で、 ユーザーからの口コミは1,998万件以上となっています。 また、ユーザー向け有料課金者数も50万人を突破し、今後も成長が見込まれています。 売上高の9割を「ぐるなび」を中心とした飲食店販促サービスが占めるぐるなびにとって、食べログを運営するカカクコムが競合だと言えるでしょう。 recruit-lifestyle. 旅行、飲食、美容、ヘルスケアといった分野で事業を展開しています。 旅行予約サイト「じゃらんnet」や、グルメ情報総合サイト「ホットペッパーグルメ」、ヘアサロン・ビューティーサロンの検索予約サイト「ホットペッパービューティー」といったサービスを提供しています。 ホットペッパーグルメは、様々な条件や行きたい日付で飲食店を検索し、オンラインで予約することができるサービスです。 スマートフォン向けのアプリも配信されています。 飲食店とのやり取りなく、その場で予約が完了する「即予約」ができる店舗が42,000件以上掲載されています。 また飲食店で利用できるクーポン情報も提供されており、割引を受けられるほか、オンライン予約をすればポイントを貯めることもできます。 貯めたポイントは「ホットペッパーお食事券」や他のリクルートサービスなどで利用することができます。 食べログ同様、ホットペッパーグルメは「ぐるなび」の競合だと考えられます。 retty. グリーベンチャーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、サイバーエージェントベンチャーズなどが主要株主です。 「Retty」はぐるなびや食べログなどと異なり、飲食店情報の口コミを実名で掲載しています。 そのため、サービスの機能を全て利用するためには、実名制SNSであるFacebookアカウントでのログインが必須です。 「Retty」が掲載している飲食店ランキングは人気ユーザー評価による順位となっているほか、実名制のため、どのような飲食店を誰が紹介しているかがわかるようになっています。 比較的新しいサービスではありますが、月間利用者数は2017年5月で3000万人を突破し、ぐるなびの月間利用者数5,700万人を追い上げています。 他の飲食情報サイトとは異なり、実名制を採用するなど差別化が図られていることなどからも、ぐるなびの競合だと言えるでしょう。 ぐるなびの関係する市場 飲食店情報サイト市場 経済産業省の調査によると、2016年度の飲食サービスのB2C-EC(電子商取引)の市場規模は、前年比38. 2013年時点では935億円の規模でした。 オンライン上での飲食店予約数の増加を背景に、今後も市場の拡大が見込まれています。 (経済産業省「」による) また2015年のMMD研究所の調査では、回答者の17. 「ぐるなび」をはじめとする飲食店情報サイト・アプリの利用が拡大していることがうかがえます。 (MMD研究所「」による) 転職活動で転職エージェントを利用すべき最大の理由 転職を考えたらまずは転職エージェントを利用することをおすすめしています。 転職エージェントしか保有していない求人があるから• 無料で書類や選考対策が出来るから• 効率的な転職活動が可能• 条件交渉がしやすい 転職エージェントの利用には、上記のようなメリットがありますが、 転職エージェントしか保有していない非公開求人があるというのが最大のメリットです。 中途採用の求人は、企業によっては、特定の転職エージェントにしか依頼をだしていなかったり、一般には公開せずに転職エージェントにのみ、求人の情報を公開していることがあります。 そうした求人は、個人で転職活動をする限り見つけられません。 非公開求人に応募するには、転職エージェントを活用するしかないのです。 他にも、選考対策によって通過率が向上したり、日程調整や各企業とのコミュニケーションを代行してもらえる、年収やその他の条件などの交渉がしやすいといった点はメリットですが、 最大のメリットは「転職エージェントしか保有していない求人がある」ことです。 大手2社+専門性の高いエージェント1社を利用するのがおすすめ 先程、転職エージェントの最大のメリットは非公開求人にあると説明しました。 一般的に 非公開の求人を多く保有しているのは、大手の転職エージェントです。 一方で、 特定の領域に特化した転職エージェントは求人数は大手ほどではありません。 しかし、強みとしている領域の企業の非公開求人や情報を豊富に保有しています。 大手の転職エージェントで紹介される求人で、転職市場全体の相場観を理解し、特定領域のエージェントで興味のある分野の詳細を聞いていくのがおすすめです。 大手の転職エージェントの複数利用をおすすめしているのは、担当者との相性が理由です。 転職エージェントとは一定期間、密なやり取りをすることになるので、相性の良い方・信頼出来る方を選びましょう。 そのためにも複数の転職エージェントを活用し、信頼出来る方を選ぶべきです。 続いて、おすすめ出来る大手の転職エージェントと、専門・特化型エージェントを紹介します。 おすすめの大手転職エージェント 大手の転職エージェントは広告も積極的に行っており、ご存知のサービスも多いかもしれません。 こうした大手の転職エージェントは多くの求人数を保有しており、様々なタイプの方に対応が可能です。 どんな方にもおすすめできる転職エージェントといえるでしょう。 転職支援実績N0. 親身なサポートに定評のある「 」• 外資系企業やハイクラスの人材に強い「」 などがあります。 おすすめの専門・特化型転職エージェント 専門や特化型転職エージェントは、CMなどのマスプロモーションは行わないため、一般的には知名度が高くありません。 しかし、専門の領域では大手を超える実績や情報をもっていることもあります。 採用背景の解説• 求人内容の詳細説明• 書類選考対策• 面接対策 専門特化型の転職エージェントは上記のような、転職活動のサポートもじっくり行う傾向があります。 丁寧なサポートをしてほしい、興味・関心がある程度定まっている方は積極的に活用すべきです。 既卒やフリーターに特化した転職エージェント「 」• 教育業界専門の転職エージェント(弊社運営)• 教育・人材・IT領域に強い転職エージェント(弊社運営) などがあります。 上記のような領域に興味・関心があるかたは、こうした転職エージェントを活用しましょう。

次の